卒業式だけじゃもったいない!袴と着物を普段着にしよう!

大学の卒業式でよく見かける袴。卒業式シーズンしか着ないものと思われがちですが、最近は着物も袴も普段着として着るのがブームになってきています。着物と袴を合わせて色んなコーディネートを楽しんでみましょう。

目次

  1. 着物と袴の歴史
  2. 男の袴と女の袴の違い
  3. 着物と袴の着付け方
  4. 袴を普段着にしてみよう!
  5. 着物と袴を普段着にしよう! まとめ

着物と袴の歴史

日本の伝統文化である着物。そして袴。この二つはどのようにして日本に誕生したのでしょう。

着物も袴も平安時代から

遣唐使廃止後から日本独自の文化が栄えてきて、着物の原型が生まれます。
この頃袴も同様に生まれます。この頃は着物も袴も一定階級以上の女性たちが着用していました。
着物はこの後もどんどん浸透し、発展していきますが袴は違います。
鎌倉時代以降、女性の袴というものは衰退していきます。宮中以外での女性の袴姿は見られなくなります。一方着物文化どんどん栄えていき、江戸時代には今の着物が完成したと言われています。

着物も袴も転換期を迎えた明治

明治時代になりますと、西洋文化が導入され今まで以上に立って歩き、椅子へ座るという生活を送る生活が普通になっていきました。そうなると歩きやすく、座っても裾を気にしなくてすむ服装が必要となります。宮中をはじめ、当時外出が必要な職業についてた女性などが袴の着用をはじめます。
このことから栄えていた着物文化も止まっていきます。明治18年には一部の女学校では、洋装が義務付けられたほど西洋文化に日本は染まっていきます。

制服になった袴

下田歌子という明治から大正にかけけて活躍した教育者がいます。
彼女の活躍により、袴が改良され主に女学生へ浸透します。
それが発展し職業婦人たちにも愛用されるようになりました。

当時の女性が袴を着るという行為は、誇らしい行為であったと言えます。
着物と袴はこのあと昭和初年頃まで着用が続きますが、関東大震災や戦争を経て、
今と同様洋装が一般的になりました。

男の袴と女の袴の違い

下田歌子によって、女袴というものが作られたと言われています。
男の袴と女の袴はどう違うのでしょうか。

はじまりは男の礼装

卒業式シーズンに女性が着用している姿が有名なので女性の服装と思われがちですが、もともとは男性の礼装として袴はつくられました。
馬乗袴が最初につくられ、江戸時代後期になり行燈袴が発案されました。
最初は馬乗袴のみが礼装で行燈袴は略式扱いでしたが、現代ではどちらも礼装として使用できます。

馬乗袴と行燈袴の違い

馬乗袴は袴の中にしきりがあります。足さばきが楽でやはり見た目もかっこいいとされています。
対して行燈袴は中にしきりがなく、スカートのようなものと思ってもらえると良いです。
現代に置いては脱ぎ着しやすいことや、トイレなどの問題もあり行燈袴が主流になっていますが、
歩いたときの裾捌きなど見た目のかっこよさを重視すると馬乗袴が人気のようです。

女袴のはじまり

明治初期は、女性も男性と同じ袴を着用していました。しかし新聞などで奇異なものと扱われ、攻撃を受けます。そして正式に文部省より女子の男性用袴着用は禁止とされます。
先にあげた下田歌子により、行燈袴状で男性用と違い腰板のない女袴が考案されます。
女性にとっては馬乗袴だとトイレの問題が大きかったのでこれで解消され、着物の裾を気にして歩くこともなく颯爽と歩くことが可能となりました。

袴のはじまりは男性用の礼装であり、そこから派生して女袴が誕生しました。
男袴との違いは腰板がないことと、襞の数が違うということを覚えておけば良いでしょう。

着物と袴の着付け方

では着物と袴はどのようにして着れば良いのでしょうか。

まずは着物を着よう

袴は着物の上から着用します。普通の着物を着用する流れと同じです。

動画になっているので分かりやすいかと思います。
普通に着物を着用するのとなんら変わりはありません。
用意するものもいつもの着物+袴のみとなります。

次に袴をつけよう

着物が着れたら袴をつけます。

こちらも動画で詳しく説明されています。
着物の着付けに比べると比較的簡単にできるかと思います。
帯は気持ち高めに結ぶことでスタイリッシュに見えるのでおすすめです。

足元は草履?ブーツ?

着物ではなかなかチャレンジできないですが、袴であればチャレンジしやすいのがブーツです。
草履よりも歩きやすく、大正ロマンをより感じることができるでしょう。
草履であれば着物と同じく足袋をはいて草履をはきましょう。
ブーツであれば黒いタイツなどが無難でしょう。
草履をはくか、ブーツをはくかで袴の長さも変わりますので早めに決めておきましょう。

袴を普段着にしてみよう!

着物を普段着にしているという人はちらほら見かけますが、なかなか見ないのが袴。
思い切って袴を普段着にしてみませんか?

派手な柄でも着やすいのが袴

とてもかわいいけれど、着物として着ていくには派手すぎると敬遠してしまう着物はありませんか?
そんな着物を気軽に着ることができるのが袴です。
袴の部分を落ち着いた色のものにしてみましょう。
いっきに締まって見え、着物の柄を残しつつも大人っぽく着用できます。

袴は実用性も抜群

女袴のはじまりは裾を気にしなくていいように、動きやすいように考えられたのがはじまりです。
つまりとても動きやすく作業がしやすいのです。
現在は、半着に袴という組み合わせも多く見られます。
半着であれば胴より少し長い程度の服になりますので着物に比べて断然着用が簡単です。
そこに袴をつけるだけなので、時短かつ袴の動きやすさはそのままでおすすめです。

着物と袴を普段着にしよう! まとめ

いかがでしたでしょうか。
着物は今日本ブームによってレンタルで気軽に着れるようになりましたが、袴はまだ普段着としてあまり馴染みがありません。
明治の時代、女性の活躍のために編み出された女袴。
せっかくだから卒業式だけのものではなく、普段の生活にも取り入れてみてはいかがでしょうか。

「着物・袴」に関連する記事

「着物・袴」についてさらに知りたい方へ

  • 袴の色一つでイメージがガラッと変わります!!

    袴の色一つでイメージがガラッと変わります!!

    成人式や卒業式で見かける事のある袴ですが、その色一つでイメージはガラッと変わります。だからと言って、神職さんが身に着けている袴は、自由に色が選べないのを知っていますか?

  • 実は多くの種類があった、女性用の袴(平安朝から近現代まで)

    実は多くの種類があった、女性用の袴(平安朝から近現代まで)

    一般に、「 袴」といえば男性用であるというイメージがあるため、女性用の袴にはどんな種類があった(ある)のかについては、意外と知られていません。しかし実際には、平安朝から近現代に至るまで、様々な種類の女性用の袴があったのでした。

  • 弓道のユニフォーム「袴」に関するあれこれ

    弓道のユニフォーム「袴」に関するあれこれ

    弓道のユニフォームといえば白い道着に黒の袴。見た目のカッコよさから弓道部に憧れていた方も少なくないことでしょう。本記事では弓道の「袴」に関する雑学やチョイスのコツを紹介します。

  • 男物、女物の違いとは?男性も着物を着よう

    男物、女物の違いとは?男性も着物を着よう

    男物の着物も多く出回っています。しかし着物と検索すると出てくるのは女性の情報ばかり…。男性にむけての着物の情報って少ないんです。そこで今回は男物の着物について紹介します。

  • 神主の衣装は身分(位)によって色や着方が変わる?

    神主の衣装は身分(位)によって色や着方が変わる?

    神主の衣装といえば白い着物と水色の袴を思い浮かべる方が多いかと思います。普段神社に参拝した時に見かける神主の定番のスタイルです。しかし祈祷などを行っている時は平安時代の貴族のような衣装を着ていますよね?神主の衣装には何か意味があるのでしょうか?

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

シェアする

関連する記事

「着物・袴」についてさらに知りたい方へ

袴の色一つでイメージがガラッと変わります!! のサムネイル画像

袴の色一つでイメージがガラッと変わります!!

実は多くの種類があった、女性用の袴(平安朝から近現代まで)のサムネイル画像

実は多くの種類があった、女性用の袴(平安朝から近現代まで)

弓道のユニフォーム「袴」に関するあれこれのサムネイル画像

弓道のユニフォーム「袴」に関するあれこれ

男物、女物の違いとは?男性も着物を着ようのサムネイル画像

男物、女物の違いとは?男性も着物を着よう

神主の衣装は身分(位)によって色や着方が変わる?のサムネイル画像

神主の衣装は身分(位)によって色や着方が変わる?

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

盛り塩の「効果」とその「処分方法」は?「交換時期」も教えますのサムネイル画像

盛り塩の「効果」とその「処分方法」は?「交換時期」も教えます

1
水引アクセサリーの簡単な作り方!和服にも合う結び方を紹介!のサムネイル画像

水引アクセサリーの簡単な作り方!和服にも合う結び方を紹介!

2
礼服のポケットのふたとポケットチーフについて紹介します。のサムネイル画像

礼服のポケットのふたとポケットチーフについて紹介します。

3
お参りとお詣りの意味の違い~神社は?お寺は?のサムネイル画像

お参りとお詣りの意味の違い~神社は?お寺は?

4
おしゃれな御朱印帳ならこれ!おすすめの御朱印帳をご紹介しますのサムネイル画像

おしゃれな御朱印帳ならこれ!おすすめの御朱印帳をご紹介します

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと