7月に出す手紙の書き方。「書き出し」と「結び」を紹介します。

7月は、陰暦では「文月(ふみづき)」といいます。しかし、現代の暦では、7月は暑い夏です。7月には、暑中見舞いのほか、七夕やお中元があり、手紙を書くことも多くなります。この記事では、この時期に書く手紙について解説します。

目次

  1. 7月の季語(キーワード)
  2. 手紙の構造
  3. 7月の手紙「時候の挨拶」
  4. 具体例の使い方
  5. 7月の手紙「書き出し」
  6. 手紙の「本文」
  7. 「結び」
  8. 暑中見舞い
  9. まとめ

7月の季語(キーワード)

この記事で季語というのは、手紙を書く場合に使う季節を表すキーワード言葉です。俳句の季語とは異なります。手紙の「書き出し」や結び部分に季語を取り入れることで、スムーズに本文に入っていったり、手紙を締めくくることができます。また、手紙に季節感が加わります。

7月の季語の例

短冊

季語というのはキーワードのことです

この記事で季語というのは、手紙を書く場合に使う季節を表すキーワード言葉です。俳句の季語とは異なります。手紙の「書き出し」や結び部分に季語を取り入れることで、スムーズに本文に入っていったり、手紙を締めくくることができます。また、手紙に季節感が加わります。

具体例

小暑(7月7日ごろ)、七夕、天の川、入道雲、夕涼み、夕立、夕凪、梅雨明け、土用、盛夏、暑さ、大暑(7月23日ごろ)、熱帯夜、炎天 、夕焼け、入道雲、夕立(白雨)、夕凪(ゆうなぎ)、団扇(うちわ)、扇子(せんす)、海水着、サングラス、日傘(ひがさ)、麦藁帽子(麦わら帽子)、浴衣(ゆかた)、金魚、日向水、クーラー、エアコン、行水(ぎょうずい)、納涼、避暑、日焼、夕涼み、夏風邪、日射病、風鈴、海水浴、花火、プール、帰省、暑中見舞、夏休み、金魚、カブトムシ、蝉(セミ)、テントウムシ、鰻(ウナギ)、アイスクリーム、かき氷、そうめん、冷やし中華、冷奴、アイスコーヒー、ビアガーデン、ビール、麦茶、ラムネ。
その他、7月の天神祭や祇園祭などのお祭りも手紙の季語となります。なお。「金魚」の場合は「金魚すくい」などその単語をつかった別の語も季語に使えます。

使い方

使い方としては「7月になり(キーワード)がおいしい季節になってまいりました。」などと使えばよいです。
結びの部分であれば「今度、いっしょに(キーワード)を食べに(飲みに)行きたいですね。」というように結びます。

手紙の構造

手紙は、7月に限らず、次のような構成で書くことが一般的です。
・「拝啓」「謹啓」などの頭語
・時候のあいさつ
・本文
・結び
・「敬具」「頓首」などの結語

7月の手紙「時候の挨拶」

かしこまった手紙の場合

7月の時候の挨拶としては次のようなものがあります。実際に手紙を出す時期に応じて決めましょう。
「梅雨明けの候」「盛夏の候」「酷暑の候」「猛暑の候」
「大暑の候」「極暑の候」「向暑の候」
「「盛夏の候」「真夏の候」「梅雨明けの待たれる今日この頃」
「暑気厳しき折柄」「暑熱耐えがたきこの頃」「涼風肌に心地よく」
「土用の入りとなり」「蝉の声に暑さを覚える今日この頃」

親しい相手の場合

具体例

海や山の恋しい季節となりました
夏祭りのにぎわう頃
本格的な夏を迎えました
垣根の朝顔も咲き始め
暑い日が続きますが
うだるような暑さが続いておりますが
海や山の恋しい季節となりました
蝉時雨が賑やかに降り注ぐ季節となりました

具体例の使い方

以上の具体例は、「〈時候のあいさつ〉+ みなさま(~さま)、いかがお過ごしでしょうか。」などのように使います。
また、例文も参照してください。

7月の手紙「書き出し」

「書き出し」の基本

「書き出し」は「時候の挨拶 + 安否や近況を尋ねる言葉」で作ります。
「時候の挨拶」は、季節のあいさつで、本文の前の前文です。
7月は、七夕が終わると暑くなり始め、梅雨が明けると一気に暑くなります。天気を話題にするなら「梅雨明け」「夏」「暑」がキーワードです。
また、7月の毎日の生活で見つけた「梅雨明け」「夏」「暑」を自分の言葉で表現するのです。
例えば、「ビールが飲みたい」、「泳ぎたい」などです。

「書き出し」例文

小暑を過ぎ、夏本番を迎えました。貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
皆様におかれましては、暑さに負けずご活躍のことと拝察いたします。
真っ白な入道雲と青空のコントラストが美しい今日この頃、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
打ち水をする光景が見られるようになってまいりました。
盛夏の候、皆様におかれましてはますますご健勝のこととお慶び申し上げます。
梅雨明けの暑さひとしおでございますが、皆様お変わりありませんか。
うだるような暑さが続いておりますが、お変わりございませんか。

親しい相手への手紙の場合

「ひまわりの花が咲きはじめましたね。」「いよいよ夏本番です。」「ビール日和になりましたね。」
などの後にに、「みんな(~さん、君、ちゃん)、お元気ですか。」などとつづけます。

お中元につける手紙の場合

お中元は7月の初めから15日頃までに送るのが一般的です。したがって、七夕や梅雨明けなどを時候のあいさつに取り入れます。
「長かった梅雨が明け本格的な夏を迎えましたが、皆様お変わりありませんか。」
「七夕祭りを待ち遠しく思う頃、皆様お元気でお過ごしでしょうか。」
また、お中元ですから、「ご無沙汰しております。お中元のしるしに~贈らせていただきます。」などの文章を添えておきましょう。

手紙の「本文」

手紙の「書き出し」が終わったら、改行して、「さて、~」として本文を書けばよいです。

「結び」

「結び」の構成

手紙の「結び」は「時候+気遣いの言葉」で構成します。
「時候」については、「時候のあいさつ」で紹介した例文が使えます。ただし、「書き出し」と結びで同じ時候のあいさつを使うと不自然ですから止めてください。
そのアイデアのポイントは、「長寿」と「繁栄」です。「長寿」は、長寿そのものでも、長寿に関係した「健康」に関する物でもかまいません。
また、親しい仲なら、食事などを誘うのもよいです。生活感のある表現をつかうと、親近感が増します。

「結び」の例文

暑さ厳しい折、皆様のご健康をお祈り申し上げます。
本格的な夏を迎えました。貴社のますますのご繁栄をお祈り申し上げます。
夏風邪などひかれませんよう、どうぞご自愛ください。
毎日暑いですね。今度、ビールでも飲みに行きましょう。
わたしは毎朝6時半に近くの公園でラジオ体操をしています。おたがい健康に気を付けて生涯現役でいきましょう。

暑中見舞い

暑中見舞い

暑中見舞いは、小暑(7月7日)や梅雨明けから大暑(7月23日ごろ)まえに送るのが正式です。
ただし、立秋(8月7日)の前日までは、暑中見舞いでかまいません。しかし、立秋以後は残暑見舞いです。

暑中見舞いの構成

暑中見舞いは、次のような構成で書けばよいです。
・「暑中お見舞い申し上げます」
・時候のあいさつ
・相手の安否を確認
・近況報告
・結びの挨拶
「暑中お見舞い申し上げます」は、すでに印刷されている場合もあります。

暑中見舞いの書き方

暑中見舞いを書くことが面倒になってはいけないので、しきいを低くするために、書き方を考えてみました。
「時候のあいさつ」は、「毎日暑いですが」「毎日暑い日が続きますが」でかまいません。
「相手の安否を確認」は、「~(様、さん、先生など)はお元気です(でいらっしゃいます)か。」「皆様、いかがお過ごしでしょうか。」でよいです。
「近況報告」は、「わたしは、毎日、(仕事、勉強、家事など)をがんばっています」が使えます。
「結びのあいさつ」は「今後ともよろしくお願い申し上げます。」でよいです。

例文

暑中お見舞い申し上げます。
毎日暑い日が続きますが、先生はお元気でいらっしゃいますか。わたしは、毎日、受験勉強をがんばっています。今後ともよろしくお願い申し上げます。
えば、私も子供のころは学校の先生から暑中見舞いが送られてくるので、先生へのお返しとして毎年書いていたのを思い出しました。

まとめ

暑中見舞い

ネットが発達した現在、メールを書くときには、かなり簡略化してしまいます。
わたしも以前は「貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。」と書いていましたが、今は「お世話になります。」と書いています。
スマホが普及してきて、メールやメッセージは、は用件のみ、自分の名前さえ書かないことが増えています。
とはいえ、時候のあいさつを入れるのは日本の文化です。紙に手で書く場合でも、メールでPCから送る場合でも、日本の文化を大切にした表現にしたいものです。

「7月・手紙」に関連する記事

「7月・手紙」についてさらに知りたい方へ

  • お中元のお礼状にも使える!7月上旬の時候の挨拶一覧のサムネイル画像

    お中元のお礼状にも使える!7月上旬の時候の挨拶一覧

    7月上旬は、梅雨が明け夏がスタートする季節ですね。またお中元を贈る時期にもあたります。そんな7月上旬に使える「時候の挨拶」にはどんなものがあるのか、実際に手紙やメールの書き方、また「時候の挨拶」を使ったお中元が届いた後のお礼状の文例をご紹介します。

  • 手紙と季語の気になる関係!簡単に使える季語と例文を紹介!のサムネイル画像

    手紙と季語の気になる関係!簡単に使える季語と例文を紹介!

    手紙を書くときの時候のあいさつには季語が欠かせません。書きなれていないと難しい手紙の書き出しは、季節の特徴を表す季語を使って書くと簡単です。季節ごとの手紙におすすめの季語と、その季語を使った例文を紹介します。

  • 梅雨の季語をご紹介!手紙の書き方や季節の花も紹介します!のサムネイル画像

    梅雨の季語をご紹介!手紙の書き方や季節の花も紹介します!

    梅雨の季節はうっとうしいものです。しかし梅雨の季語を知れば嫌な季節も楽しむことができます。手紙を書くときやお礼状を書くときに梅雨の季語を散りばめれば、いつも書いている手紙も一味違ったオシャレで素敵なものになるでしょう。それでは梅雨の季語について紹介します。

  • 1月下旬の季節とは? 冬に使いたい時候の挨拶のサムネイル画像

    1月下旬の季節とは? 冬に使いたい時候の挨拶

    今も昔も人々に愛され続けている手紙。その文中には季節を表す「時候の挨拶」がつきものです。この記事では1年のはじまり「1月」その下旬に使える時候の挨拶についてまとめました。1月下旬は冬の寒さが一番厳しい季節です。

  • 心を伝える手紙は、しっかりした挨拶文からのサムネイル画像

    心を伝える手紙は、しっかりした挨拶文から

    携帯電話やメールが進んでいる今、なかなか手紙を書く機会はありませんね。手紙は挨拶文である前文から主文、末文、後付けという構成からなりますが、挨拶文は四季折々の時候の挨拶が使われます。手紙を書くうえでのルールや気を付けたい点などをまとめてみました。

  • お中元のお礼状にも使える!7月上旬の時候の挨拶一覧のサムネイル画像

    お中元のお礼状にも使える!7月上旬の時候の挨拶一覧

    7月上旬は、梅雨が明け夏がスタートする季節ですね。またお中元を贈る時期にもあたります。そんな7月上旬に使える「時候の挨拶」にはどんなものがあるのか、実際に手紙やメールの書き方、また「時候の挨拶」を使ったお中元が届いた後のお礼状の文例をご紹介します。

  • 俳句作りの参考に!~【7月の季語】特集~のサムネイル画像

    俳句作りの参考に!~【7月の季語】特集~

    俳句作りを趣味にしている方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。俳句作りの基本となるのが季語ですが、今回は7月をテーマに【7月の季語】をご紹介したいと思います。

  • お盆は7月か8月どっち?なぜ違う?地域で違うお盆の時期を解説!のサムネイル画像

    お盆は7月か8月どっち?なぜ違う?地域で違うお盆の時期を解説!

    全国的に8月13日から16日をお盆の期間とする地域が多い中、7月にお盆を行う地域があります。正式なお盆の期間は7月と8月のどちらなのでしょうか。今回はお盆の時期が地域によって違う理由を詳しくご説明いたします。

  • 親しい人・大切な人へ送る手紙の書き方は?のサムネイル画像

    親しい人・大切な人へ送る手紙の書き方は?

    電話やメールと違った意味が、手紙にはあります。手書きで文字を綴り、書いてから出すまでにも時間がかかるので、特別な思いがこもります。ですが、その手紙にも、書き方に決まりはある場合があります。基本的な書き方を学び、大切な人への気持ちをしたためましょう。

  • 新盆のお供えに手紙は添える?書き方から注意点まで解説します!のサムネイル画像

    新盆のお供えに手紙は添える?書き方から注意点まで解説します!

    新盆にお供え物はつきものです。新盆のお供え物を贈るとき、お供え物だけお贈りして良いのでしょうか。手紙は添えるべきなのでしょうか。手紙を添えるべきだとすれば、どんな内容を書くと良いのでしょうか。今回はお供え物に添える手紙のマナーについて解説いたします。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

シェアする

関連する記事

「7月・手紙」についてさらに知りたい方へ

お中元のお礼状にも使える!7月上旬の時候の挨拶一覧のサムネイル画像

お中元のお礼状にも使える!7月上旬の時候の挨拶一覧

手紙と季語の気になる関係!簡単に使える季語と例文を紹介!のサムネイル画像

手紙と季語の気になる関係!簡単に使える季語と例文を紹介!

梅雨の季語をご紹介!手紙の書き方や季節の花も紹介します!のサムネイル画像

梅雨の季語をご紹介!手紙の書き方や季節の花も紹介します!

1月下旬の季節とは? 冬に使いたい時候の挨拶のサムネイル画像

1月下旬の季節とは? 冬に使いたい時候の挨拶

心を伝える手紙は、しっかりした挨拶文からのサムネイル画像

心を伝える手紙は、しっかりした挨拶文から

俳句作りの参考に!~【7月の季語】特集~のサムネイル画像

俳句作りの参考に!~【7月の季語】特集~

お中元のお礼状にも使える!7月上旬の時候の挨拶一覧のサムネイル画像

お中元のお礼状にも使える!7月上旬の時候の挨拶一覧

お盆は7月か8月どっち?なぜ違う?地域で違うお盆の時期を解説!のサムネイル画像

お盆は7月か8月どっち?なぜ違う?地域で違うお盆の時期を解説!

新盆のお供えに手紙は添える?書き方から注意点まで解説します!のサムネイル画像

新盆のお供えに手紙は添える?書き方から注意点まで解説します!

敬老の日には、直接いえない感謝の気持ちを手紙で伝えようのサムネイル画像

敬老の日には、直接いえない感謝の気持ちを手紙で伝えよう

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

老後に人気な趣味5選!楽しみながら健康を維持できる方法を紹介!のサムネイル画像

老後に人気な趣味5選!楽しみながら健康を維持できる方法を紹介!

1
40代で始めるオススメの趣味は?インドアとアウトドアの趣味!のサムネイル画像

40代で始めるオススメの趣味は?インドアとアウトドアの趣味!

2
老後の趣味に最適なアウトドアを厳選して3つ紹介します!のサムネイル画像

老後の趣味に最適なアウトドアを厳選して3つ紹介します!

3

関連する記事

「7月・手紙」についてさらに知りたい方へ

お中元のお礼状にも使える!7月上旬の時候の挨拶一覧のサムネイル画像

お中元のお礼状にも使える!7月上旬の時候の挨拶一覧

手紙と季語の気になる関係!簡単に使える季語と例文を紹介!のサムネイル画像

手紙と季語の気になる関係!簡単に使える季語と例文を紹介!

梅雨の季語をご紹介!手紙の書き方や季節の花も紹介します!のサムネイル画像

梅雨の季語をご紹介!手紙の書き方や季節の花も紹介します!

1月下旬の季節とは? 冬に使いたい時候の挨拶のサムネイル画像

1月下旬の季節とは? 冬に使いたい時候の挨拶

心を伝える手紙は、しっかりした挨拶文からのサムネイル画像

心を伝える手紙は、しっかりした挨拶文から

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと