戦国武将の家紋って?どんなのがあるの?意味はあるの?

みなさんは戦国武将の家紋はご存知ですか?今回はそんな戦国武将たちの家紋を紹介します。またどうして日本政府は五七桐を使用しているのかも紹介します。

目次

  1. 家紋とは?
  2. 戦国武将はなぜ雑草を家紋にしたのか
  3. 戦国武将の家紋
  4. 五七桐と日本政府
  5. 戦国武将と家紋

家紋とは?

家紋とは日本固有の紋章のことをいいます。

概要

家紋は今日まで息づいている日本固有の文化であると言っていいでしょう。
古くより出自といった自らの家系、血統、家柄・地位を表すために用いられてきました。
日本だけでも241種、5116紋以上の家紋があります。
単に紋所(もんどころ)や紋とも呼ばれこともあります。
2017年現在、採取されているだけで 2万近くの家紋が確認されています。
武具に好んで使用されてきました。
家紋は人々の暮らしに息づいていました。

家紋のおこり

「源平藤橘」と呼ばれる源氏、平氏、藤原氏、橘氏といった強力な氏族が最も名を馳せていた時代がありました。
地方に移り住んだ氏族の一部が他の同じ氏族の人間と区別するため、土地の名前などを自分の家名とし、それが後の名字となりました。
家紋は家の独自性を示す固有の目印的な紋章として生まれ、名字を表す紋章としての要素が強くあります。

家紋の発展

その後、武家や公家が家紋を使用するようになりました。
血統や元々の帰属勢力としていくつかのグループに大きく分けることができます。
それぞれが代表的な家紋とそのバリエーションで構成されています。
また、各地の豪族が新たに創作した家紋が現代まで伝わっているものもあります。

戦国武将はなぜ雑草を家紋にしたのか

戦国武将と植物には意外な関係がありました。
戦国武将といえば勇猛で植物を愛するような繊細な神経はないように感じられますが、実は戦国武将らは予想外に植物を愛で観察し役立てていました。

戦国武将たちの家紋には植物のモチーフが多いことにお気づきでしょうか。
西洋の紋章のモチーフといえば、ワシやライオン・ドラゴンなど、強そうな生き物が多いです。
ですが、日本の戦国武将の家紋には道端の小さな雑草などが多く使われています。
例えば、田畑に生えるカタバミやオモダカ、別名「貧乏草」のナズナ、可憐なナデシコなど。
徳川家でさえ、地味で目立たないフタバアオイを家紋のモチーフにしています。

なぜ日本の戦国武将たちは地味な雑草と呼ばれる草花を選ぶのでしょうか?
もちろん、西洋でも植物が紋章のモチーフになることはあります。
しかし、ルイ王家はユリの花、フランス王家はアヤメの花、イギリス王家ではバラの花など、どれも高貴で華麗な植物なのです。

西洋に比べると、日本の戦国武将たちの家紋はずいぶん地味で慎ましくないでしょうか?
もっと強そうな生き物をモチーフにしてもよかったのではないのでしょうか?
実は、戦国武将たちが好んで植物をモチーフにしたのには、それなりの理由があったのだといいます。

雑草が家紋に用いられた理由

日本の家紋に用いられている十大紋は「鷹の羽・橘・柏・藤・おもだか・茗荷・桐・蔦・木瓜・かたばみ」です。
この10この中で、オモダカとカタバミは雑草です。
そして、両方とも戦国武将の中で大変人気がありました。

なぜ戦国武将たちは、このような雑草を家紋にしたのでしょうか。

オモダカは田んぼに生えている雑草で、生命力が強いです。
葉の形が矢じりに似ていることから「勝ち草」とも呼ばれました。
そこで、ゲンを担いで家紋に用いられたのだと言われています。

またかたばみ紋は、徳川四天王の酒井忠次が家紋としています。
カタバミは、抜いても抜いても種を残して繁茂していきます。
戦国武将はそこに子孫繁栄の願いを込めて家紋にしたのだと言われています。

下克上大名にふさわしいツタの家紋

戦国時代は下克上の時代でもありました。

たとえば、斎藤道三も代表的な下克上大名です。
「美濃のまむし」と恐れられていた道三が用いていた家紋は、なんとかわいらしい「ナデシコ」です。
平安時代、唐から伝えられたナデシコは唐なでしこと呼ばれていました。
唐なでしこは、別名「セキチク(石竹)」ともいいます。
岩場に生えて竹のような葉をつけるからです。
中国の言い伝えは、ある武将が虎と間違えて岩を矢で射ました。
すると岩に矢が刺さり、セキチクになりました。
この故事から、セキチクは武道の精神を表すとして武家に好まれたそうです。

また、松永久秀という下剋大名がいます。
この久秀の家紋はツタ(蔦)です。
ツタは自立せず、ほかの植物にか絡みつき背を伸ばしていく植物です。
普通の植物は、自立しなければならないので、茎を頑強にしていく必要がありますが、それには多大なエネルギーが必要となります。
ところがツタのようなつる草は、ほかの植物に絡みつくため自分で立つ必要がありません。
また、茎も頑丈にする必要はありません。
その分余ったエネルギーを、つるを伸ばすことに使えるので、伸びるのが早いです。
巻き付かれた植物のほうはたまったものではありません。
ツタに覆われてしまい、陽の光も十分受けられなくなり枯れてしまうことも少なくありません。
ツタの生き方は、下克上大名にふさわしいわけです。

戦国武将の家紋

織田信長

織田木瓜(おだもっこ)

見た目から胡瓜の切り口を思われがちですが、実際は鳥の巣をデザインしたものと伝えられています。
鳥の巣=子孫繁栄の思いが込められていて、めでたい紋とされています」。

豊臣秀吉

五七桐(ごしちのきり)

織田信長より拝領し、以後用いりました。
本来、桐紋は菊紋に次ぐ名誉ある紋として尊重されていました。
しかし、室町幕府のころから徐々に皇室から臣下、さらに戦国大名へと下賜されていきました。
豊臣秀吉は「太閤桐」紋を新たに創りながらも、桐紋を配下武将たちに下賜ります。
そのため特に西日本では桐紋が多く見受けられます。

徳川家康

三葉葵(みつばあおい)

水戸黄門などの時代劇で多く観られることから、日本人になじみ深い葵紋ではないでしょうか。
もともとは京都は加茂神社の神紋「二葉葵」が原形だといわれています。
徳川家康は、織田信長や豊臣秀吉と違い家紋の取扱いに厳格で、徳川家以外の使用を制限しました。

武田信玄

四割菱(よつわりびし)

家紋としての歴史は古く、平安時代には使用されていたと言われています。
武田菱は武田の「田」を紋様にしたといわれています。

伊達政宗

竹に雀(たけにすずめ)

伊達正宗はこの「竹に雀」のほかにも、豊臣秀吉から拝領した桐紋や「縦三つ引両」など様々な紋様を用いていまし」た。

五七桐と日本政府

桐紋は日本政府や首相官邸に使われている紋章として有名ですが、なぜこのような所で秀吉の家紋が利用されているでしょうか?

政府が使っている理由

現在の日本政府は豊臣秀吉が使っていたものと同じ桐紋を使っている事をご存知ですか?。
また、500円硬貨にもこの桐紋が利用されています。

なぜ政府が秀吉と同じ桐紋をしようしているのでしょうか?
それは、明治時代以降桐紋が日本政府の紋章として使われるようになったからです。
元々は天皇家が使っていた紋章でした。
その朝廷の政府という繋がりで、当時の明治政府が桐紋を使い始め、その慣習が今に至るまで続いているからです。

また、明治政府が桐紋を使用していた事について、豊臣秀吉の怨念が込められているという都市伝説
もあります。
関ヶ原の戦いで西軍が敗れた時、豊臣家の家臣の多くが薩摩と長州へ左遷されました。
そして260年の時を経て薩長桐紋を掲げて倒幕運動を行い、今の明治政府が誕生したというものです。

戦国武将と家紋

いかがでしたか?
戦国武将が掲げた家紋にはたくさんの意味や思いが込められていました。
まるで我が子に名前をつけるかのようですね。

「戦国武将・家紋」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!のサムネイル画像

    神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!

    初詣や合格祈願、七五三など私たちは人生の中で神社に参拝しに行く機会を多く持ちます。このため、幼いころから何とはなしに神社に参拝する際の作法は知ることになりますが、作法の中には誤解されているものも多いです。今回は神社参拝の正しい作法について徹底解説していきます。

    1
  • 2019年用の年賀状はいつからいつまで出せる?販売期間も解説!のサムネイル画像

    2019年用の年賀状はいつからいつまで出せる?販売期間も解説!

    早いもので、年の瀬を意識する時期になりました。 そろそろ年賀状のことを考えはじめるのではないでしょうか? 今回の記事では「年賀状を出す時期」についてご紹介します。 年賀状はいつから販売され、いつからいつまで投函できるのか? 期間や寒中見舞いなどについても解説します。

    2
  • 年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!のサムネイル画像

    年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!

    毎年、年の瀬になると気がかりになるのが年賀状ですよね。いつまでに出せば元旦に届くのか、郵便局での販売期間はいつまでなのかなど気になることはたくさんあります。今回の記事では年賀状と寒中見舞いの違いや保管期間など、年賀状に関する疑問をすべて解説します。

    3
  • 神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!のサムネイル画像

    神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!

    神社にお参りしたときには、ほとんどの方がお賽銭を入れますよね。では、お賽銭としてどのくらいの金額を用意すればいいのでしょうか?今回の記事では、気になる神社のお賽銭の金額相場やお賽銭の起源、参拝のマナーなど様々な疑問にお答えします。

    4
  • 年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!のサムネイル画像

    年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!

    年賀状にはどんなことを書けばよいのでしょうか?正しい書き方を知っていますか?今回は年賀状の正しい書き方についてご紹介していきます。このような方はこのような書き方、というように、立場別に見ていきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

    5

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「戦国武将・家紋」についてさらに知りたい方へ

家紋の種類や意味を解説。あなたの家紋にはどの花が使われている?のサムネイル画像

家紋の種類や意味を解説。あなたの家紋にはどの花が使われている?

桜の家紋の由来(意味)や種類、桜の家紋を使った武将をご紹介しますのサムネイル画像

桜の家紋の由来(意味)や種類、桜の家紋を使った武将をご紹介します

検索して名字の家紋を調べよう!あなたの名字の家紋は?のサムネイル画像

検索して名字の家紋を調べよう!あなたの名字の家紋は?

墓石に家紋って入れる必要があるの?注意点も説明しますのサムネイル画像

墓石に家紋って入れる必要があるの?注意点も説明します

家紋と苗字から探ると、ご先祖様のルーツがわかる?のサムネイル画像

家紋と苗字から探ると、ご先祖様のルーツがわかる?

お墓の家紋を入れる必要性は?わからなくても大丈夫なの?のサムネイル画像

お墓の家紋を入れる必要性は?わからなくても大丈夫なの?

花や取りな家紋の種類と意味一覧。のサムネイル画像

花や取りな家紋の種類と意味一覧。

神社の紋ってどんな意味があるの?起源や鶴・鳥・三つ巴の紋をご紹介のサムネイル画像

神社の紋ってどんな意味があるの?起源や鶴・鳥・三つ巴の紋をご紹介

戦国武将・最強伝説 ~軍師、武力、個人での強さに迫る~のサムネイル画像

戦国武将・最強伝説 ~軍師、武力、個人での強さに迫る~

国内・外でも人気の高い戦国武将!!その理由とは!?のサムネイル画像

国内・外でも人気の高い戦国武将!!その理由とは!?

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!のサムネイル画像

神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!

1
2019年用の年賀状はいつからいつまで出せる?販売期間も解説!のサムネイル画像

2019年用の年賀状はいつからいつまで出せる?販売期間も解説!

2
年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!のサムネイル画像

年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!

3
神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!のサムネイル画像

神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!

4
年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!のサムネイル画像

年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!

5

関連する記事

「戦国武将・家紋」についてさらに知りたい方へ

家紋の種類や意味を解説。あなたの家紋にはどの花が使われている?のサムネイル画像

家紋の種類や意味を解説。あなたの家紋にはどの花が使われている?

桜の家紋の由来(意味)や種類、桜の家紋を使った武将をご紹介しますのサムネイル画像

桜の家紋の由来(意味)や種類、桜の家紋を使った武将をご紹介します

検索して名字の家紋を調べよう!あなたの名字の家紋は?のサムネイル画像

検索して名字の家紋を調べよう!あなたの名字の家紋は?

墓石に家紋って入れる必要があるの?注意点も説明しますのサムネイル画像

墓石に家紋って入れる必要があるの?注意点も説明します

家紋と苗字から探ると、ご先祖様のルーツがわかる?のサムネイル画像

家紋と苗字から探ると、ご先祖様のルーツがわかる?

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと