お参りとお詣りの意味の違い~神社は?お寺は?

日本語には同じ読み方をしても、違う意味を持っている言葉があります。お参りとお詣りの違いについてご紹介します。お参りとお詣りは同じ読み方でも、細かい違いがあるのです。

お参りとお詣りの違い

神社

お参りとお詣りの違いは分かりやすい基準は、誰に対してなのかということ。お参りは仏様。お寺やお墓に挨拶に行く場合は「お参り」と書きます。お詣りは神様が相手です。神社に行くときに「お詣り」と書きます。お参りは合掌することで、お詣りは柏手を打つという違いがあります。

お参りの漢字の成り立ち

お寺

お参りの「参(さん・まいる)」の字の意味としては、あずかる・まみえる(目上の人会う)・まいる・照らし合わせる・入り混じるなどとして使われています。目上の人や場所へもうでるとしても使われますが、困り果てるときや降参するとしても使われます。

お参りの使われ方

お参りの漢字の使われ方として参賀(さんが)・参画(さんかく。計画へ加わること)・参検(さんけい。照らし合わせて考えること)・参酌(さんしゃく。比較して良いことを選ぶ)・参商(しんしょう。遠く離れて会えないこと)・参禅(さんぜん。禅を学ぶこと)などに使われます。

お詣りの成り立ち

お寺

お詣りの「詣(けい)」の字の意味としては、いたるとして使われ、行く・到着する・もうでる・まいるなどとして使われます。言と旨から作られている漢字で、おいしいものを見つけるという意味があります。

お詣りの使われ方

お詣りの漢字の使われ方としては、造詣(ぞうけい。学問や研究などがより深く境地に至ること)・参詣(さんけい。神仏におまいりすること)などとして使われます。

参詣と参拝の違い

参詣と参拝も似た意味で同じように使われがちですが意味が違います。参詣は単純に神社仏閣へ足を運ぶことだけを指します。手を合わせたり祈願することをしなくても、鳥居や山門を通るだけでも参詣です。参拝は神社仏閣へ行き拝んだ時に使います。目的によって使い方が変わります。

お参りの作法

お寺やお墓に参ることを言います。お参りの作法として、ついサラッと流してしまいがちな、お寺とお墓の正式なお参りについてご紹介します。

お寺の歴史

お寺

お寺とはもともとインドが発祥で、雨期の間発生する虫を殺してしまわないために、雨の間瞑想する場所として作られたものが始まりです。その後、修行僧が生活と修行をするための場所になり、期間限定の簡易の場所ではなく定住できる場所になりました。

お寺のお参りの仕方

お寺にお参りする時の作法をご紹介します。山門を入る前に軽く頭を下げてから入ります。手水舎で手と口を清め、お線香をあげます。軽く頭を下げてからお賽銭を投げ入れてから鈴を鳴らします。手を合わせて祈願をし、軽く頭を下げます。

お寺の祈願の内容

お寺で祈願するときにも、内容を伝える順番はあります。住所・氏名・内容を伝えます。神社での願い事は、もともとは故人の願い事ではなく、国家の安全・自然環境が穏やかで五穀豊穣などの、すべての人に対する願い事でした。

お墓の歴史

亡くなった人を埋葬するという考え方は縄文時代からありました。死というものが恐ろしいものというイメージだったのが、弥生時代になり副葬品を入れる習慣が出来、恐怖から再生への信仰が芽生えました。近世に入り、お寺の中にお墓がつくられ庶民にも広がりを見せました。

お墓へのお参りの仕方

お墓へのお参りの時期に特に決まりはありませんが、日本の慣習として、お盆と年末年始などの節目と、命日に行われることが多くあります。信じている宗教によってもお墓参りの仕方は変わりますが、大まかな順番などは同じです。

お墓のお参りの作法

お墓がお寺などにある場合、お参りの前にお参りをしてから、手を洗って清めてからお墓に向かいます。お墓に向かって1礼してから周りの掃除を軽くして、墓石の汚れを流します。お花などが枯れていたら取り換えます。合唱をして近況を報告します。

お詣りの作法

お詣りは神社に使われる言葉であり、神様へご挨拶などに行くときに使われる言葉です。お寺へのお詣りの仕方をご紹介します。

神社のお詣りの作法

神社

神社へお詣りに行くときに気を付けることは、参道の真ん中を歩かないことです。鳥居をくぐる前に帽子をとり、お辞儀をしてから入ります。手水舎で手と口を清めてから、参拝へ向かいます。軽く頭を下げ、お賽銭を音を立てて入れ、鈴を鳴らします。2礼2拍手1礼します。

手水舎の作法

右手で柄杓に水をすくい左手を清め、左手に柄杓を持ち右手を清めます。右手で持ち、左手に水をうけて口を清めます。柄杓を立てにし、持ち手を清めます。ポイントとしては、1杯分ですべて終わらせることです。くり返し水をすくうのはマナー違反になります。

2礼2拍手1礼の理由

出雲大社では2礼2拍手1礼ではなく、2礼4拍手1礼をします。4は通常「死」に通じるので縁起が悪いとされますが、これは幸せを呼び込むための4であり、縁起がいいと伝えられています。2礼2拍手1礼は神様という目上で神聖な存在へ敬意を表し願い事をする前のあいさつです。

お参りとお詣りのまとめ

おてら

どちらも同じ読み方をしますが、それぞれに意味が違います。どちらも日本人がお寺や神社と近くあったことを示す漢字です。違いを楽しんで、お寺や神社に改めて足を運んでみませんか?

終活の専門家に相談してみよう

終活ねっと専門家ページでは読者様のニーズ別に終活に関する様々な専門家を紹介しています。

ぜひご利用ください。

専門家ページはこちらから

「お参り・お詣り」に関連する記事

「お参り・お詣り」についてさらに知りたい方へ

ランキング

よく読まれている記事です

「お参り・お詣り」に関連する記事

「お参り・お詣り」についてさらに知りたい方へ

神社に行くのもお墓に行くのも、お参りという言葉は同じ。でも、仏滅に結婚式は厳禁だし、神社は祝い事をする場所でもあるし、もしかして、神社とお墓って同じ日にお参りするのってダメなのかな?そんな疑問を解消するため、神社とお墓の関係からお参りのタブーまでご紹介します!のサムネイル画像

神社とお墓に同じ日にお参りしてもいいの?

1
神社にお参りするときに「仏滅を避けるべき?」、「お賽銭は5円玉?」など、ふと疑問に思うことがありますよね。作法は既に紹介したので、今回は神社にお参りするときのあれこれについて調べてみました。のサムネイル画像

神社にお参りするときの時間帯やお賽銭のおすすめ

2
あなたは幼い頃、神社の手洗い場で手を洗うと年配の方から教えられたことはありませんか?最近では神社の作法の仕方を詳しく紹介している雑誌やテレビが増えていますが、マナーについて知っている方は少ないです。今回は手洗いの由来から作法、マナーまでご紹介いたします!のサムネイル画像

神社に穢れを持ち込まない! 手洗いの作法とマナー

3
神社に参拝する人のほとんどは、神様に願い事を伝える為に伺います。でも実は、叶える為にはそれだけでは少し足りない所があるのです。神社を参拝することで自分の希望を再確認し、それを成し遂げる力にすることに意味があるのです。のサムネイル画像

神社に参拝する意味を知れば願い事が叶う可能性は高くなる

4
仏壇にお参りをするとき、正しい作法で出来ているか心配になったことはありませんか?宗派によって仏壇のお参りの作法も違ってきます。大人のマナーとして正しい作法を知っていれば、いざというときも落ち着いてお参りできますね。のサムネイル画像

仏壇へのお参り、正しい作法で出来ていますか?

5

ランキング

よく読まれている記事です

盛り塩の効果をご存知ですか?そして盛り塩の処分の仕方も気になりますよね。盛り塩には邪気を払い、人を呼び寄せる効果があります。そして盛り塩の処分の仕方についてはやってはいけない事もあるようですので、ぜひご注意ください。盛り塩の交換時期についてもお伝えいたします。のサムネイル画像

盛り塩の「効果」とその「処分方法」は?「交換時期」も教えます

1
お祝い袋の飾りとして有名な水引。伝統的で上品な光沢が魅力です。水引を使ったアクセサリーの作り方を紹介します。作り方は簡単。結びの基本を覚えれば、バレッタやピアスなど、様々なアクセサリーに応用できます。のサムネイル画像

水引アクセサリーの簡単な作り方!上品!和服にも合う!

2
結婚式や葬式で礼服を着ることがあります。その際、礼服のジャケットのフラップをポケットにおり込んだ方が良いです。またポケットチーフは、葬式では不要です。のサムネイル画像

礼服のポケットのふたとポケットチーフについて紹介します。

3
日本語には同じ読み方をしても、違う意味を持っている言葉があります。お参りとお詣りの違いについてご紹介します。お参りとお詣りは同じ読み方でも、細かい違いがあるのです。のサムネイル画像

お参りとお詣りの意味の違い~神社は?お寺は?

4
神社やお寺にお参りする際、御朱印帳を持参するのが流行っていますね。巷では御朱印巡りをする女性に御朱印ガールという名前もついているとか。今回は、おしゃれな御朱印帳をお探しの方向けに、お店や神社仏閣のみで入手の物から、手軽に通販で購入できる物をご紹介します。のサムネイル画像

おしゃれな御朱印帳ならこれ!おすすめの御朱印帳をご紹介します

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと|葬儀、墓、相続、介護など終活に関するポータルサイト