繰り出し位牌って何?操出・型・種類・サイズ・時期・中身

繰り出し位牌って何?操出・型・種類・サイズ・時期・中身

みなさんは繰り出し位牌を知っていますか。位牌は基本、故人一人毎に一体で作りますが、先祖代々伝わる家系では、位牌が増えてしまいますよね。その時に使用するのが繰り出し位牌です。核家族化が進んだ現在ではあまり見かけなくなった繰り出し位牌について今回は紹介します。

最終更新日: 2020年12月17日

「位牌」とは?

仏壇

「繰り出し位牌」について紹介をする前に、「位牌」について説明します。
「位牌」とは、故人の戒名や法名が記載してある木牌で、白木位牌・本位牌・寺位牌があります。
●白木位牌とは、葬儀の時から四十九日まで使用される位牌で「内位牌」と呼び、四十九日法要後に、菩提寺や寺でお焚き上げをしてもらい供養します。

●本位牌とは、四十九日法要以降に仏壇に祀る位牌で、僧侶が「魂入れ」(開眼供養と言います)をした「真位牌」になります。
本位牌には、戒名(法名)、没年月日、俗名、享年か行年(亡くなった年齢)が記載されています。

●寺位牌とは、菩提寺や本山に供養してもらうためお布施とともに納める位牌で、本位牌とは別に寺で供養してもらいます。

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

「終活ねっと」運営スタッフ

今回「終活ねっと」では、繰り出し位牌について以下の事柄を中心に解説していきます。

  • 繰り出し位牌って何?
  • 繰り出し位牌の変更時期や写し方は?
  • 繰り出し位牌の中身はどうなっているの?
  • 古い位牌はどうするの?
  • 回出霊璽って何?

時間が無いという方やお急ぎの方でも、知りたい情報をピックアップしてお読みいただけます。

ぜひとも、最後までお読みください。

本位牌の種類

本位牌には、「札位牌」と「繰り出し位牌」の2つのタイプがあります。
札位牌は、故人1人につき1柱の「塗り位牌」や「唐木位牌」などや 1柱の位牌に夫婦2人の戒名を記載する夫婦位牌です。
繰出し位牌(くりだしいはい)は箱型になっていて、中には札板が8~10枚位入ります。

「終活ねっと」では、様々な種類の本位牌を販売しております。
メーカー様から直接位牌を仕入れているので、お手ごろ価格かつスピーディーにご購入いただけます。
本位牌の購入を考えている方は、ぜひ下記の記事をご覧ください。

繰出し(箱型)位牌(回出位牌)とは?

「繰出し位牌」は、「回出位牌」(くりだしいはい)とも言い、戒名や法名を記載した8~10枚位の札板を入れる箱が台座に付いている位牌です。
基本的には、故人1人につき1柱の位牌ですが、先祖代々伝わる家系では、位牌が増えてきて、スペースが決まっている仏壇には祀れなくなります。

そのような場合に、ご先祖様の位牌を纏めて祀る「繰出し位牌」を使用します。

宗派は問わず使えるので、好みの繰り出し位牌を選べます。

繰り出し位牌の型と種類

繰出し位牌には、屋根や扉が付いている箱形と、屋根や扉がない箱型があります。
また、福島県の会津塗りや黒檀・紫檀といった材質が違うものがあります。
中には、「過去帖」が入る繰出し位牌もあります。

型は、
●雲二重回出位牌 三方金…全面・右側面・左側面に三方金を装飾。
裏面は黒塗り。
●春日型…江戸時代から続く歴史あるポピュラーな形。
●勝美型…虫食い塗りと呼ばれる伝統塗り技法を用いたもの。
●利休型…歴史ある反屋根型。
などシンプルなものから煌びやかなものまで種類が多いです。

繰り出し位牌のサイズの選び方

繰出し位牌を選ぶ時は、仏壇に合うサイズを選ぶのが基本ですが、仏壇最上段の「ご本尊」より背が高くならないようにしましょう。
ただし、新仏の位牌を作る時には、繰出し位牌より大きくしませんので、注意して選びます。
一般的には、4.0寸~5.0寸位が標準とされています。

繰出し位牌へ変更時期は?

一部の宗派を除いて、一番最初に作る故人の位牌は、「札位牌」が一般的ですが、地域や家系によっては、新仏から繰出し位牌に納める場合もあります。

札位牌から繰出し位牌へ変更する時期は、
●仏壇の中に札位牌が収まらなくなった場合
●33回忌や50回忌を機に年忌供養を済んだ場合
で、繰出し位牌や過去帳に変更するのが一般的です。

繰出し位牌への写し方

札位牌に記載されている通りに映します。

札位牌のレイアウトの記載が違う場合…統一して写すのが一般的です。
札位牌が夫婦位牌の場合…各自一枚づつ札板を分けるのが一般的です。
特に決まりはありませんが、命日などで、中札の順番を変えたりするので、1枚札に分けた方が良いと思われます。

繰出し位牌の中身とは?

繰出し位牌の中には、
●黒塗り繰出し位牌:黒塗り札1枚と白木札(中札)7~9枚位入っていますが、白木札は位牌の大きさにより枚数が違います。
●黒檀・紫檀の繰出し位牌:全て同じ材質の札
が入っています。

繰り出し位牌の1枚目:黒塗り札

黒塗り札の表面には、「〇〇家先祖代々之霊位」と彫り文字で、彫った上に金を練りこみます。
裏面はそのままの状態です。

2枚目以降:中札(白木札・塗り札)

2枚目以降の中札は、白木と塗り札の2種類がありますが、特に決まりがありませんので、好みで選びます。

白木札について
メリット:①墨字で風合いがある。
②薄いので枚数が入る。
デメリット:①年が経つと焼けや反りがでる。
②滑りがあまり良くない。

塗り札について
メリット:①艶があり綺麗である。
②劣化しにくい。
デメリット:①塗りのため厚みがあるので、白木札に比べて入る枚数が少ない。

中札には、ご先祖様毎に
表面:梵字(不要の時もあります)・戒名(法名)・没年月日
裏面:俗名(生前の名前)・行年若しくは享年(死亡した年齢)
を記載します。

また、白木札は菩提寺やお寺で書いてもらうのが一般的です。
(墨字)
菩提寺がない場合は、仏壇仏具店でも取扱いをしていただけますので、相談してください。

繰り出し位牌の札の繰り出し方

普段の中札の順番は、「先祖代々之霊位」の札を一番前にし、ご先祖様の順にいれておきます。
祥月命日や月命日には、命日供養する人の中札を一番手前に繰り出して供養を行います。

繰出し位牌と古い位牌はどうする?

繰出し位牌を作る時には、僧侶に読経をしてもらい繰り出し位牌に故人の魂をいれるための「開眼供養(魂入れ)」を行います。

また、古い位牌は、開眼供養と同じように「閉眼供養」をおこなってから「お焚き上げ」をし処分します。
その時には「お布施」が必要となりますので、忘れずに持参してください。
尚、仏具店などでは、サービスで開眼供養とお焚き上げを行うところもあります。

神式にある回出霊璽(くりだしれいじ)とは

位牌は仏式で故人供養のためのものですが、神式にも位牌と同じ「霊璽」(れいじ)があり、回出霊璽もあります。

繰出し位牌のスッキリとした仏壇で合掌

ご先祖様の本位牌を纏めて祀れる「繰出し位牌」を紹介しましたがいかがでしたか。
これを機会に、たまったご自宅の札位牌を「繰出し位牌」に変更して、仏壇内をスッキリと纏め、新たな気持ちでご先祖様の供養を行いましょう。

また、生活の知恵として、家系のルーツの役目を果たす位牌のことを代々、子孫に伝えておきたいですね。

下記の記事では、位牌の魂入れについて紹介しています。
ぜひ、こちらもあわせてご覧ください。

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事