天台宗で大切にされているお経について調べてみました。

平安時代、遣唐使船で海を渡り、当時の唐に新しいお経を求めて渡った最澄、その最澄が唐から持ち帰った天台宗のお経にはどのようなお経があるのでしょう。また天台宗で唱えられるお経にはどのようなお経があるか調べてみました。

目次

  1. 天台宗で読まれるお経の代表的なもの
  2. 天台宗では法華経を、お経の第一義とした
  3. 実は最澄は密教のお経も持ち込んでいた
  4. 大阿闍梨は比叡山で千日回峰行を行う
  5. 天台宗で般若心経というお経も読まれる
  6. 天台宗は南無阿弥陀仏も唱えていた
  7. 天台宗のお経のまとめ

天台宗で読まれるお経の代表的なもの

比叡山延暦寺

天台宗でよく読まれているお経といえば、妙法蓮華経です。このお経は聖徳太子が奈良時代に日本に最初に持ち込み、講義を行ったという記録が残っているお経で、天台宗の開祖・最澄はこのお経こそが現代の世にもっとも必要なお経であると確信し天台教に学びました。

妙法蓮華経は蓮の華のお経という意味です

法華経は1巻から8巻までなるお経で、全部で28番まであります。このお経はお釈迦さまが入寂される前に最後に説いたお経であるとされていて、日本に伝わっているのは鳩摩羅什が訳したものです。この法華経を鎌倉時代に信仰の第一義においたのが日蓮です。

天台宗では法華経を、お経の第一義とした

天台宗の開祖、最澄は当時の堕落した奈良南都の仏教に失望を感じ、比叡山にこもります。そこでの思索の結果、聖徳太子の仏教の伝統を継ぐ意思を固め、それには法華経を第一義にするしかないと決断し、当時の唐にわたり天台経に法華経を求めました。

法華経の意味は、泥の中に咲く蓮の華の教え

法華経の意味は、汚い泥の中からも美しい華を咲かせることができる、そんな素晴らしい教えであるという意味です。即ち、法華経にはあらゆる仏教を統一しようという目的と共に、全ての人を平等に救おうという精神が強い教えです。

法華経の衰退を嘆き復活させた日蓮

日蓮が天台宗の比叡山延暦寺に学んだ当時は、比叡山は密教や浄土教に影響され法華経がおろそかにされているのを知り、法華経こそが国を救うお経であると信じ、日蓮宗を開きました。現在の新興宗教の多くがこの日蓮の影響を受け、法華経を根本経典にしています。

実は最澄は密教のお経も持ち込んでいた

唐から帰朝した最澄は、法華経のみならず密教も学び日本に持ち込んでいました。これがのちに天台宗比叡山延暦寺の「遮那業」と呼ばれる密教系の学流となります。即ち「大毘盧遮那経」を経典とする密教学で、空海の建てた東密に対し天台密いわゆる台密と呼ばれる教えです。

最澄は止観業と遮那業の二つの学問を教えた

唐より二つの経典を持ちかえった最澄は、比叡山において止観業の専攻者には、毎日、法華経・金光明経・仁王経という護国の経典と読む事とし、遮那業の専攻者には毎日、遮那経・孔雀経・仏頂経等の護国の真言を研究させました。

天台宗の延暦寺には戒壇が無かった

比叡山で密教の遮那業と顕経の止観業を打ち立てることとした最澄ですが、当時の比叡山には戒壇が無かったため、いくら勉強してもお坊さんの資格を得る事が出来ません。そのため、弟子たちが次々と南都仏教に出奔してしまいます。当時は東大寺にしか戒壇がなかったのです。

最澄は延暦寺で戒壇建立を念願します

当時は奈良の東大寺にしか無かった戒壇建立のため、最澄は幾度も朝廷に願い出ますが、奈良南都各宗に阻まれ出来ませんでした。延暦寺に戒壇建立が許されたのは最澄の死後の事でした。それが「一乗戒壇院」で時に天長4年、西暦の1827年の事です。

大阿闍梨は比叡山で千日回峰行を行う

天台宗の法華経の行の一つで7年間かけて行われる行で、比叡山の峰々を縫うように回って礼拝する行です。法華経の常不軽菩薩の精神を具現化したもので、山川草木全てに仏性を見出して礼拝する行です。この行をやり遂げたものが阿闍梨の称号を受けられます。

天台宗で般若心経というお経も読まれる

正月の三が日の朝に行われる「大般若会」という行事が天台宗で行われます。この大般若会とは、600巻にも及ぶ「大般若波羅密多経」を転読して国家の安寧と家内安全・災害防止等を祈祷する行事です。この大般若波羅密多経の一部が般若心経と言われるお経です。

般若心経は262文字で宇宙の真理を表現

般若心経というお経には、僅か262文字で小宇宙を表現しています。般若経の中の一説で正式には『仏説摩訶般若波羅蜜多心経』と呼ばれています。このお経の意味は難解ですが、結論としては「存在の意味を見抜きなさい」と言っています。般若心経は各宗はで用いられています。

天台宗は南無阿弥陀仏も唱えていた

最澄が唐から持ち帰った法華経と密教以外にも、天台宗においては浄土教の影響により南無阿弥陀仏の念仏も唱えられていました。この事を知った鎌倉時代の日蓮が、ないがしろにされている法華経を根本経典とする日蓮宗を起こしました。

常行三昧という念仏を唱える行がある

天台宗比叡山延暦寺には、常行三昧という念仏を唱えながら本尊である阿弥陀仏の周りを回り続けるという行が有ります。堂内の横木につかまって休んだり、天井からの麻縄に掴まって休む事は出来ますが、横になって休む事は出来ない行です。

天台宗のお経のまとめ

いかがでしたでしょうか、平安時代の空海と並び称される最澄が開いた天台宗で唱えられるお経に着いて調べてみました。空海の真言宗に比べて天台宗では色んなお経が読まれているのですね。特に南無阿弥陀仏を唱えていたのは驚きです。

「天台宗・お経」に関連する記事

「天台宗・お経」についてさらに知りたい方へ

  • 法華経は正しくは「妙法蓮華経」というお経です。のサムネイル画像

    法華経は正しくは「妙法蓮華経」というお経です。

    法華経といえば「日蓮」と頭に浮かぶほど、法華経といえば「日蓮」を思い浮かべる方もいるかもしれませんが、法華経すなわち「妙法蓮華経」はお釈迦様が説かれたお経です。南無妙法蓮華経のお題目は、日蓮宗の日蓮によって知られるようになり、日蓮宗で唱えられているお経です。

  • お経にはどんな種類がある?宗派によってお経が異なる?のサムネイル画像

    お経にはどんな種類がある?宗派によってお経が異なる?

    お葬式や結婚式、あるいは初詣や厄除け、法事など、私たちの生活の中で自然と溶け込んでいるお経。でも、正直何を言っているのかよく分かりませんよね。数え切れないほどあるお経の種類、ここではその主な種類とその教えについてご紹介いたします。

  • 日蓮宗のお経の意味。イキイキと生きることを楽しむ法華経とは?のサムネイル画像

    日蓮宗のお経の意味。イキイキと生きることを楽しむ法華経とは?

    日蓮は『法華経』こそが釈迦の教えをすべからくまとめた経典であると、自らが起こした宗旨「日蓮宗」のお経に採用しました。では日蓮宗では『法華経』の教えをどのように説いているのでしょうか。お経を始めとする、日蓮宗のおつとめについてもまとめました。

  • 真言宗の弘法大師空海が唐から持ち帰ったとされるお経とは?のサムネイル画像

    真言宗の弘法大師空海が唐から持ち帰ったとされるお経とは?

    真言宗・高野山といえば、弘法大師空海で有名なお山です。平安時代に、時を同じくして「比叡山の最澄」と当時の中国の唐の時代に海を渡り、僅かな年月で「真言密教」の全てのお経を持ち帰ったとされる天才僧の空海。その空海が持ち帰ったとされる真言宗のお経とは?

  • 最澄の開いた天台宗・空海の開いた真言宗の違いとはのサムネイル画像

    最澄の開いた天台宗・空海の開いた真言宗の違いとは

    遣唐使として同時期に海を渡った最澄と空海。最澄は法華経ほか密教の一部をわずか6ヶ月で日本に持ち帰り、天台宗の延暦寺を開き、空海は1年8ヶ月間唐に滞在し、密教の全てを恵果和尚より授かり帰国、高野山に真言宗の寺を開き、このように同時期に天台宗と真言宗が出来ました。

  • 天台宗・真言宗を開いた最澄と空海の違いを比較します。のサムネイル画像

    天台宗・真言宗を開いた最澄と空海の違いを比較します。

    飛鳥時代、仏教が伝来しました。伝来後、奈良仏教と朝廷は対立しました。朝廷は仏教廃止も視野に入れていました。ここで最澄と空海が登場しました。彼らは遣唐使として仏教を学び、奈良仏教と論争しました。そして最澄は比叡山に天台宗を、空海は高野山に真言宗を開きました。

  • お墓参りでお経をあげるときの注意点やお布施料などを解説しますのサムネイル画像

    お墓参りでお経をあげるときの注意点やお布施料などを解説します

    一般のお墓であればお盆やお彼岸の時などに定期的にお墓参りをする際に必ずお経をあげることが多いでしょう。この場合、いったいどのような点に気を付けるべきなのでしょうか?今回は、お墓参りの際にお経をあげるうえで守っておきたい注意点をご紹介します。

  • 南無阿弥陀仏の意味は?浄土真宗のお経を解説のサムネイル画像

    南無阿弥陀仏の意味は?浄土真宗のお経を解説

    浄土宗系、浄土真宗系で、「南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏……」と、僧侶のあげるお経に合わせ、仏壇の前で、お念仏を唱えている方も多いと思います。子供のころから聞き、親しんでいるだけで、その意味をご存知の方は少ないでしょう。浄土真宗とお経からその意味を解説します。

  • 真言宗の大切なお経【般若心経】の意味とは!?のサムネイル画像

    真言宗の大切なお経【般若心経】の意味とは!?

    ほとんどの宗派で【般若心経】が読まれていますが、真言宗もその一つです。このお経はとても有名で、短くてなじみのあるものですが、この数百数十文字のお経にはどのようなことが書かれ、どんな意味があるのでしょうか?真言宗のことと共に、お経の意味も見てみましょう

  • 栄西のといた臨済宗とはどんな宗派?お経の内容は?のサムネイル画像

    栄西のといた臨済宗とはどんな宗派?お経の内容は?

    臨済宗は曹洞宗と並ぶ禅宗です。また曹洞宗を開いた道元は臨済宗の開祖である栄西の弟子として建仁て寺で修行しました。その臨済宗ではどういったお経を読むのでしょう。臨済宗で読むお経について調べて見ました。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

    お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

    近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    1
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    2
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    3
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    4
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    5

シェアする

関連する記事

「天台宗・お経」についてさらに知りたい方へ

法華経は正しくは「妙法蓮華経」というお経です。のサムネイル画像

法華経は正しくは「妙法蓮華経」というお経です。

お経にはどんな種類がある?宗派によってお経が異なる?のサムネイル画像

お経にはどんな種類がある?宗派によってお経が異なる?

日蓮宗のお経の意味。イキイキと生きることを楽しむ法華経とは?のサムネイル画像

日蓮宗のお経の意味。イキイキと生きることを楽しむ法華経とは?

真言宗の弘法大師空海が唐から持ち帰ったとされるお経とは?のサムネイル画像

真言宗の弘法大師空海が唐から持ち帰ったとされるお経とは?

最澄の開いた天台宗・空海の開いた真言宗の違いとはのサムネイル画像

最澄の開いた天台宗・空海の開いた真言宗の違いとは

天台宗・真言宗を開いた最澄と空海の違いを比較します。のサムネイル画像

天台宗・真言宗を開いた最澄と空海の違いを比較します。

お墓参りでお経をあげるときの注意点やお布施料などを解説しますのサムネイル画像

お墓参りでお経をあげるときの注意点やお布施料などを解説します

南無阿弥陀仏の意味は?浄土真宗のお経を解説のサムネイル画像

南無阿弥陀仏の意味は?浄土真宗のお経を解説

真言宗の大切なお経【般若心経】の意味とは!?のサムネイル画像

真言宗の大切なお経【般若心経】の意味とは!?

栄西のといた臨済宗とはどんな宗派?お経の内容は?のサムネイル画像

栄西のといた臨済宗とはどんな宗派?お経の内容は?

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!のサムネイル画像

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと