桃太郎は英雄じゃない!?鬼退治から分かる真実

桃太郎は英雄じゃない!?鬼退治から分かる真実

「桃太郎」は有名な昔話ですね。お遊戯会などで劇を子供たちが行うのは微笑ましい光景です。鬼を退治して一件落着なのですが・・実は桃太郎がした鬼退治で悲しみにくれている人物がいたという・・それは誰なのでしょう。

最終更新日: 2020年02月16日

鬼退治は必要だったのか

桃太郎たちがした鬼退治は本当に正しかったのでしょうか?
悪いやつを懲らしめるのは本当に良かったのでしょうか?

「桃太郎」というおはなし

とっても簡潔に書きますと・・
あるところに、おじいさんとおばあさんが住んでいました。
おじいさんは芝刈りに、おばあさんは洗濯に。
おばあさんが洗濯をしていると、大きな桃がドンブラコと流れてきました。
おばあさんは桃を拾って家に持ち帰り、おじいさんの帰りを待ちました。
二人は大きな桃を割ってみることにし、桃を割ったらなんと男の子の赤ちゃんが出てきました。
二人は桃から出てきた男の子に「桃太郎」と名づけ育てました。
桃太郎はすくすく大きくなりました。
そのころ、村では鬼ヶ島からきた鬼たちが暴れ村人を困らせていました。
そのことを知った桃太郎は鬼ヶ島へ行って鬼を退治すると宣言しました。
鬼ヶ島に向かうときに、おばあさんは「きびだんご」を桃太郎に持たせました。
桃太郎は道中に犬・猿・雉にきびだんごをあげるかわりに一緒に鬼ヶ島で鬼退治をしてくれと
お願いし、みんなで鬼ヶ島へ行き鬼退治をして、鬼が持っていた宝を持って村に帰ってきました。
めでたし、めでたし。

という、おはなしでしたね。
桃太郎たちはみんなに感謝され英雄になりました。
とってもハッピーエンドなおはなしですが、突っ込む箇所があるんです。
鬼ヶ島は鬼たちが住む島です。
ということは鬼にも家族はいたはずなんです。

鬼退治を見ていた鬼の子がいた?

鬼に家族がいたという場合、桃太郎がした鬼退治はどんなおはなしになるのか。
もし鬼の子が桃太郎たちが親鬼たちを退治する姿をみていたらどんな光景でしょうか。
鬼の子目線で考えた言葉があります。

「ボクのおとうさんは、桃太郎というやつに殺されました」
鬼の子にしてみたら、桃太郎が悪役なんです。
確かに鬼たちは、村人を困らせました。
でも鬼の子からしたら
「殺さなくたっていいじゃないか!!」というかんじなんですね。
実際、昔話では鬼が退治されたとだけあって亡くなったことにはなっていないのですが
何だか鬼の子が可哀想になってしまう言葉です。

桃太郎からみた鬼たち

もし鬼の家族がいたのなら、桃太郎たちは鬼退治をするときどんな心境だったのでしょう。
村人のことだけを思って戦ったのでしょうか。
桃太郎の目に鬼の家族は見えていたのでしょうか。
見えていて桃太郎は・・と深く考えれば考えるほど、悪人に見えてきますね。

どうして桃太郎は鬼の宝をとった?

鬼を退治するだけでいいのに、どうして桃太郎は鬼の宝まで持って帰ったのでしょう。
鬼が差し出したのでしょうか。
違う場合、勝手に持って帰ったことになりますよね。
現在でいう「桃太郎→警察」「鬼→犯人」なら(ちょっと無理な設定かもですが)
警察は街で暴れて人々を困らせた犯人を捕まえて、犯人の家にある大切なものを
持って帰っていいのでしょうか・・。

桃太郎が勝手に持って帰ったのでなく、鬼が差し出したお詫びの宝であることを
願いますね。
そしたら桃太郎も英雄ですし、鬼も反省しているんだなと思います。
でも物語の終わりは「宝を取り上げ、宝のおかげで三人仲良く暮らしました」で
めでたしめでたしです。

桃太郎が全員を幸せにできなかった事実

桃太郎が鬼退治したことで、幸せになった人。
・おじいさん、おばあさん
・桃太郎
・村人
この人たちですね。
鬼の悪さに困っていた人だけです。

鬼の家族は宝も取られ、最悪な話では親鬼も亡くしています。
その後の犬・猿・雉も描かれていませんね。
桃太郎は、ただ村人とおじいさん、おばあさんを助けたかったのでしょうが
鬼退治をしたことで悲しみにくれている家族がいるかもしれないんですね。

とても良いことをしたはずなのに、英雄になりきれていないのは物語の結末が
全員ハッピーエンドじゃないからなのかもしれません。

「桃太郎」は鬼に何をしたかったのか?

桃太郎は純粋に鬼に「村人を困らせるのは辞めて!」と言いたかっただけですよね。
ですが交渉もせず、いきなり退治に行っています。
交渉しても話を聞いてくれないと思ったのではないでしょうか。
なので強行突破をしたんでしょう。
一人で勝てない相手だということも分かっていて、仲間をつくったんでしょうね。
とても行動派です。

桃太郎という教科書

「桃太郎」のおはなしから分かることは、
・困っている人を助けるという優しさ
・怖い相手にも立ち向かう勇敢さ
・積極的に仲間をつくる行動力
・退治した相手の宝を持ち帰る賢さ
ですね。
現代の生活で見習えるものとしては、「優しさ」「行動力」「賢さ」でしょうか。
桃太郎みたいな方がいたら会社でも人気者かもしれません。
周りに桃太郎はいますか??

関連する記事

こんな記事も読まれています

  • 誰でも知っている、懐かしい日本昔話の一覧のサムネイル画像
    誰でも知っている、懐かしい日本昔話の一覧

    知ってるようで知らない?あの有名な日本昔話の生い立ち一覧、家族構成は?、あの童謡思い出せる?。日本昔話を私なりにいくつか一覧にしてみました。

  • 桃太郎のお供になぜキジが入っているのか調べてみましたのサムネイル画像
    桃太郎のお供になぜキジが入っているのか調べてみました

    誰もが知っている昔話の桃太郎は、犬、猿、キジをお供にして鬼ヶ島に鬼退治に行きましたというストーリーですよね。でもなぜお供に犬、猿、キジなのでしょう?特にキジってなんだか弱そう。そこで桃太郎のお供になぜキジだったのかを調べてみました。

よく読まれている記事一覧

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事