日本の伝統競技に挑戦しよう!初心者のための弓道基本知識

日本の伝統競技である弓道。袴を着て弓を引く姿に憧れる人も多いと思います。弓道は初心者から上級者まで、また子供から高齢者までみんなが楽しめる競技です。今回は、弓道を始めてみたいという人向けに、初心者のための弓道基本知識をご紹介します。

目次

  1. 弓道を始めるにあたって!基本道具は?
  2. 初心者のための弓道の一般ルール
  3. 弓道の基本「八節」とは?
  4. 初心者でも大丈夫!東京の弓道練習場所2選
  5. 初心者でも段をとれる?弓道の審査について
  6. 最後に…

弓道を始めるにあたって!基本道具は?

人々

矢:矢は自分の腕の長さに合わせて選びます。基本的には胸を張って立ち、左腕を肩と水平に伸ばします。胸の真ん中から指先までの長さを測り、それに10~15cm足した長さがちょうど良い長さと言われています。男性と女性で矢の重さも異なります。特注する場合は、矢の羽根の部分は、自分の好きなデザインを選ぶことができます。

弓:初心者が弓を購入することはほとんどありません。弓道教室や地域の弓道場に弓がありますので、その弓を使うことが多いです。使用する弓の重さについては個人差がありますが、通常軽いもの(女性であれば9Kgや10Kg、男性は10Kgや11Kg)から使い始めることが多いです。

弽(かけ):弓を引く際、右手にはめるグローブのようなものです。親指部分が固くなっており、弦をひっかけることができるようになっています。初心者にとっては、弽が新しいので硬く感じるかもしれませんが、練習を追うごとに手の形に馴染んでいきます。

胸当て(女性のみ):弓から矢が離れた後、弦が胸の前を通る際に、胸を怪我しないように胸当てをします。

袴:通常の練習では、ジャージで弓を引く人もいますが、大会などに出る場合は、袴を着て参加します。

ゴム弓(ごむきゅう):練習のために使われる道具です。初心者はゴム弓で、弓を引く際の動作を覚えてから、実際に弓を引くことになります。

初心者のための弓道の一般ルール

一般弓道と学生弓道といった差はありますが、ここでは一般的な弓道のルールについてお話します。

①個人戦と団体戦

弓道には個人戦と団体戦があります。個人戦の場合は、的にあたる矢の数を個人で競います。
団体戦には、3人戦、もしくは5人戦があり、的にあたる矢のチーム総数を競います。

通常、1立4射(ひとたちよんしゃ:一回に4本の矢を持って競技に挑む)で前の人から一人ずつ、1矢ずつ順に弓を引きます。一番後ろの人が引き終わったら、一番前の人に戻り、4本の矢を引き終わるまで4周します。

②時間制限

団体戦には時間制限があります。
6分以内:3人立射 各自4射
9分以内:5人立射 各自4射
通常通りに引けば、時間オーバーをすることはほとんどありません。

弓道の基本「八節」とは?

弓道を始めるにあたって必ず知っておかなければならないこと、それは「八節」です。
八節とは、弓道の際の弓を引く8つの動作であると共に精神統一をする時間でもあります。
弓道の基本中の基本であり、弓道初心者が最初に覚えなければならないことです。
では具体的に八節には何があるのでしょうか。

①足踏み(あしぶみ):矢が的にあたる為には、弓を引く際の姿勢が大切です。正しい足踏みは、その基本となり、弓を引く際に下半身の安定をはかります。

②胴造り(どうづくり):足踏みに続いて、胴造りは正しい姿勢を作る動作の一つです。洞造りでは、弓を引く際の安定した上半身を作ります。

③弓構え(ゆがまえ):矢を構える動作です。弽を弦にひっかける動作(取り弽)と押してを適切な位置に構え、弓を引く準備をする動作(手の内)を行い、同時に呼吸を整えます。

④打起し(うちおこし):弓を所定の位置まで持ち上げる動作です。

⑤引分け(ひきわけ):弓を引く動作です。通常、弓は手で引くものではなく、胸をひらくと自然に引けると言われています。

⑥会(かい):会とは形としては、引き分けが完了した状態ですが、射手の心理上は、引き分けの延長の状態です。狙いを定める動作とみられますが、きちんとした姿勢で弓を引けば、狙いを定めずとも自然と矢は的にあたると言われれいます。

⑦離れ(はなれ):矢を弓から離す動作です。

⑧残身(ざんしん):矢が離れた後の姿勢のことを指します。残身で、矢の位置を確認すると共に自分の射を振り返ります。

弓を実際に引く前にゴム弓という練習道具にて、八節の練習をします。弓道初心者が、八節をしっかりと体にしみ込ませるまでには、通常1~3カ月はかかると言われています。

初心者でも大丈夫!東京の弓道練習場所2選

人々

①東京都中央区立スポーツセンター

18歳以上の大人向けに初心者弓道教室を行っています。
定員があるので、興味のある人は早めに申し込みましょう。

②世田谷区弓友会弓道教室

世田谷区内に3つの弓道場があり、それぞれ弓道初心者を受け入れてくれます。

初心者でも段をとれる?弓道の審査について

書道や県道のように弓道にも段審査があります。
弓道の段は、5級から始まり、5~1級、初段、2段~10段と上がっていきます。
審査基準は、射の美しさと的中率、段が上がると筆記試験や論文により審査されます。
特に初心者はどのような射(弓の引き方)が美しいのかしっかりと学ぶ必要があります。

弓道の段については、公益財団法人日本弓道連盟が取りまとめており、段審査の他、弓道の全国弓道選抜なども開催しています。弓道の大会には、弓道歴の長いベテランが多数参加する為、初心者にとっては、とても良い勉強となります。

最後に…

初心者のための弓道基本知識、いかがでしたか?幅広い世代に楽しまれている弓道。初心者でも楽しむことができ、その魅力は図りきれません。また、弓道は競技として楽しめるだけでなく、精神統一にも、もってこいの伝統競技です。そんな奥深い弓道を極めるには、すぐに始めるしかないですね!弓道は日本全国、地域の市民センターや弓道場で習うことができます。是非、弓道の世界に挑戦してみましょう。

「弓道・初心者」に関連する記事

「弓道・初心者」についてさらに知りたい方へ

ランキング

よく読まれている記事です

シェアする

関連する記事

「弓道・初心者」についてさらに知りたい方へ

基本はやっぱり大事!重要なのは射法八節!弓道を上達させるポイントのサムネイル画像

基本はやっぱり大事!重要なのは射法八節!弓道を上達させるポイント

弓道のユニフォーム「袴」に関するあれこれのサムネイル画像

弓道のユニフォーム「袴」に関するあれこれ

ウクレレの初心者必見!オススメの曲はあるのか?のサムネイル画像

ウクレレの初心者必見!オススメの曲はあるのか?

戦国時代の合戦はどんな武器を使い戦ったか?足軽とは何者か?のサムネイル画像

戦国時代の合戦はどんな武器を使い戦ったか?足軽とは何者か?

練習方法や場所!バイオリンについての知識紹介します!のサムネイル画像

練習方法や場所!バイオリンについての知識紹介します!

袴の色一つでイメージがガラッと変わります!! のサムネイル画像

袴の色一つでイメージがガラッと変わります!!

ウクレレ上達のために効果的な練習方法とはのサムネイル画像

ウクレレ上達のために効果的な練習方法とは

槍術の名人真田幸村は本当に十文字槍を使っていた!!のサムネイル画像

槍術の名人真田幸村は本当に十文字槍を使っていた!!

お墓のカロートって何?カロートについて詳しく解説いたしますのサムネイル画像

お墓のカロートって何?カロートについて詳しく解説いたします

基本はやっぱり大事!重要なのは射法八節!弓道を上達させるポイントのサムネイル画像

基本はやっぱり大事!重要なのは射法八節!弓道を上達させるポイント

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

盛り塩の「効果」とその「処分方法」は?「交換時期」も教えますのサムネイル画像

盛り塩の「効果」とその「処分方法」は?「交換時期」も教えます

1
水引アクセサリーの簡単な作り方!和服にも合う結び方を紹介!のサムネイル画像

水引アクセサリーの簡単な作り方!和服にも合う結び方を紹介!

2
礼服のポケットのふたとポケットチーフについて紹介します。のサムネイル画像

礼服のポケットのふたとポケットチーフについて紹介します。

3
お参りとお詣りの意味の違い~神社は?お寺は?のサムネイル画像

お参りとお詣りの意味の違い~神社は?お寺は?

4

関連する記事

「弓道・初心者」についてさらに知りたい方へ

基本はやっぱり大事!重要なのは射法八節!弓道を上達させるポイントのサムネイル画像

基本はやっぱり大事!重要なのは射法八節!弓道を上達させるポイント

弓道のユニフォーム「袴」に関するあれこれのサムネイル画像

弓道のユニフォーム「袴」に関するあれこれ

ウクレレの初心者必見!オススメの曲はあるのか?のサムネイル画像

ウクレレの初心者必見!オススメの曲はあるのか?

戦国時代の合戦はどんな武器を使い戦ったか?足軽とは何者か?のサムネイル画像

戦国時代の合戦はどんな武器を使い戦ったか?足軽とは何者か?

練習方法や場所!バイオリンについての知識紹介します!のサムネイル画像

練習方法や場所!バイオリンについての知識紹介します!

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと