袴の色一つでイメージがガラッと変わります!!

成人式や卒業式で見かける事のある袴ですが、その色一つでイメージはガラッと変わります。だからと言って、神職さんが身に着けている袴は、自由に色が選べないのを知っていますか?

目次

  1. 袴とは
  2. 袴の種類
  3. 着物と袴の色の組み合わせ
  4. 袴の色選び
  5. 神職さんの袴の色には意味がある!?
  6. まとめ
  7. 終活の専門家に相談してみよう

袴とは

着物の上からはいて、腰から下を覆うように着用し紐で結ぶ、和装の衣服の一種です。
弥生時代にその原型が成立し、近世では主に男性の礼装とされていましたが、女性用の物もあり、巫女や弓道の弓道衣、近代では女子大や高校の通学着として、現代では大学の卒業式の礼服などとして、女子袴が定番となっています。

袴

袴の種類

袴の種類には、一般的な袴・ズボン状の袴・制服用の袴などがあります。

一般的な袴

馬乗袴・行灯袴

袴のなかに襠があるものを馬乗袴、ないものを行灯袴と言います。
行灯袴は、町人の間でも袴をはく事が多くなった、江戸時代後期に発案された物です。当時は略装とされていましたが、現在では馬乗袴と同じく礼装にも用いられます。

ズボン状の袴

軽衫

戦国時代に来日したポルトガル人の「カルサン」というズボンに由来して、この名称になりました。
ゆったりとしたズボン状の構造で、体を締めつけず、活動的で動きやすい物です。作業着や自宅での室内着として着用されます。野袴・山袴・裁付・庄屋袴・踏込袴なども、同系統の袴です。

裁付

野袴・山袴・伊賀袴などとも言い、軽衫から発達した袴です。
農山村で広く使われ、腰回りはゆったり・脚部を細く、動きやすくしています。

武道袴

馬乗袴の内、武道用に各部位に工夫がなされた物を、武道袴と呼ぶ事があります。

制服用の袴

女袴

明治時代から昭和初期にかけて、女学生の制服として多く着用されました。現在でも女性教員や女子大生が、卒業式で着用する定番の服装です。
現在着用されている物の多くは、長い巻きスカートのような物で、腰板がありません。一部、神社の巫女・現代の女性皇族・雅楽舞踊の演者などには、男子同様の足を通す部分が二つに分かれた物の着用も見られます。

仕舞袴

能楽師が仕舞や舞囃子の際に用いる、特殊な袴です。なお、馬乗袴の言換えとして、仕舞袴の語が用いられる事があります。

緋袴・ 捻襠袴

主に宮廷の女性が着用した袴で、馬乗り袴の一種です。
捻襠袴は腰ひもに特徴があり、通常の袴は後ろ紐と前紐があるのに対し、この袴は左脇の部分が輪になって、後ろ紐と前紐がつながっている状態です。現在では十二単で着用する、後ろに長く引きずる長袴と、袿袴装束で着用する、足首までの長さの切袴の二種類があります。

舞袴

日本舞踊や剣舞などで使う袴です。
仕舞袴よりもふつうの袴に近い外見を持っていますが、立居の際に皺や襞ができないような工夫がされています。

着物と袴の色の組み合わせ

着物と袴は自由な組み合わせができるため、コーディネイト次第というのが魅力です。そんな着物と袴の色合わせの基本を紹介します。

同系色でまとめてすっきり

薄紫に紫・赤にえんじなど、同系色でまとめるとすっきりとした印象になります。着物の柄の色と袴の色を合わせるという手もあります。

補色でまとめてくっきり

赤と緑・黄色と紺など、補色を組み合わせるとメリハリのある印象になります。

袴の色選び

色やデザインの選び方など、袴の色選びのポイントを紹介します。

自分に合う色を見極めよう

自分に似合う色を知ることも、袴選びの大事なポイントです。どんなに好きな色でも、自分に似合わない色だと、全体のバランスが悪くなってしまいます。

色白の人

透き通った肌をより引き立ててくれるピンクやブルーなど、パステルカラーが良いでしょう。

イエローベースの人

黄色やカラシ色など、黄色味がある明るい色が良いでしょう。

健康的な肌色の人

はっきりとした色味を選ぶと、肌の色になじみやすいと言われています。淡い色はぼやけてしまう事もあるので、色によっては避けたほうが良いでしょう。

明るい髪色

比較的どんな袴とも合いますが、袴の地色を髪色に近いものにすると、全体的にバランスが良くなります。

落ち着いた髪色

比較的どんな袴と合わせても、落ち着きのある雰囲気が出ます。

なりたいスタイルをイメージ

なりたいと思うスタイルをイメージしましょう。それにより、選択する色やデザインが変わるので、できるだけ明確にイメージしましょう。

キュートタイプ

ピンクや黄色など、女性のかわいらしさをぐっと引き立ててくれるような、明るい色を選びましょう。

クラシカルタイプ

着物の柄を和花や矢羽の柄にして、袴は藤色や濃い赤を選びましょう。

クールタイプ

黒・紺・グレーなど、ダークカラーを選ぶとキリッとした雰囲気が出せます。

エレガントタイプ

黄色・赤・明るい紫などを選ぶと、存在感を引き立ててくれます。大きめの刺繍が入ったものだと、より華やかになります。

神職さんの袴の色には意味がある!?

神職さんの袴の色は、その身分を表しています。上から順に、「特級」「一級」「二級上」「二級」「三級」「四級」の六等級に分かれていて、神職としての経歴・地位・功績などに基づいて決められています。

階級別の色

特 級……白の袴に白地の紋入り
一 級……紫の袴に濃い紋入り
二級上……紫の袴に薄い紋入り
二 級……紫の袴に紋なし
三・四級…浅葱色
見習い……白

まとめ

卒業式

袴を着用する機会はあまりないと思いますが、今でも親しまれている物で、色一つでどんなイメージにもなれる事や、色による神職さんの階級の違いをわかっていただけたと思います。
もし今後袴を着る機会があれば、ぜひイメージした上で色を選んでみて下さい。

終活の専門家に相談してみよう

「身近な人が亡くなったらどうしたらいいの?」「終活とは具体的にどんなことをしたらいいの?」「誰か詳しい人に直接相談したい!」と思われる方もいらっしゃると思います。
終活ねっとを運営するにあたり、【お墓・葬儀・仏壇・介護・相続・保険・遺品整理】などなど様々な分野の専門家の方に協力していただいております。
また、それぞれの専門家の方が

  • どのような事をなさっているのか?
  • どんな想いでお仕事をなさっているのか?
  • どのような特徴があるのか?

などを、記事形式で紹介しております。

専門家のページはこちらから

シェアする

「袴・色」に関連する記事

「袴・色」についてさらに知りたい方へ

卒業式だけじゃもったいない!袴と着物を普段着にしよう!のサムネイル画像

卒業式だけじゃもったいない!袴と着物を普段着にしよう!

大学の卒業式でよく見かける袴。卒業式シーズンしか着ないものと思われがちですが、最近は着物も袴も普

弓道のユニフォーム「袴」に関するあれこれのサムネイル画像

弓道のユニフォーム「袴」に関するあれこれ

弓道のユニフォームといえば白い道着に黒の袴。見た目のカッコよさから弓道部に憧れていた方も少なくな

実は多くの種類があった、女性用の袴(平安朝から近現代まで)のサムネイル画像

実は多くの種類があった、女性用の袴(平安朝から近現代まで)

一般に、「 袴」といえば男性用であるというイメージがあるため、女性用の袴にはどんな種類があった(

神主の仕事って何?服装からご紹介します。のサムネイル画像

神主の仕事って何?服装からご紹介します。

祭祀やお参りで神社に行った時、神主の服装が違っていることに気付いていましたか。神職世界も身分社会

神主の衣装の不思議! 着物の色には意味がある?のサムネイル画像

神主の衣装の不思議! 着物の色には意味がある?

神主の衣装といえば白い着物と水色の袴を思い浮かべる方が多いかと思います。普段神社に参拝した時に見

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと