初めて迎えるお盆。新盆の準備、提灯の意味と飾り方

大切な人が亡くなって初めて迎える新盆。大切な人だからこそ、その人を想いきちんと準備して迎えたい。お盆に飾る提灯に込められた意味、そして飾り方、新盆だけに使用する白提灯を見ていきます。

目次

  1. 新盆の意味
  2. 新盆に用意するもの
  3. 新盆の白提灯
  4. 法要の準備
  5. お盆も終わり、故人を送る

新盆の意味

提灯

身近に亡くなった人がいなければ、お盆は夏の長期休暇ほどにしか感じられない人が多いかもしれません。

お盆は亡くなった人を想う大切な時間。ましてや、身近に亡くなった方がいれば、その方が亡くなって初めての「新盆」は特別なもの。

新盆の意味、そしてお盆の迎え方について考えてみます。

新盆

新盆または初盆は、四十九日の法要が終わって初めて迎えるお盆のことです。
四十九日の間にお盆が来れば、新盆は翌年のお盆ということになります。

お盆にはご先祖様、亡くなった方が戻ってくる特別な日、自宅でお迎えする準備をしたり、お墓参りしたりしますが、新盆はいつものお盆とはすこし異なります。

新盆は初めて迎えるお盆。
この年は親族などを呼び、お経をあげ、初盆供養をしてもらいます。

お盆の期間

新暦の7/13~7/16
旧暦の8/13~8/16
新暦か、旧暦でお盆を迎えるかは地方によって異なるようです。

神道でもお盆はある

神道も仏教もお盆の迎え方は基本的には同じです。
もともとご先祖を迎えるという行事は神道のもの。そこに仏教が伝来し、もともと根付いていた神道と融合して、今の形になったと言われています。

お盆の迎え方は仏教式となんら変わりはありません。
神道に教義や経典がないというのも、他の宗教と交わる障害にならなかったのでしょう。

新盆に用意するもの

お盆の準備は基本的に同じですが、新盆はその家にとって初めて迎えるお盆。
特に初盆はお寺に法要のお願いをしたり、初盆の飾りを準備したりと前々から準備が必要です。

精霊棚(しょうりょうだな)

地方や家によっても違いがあります。
仏具店でセットになっているものが売られていますので参考にするとよいでしょう。
この時位牌は仏壇から取り出し、精霊棚の中央に飾ります。

精霊馬(しょうりょううま)

馬や牛に見立てたきゅうりやなすを飾ります。
ご先祖様が馬に乗って早く帰る、向こうに戻るときには牛に乗ってゆっくりと・・という意味が込められています。
また故人が馬に乗り、荷物を牛に乗せる・・という説もあるようです。
どちらにせよ、個人を想う気持ちがうかがえます。

盆提灯

盆提灯は精霊棚の両脇に飾ります。
特に新盆は個人が家に帰ってくる初めてのお盆です。
故人が迷わず帰ってこれるように新盆用の「白提灯」も飾ります。

新盆の白提灯

新盆には絵柄の入った盆提灯と、新盆用の白提灯を飾ります。
13日には迎え火として灯をともし、16日に灯を落とします。

白提灯は新盆の年にしか使わないので、新盆が終わると絵柄の入った提灯は翌年用にしまい、白提灯は処分します。

白提灯の処分

故人を迎え、送った白提灯は供養処分します。
白提灯は自宅で送り火の時に一緒にお焚き上げする、もしくはお寺にお願いして供養処分してもらいましょう。

最近では自宅で焚き上げることが難しくなっているので、形だけ少し燃やし、火が消えたことを確認してゴミとして出すことも増えてきたようです。
その際はきちんと手を合わせて下さい。

法要の準備

お坊さん

僧侶また神職の手配

お盆はお寺も1年で一番忙しい日の一つです。
新盆の法要は遅くとも1か月前までには予約を済ませましょう。

出席者への連絡

新盆は法要の後に食事をしますので、出席者にも早めに連絡しましょう。
また会食の出欠を確認することも大切です。

お布施の準備

初盆供養のお布施は3-5万円が相場になっています。
そのうえで、家に来ていただくためのお車代を渡します。

法要後の食事にも参加下さる場合や、そのままお帰りになる場合もあります。
食事の件は法要の予約をするときに確認を。食事されない場合はその御膳料やお土産を渡します。

お布施の表書き

お布施は薄墨ではなく、普通の黒で「御布施」と書きます。
神道では「御祭祀料(おんさいしりょう)」となります。

下に施主の名前をフルネーム、もしくは「〇×家」という風に書きます。
黒白の水引を用いても大丈夫ですが、まっ白の郵便番号のない封筒でも大丈夫です。

渡すタイミング

渡すタイミングは読経が終わって、お帰りになる前です。
お盆に「御布施」という言葉が僧侶に見えるように乗せて渡します。

食事の手配

法要の後には参加者と食事をします。
自宅で食事する場合は仕出しを、外で会食するのであれば食事の予約をしましょう。
この際、出席者の人数と、法事であることを伝えてください。
食事内容は、お祝いのタイや伊勢海老はよくありませんが、最近は精進料理でなく参加者の好みに合わせるように変わってきています。

お盆も終わり、故人を送る

人々

16日は故人をあの世に送る日です。
帰るのは夕方ですから、それまではお供え物をしておきましょう。
暗くなってきたら、送り火を焚いて送り出します。
また来年。

新盆はいつものお盆と違い、法要があったり、飾りをしたり、戸惑うことがたくさんあると思います。
でも気持ちは同じ。
故人を想い、故人を迎える特別な日がお盆です。
大切な日を家族で、また親類と一緒に過ごし、個人をしのびましょう。

「新盆・提灯」に関連する記事

「新盆・提灯」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

シェアする

関連する記事

「新盆・提灯」についてさらに知りたい方へ

新盆はいつになるの?飾りは?宗派毎にアドバイスしますのサムネイル画像

新盆はいつになるの?飾りは?宗派毎にアドバイスします

新盆を迎える前に気持ち良く供養するための知識をつけようのサムネイル画像

新盆を迎える前に気持ち良く供養するための知識をつけよう

新盆(初盆)の時、盆棚(精霊棚)の飾り方は?宗派別に解説!のサムネイル画像

新盆(初盆)の時、盆棚(精霊棚)の飾り方は?宗派別に解説!

新盆の「お供え」は何が良い?金額、時期など紹介しますのサムネイル画像

新盆の「お供え」は何が良い?金額、時期など紹介します

慌てないために知っておきたい!初盆の流れと準備するもののサムネイル画像

慌てないために知っておきたい!初盆の流れと準備するもの

人気のキーワードの記事一覧

終活

ランキング

よく読まれている記事です

数珠の意味~略式数珠と本式数珠の意味と違いのサムネイル画像

数珠の意味~略式数珠と本式数珠の意味と違い

1
なぜお盆になるとなすときゅうりが飾られるの?のサムネイル画像

なぜお盆になるとなすときゅうりが飾られるの?

2
健康にも良い!カラオケで大きな声でお経をよみましょうのサムネイル画像

健康にも良い!カラオケで大きな声でお経をよみましょう

3
これであなたも精神修行してみませんか!?心を鍛えようのサムネイル画像

これであなたも精神修行してみませんか!?心を鍛えよう

4
真言宗の大切なお経の一つである【般若心経】の意味とは!?のサムネイル画像

真言宗の大切なお経の一つである【般若心経】の意味とは!?

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと