墓参りにはいつ行くの?参る時期と事前に確認すべきポイント!

墓参りへ家族で行っていたりすると、いざ参ろうとしたときにいつ参ったらいいのか、適切な時期が分からないという場合もあります。お彼岸が年に2回あるのはご存知でしたか? そこで今回は、意外と知らない墓参り時期や意味についてご説明します。

目次

  1. 墓参りとは
  2. 墓参りの時期
  3. 忙しくて墓参りが出来ない
  4. お供え物について
  5. 墓参りを避けた方が良い時期
  6. 墓参りの時期についてのまとめ

墓参りとは

お墓

時期の節目には、家族揃って墓参りに行ったことがある家庭があると思います。
自分だけで墓参りに行ったことがない人の場合、何時参ればいいのか分からず困ってしまう人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、墓参りについて、墓参りに行く意味や時期についてご紹介します。

墓とは

人や動物などの生き物が亡くなった場合、墓を作るのが一般的です。
その場所に花や供物などを捧げて墓参りをすることで、死者の魂を弔うことができるとされていました。

この墓を作るという行為は死者の魂への恐れから来ているとも言われていて、非常に古い時期から行われていたという事が分かっています。
2017年3月現在の世界最古のものでは、ネアンデルタール人が死者の為に花を手向けていたという痕跡が発見されているのです。

墓参りとは

古く埋葬や墓参りには、幽霊が怖いという気持ちよりも、大切な家族や仲間が亡くなった後の弔いの気持ちが強く出ていました。

今でも、お墓参りをする人の気持ちは変わりません。
同じように日本でも、人が亡くなった後は故人を思い、魂を丁重に弔っています。

墓参りの時期

お墓

墓参りに行く時期に厳格な決まりはありません。
しかし、年に何回か参らないと墓は荒れてしまいます。

お盆など、時期の節目に墓参りに訪れるのが一般的なようです。
それ以外でも、ちょっとした報告をしに行くだけでも問題はありません。

お彼岸

仏教では、私たちが今住んでいるこの世界の事を此岸(しがん)、あの世の事を彼岸と呼んで区別をしています。
インドなど海外の仏教徒たちは、この時期には悟りを開くための修行を行ったりしています。

しかし日本では、お彼岸の時期には先祖の魂に感謝をし、家族で仏壇や墓などの手入れや掃除を行うのが一般的とされているようです。

年に2回

お彼岸の時期は、年に2回あります。
季節の節目である春分と秋分の日を基準として、前後に3日ずつ、合計7日間がお彼岸です。

春のお彼岸、秋のお彼岸と呼んで区別されています。

お盆

お盆の時期には先祖の魂が帰ってくる日とされています。
休みで親戚が集まりやすいので、この日に墓参り行く家庭も多いようです。

命日

命日とは、月の亡くなった日の事(月命日)の事を指しています。
今使われている命日という言葉は、本来祥月命日と呼ばれていました。

故人が亡くなった日は残された方にとって特別な日ですので、この日に墓参りに行く方が多いようです。

年末年始

年末年始には墓参りに行くのを避けた方がいいのではないかと思っている方が多いようです。
この考え方は宗派や霊園、地域によっても違います。
また、この時期は霊園が休みで開いていないという可能性もあるので、参る前によく確認しておきましょう。

しかし、休みの関係でどうしても年末年始以外には帰省できないという事もあります。
特に禁止されていない場合は、行けるときに参っておいた方が良いでしょう。

忙しくて墓参りが出来ない

墓参りの代わりに、家の仏壇で供養を行っても問題はないとされています。
ですが、墓が荒れてしまってはいけません。年に一回は掃除に行くようにしましょう。

どうしても時間が取れないという場合には、墓参り代行サービスという選択も存在します。

代行サービスを利用する

霊園によっては管理費を払うとサービスで墓の手入れを代行してくれる所もありますので、相談してみると良いでしょう。

それ以外にも、専門の墓参り代行サービスも存在します。
素人では取りにくい頑固な汚れも落としてくれるので、高齢で墓掃除が辛くなってきた方などにもおすすめです。

お供え物について

お供え物については、各霊園によっても規則が異なります。
食べ物のお供え物は事前に禁止されている場合もありますので、よく確認しておいて下さい。

また、禁止されていない場所でも、カラスなど動物に荒らされてしまうケースがありますので、出来るだけ持ち帰った方が良いでしょう。

食べる? 食べない?

仏教では、お供え物を食べてはいけないという決まりはありません。
むしろ食べ物を粗末にするのは良くないという考え方の方が強く、食べても特に問題はないようです。

墓参りを避けた方が良い時期

親しい故人の墓へ参りたいという気持ちが強くても、避けた方が良い時期というものもあります。

49日

49日の日に納骨をする場合もあります。
49日より前の時期に墓参りをしたい時は、家に焼香をあげに行く方が良いでしょう。

初盆

初盆は家族で墓参りをするのが一般的とされているため、この時期に参るのは避けた方が良いでしょう。

一周忌などの特別な日

初盆以外にも、家族で墓参りをする時期があります。
参る際には事前に親族に連絡をして置いた方が良いでしょう。トラブルを避けることができます。

墓参りの時期についてのまとめ

お墓

墓参りに一番大切なのは故人を思う気持ちですので、何度参っても問題はありません。

手土産にいくつか話でも持って、気軽に参ってみてはいかがでしょうか。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとではお墓を値段(見積り)やアクセス・特徴などで比較して納得のいくお墓を建てられるよう、情報をまとめています。いざという時の為に資料請求や電話対応も無料で承っていますので、是非ご利用ください。

「墓参り・時期」に関連する記事

「墓参り・時期」についてさらに知りたい方へ

お墓参りっていつ行けばいいの?いく時期や時間帯は?のサムネイル画像

お墓参りっていつ行けばいいの?いく時期や時間帯は?

お墓参りはいつ行けばいいの? そう聞かれると、お盆・年末年始・お彼岸・命日が思い浮かびます。 で

お墓参りは1年にどれくらいの回数行くべきなの?のサムネイル画像

お墓参りは1年にどれくらいの回数行くべきなの?

ご先祖様の供養のために行うお墓参り。お墓参りは、1年でどのくらい行くのが良いのでしょうか。今回は

お墓参りの時期について!お彼岸・お盆や沖縄のお墓参りを紹介!のサムネイル画像

お墓参りの時期について!お彼岸・お盆や沖縄のお墓参りを紹介!

みなさんが普段イメージするお墓参りの時期といえばいつ頃でしょうか?お盆あるいは春や秋のお彼岸の季

お墓参りの仕方は?正しいマナーや注意点、手順を説明します!のサムネイル画像

お墓参りの仕方は?正しいマナーや注意点、手順を説明します!

お墓参りには行くけれど、正しいお墓参りの仕方や手順は分からないということはありませんか?今回はお

お墓参りの頻度はどのくらい?回数や時期について解説しますのサムネイル画像

お墓参りの頻度はどのくらい?回数や時期について解説します

皆さんはお墓参りにはどのくらいの頻度で行かれていますか?お墓参りには決まった回数や時期というもの

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

樹木葬の費用ってどれくらい?料金相場や人気の墓地・霊園を紹介!のサムネイル画像

樹木葬の費用ってどれくらい?料金相場や人気の墓地・霊園を紹介!

近年樹木葬を選ぶ人が増えてきています。自然葬の一種である樹木葬はその名の通り自然に還ることのでき

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参り

お墓の費用に関する全てを解説!費用の相場・内訳や購入のコツも紹介のサムネイル画像

お墓の費用に関する全てを解説!費用の相場・内訳や購入のコツも紹介

お墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか。今回

お墓の購入時の注意点は?購入前に気を付けるべきポイントとはのサムネイル画像

お墓の購入時の注意点は?購入前に気を付けるべきポイントとは

終活がブームになっていて早めにお墓を購入するという方も増えてきています。しかし、お墓を購入する際

永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!のサムネイル画像

永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!

ご自身やご家族が亡くなった後の供養について考えたことはありますか? 先祖のお墓に納骨する方が大多

シェアする

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと