自分に合った貯金の仕方を見つけてみよう。

貯金をして車を買いたい。将来に備えて貯金したい。色々な理由で貯金したい方は多数いると思います。しかしお金がなかなか貯まらない、上手な貯金の仕方がわからない。今回はそんな方に貯金の仕方をご紹介したいと思います。

目次

  1. 貯金とは
  2. 貯金の仕方を紹介する前に
  3. 簡単な貯金の仕方。
  4. 長期的な貯金の仕方
  5. 終活の専門家に相談してみよう

貯金とは

保険・相続

貯金とは、お金を貯めるという行為です。将来のために何かあったときに使うためのお金、何か欲しいものを買うためのお金、もしくは旅行に行くための資金、人それぞれ貯金する理由は様々です。
もちろん貯金の仕方も人それぞれです。自分に合った貯金の仕方を発見しましょう。

貯金の仕方を紹介する前に

保険・相続

目標を作る。

貯金の仕方の心構えとして、貯金したお金を何に使うのかを目標を立てましょう。目標を立てることで使用目的がはっきりするため無駄使いすることがなくなります。また貯金する楽しさも増してくるため、無理なく貯金することが出来ます。

生活を見直そう。

今現在の生活を見直すだけでも、お金の動きが大きく変わる場合があります。例えば保険やローンなどです。かけている保険は本当にそこまで必要なのか、同じ内容でもっと安いところはないか等保険の見直しをするだけでも変わってきます。ローンに関しては、金利の安いところに借り換えすれば安くなる場合があります。保険の見直しやローンの借り換えの仕方は、ネットでの一括見積りが便利です。一度に何社も見積もりすることが出来るため、値段を比べることが出来ます。

家計簿をつける。

家計簿は貯金への第一歩。家計簿をつけることで収入と支出が目でみてわかるため、無駄な支出がないか見えてきます。自分のお金の動きが見えてくるだけで、貯金できる金額も自ずと見えてくると思います。また最近では、スマホで家計簿をつけることが出来るアプリが増えてきており、中にはレシートを撮影するだけで、家計簿がつけれてしまう画期的なアプリがあります。

無駄な支出を減らす

無駄な支出を減らすとは、具体的にいうと節約をするということです。電化製品の待機電力をかけないようにコンセントを抜くや、お風呂のお湯で洗濯するなど様々な方法があります。また節約グッズを用いるのも1つの節約の仕方です。それぞれの家庭にあった節約方法があると思いますので、それらをフルに使い、徹底して支出を減らすようにしましょう。

簡単な貯金の仕方。

保険・相続

不要な支出を減らすだけでも貯金は可能ですが、貯金の仕方を工夫するだけで更に貯金をすることができます。ここでは誰でも出来る、簡単な貯金の仕方をご紹介いたします。

貯金のルールを作る。

例えば、給料の4分の1を貯金する、一週間に一回500円貯金するなど、自分なりに貯金のルールを作ってみましょう。そのルールに従い貯金していけば、必ず貯金できます。生活するうえで支払いは必須項目ですが、それ以外のお金は少なくても意外とどうにかなるケースが多いです。やりくりの仕方を変えるきっかけにもなるのでお勧めです。

小銭貯金をする。

小銭貯金の仕方でメジャーなのは500円貯金ですが、無理して500円じゃなくても小銭であればいくらでも良いです。その小銭を貯金箱に入れる癖をつけてみましょう。貯金箱に入れるタイミングは自分で決めて頂いても構いません。買い物をすれば必ず小銭が発生するので、癖をつけるだけで知らず知らずのうちに小銭が貯まり貯金することが出来ます。

上記の他にも様々な貯金の仕方があります。参考サイトは下記をご覧ください。

長期的な貯金の仕方

保険・相続

口座を活用して貯金をする

ネット銀行で口座を作りそれで貯金することにより、貯金の自由度が格段に広がります。ネット銀行はATMで24時間取り扱いしているので、いつでも気軽に貯金することが出来ます。また銀行によっては金利が高いところもあるため、貯金するだけでメリットが得られる銀行があります。スマホで残高を見れるということもあり時間や場所にとらわれることがないため、需要が増えています。

副業をする

副業をすることで単純に収入が増えるため、貯金をするお金を作ることが出来ます。最もメジャーな副業はネットビジネスが有名です。ネットビジネスですと在宅での作業が大半なのでネット環境さえあれば誰でも取り組むことが出来ます。例えば、アフィリエイトなどの広告収入、クラウドソーシングを通してのライティング作業、FXやデイトレードなどがあげられます。どれも難しいと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、ネットで検索すれば作業のコツややり方などが記載されているサイトがあるのでそちらをご覧になると良いかもしれません。

おすすめの副業

クラウドソーシングですとランサーズ、クラウドワークスが有名で提案数も豊富にあります。
物販系になりますと、ココナラやヤフオク、メルカリなどあります。個人売買になりますので手間はかかりますが、不要な物が思わぬ値段で売れたりするので人気があります。
また自分でサイトを立ち上げて、そこで物販をしたりアフィリエイトのように広告収入で稼いでいる方もいらっしゃいます。

詳しくは下記サイトを参考にしてください。

終活の専門家に相談してみよう

「身近な人が亡くなったらどうしたらいいの?」「終活とは具体的にどんなことをしたらいいの?」「誰か詳しい人に直接相談したい!」と思われる方もいらっしゃると思います。
終活ねっとを運営するにあたり、【お墓・葬儀・仏壇・介護・相続・保険・遺品整理】などなど様々な分野の専門家の方に協力していただいております。
また、それぞれの専門家の方が

  • どのような事をなさっているのか?
  • どんな想いでお仕事をなさっているのか?
  • どのような特徴があるのか?

などを、記事形式で紹介しております。

専門家のページはこちらから

シェアする

「貯金・仕方」に関連する記事

「貯金・仕方」についてさらに知りたい方へ

  • みんなの【貯金の平均】知りたくありませんか?!年代別に紹介

    みんなの【貯金の平均】知りたくありませんか?!年代別に紹介

    年代別に平均貯金をを調べてみました!年代別の平均貯金と、そこから見えるライフスタイルを公開します!後半では、面白かった貯金方法なども紹介します。

    1
  • 50代独身が、今終活を始めないといけない理由

    50代独身が、今終活を始めないといけない理由

    独身という生き方が市民権を得つつありますが、50代になったら少しずつ終活を始めていきたいもの。まだまだ気力や体力に問題のない50代で、大変な手続きなどを済ませてしまって、残りの独身生活をエンジョイしましょう。

    2
  • 一人暮らしでも大丈夫。老後の節約&貯金方法

    一人暮らしでも大丈夫。老後の節約&貯金方法

    老後の暇な時間。ついついお金を使ってしまいますよね。一人暮らしでも貯金をうまく進めるための方法、お教えします。貯金するためのノウハウは、実は暇つぶしにあるんです!老後の節約&貯金方法、一挙公開!一人暮らしと節約、貯金の方法とは?

    3
  • 老後に残しておきたい貯金。今どきの日本の平均額

    老後に残しておきたい貯金。今どきの日本の平均額

    日本は医学の進歩や食生活の向上で、平均寿命が伸び、高齢でも働く人が増えてきています。年金支給年齢がもっと引き上げられるという話も聞きます。では老後に残しておかなければいけない貯金は平均いくらあればいいのでしょうか?老後に必要な貯金の話をします。

    4
  • 60歳の定年後の充実した生活にむけて今のうちに準備しよう!

    60歳の定年後の充実した生活にむけて今のうちに準備しよう!

    60歳とは、仕事をしている人にとっては定年退職をする人生の大きな節目の時期になります。仕事で疲れた時に60歳の定年退職後は何もせずに家でゆっくりのんびり過ごしたいと思いますが、実際には定年後はどういった生活を送るのがいいのかということについてご紹介します。

    5

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!のサムネイル画像

終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!

終活のことを調べた時にエンディングノートという言葉を目にする方も多いのではないでしょうか?エンデ

20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とはのサムネイル画像

20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とは

近年よく耳にするようになった「終活」という言葉。20代から終活を始めるという人もいるのです。20

終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!のサムネイル画像

終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!

今、終活で話題になっている墓友と言う言葉をご存知ですか。墓友とは、さまざまな事情から一人でお墓に

今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!のサムネイル画像

今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!

最近では終活準備を行う方が多くなってきています。自分も終活準備を行いたいと思っているけど何から始

終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介しますのサムネイル画像

終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介します

終活という言葉は定着したものの、ご自分の終活の取り組みは何から始めればよいのか?迷ってしまう方は

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと