定年後の趣味でおすすめなものは?スポーツや家でできるものh

定年後の趣味を楽しむ時間は大切です。定年後の趣味は、早めに準備する方が良いでしょう。趣味といっても色々な分野があり、それぞれに取り組む楽しさ、難しさが異なります。定年後にどんな趣味を楽しもうかと、考えている方へ、分野毎の特色、取り組み方等をご案内します。

目次

  1. 定年後の生きがいとしての趣味
  2. 定年後の趣味を分類してみました
  3. 分類別の定年後の趣味
  4. 趣味にかかる費用
  5. 趣味にかける時間
  6. まとめ 定年後の趣味

定年後の生きがいとしての趣味

めでたく定年を迎えた後の人生を、豊かに生きる上で、趣味は大きな生きがいになります。
平均余命が長くなり、以前に比べ定年後の人生の比重は飛躍的に大きくなりました。
健康寿命を少しでも延ばすためにも、定年後に、趣味を充実させて生きがいを感じて生きることは大変重要です。
そのため、定年後の人生に占める趣味のウェイトはかなり大きいのではないでしょうか?

定年後の趣味をみつけよう

趣味には色々な種類がありますが、興味の持てる趣味、長期間持続できる趣味を探すのは簡単ではありません。
また、未知の分野の趣味や、学習や練習の必要な趣味を新たに開始するのには、時間や労力がかかります。
定年後、出来るだけ早い時期に、趣味探しや趣味体験を始めると良いでしょう。(定年前から準備するのもお勧めです)

複数の趣味を持つことについて

自分で勤務時間外に行っていた趣味が既にある人でも、定年後に新たな趣味を持つことは無駄ではありません。
若いころから続けた趣味でも、体調の変化や、経済状況、周囲の環境等で、以前からの趣味を続けられなくなって、生きがいを失ってしまう場合も散見されます。
また、新たな趣味そのものを楽しむことで、新しい自分を発見できる喜び、成長を実感できる嬉しさもあります。
定年後に趣味が複数あると、趣味を通じての仲間も多くなりますし、いわゆる「ボケ防止」の効果もより高くなります。

定年後の趣味を分類してみました

定年後の趣味を、趣味の継続実施可能期間を念頭に整理してみました。
ある程度の体力が必要な趣味には(個人差がありますが)継続期間の上限があります。
また、団体で行う趣味や対戦相手が必要な趣味も、仲間とともに継続してゆくためには、色々な環境整備が大事です。
これに対し、学習や鑑賞に関する趣味は、定年後の人生であっても、経験を重ねるたびに、趣味の広がりを生むことが多くあります。
一方、収集する趣味等には、継続期間を意識することがない(終わりのない)ケースが多いでしょう。
こうした観点から、趣味を分類してみました。

分類別の定年後の趣味

定年後の趣味の例をいくつか挙げ、未経験者が新たに始める場合を基本として考えてみました。

体を動かす趣味

対戦競技

定年後の趣味として代表的なのはゴルフでしょう。場合によっては一人でもプレーできますが、夫婦や仲間とのプレーは、より楽しみの多いものです。
最近は、テニスなど球技やマラソンなど陸上競技を楽しむ人も多いのですが、いずれにしても、かなりの体力が必要です。
また、競技を充分楽しむためには、ゴルフを筆頭にある程度の費用と練習が必須な分野です。
これらを定年後に始める場合は、周囲の環境など前提条件を確認してから取り組んだ方が良いでしょう。

野外で体を動かす趣味

野外の趣味で代表的なのは、ハイキング(登山)です。こちらも体力やある程度の装備が必要です。
また、ウェブなどの情報を頼りに単独で行うのは非常に危険です。
趣味として継続的に登山などを楽しもうとするのなら、登山サークルや詳しい友人と一緒に始めるのが良いでしょう。

人々

家でできる運動

健康法でもあるヨガやストレッチ、太極拳などは、手軽に始められますが、趣味として継続する場合は、野外や体育館で仲間などと一緒に楽しむ方が、長く続けられる場合が多いようです。
自宅外に出る運動ですが、ジョギングなども同じだと思います。

人々

目や耳で、学んだり楽しんだりする趣味

趣味としての学習

最近は、公開講座や大学の社会人カリキュラムなどが数多く開設され、歴史や文学など実に様々なテーマで、定年後も学ぶ機会が増えています。
最初は自分の興味のあるテーマだけを受講していても、学習するうちに自然に関心分野が広がり、趣味の柱になったという人も多くいます。
定年後は、何かを学ぶように強制されることは少ないのですが、そのため逆に「学ぶ」楽しさを実感できるような気がします。

趣味としての読書、映画鑑賞等

「趣味は読書」という言葉はよく聞きますが、読書やDVD等での映画鑑賞は、意外に発展性の少ない趣味かもしれません。
趣味ではなく、単なる愉しみとしてなら、ほとんどの人が利用しています。
しかし、趣味としては、人気作品ばかり追いかけたり、自分の興味分野に固定されがちで発展性が乏しく、他人との交流が得にくい場合が多く、生きがいといえるほどの充実感が少ないことがあります。
趣味として、読書や映画を考える場合、必ずそれ以外の趣味も持っていた方が、定年後の生きがいを実感するケースが多いでしょう。

外出して楽しむ趣味

趣味としての旅行

「旅行が趣味」という人は多いので、ここで改めて取り上げることはないかもしれません。
ですが、「生きがい」として長期間継続して、楽しんでいる人には、旅行先や旅行形態に自分なりのテーマを設定している人が多い様に見受けられます。
「とにかく多くの国を訪ねたい」、「スケッチ旅行」、「夫婦で格安の旅を一日でも多く楽しむ」、「国内外の友人を訪ねる」、「国内全ての温泉を制覇する」等々、様々な目的を聞きます。
こうしたテーマ・目的設定は「長く続ける」ために有効なようです。

鑑賞・演奏で楽しむ趣味

美術館、博物館めぐり。庭園や神社仏閣の探訪、野仏探し、各地のSL撮影、演劇や音楽会での鑑賞など鑑賞して楽しむ趣味も多くの種類がありますが、同好の人たちとの交流や、関連分野への発展など、広がりの多い趣味です。(広い意味で、天体観測やホエールウォッチングなども鑑賞の趣味でしょう。)
また、演奏の趣味についてですが、ピアノなどの楽器演奏は、レッスンを受けた後の発表会や、仲間とのバンド演奏など意外な広がりのある趣味です。
これらも、旅行同様、有名だったり、人気があるものだけを追いかけるよりも、自分なりのテーマや基準で目的を絞った方が、意外な驚きや出会いがあるようです。

収集する趣味など

意外にお金のかかる、収集・製作する趣味

物を集める、骨とう品を収集するなどを収集する趣味は、定年後の趣味として人気があります。
オーディオやガーデニングなどもこのカテゴリーでしょう。
これらは、非常に範囲が広く、それぞれの特徴も異なりますが、これまで見てきた趣味以上に、趣味にかける費用と達成感の間に相関が強いのではないでしょうか。
趣味を進めるほどに、目標到達点が高くなり、所要費用が増大するケースが多くあります。
始めてこれらの趣味に入る場合は、(特に一般的でない分野は)他の趣味以上に、充分な事前調査、予算の準備等が求められます。

趣味にかかる費用

定年後に新たな趣味を始める時は、ほとんどの場合、初期費用と継続するための費用が発生します。
主たる収入が年金である場合は、預貯金などの資産や通常の生活費以外の出費(将来にわたる社会保険負担、医療費、住居費等)を勘案し、趣味にかけられる支出を余裕を持たせて計算する必要があります。

趣味にかける時間

新たな趣味や仲間との出会いにより新たな趣味を始めてみようと思っても、(若い人には意外なことに)定年後の時間は、有限で、決して誰にとっても充分な長さというわけではありません。
新しく趣味を始めてみても中途半端に終わることもあります。
定年後、限られた時間の中で、如何に効率よく趣味と生きがいを追求するかは、定年後の大きな課題ではないでしょうか。
定年後の時間は想定外に長い場合もあり、逆に時間が足りなくなってしまうこともあります。
定年前の人生以上に、定年後は時間をより有効に使う必要があります。

まとめ 定年後の趣味

定年後の趣味は、豊かな老後と生きがいの創出だけでなく、健康寿命を延ばし、医療費の削減につながる可能性もあります。
定年後の人生を、多彩な趣味を通じて周囲との絆も深めながら、より豊かなものにしていきましょう。

「定年後・趣味」に関連する記事

「定年後・趣味」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

シェアする

関連する記事

「定年後・趣味」についてさらに知りたい方へ

無趣味な人必見!!とっても簡単素敵な趣味の見つけ方!!のサムネイル画像

無趣味な人必見!!とっても簡単素敵な趣味の見つけ方!!

今の趣味楽しいですか?お勧めの趣味紹介します!のサムネイル画像

今の趣味楽しいですか?お勧めの趣味紹介します!

40代で始めるオススメの趣味は?インドアとアウトドアの趣味!のサムネイル画像

40代で始めるオススメの趣味は?インドアとアウトドアの趣味!

50代の趣味について男女別にランキング形式で紹介します!のサムネイル画像

50代の趣味について男女別にランキング形式で紹介します!

趣味、見つけてみませんか?家庭で出来る種類の趣味を集めてみましたのサムネイル画像

趣味、見つけてみませんか?家庭で出来る種類の趣味を集めてみました

定年後は第二の人生の幕開け!これからの生活を楽しく生きる!のサムネイル画像

定年後は第二の人生の幕開け!これからの生活を楽しく生きる!

マイペースに、一人で楽しめる趣味をご紹介しますのサムネイル画像

マイペースに、一人で楽しめる趣味をご紹介します

賃金が下がる?定年後の再雇用で失敗しないためにできることのサムネイル画像

賃金が下がる?定年後の再雇用で失敗しないためにできること

定年後の再就職は必要?再就職の攻略法を解説のサムネイル画像

定年後の再就職は必要?再就職の攻略法を解説

定年後、アクティブな生き方を選択しませんか?のサムネイル画像

定年後、アクティブな生き方を選択しませんか?

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

老後に人気な趣味5選!楽しみながら健康を維持できる方法を紹介!のサムネイル画像

老後に人気な趣味5選!楽しみながら健康を維持できる方法を紹介!

1
40代で始めるオススメの趣味は?インドアとアウトドアの趣味!のサムネイル画像

40代で始めるオススメの趣味は?インドアとアウトドアの趣味!

2
老後の趣味に最適なアウトドアを厳選して3つ紹介します!のサムネイル画像

老後の趣味に最適なアウトドアを厳選して3つ紹介します!

3

関連する記事

「定年後・趣味」についてさらに知りたい方へ

無趣味な人必見!!とっても簡単素敵な趣味の見つけ方!!のサムネイル画像

無趣味な人必見!!とっても簡単素敵な趣味の見つけ方!!

今の趣味楽しいですか?お勧めの趣味紹介します!のサムネイル画像

今の趣味楽しいですか?お勧めの趣味紹介します!

40代で始めるオススメの趣味は?インドアとアウトドアの趣味!のサムネイル画像

40代で始めるオススメの趣味は?インドアとアウトドアの趣味!

50代の趣味について男女別にランキング形式で紹介します!のサムネイル画像

50代の趣味について男女別にランキング形式で紹介します!

趣味、見つけてみませんか?家庭で出来る種類の趣味を集めてみましたのサムネイル画像

趣味、見つけてみませんか?家庭で出来る種類の趣味を集めてみました

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと