本能寺の変に意外な黒幕説~まさかあの人が???

戦国時代、天下統一を目前にした織田信長を重臣明智光秀が襲撃し、自害に追い込んだ日本史の大事件「本能寺の変」。なぜ本能寺の変が起きたのか、理由には諸説ありますが、その一つには意外な武将が黒幕だったのではないか?という説もあります。その黒幕説についてご紹介します。

目次

  1. 本能寺の変とは?
  2. 本能寺の変の原因~黒幕説以外の説
  3. 本能寺の変の原因~黒幕説
  4. 余談~光秀は生きていた?
  5. まとめ

本能寺の変とは?

明智光秀

本能寺の変とは、戦国時代(安土桃山時代)の天正10年6月2日(1582年6月21日)に起こった、天下統一を目前にした織田信長を、明智光秀が謀反を起こして襲撃し自害させた、日本の歴史上でも有名な事件の一つです。
光秀が、信長が滞在していた本能寺を襲ったことから、この名で呼ばれています。

なぜ突然光秀が信長を襲ったのか、真相は謎に満ちており、光秀が謀反を起こした理由には様々な説が紹介されています。

その中でも目を引くのは、実はこの事件の真相に迫ってみると、黒幕がいたのではないかとする説です。
そこで、ここでは本能寺の変の黒幕説をご紹介していきます。

まずは、黒幕説以外として挙げられている原因を複数ご紹介し、そのあとで本記事のメインである「黒幕説」をご紹介します。

本能寺の変の原因~黒幕説以外の説

本能寺

では早速、本能寺の変の原因として挙げられているものを見てみましょう。
今日のメインテーマである黒幕説の前に、まずはそれ以外の原因をまとめてみました。

本能寺の変の原因①~明智光秀の私怨説

理不尽な扱いをする信長に対して恨みを持った明智光秀が信長を襲撃したという説です。
恨みを持つようになった根拠としては、

①光秀が徳川家康の接待役を命じられた際、手際の悪さから信長に突然解任されたことに腹を立てた。(『川角太閤記』)

②今の領地(丹波・近江)を召し上げ、代わりに未だ敵の領地である出雲・石見の所領を与えると信長に言われた。(『明智軍記』)

③丹波八上城主波多野秀治・秀尚兄弟らに対し、光秀が自身の母親を人質として出したが、秀尚らが信長の命令で磔にされ、逆上した八上城主に母が殺されてしまったことに恨みを持った。(『常山紀談』など)

などがあると言われています。
しかし、どれも当時の他の記録などに照らし合わせると、信ぴょう性に乏しいと言われているようです。

本能寺の変の原因②~明智光秀の野望説

これは文字通り、天下取りの野望を秘かに抱いていた光秀が、信長の守りが手薄となるチャンスをうかがっており、本能寺を襲ったという説です。

その根拠として、光秀が「ときは今あめが下しる五月かな」と詠んだ句が挙げられています。
「とき」は明智氏の本姓である「土岐」、「あめが下しる」とは「天が下知る=天下を取る」と解釈すると、「土岐が天下を取る時が来た」と読み取れることからそう言われています。
※天正10年5月28日に読まれたと言われており、本能寺の変は天正10年6月3日に発生

しかし、こちらもその後光秀を破り、天下人となる豊臣秀吉が歴史を書き換えたため結果残った説とも言われているそうです。

本能寺の変の原因③~四国説

当時四国を領有していた長宗我部(ちょうそかべ)氏に対し、信長が攻撃命令を下したため、長宗我部氏との取次役を務めてていた光秀が、四国攻めを回避するために信長を襲撃したという説です。

光秀の部下と長宗我部氏と婚姻関係にあり、光秀は織田家と長宗我部家の間を取り持っていたため、両家は良好な関係にありました。しかし突然、信長が長宗我部家に対する態度を硬化させたことにより、光秀の取次役としての立場が危うくなったために、本能寺の変を起こしたといわれています。

本能寺の変の原因③~家康暗殺説

この説は、織田信長に、徳川家康を本能寺に招き、そこを襲撃して家康を討つよう指示された明智光秀が、信長の意に反して謀反を起こしたという説です。

これは、光秀の子孫でいらっしゃる明智 憲三郎氏の著書『本能寺の変 431年目の真実』で披露された説で、現在多くの人の注目を浴びています。

信長が家康を暗殺するということは、いずれ明智一族も滅ぼされるのではないかという危機感を覚え、悩んだ挙句謀反に踏み切ったのではないかというのが動機として言われています。

本能寺の変の原因~黒幕説

豊臣秀吉

さて、それでは明智光秀の信長に対する恨みや、自身が滅ぼされる危機感から謀反を起こしたのではなく、黒幕がいたという説をいくつかご紹介します。

本能寺の変の黒幕①~豊臣秀吉説

これは、当時信長の命令で中国地方の毛利氏を攻めていた豊臣秀吉が黒幕で、明智光秀をそそのかして本能寺の変を起こさせたという説です。

この説では、秀吉が、毛利氏と和睦し、現在の岡山市にある備中高松城から数日で京都に戻り、明智光秀を破ったいわゆる「中国大返し」はあまりに不自然であり、本能寺の変が起こることを知っていたからこそできたのではないかと言われています。
また、この黒幕説は豊臣秀吉自身ではなく、その軍師であった黒田官兵衛とも言われています。

本能寺の変の黒幕②~イエズス会説

本能寺の変の黒幕が、当時日本にキリスト教を伝えていたイエズス会ではないかという説です。

イエズス会は、スペインで設立されたカトリック修道会で、フランシスコ・ザビエルが1549年
に来日したことでも有名です。

キリスト教の布教を認め、南蛮貿易と呼ばれるポルトガルやスペインとの交易によって利益を得た信長にとって、天下統一事業にはイエズス会との良好な関係も大きく貢献していたのではないかと言われています。

しかし、信長は安土城に総見寺という寺を建てて一般公開し、そこに置いた石を自身に見立てて参拝するようにしました。自己神格化する信長に対し、イエズス会の宣教師たちが激怒し、明智光秀をそそのかして謀反を起こさせたとする説です。

本能寺の変の黒幕③~天皇(朝廷)説

力を増していく信長を脅威に感じた天皇(朝廷)が、光秀に本能寺の変を起こさせた、というのが朝廷黒幕説です。

つまり、急進的な信長のことだから、いずれ天皇を差し置いて王にでもなってしまうのではないだろうかという危機感から、朝廷が信長を排除しようとしたのではないか、と言われています。

もしこの説が本当であれば、光秀は朝廷の命により信長を討った「忠義の臣」だったと言えます。

このように、本能寺の変には様々な人物が黒幕の候補として浮かび上がっています。
他にも、徳川家康説や、信長に京を追われた最後の足利将軍である、足利義昭なども黒幕の候補として名を挙げられています。

しかし、それぞれの説には矛盾や無理があると言われており、どれも説得力に乏しいという意見があります。

どれも真実でないかもしれませんし、どれか一つが真実かもしれません。あるいはそれぞれの要素が部分的に重なり合っているかもしれません。

ただ、急進的な改革を進める信長に対し、よい印象を持っていない、あるいは排除しなければ自分の立場が危ういと思っていた人が多かったという事実が、これらの黒幕説を生んだと言えるのではないでしょうか。

余談~光秀は生きていた?

豊臣秀吉

本能寺の変の黒幕説がこの記事のメインテーマですが、本能寺の変にまつわる話はその原因だけではありません。興味深い説があるので余談としてご紹介します。

光秀=天海大僧正説

これは、光秀が秀吉との戦いに敗れた後、天海という僧侶になったという説です。天海という人は実在の人物で、徳川家康の側近としてさまざまな政策に関わったとされる僧侶です。
家康が江戸に幕府を開いたのも天海の進言によるものとも言われています。

日光東照宮に「明智平」という地名がありますが、日光東照宮の設計を担当したのも天海その人です。このことから、天海が明智の名を残そうとしたのがその由来ではないかという説があります。

天海が没年と光秀の生年から、両社は同一人物ではなく、この説は信ぴょう性が低いと言われているそうですが、それだけ本能寺の変にまつまわる話には謎に満ちているようです。

光秀に生きていてほしいという同情の念が、こういった説を生み出しているのかもしれません。

まとめ

豊臣秀吉

いかがだったでしょうか?

結局真実は当時の人にしかわかりませんが、これだけ諸説が世に出ているということが、本能寺の変は相当謎の多いミステリーであることを示しているとも言えそうです。

本能寺の変に関する書籍はたくさん出版されていますので、気になる方はそれぞれの視点から本能寺の変の真相に迫ってみると面白いかもしれませんね。

「本能寺の変・黒幕」に関連する記事

「本能寺の変・黒幕」についてさらに知りたい方へ

  • 日本の歴史の大きな謎の一つ!本能寺の変の真相に迫る!

    日本の歴史の大きな謎の一つ!本能寺の変の真相に迫る!

    本能寺の変といえば織田信長が明智光秀の謀反により天下統一を目前にして自害した事で有名な事件としてです。しかしこの本能寺の変、謎が多くその真相を巡っていろんな説があります。今回はこの本能寺の変の真相を探ります。

  • 日本史史上最大のミステリー本能寺の変の真実に迫る!

    日本史史上最大のミステリー本能寺の変の真実に迫る!

    本当の黒幕は誰なのか。織田信長は死んでいなかったなど、数々の説がある「本能寺の変」、「本能寺の変の真実」は炎の中に包まれ、歴史の闇に姿を消した織田信長の遺骨と共に真実は謎に包まれています。

  • 織田信長-本能寺の変の謎、本当の黒幕は一体誰なのか

    織田信長-本能寺の変の謎、本当の黒幕は一体誰なのか

    多くの人が知っている戦国武将、織田信長。しかし、織田信長は全国統一を目の前に、明智光秀に裏切られてしまい、自害します。そして、これを本能寺の変と言います。この本能寺の変には多くの謎があります。そのことについて書いていこうと思います。

  • 織田信長の死因は本当に本能寺の変によるものなのか?

    織田信長の死因は本当に本能寺の変によるものなのか?

    織田信長は明智光秀に裏切られて本能寺の変で炎に飲み込まれたことが死因とされております。これは多くの方が知っている情報で、本能寺の変が織田信長の死因となっているのは周知のことなのです。そこで、現代の学説ではこの情報がどうなっているのかを改めて調べなおします。

  • 織田信長と明智光秀の出会い。出会わなければ、日本は変わっていた?

    織田信長と明智光秀の出会い。出会わなければ、日本は変わっていた?

    織田信長・明智光秀と言えば、本能寺の変を思い浮かべる方が多いです。織田信長の家臣だった明智光秀が謀反を起こす。信長の命令を無視し、本能寺に向かって、信長を討ち取った…。2人はどういう風に出会ったのか。光秀は何故、信長の家臣になったのでしょう。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

盛り塩の「効果」とその「処分方法」は?「交換時期」も教えますのサムネイル画像

盛り塩の「効果」とその「処分方法」は?「交換時期」も教えます

盛り塩の効果をご存知ですか?そして盛り塩の処分の仕方も気になりますよね。盛り塩には邪気を払い、人

水引アクセサリーの簡単な作り方!和服にも合う結び方を紹介!のサムネイル画像

水引アクセサリーの簡単な作り方!和服にも合う結び方を紹介!

お祝い袋の飾りとして有名な水引。伝統的で上品な光沢が魅力です。水引を使ったアクセサリーの作り方を

礼服のポケットのふたとポケットチーフについて紹介します。のサムネイル画像

礼服のポケットのふたとポケットチーフについて紹介します。

結婚式や葬式で礼服を着ることがあります。その際、礼服のジャケットのフラップをポケットにおり込んだ

お参りとお詣りの意味の違い~神社は?お寺は?のサムネイル画像

お参りとお詣りの意味の違い~神社は?お寺は?

日本語には同じ読み方をしても、違う意味を持っている言葉があります。お参りとお詣りの違いについてご

おしゃれな御朱印帳ならこれ!おすすめの御朱印帳をご紹介しますのサムネイル画像

おしゃれな御朱印帳ならこれ!おすすめの御朱印帳をご紹介します

神社やお寺にお参りする際、御朱印帳を持参するのが流行っていますね。巷では御朱印巡りをする女性に御

シェアする

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと