お清め方法をまとめて紹介します。塩やお酒をどう使う?

お清め方法にはどんな種類があるのでしょうか。お清め方法をまとめて紹介します。塩と酒ってなぜお清めによくでてくるのかなどの由来と、最後にもっとも効果のあるお清め方法もお教えします。

目次

  1. お清めの方法まとめました
  2. どんな時にお清めするのか
  3. お清めの方法
  4. 酒と塩はかかせない
  5. 最も最強のお清めは
  6. いかがでしたでしょうか

お清めの方法まとめました

日常、簡単にお清めできるものをまとめてみました。
お清めといっても様々なものがあります。
ぜひ、自分が取り入れやすいものを実践してみてください。

どんな時にお清めするのか

●部屋が汚くてなんだか雰囲気がモヤモヤしている気がする
●なんだか最近悪い事が続いている
●体調に不調を感じている
●なんだか憂鬱

こんなことが続いたらお清めしたくなりますよね。
どんな方法があるのでしょうか?

お清めの方法

自分自身を清めるなら酒塩風呂

塩酒風呂のお清め方法

-必要なもの-

●日本酒 1合

お酒といってもなんでもいいわけではありません。
日本酒をいれてください。
合成清酒は不可です。

●荒塩 50g~100g

あとお塩も入れればもっと効果があります。
塩も料理塩ではなく、荒塩を使ってください。

海からとれた100%のものです。
スーパーでも、100円ショップにも売っています。

自分のお清め方法で、強く効果的なのは酒塩風呂です。
黒いもやもやしたものが溶けていくようなイメージで入るともっと効果的です。
湯あたりしないように気を付けてくださいね。

家には煎り塩をまいて掃除

煎り塩でのお清め方法

煎り塩とはフライパンで荒塩を煎ったものです。
フライパンで、塩の水分を飛ばします。


1 まず、換気をします
2 いつもよりも丁寧に心をこめて掃除します
3 最後に煎り塩を部屋にまいて掃除機で吸います

これで、部屋の邪気は煎り塩とともに吸い取られていくでしょう。
もちろん掃除だけでも、効果はありますが、煎り塩は最後の仕上げといったところでしょうか。

太陽の光を浴びる

陰の気は太陽の光を浴びることにより解消されます。
太陽の光はとてもエネルギッシュです。
とにもかくにも、毎日太陽を浴びることを意識しましょうね。
それがお清めの方法にもっとも簡単なことではないでしょうか。

神社に行く

神社は聖域です。神聖な場所であるため、行くだけでお清めされます。
その分、神様に失礼のないようにマナーをもって参拝しましょう。


●効果的な神社での呼吸方法

神社の空気は澄みきっています。
そこで大きく息を吐いて、神聖な空気を吸いましょう。
大きく息を吐くときに自分の中の悪いものが出ていくイメージが大切です。
吸うときは綺麗なものが入ってくるイメージをしましょう。

神社という澄み切った神聖な場所へお清めに行きましょう。

お香をたく

悪い匂いには、陰の気が寄ってきます。
洗濯物や洗い物がたまっていたりして悪臭がすると、悪いエネルギーは自分と波長が合って集まってきます。体と部屋を清潔にすることもお清め方法ににつながります。
お香を焚き、良い香りを部屋に充満させるというのは、とても効果的です。

お花を飾る

花には絶大な効果があります。
部屋にとって、とても良いエネルギーを発してくれます。
簡単にできるお清め方法なので、ぜひ飾ってみてください。

盛り塩をする

お清め方法で一番有名ではないでしょうか。
盛り塩をすることで悪いエネルギーを吸い取ってもらいます。

白い小皿に山形(三角錐)に盛りましょう。
手で山形に作っても良いですし、100円ショップでも山型にするものが売っています。
このようなものです。

クッキングペーパーなどでも綺麗に作れる三角錐の方法もありました。
ぜひ、調べてみてください。

酒と塩はかかせない

塩は海からとれる神聖なもの

お清め方法で欠かせない塩。なぜお清めに塩なのでしょうか?

それは、海は万物を生み出したものです。
そこからとれる塩はとても貴重で神聖なものとされてきました。
人の命に欠かせない塩が、神聖なものでお清めに使われたのですね。

お酒は神道からきている

お神酒というぐらいですから、お酒は神道からからきています。
神様が私たちに与えてくれた恵の1種として、お酒はあがめられています。
そこから神様の力を借りてお清めにつながるのでしょうね。
様々な方法に使われています。

最も最強のお清めは

海水浴

海

最も強力なお清め方法は「海水浴」だと思います。
冗談ではありませんよ。

昔から、不浄なものは海で浄化していたそうです。
太陽、塩、水、この3種類がそろった強力なお清めではないでしょうか。
水垢離という言葉もありますし、お清め方法で最も効果的だと思っています。

温泉でも、海水風呂などありますよね。
自分の体や心の不浄をお清めするのには、海水浴が一番おすすめです。

夏は、海へ行ってみるのも良いですね。
もちろん健康や体調面に気を付けてくださいね。

いかがでしたでしょうか

お清め方法のまとめを紹介させていただきました。

たまには、お清めをして、心身のもやもやをスッキリさせることも大事ですね。
心が洗われる思いになると思います。

体の汚れは目に見えても、心は見えないものです。

お清めというと、怖いものから身を守ることを想像しますが、心を洗うというお清めの考え方もありますよね。

毎日元気に前向きに暮らせるように、心を洗うためのお清めという手段もぜひ試してみてください。
最後まで読んでくださってありがとうございました。

「お清め・方法」に関連する記事

「お清め・方法」についてさらに知りたい方へ

  • 葬式の後の清め塩と意味とマナーについて説明しますのサムネイル画像

    葬式の後の清め塩と意味とマナーについて説明します

    お葬式に会葬すると、お礼状といっしょに清め塩が配られます。清め塩は、死の穢れや邪気を祓うために、体に振りかけます。足下だけに振りかける人もいますが、葬式の清め塩には正式なマナーがあります。この記事を読んで、清め塩の正しいマナーを身につけましょう。

  • お葬式で渡される清めの塩 正しい使い方知ってる?のサムネイル画像

    お葬式で渡される清めの塩 正しい使い方知ってる?

    お葬式で会葬のお礼状と一緒に渡される塩。この塩の正しい使い方や、お葬式で渡される意味を知っていますか?今回は、この塩の事についてご紹介します。

  • お墓参りに清めの塩は必要なの?宗教ごとの塩に対する考え方も紹介のサムネイル画像

    お墓参りに清めの塩は必要なの?宗教ごとの塩に対する考え方も紹介

    お葬式やお通夜に参列した際に貰える「お清めの塩」ですが、お墓参りをする時にも塩は必要なのか疑問に思ったことはありませんか? また、宗教ごとにお清めの塩に対する考え方が異なります。 この記事では、お清めを目的とする塩とお墓参りについて詳しく解説していきます。

  • 盛り塩の「効果」とその「処分方法」は?「交換時期」も教えますのサムネイル画像

    盛り塩の「効果」とその「処分方法」は?「交換時期」も教えます

    盛り塩の効果をご存知ですか?そして盛り塩の処分の仕方も気になりますよね。盛り塩には邪気を払い、人を呼び寄せる効果があります。そして盛り塩の処分の仕方についてはやってはいけない事もあるようですので、ぜひご注意ください。盛り塩の交換時期についてもお伝えいたします。

  • 盛り塩のやり方?意外と知らない盛り塩の基本のサムネイル画像

    盛り塩のやり方?意外と知らない盛り塩の基本

    家を清めるために盛り塩を置く方も増えてきているかと思います。盛り塩に使う塩について。盛り塩の置く場所、形、使うお皿など盛り塩のやり方について書いていきます。やり方

  • 逆効果にならないような、正しい盛り塩の扱い方のサムネイル画像

    逆効果にならないような、正しい盛り塩の扱い方

    盛り塩は玄関先や店舗の入り口などに置かれるもので、見かけたことがある方も多いはずです。厄除や魔除けの効果がある反面、その方法を間違えると逆効果にもなります。正しい盛り塩の置き方を理解して清く過ごす方法のご紹介です。

  • 盛り塩セットは購入する必要がない?盛り塩の作り方とは?のサムネイル画像

    盛り塩セットは購入する必要がない?盛り塩の作り方とは?

    厄払いと開運アイテムとして盛り塩を置くとよく聞きます。しかし詳しい盛り塩の作り方や捨て方、専用のセットが必要なのか…など詳しく知っている方は少ないですよね?今回は専用セットがなくても誰にでもできる盛り塩の扱い方をご紹介します!

  • 盛り塩を置く場所が正しければ運気がアップする?のサムネイル画像

    盛り塩を置く場所が正しければ運気がアップする?

    盛り塩とは、家庭の玄関やトイレなどの水回り付近に盛る塩のことをさします。この盛り塩には、厄除け・魔除け・邪気払い・招貴人(チャンスを与える人を招く)の意味を持つとされています。そこで、開運につながる正しい盛り塩のやり方をご紹介いたします。

  • 知っておくべき日本の文化!盛り塩の作り方とお皿についてのサムネイル画像

    知っておくべき日本の文化!盛り塩の作り方とお皿について

    盛り塩とは、邪気払いや運気を上げるものとして古くから伝わる日本の伝統です。飲食店や販売店、また個人宅の玄関先でお皿に盛られた塩をご覧になった方も多いのではないでしょうか?今回は、盛り塩を置く意味や作り方、またお塩の受け皿の色や形についてご紹介します。

  • 盛り塩の作り方を紹介します。100均で簡単に作れる?のサムネイル画像

    盛り塩の作り方を紹介します。100均で簡単に作れる?

    お店に行ったときに、入口に小皿に乗ったピラミッド型の塩の山を見たことがありませんか?盛り塩と言われるものですが、いったい何のために置かれているのでしょうか?その意味や作り方を紹介します。作り方も簡単なので、自分で盛り塩を作ってみましょう。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

シェアする

関連する記事

「お清め・方法」についてさらに知りたい方へ

葬式の後の清め塩と意味とマナーについて説明しますのサムネイル画像

葬式の後の清め塩と意味とマナーについて説明します

お葬式で渡される清めの塩 正しい使い方知ってる?のサムネイル画像

お葬式で渡される清めの塩 正しい使い方知ってる?

お墓参りに清めの塩は必要なの?宗教ごとの塩に対する考え方も紹介のサムネイル画像

お墓参りに清めの塩は必要なの?宗教ごとの塩に対する考え方も紹介

盛り塩の「効果」とその「処分方法」は?「交換時期」も教えますのサムネイル画像

盛り塩の「効果」とその「処分方法」は?「交換時期」も教えます

盛り塩のやり方?意外と知らない盛り塩の基本のサムネイル画像

盛り塩のやり方?意外と知らない盛り塩の基本

逆効果にならないような、正しい盛り塩の扱い方のサムネイル画像

逆効果にならないような、正しい盛り塩の扱い方

盛り塩セットは購入する必要がない?盛り塩の作り方とは?のサムネイル画像

盛り塩セットは購入する必要がない?盛り塩の作り方とは?

盛り塩を置く場所が正しければ運気がアップする?のサムネイル画像

盛り塩を置く場所が正しければ運気がアップする?

知っておくべき日本の文化!盛り塩の作り方とお皿についてのサムネイル画像

知っておくべき日本の文化!盛り塩の作り方とお皿について

盛り塩の作り方を紹介します。100均で簡単に作れる?のサムネイル画像

盛り塩の作り方を紹介します。100均で簡単に作れる?

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

盛り塩の「効果」とその「処分方法」は?「交換時期」も教えますのサムネイル画像

盛り塩の「効果」とその「処分方法」は?「交換時期」も教えます

1
水引アクセサリーの簡単な作り方!和服にも合う結び方を紹介!のサムネイル画像

水引アクセサリーの簡単な作り方!和服にも合う結び方を紹介!

2
礼服のポケットのふたとポケットチーフについて紹介します。のサムネイル画像

礼服のポケットのふたとポケットチーフについて紹介します。

3
お参りとお詣りの意味の違い~神社は?お寺は?のサムネイル画像

お参りとお詣りの意味の違い~神社は?お寺は?

4

関連する記事

「お清め・方法」についてさらに知りたい方へ

葬式の後の清め塩と意味とマナーについて説明しますのサムネイル画像

葬式の後の清め塩と意味とマナーについて説明します

お葬式で渡される清めの塩 正しい使い方知ってる?のサムネイル画像

お葬式で渡される清めの塩 正しい使い方知ってる?

お墓参りに清めの塩は必要なの?宗教ごとの塩に対する考え方も紹介のサムネイル画像

お墓参りに清めの塩は必要なの?宗教ごとの塩に対する考え方も紹介

盛り塩の「効果」とその「処分方法」は?「交換時期」も教えますのサムネイル画像

盛り塩の「効果」とその「処分方法」は?「交換時期」も教えます

盛り塩のやり方?意外と知らない盛り塩の基本のサムネイル画像

盛り塩のやり方?意外と知らない盛り塩の基本

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと