安倍晴明の子孫は安倍晋三内閣総理大臣なのか?

ドラマや映画、漫画や小説など数多くの媒体において取り上げられることが多い安倍晴明ですが、その出自や経歴についても興味をそそられる人物です。今回はそんな安倍晴明の子孫について調べてみました。また、子孫ではないかといわれる安倍総理についても紹介します。

目次

  1. 安倍晴明とは
  2. 安倍晴明ゆかりの地
  3. 安倍晴明の家系
  4. 安倍総理は安倍晴明の子孫なのか?
  5. 多くの媒体で取り上げられる安倍晴明

安倍晴明とは

安倍晴明の出自

安倍晴明は延期21年1月11日(西暦921年2月21日)に生まれ、出自は定かではありませんが西日本(摂津の国阿倍野=現在の大阪阿倍野区、もしくは奈良県桜井市安倍)とされています。

安倍晴明の母は狐?

人形浄瑠璃や歌舞伎、古典文学などによれば、安倍晴明の母親は「葛の葉」という白狐だといわれています。そのため式神を自由自在に操り、呪術や祈祷が上手かったのだという伝説が有名です。

「葛の葉」という白狐は、稲荷大明神の第一の神使とのことで、人形浄瑠璃や歌舞伎の『蘆屋同万大内鑑』に登場し、この物語において晴明の母であることが描かれています。

安倍晴明の略歴

延期21年(921年)に生まれた安倍晴明は、天歴2年(948年)には大舎人と呼ばれる下級役人となります。天徳4年(960年)、40歳の晴明は陰陽寮に所属する天文得業生となり、天文道を学びました。そのころから占いの才能は貴族たちの間で認められていたといいます。

50歳ころになると天文博士に任ぜられ、陰陽師としての師匠といわれる賀茂保憲が貞元2年(977年)に亡くなると陰陽道内でメキメキと頭角を現すこととなりました。

天元2年(979年)、60歳を前にした晴明は花山天皇がまだ皇太子だったころに那智山の天狗封じを命ぜられ、この儀式を成功させたため、花山天皇からの信頼を勝ち得ることとなります。その後、主計権助となり、左京権太夫や播磨守などの官職につき、その地位は十四位下となりました。

寛弘2年(1005年)に晴明は84歳で亡くなりましたが、彼はたった一代で陰陽師としての師匠・賀茂忠行の家と並ぶ程の陰陽道の名家を作り上げました。

安倍晴明ゆかりの地

安倍晴明屋敷跡に建つ晴明神社

京都市上京区にある安倍晴明を祀った晴明神社

京都市上京区にある晴明神社は、安倍晴明を祀った神社で、彼の御霊を鎮めるためとして寛弘4年(1007年)に一条天皇の命により安倍晴明屋敷跡に建てられました。

現在、私たちの生活基準となっている年中行事などは、晴明が唐へ渡り帰国後に作られたものだそうです。亡くなられた今も安倍晴明御霊神としてお祈りした人にご利益を授け、いろいろな災いから守ってくれるそうです。

近年は映画やドラマの影響もあり、訪れる人も多くなっているそうです。さらに、開運パワースポットとしても紹介され、人気となっています。

安倍晴明が式神を住まわせていた一条戻橋

安倍晴明屋敷跡近くにある一条戻橋

一条通りの堀川に架けられた一条戻橋は、平安遷都の延暦13年(794年)に建設されたと伝えられています。現在架けられている一条戻橋は平成7年(1995年)に作られたものだそうです。

この橋の名前の由来は、法観寺の八坂の塔が傾き、法力を用いて元に戻したという平安時代中期の天台宗の伝説の僧・浄蔵貴所が延喜18年(918年)、熊野詣に出ていた時に父の三善清行が亡くなります。急いで帰りますが死後5日が経っていました。北橋で葬列に会うことができた浄蔵はその場で加持を行うと、一時的に父親が蘇生したため、この橋を「戻橋」と呼ぶようになったそうです。

この他にもこの橋にはいろいろな逸話が残っています。「鬼女の伝説」や安倍晴明の父の蘇生の話、晴明が式神を住まわせた話など不思議な話がいっぱいの場所です。

安倍晴明の束帯姿の座像がある長仙院

京都市中京区にある長仙院には寺宝として安倍晴明の束帯姿の座像があります。この像は明治5年(1872年)に松原通宮川町にあった清円寺から譲り受けたとされています。

またここには「新京極の七不思議」といわれる未開紅の梅があります。この梅は蕾のときは紅色で、開花すると白色の花という珍しい梅の木です。ぜひ一度見てみたいものです。

安倍晴明の家系

安倍晴明は孝元天皇の子孫

安倍晴明は日本の第8代天皇・孝元天皇の第一皇子・大彦命の子孫ではないかとされています。大彦命から数えて5代目の阿加古が安倍氏の始まりとされ、この阿加古から18代目に晴明の名前が出てきます。晴明の父は淡路守・安倍春財ではないかとされていますが、養い親は叔父の大膳大夫・安倍益材ではないかとされるものもあります。

晴明の10代前には壬申の乱で大海人皇子(後の天武天皇)の功臣・阿倍御主人(あべのみうし)もいます。御主人は『竹取物語』で火鼠の皮衣を所望された右大臣です。実在の人物で『竹取物語』に登場したただ一人の人物です。

子孫の晴明も陰陽師として朝廷に頼りにされていたようですが、先祖も朝廷において活躍された方々だったのでしょう。

安倍晴明の子孫

安倍晴明には吉昌と吉平の二人の息子がいたとされます。彼らも父・晴明の後を継ぎ陰陽師となったとされています。吉平から13代目の子孫で室町時代の陰陽師・安倍有世が初代となり土御門家が誕生しました。家格は公家の家格のひとつ堂上家の中でも最下位の貴族「半家」ですが、明治時代には、土御門晴栄が子爵を授けられました。

晴明の子孫・晴栄には息子が無く、子爵・松平信正の次男・晴行を長女と結婚させ婿養子としています。そして、晴行は土御門家を継ぎました。平成6年に36代目当主・土御門範忠が亡くなったそうです。

最近になって、この土御門家の一族の墓が崩壊しそうだというニュースがありました。子孫の方と連絡がとれず困っているとの記事でした。残念なことです。

安倍総理は安倍晴明の子孫なのか?

安倍総理は安倍晴明の子孫・安倍貞任の末裔

2013年7月、安倍晋三(現・内閣総理大臣)は、第23回参議院議員通常選挙のため岩手県入りして演説した際に自らのルーツは岩手県で、自分は安倍晴明の子孫・安倍貞任の末裔であると話しています。

ということは、「安倍氏」→「阿部引田臣系」→「陸奥安倍氏」→「安東氏/秋田氏」→「安倍氏」という流れで安倍晴明の子孫である可能性があります。晴明から1000年以上の時を超えても、子孫として政局に関わる運命なのかもしれません。

安倍という姓

安倍晴明の子孫、安倍・阿倍・阿部・安部などの姓を持つ人たちは北海道や宮城県、山形県、東京都、神奈川県などに多くみられるようです。沖縄県以外のどの都道府県にもおられるようです。長い年月をかけ、晴明の子孫が日本中に広がっています。

多くの媒体で取り上げられる安倍晴明

平安時代や中世の文学にも登場する安倍晴明ですが、最近の晴明像に影響しているのは1986年からシリーズで発表されている夢枕獏の『陰陽師』ではないでしょうか。岡野玲子により漫画化されたり、稲垣吾郎や市川染五郎主演でドラマ化、野村萬斎主演で映画化されたりと多くの媒体で取り上げられ、目に触れる機会が多くなりました。

今回は、そんな安倍晴明についてしょうかいしてきましたがいかがでしたでしょうか。安倍晴明という人物、彼のゆかりの地、そして子孫についてとても興味深いものがありました。そして、安倍総理が晴明の子孫だということで、時代を超えた政治への関わりを感じました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

「安倍晴明・子孫」に関連する記事

「安倍晴明・子孫」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

シェアする

関連する記事

「安倍晴明・子孫」についてさらに知りたい方へ

安倍晴明の母・葛葉の正体とは?答えは大阪の稲荷神社にある?のサムネイル画像

安倍晴明の母・葛葉の正体とは?答えは大阪の稲荷神社にある?

安倍晴明が使役する式神十二神将は仏教系の十二神将とは同じ?のサムネイル画像

安倍晴明が使役する式神十二神将は仏教系の十二神将とは同じ?

有名人が眠る多磨霊園について、有名人や霊園の特徴を解説します!のサムネイル画像

有名人が眠る多磨霊園について、有名人や霊園の特徴を解説します!

謎多き日本の歴史を、誕生から時代ごとに解説します!のサムネイル画像

謎多き日本の歴史を、誕生から時代ごとに解説します!

墓地・霊園の歴史について古代から現代までまとめました!のサムネイル画像

墓地・霊園の歴史について古代から現代までまとめました!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

盛り塩の「効果」とその「処分方法」は?「交換時期」も教えますのサムネイル画像

盛り塩の「効果」とその「処分方法」は?「交換時期」も教えます

1
水引アクセサリーの簡単な作り方!和服にも合う結び方を紹介!のサムネイル画像

水引アクセサリーの簡単な作り方!和服にも合う結び方を紹介!

2
礼服のポケットのふたとポケットチーフについて紹介します。のサムネイル画像

礼服のポケットのふたとポケットチーフについて紹介します。

3
お参りとお詣りの意味の違い~神社は?お寺は?のサムネイル画像

お参りとお詣りの意味の違い~神社は?お寺は?

4
おしゃれな御朱印帳ならこれ!おすすめの御朱印帳をご紹介しますのサムネイル画像

おしゃれな御朱印帳ならこれ!おすすめの御朱印帳をご紹介します

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと