ご自宅に神棚をお迎えしてみませんか。拝み方は簡単です。

ご自宅や会社、お店に神棚を置いて神様をお迎えしてみませんか。難しそうだと思うのは拝み方でしょうか。祝詞を知らなくても大丈夫。ここでは簡単な神棚の拝み方を中心にお伝えいたします。

目次

  1. 神棚とは
  2. 神棚の歴史
  3. 神棚の種類
  4. 家に神棚を設けるタイミング
  5. 設置する場所は拝み方にもつながります
  6. 神棚への拝み方・祝詞はいるの?
  7. お参りする頻度はどのくらい?
  8. 神饌(お供え)について
  9. まとめ

神棚とは

神棚とはその名のとおり、もとは家に御神札をお祀りする「棚」のことです。

御神札を納める神宮の形をしたものは「宮形」といい、その宮形を置くための棚を含めて一般的には神棚と読ばれています。

一般的に神道の信仰が薄くなっている他にも、家の中の設置場所と拝み方が難しいと思われているため、神棚のある家は少なくなっています。

神棚

神棚の歴史

日本人は古代から神を信仰していますが、もともと神道では神は常在のものではなく人が祀るときに初めて現れるとされているため、神棚はありませんでした。

家や店に神棚を設置しての拝み方が普及したのは江戸時代中期ごろ、御神札を配って伊勢神宮への信仰を推進してまわった「御師(おし)」によって広まったと言われています。

神棚の種類

神棚の形には二つあります。
1.扉が三枚の三社造
2.扉が一枚の一社造

設置場所が確保できるのであれば三社造のものが立派ですが、現代の家の住居環境では一社造のものでも十分だと思います。

神棚

中に納める神札は3枚です。

・神宮大麻(天照大神)
・氏神神社(居住地区の氏神様をお祀りしている神社・鎮守の神様)
・崇敬神社(個人の信仰で崇敬している神社)

順番は決まっていて、三社宮の場合は中央に神宮大麻、向かって右に氏神神社、左に崇敬神社、となります。
一社宮の場合は手前に神宮大麻、次に氏神神社、後ろに崇敬神社です。

神棚

家に神棚を設けるタイミング

新たに自分の家に神棚を設けようと考えるのは一般的に家の新築や増改築、結婚や出産といった人生の節目の時でしょう。
厄年にお祓いの意味で設置されるかたもいらっしゃいます。

とはいえ、神様をお迎えするのはいつでもいいのです。
思い立ったが吉日、宮形は大きな神社や神宮にしかないので、近くにない場合は大型の日曜大工店やネットでも手配することもできます。

もちろん、御神札はご自分で神社に行き授けていただきましょう。

設置する場所は拝み方にもつながります

神棚の設置場所はとても大事です。
神様が居心地いい場所は人間にとっても気持ちのいい部屋なので、拝み方にもよい影響がありそうですね。

家族が集まるリビングにあればみんなで一緒に一緒にお参りできますし、自然と子供も拝み方を覚えるでしょう。

1.できるだけ明るく清潔な場所
2.最上階の天井近く(人の目線より上)
3.南向きもしくは東向き
4.トイレ近くや人の出入りが激しい場所でないこと
5.御仏壇と向かい合わせにならない場所

2階建てやマンションなど神棚の上にも部屋がある場合は、音が激しい部屋やトイレの下にならないことを確認して、天井に「雲」「天」「空」の文字(正式には木彫り字)を貼ります。

神棚への拝み方・祝詞はいるの?

拝み方

神棚への拝み方も神社での参拝方法と同じです。

二礼 二拍手 一礼

地域によって作法が異なる場合(二礼 四拍手 一礼)もありますが、どちらでも問題ありません。

また、お参りの前には顔と口を清めてからが基本ですが、忙しい現代人の毎日の習慣づけとしては手を合わせるだけでも十分かと思います。
拝み方は絶対ではありませんので、我が家では小さい子供は寝る前にただ手を合わせるだけのお参りをさせています。

祝詞について

祝詞はあげなくても全く問題ありません。
一番大事なのは「感謝」の気持ちで手を合わせることです。

神棚拝詞という祝詞がありますが、家庭では必要ない、という方から、できれば1日と15日だけで十分、もしくはお正月や神社の祭典の時だけ、などいろんな理解の仕方があるようです。

難しい祝詞はできないけれどやってみようという方はこのような簡単な略拝詞、というものがありますのでご紹介まで。
「祓へ給へ、清め給へ、守り給へ、幸へ給へ(はらへたまへ、きよめたまへ、まもりたまへ、さきはへたまへ」

お参りする頻度はどのくらい?

朝拝、夕拝、と言いますが特に決まりはありません。
毎日習慣づけた拝み方をされるのが一番ですが、感謝の気持ちをささげて家内の安全を祈ればよいので、ご自分の生活パターンに合わせてお参りされてください。

・朝起きたとき
・外出する時
・帰宅時
・就寝前

会社であれば
・出社時
・外出する時
・昼休み
・退社時

など最初は意識的に手を合わせていれば自然と習慣になるでしょう。

神饌(お供え)について

神饌とはお米、お水、お塩、お酒です。
人間が生きていくうえでも必要なものですね。
正式には三方と呼ばれる木製の置台に決まった置き方でお供えするのですが、設置場所の事情によって三方ではなくとも大丈夫です。

榊を祀っている場合は、枯れていなければ神社でも月次祭が執り行われる1日と15日に取り換えます。

基本的にはお供え物は朝お供えして夕方下げます。
しかし朝早く出て夜遅くかえってくるようなお忙しい方は朝のお参りでお水の取り換えだけをし、他のお供えはしなくとも拝み方をきちんとしていれば大丈夫です。

ただ、神様をお迎えする以上は毎日の手を合わせる拝み方とお正月の清掃、御神札のお取替えとお祀りは心掛けましょう。

まとめ

神棚への拝み方は神社での参拝と同じですので難しくありません。

これから転居、新築や増改築、開店のご予定がある方も、ない方もぜひ、神棚の設置場所のご検討をされてみてください。きっと神様と一緒にいい”気”が入ってくることと思います。

設置場所は住宅事情や引っ越しの有無によっても難しいことも多いと思いますが、どうしても場所がない場合は背の高い箪笥の上段に、宮形の下に白い紙をしいて設置されるとよいでしょう。

拝み方やお供えの基本はありますが、何よりも神棚に手を合わせて一日無事に過ごせたことの感謝を表すのが一番です。

自分の心の落着きにもつながりますので続けていきたいですね。

「神棚・拝み方」に関連する記事

「神棚・拝み方」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

シェアする

関連する記事

「神棚・拝み方」についてさらに知りたい方へ

神棚の費用相場や購入の注意点、設置場所などを全て解説。のサムネイル画像

神棚の費用相場や購入の注意点、設置場所などを全て解説。

神棚を買ったら読みましょう!神棚の設置場所などについてのサムネイル画像

神棚を買ったら読みましょう!神棚の設置場所などについて

神棚を自宅に作ってみよう!神具やお供えの並べ方をお教えします!のサムネイル画像

神棚を自宅に作ってみよう!神具やお供えの並べ方をお教えします!

家の中の小さな神社。新築の家に神棚を作る際の心構えとはのサムネイル画像

家の中の小さな神社。新築の家に神棚を作る際の心構えとは

きっと神様は見ています!正しい神棚の配置とは?のサムネイル画像

きっと神様は見ています!正しい神棚の配置とは?

高齢者の方が、神棚の設置で困った時の方法をご紹介致しますのサムネイル画像

高齢者の方が、神棚の設置で困った時の方法をご紹介致します

知っているようで意外と知らない、神棚の祀り方についてのサムネイル画像

知っているようで意外と知らない、神棚の祀り方について

神棚を置くにはどんな場所に置くのがいいのかのサムネイル画像

神棚を置くにはどんな場所に置くのがいいのか

神棚のお供え物の選び方や配置を解説します!のサムネイル画像

神棚のお供え物の選び方や配置を解説します!

正しい神棚への供え方 配置方法と順番は?のサムネイル画像

正しい神棚への供え方 配置方法と順番は?

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

盛り塩の「効果」とその「処分方法」は?「交換時期」も教えますのサムネイル画像

盛り塩の「効果」とその「処分方法」は?「交換時期」も教えます

1
水引アクセサリーの簡単な作り方!和服にも合う結び方を紹介!のサムネイル画像

水引アクセサリーの簡単な作り方!和服にも合う結び方を紹介!

2
礼服のポケットのふたとポケットチーフについて紹介します。のサムネイル画像

礼服のポケットのふたとポケットチーフについて紹介します。

3
お参りとお詣りの意味の違い~神社は?お寺は?のサムネイル画像

お参りとお詣りの意味の違い~神社は?お寺は?

4

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと