さあ、あなたも挨拶の種類を知って今日から挨拶上手になろう!

さあ、あなたも挨拶の種類を知って今日から挨拶上手になろう!

挨拶には色んな種類があります。普段何気なく話している挨拶が本当にあっているのか。間違った挨拶の仕方で相手に不快な気持ちにさせてないのか。明日から使える挨拶を種類別にまとめました。

最終更新日: 2020年03月12日

挨拶の種類

人々

挨拶には、「おはよう」「こんにちは」のように人と人とが交わす会話や、おじぎ、会釈、握手、手を振るといった動作を伴うやりとりのほかに以下のようなものがあります。
挨拶状、挨拶の言葉(スピーチ)、挨拶の品(儀礼的な意味合いで贈る品物)も挨拶に含まれます。

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

「終活ねっと」運営スタッフ

今回「終活ねっと」では、挨拶について以下の事柄を中心に説明していきます。

  • 人と出会った時の挨拶の種類とは?
  • 生活の中での挨拶の種類とは?
  • 別れの際の挨拶の種類とは?
  • 結婚式での挨拶状について
  • 日本語と英語の挨拶の違いとは?

時間がないという方やお急ぎの方も、知りたい情報をピックアップしてお読みいただけます。

ぜひ最後までお読みください。

人と人が出会ったときの挨拶の種類

人々

朝昼夕や夜の挨拶の種類

・おはよう。
・お早うございます。
・こんにちは。
・こんばんは。
☆まず会ったら言わなければならない挨拶ですね。

気候や天気を表わす挨拶の種類

・寒いですね。
・今日はいくぶん涼しいですね。
・暑くなりそうですね。
・ひと雨来そうですね。
☆レベルアップするための挨拶ですね。
会話が途切れず続きそうです。

相手の健康や安否を気づかう挨拶の種類

・お元気でしたか?
・その後、お具合はいかがでしたか?
☆相手のことを気遣う気持ちを挨拶から伝えましょう。

再会を喜ぶ挨拶の種類の種類

・お久しぶりです。
☆久々に会った方だからこそ、挨拶はしっかりしたいものです。

その他の挨拶の種類

・やぁ
・よぉ
☆仲の良さが伺える挨拶です。

また、下記の記事では挨拶の言葉の意味などを紹介しています。
ぜひこちらもあわせてご覧ください。

生活の中での挨拶の種類

人々

生活のリズムの挨拶の種類

・おはよう
・お帰りなさい
・お休みなさい
☆いつもの挨拶というかんじですね。
小さい頃から言い慣れている挨拶です。

●食事のあいさつの言葉

・いただきます【戴きます】
・ごちそうさま【御馳走様】
☆こちらも小さい頃に教えられましたね。
でも成長とともに忘れがちです。

人と人が別れたときの挨拶の種類

人々

別れの挨拶の種類

・さよなら
・失礼します
・お先に失礼します
・じゃあね。
・バイバイ。
・ごめんください
☆シーン別で使い方が違いますね。
「ごめんください」は使う人も減ったような気がします。

出発の挨拶、見送りの挨拶の種類

・いってきます
・いってらっしゃい
☆この挨拶が出来ていれば、家庭円満な気がしますね。

相手の無事を気づかう挨拶の種類

・お元気で
・お気をつけて

その他の挨拶の種類

・またね。

・ではまた!
☆「さようなら」にプラスαできると相手も嬉しい挨拶ですね。

結婚式の挨拶状

挨拶状とは、自分の状況の変化などを知らせるお知らせや通知をはじめ、相手への敬意を表わしたり、お世話になった方へのお礼を述べたりする際の手紙や書状をさします。
ほかに、新しい関係を結ぶ時に、自己紹介やよろしくお願いしますという気持ちを表わしたり、季節の変わり目などに相手の健康を気づかう言葉などを述べた手紙や書状をさします。

結婚式の挨拶状を書くときには
①まずは親族や知人・友人に、結婚したことを知らせる
②自分の伴侶を紹介する気持ちで
③新生活への抱負を述べる
④ 新居の住所や連絡先を知らせる
⑤よろしくお願いしますと述べる
を気を付けて書いてみましょう。
例えば↓

①私たち◯月◯日に結婚しました!
②③未熟な二人ですが幸せな家庭を築いて参りたいと思っております。
④住所・連絡先明記
⑤今後とも変わらぬお付き合いの程、よろしくお願いします。

結婚式場でプランに含まれている所が多いですよね。
二人で挨拶文を考えるもの思い出になっていいかもしれませんね。

日本語と英語の挨拶の違い

海外には、日本の習慣とは違う挨拶事情があります。
日本で一般的な挨拶方法が、英語で挨拶をするときには通用しないということがよくあります。
英語で挨拶をするときには、欧米など英語圏の習慣に合わせると無難です。
しかし、日本語での挨拶に慣れていると、英語で挨拶をする時にどうふるまえばいいか分からず、混乱してしまいがちです。

日本では、初対面の相手に挨拶をするときには丁寧におじぎをする習慣がありますが、英語圏の習慣では、初対面の相手に挨拶をするときは堅苦しくおじぎをするのではなく、朗らかな表情をし、相手の目を見ながら挨拶をします。

「よろしくお願いします」「お疲れ様です」「お世話になります」など、英語にはない挨拶の定型表現が日本語には数多くあります。
例えば、「よろしくお願いします」は、初対面の挨拶のとき、相手に何かを頼むとき、別れの挨拶のときなど、使える場面の多い便利な言葉です。
しかし、英語で「よろしくお願いします」と言いたいときは、場面や状況によってうまく表現を使い分けなくてはいけません。
日本語では、相手に何かを頼んだときに「それでは、よろしくお願いします」のように言いますが、英語では「Thank you in advance.」(前もって感謝します)のように言います。
また、「お母さんによろしく」と言いたいときは「Say hello to your mother.」(お母さんに挨拶しておいて下さい)のように言います。

同じ挨拶でも、英語と日本語は違っていますね。
でも、私たち日本人が英語を覚えるより英語で普段会話している方が日本語を勉強されて話すほうが難しいように感じますね。
日本語は、流行語や方言なども独特ですので外国人の方が日本語を話している姿がすごいなと思います。

まとめ

挨拶は、生活の基本ではないかと思います。
挨拶をシーン別でしっかり使えていれば、うまくいかないときも次のステップに進めると思いませんか。
喧嘩をしても次の日の朝は「おはよう」など、忘れないようにしていきたいものです。

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事