墓とその場所から見える徳川慶喜という江戸時代最後の征夷大将軍

徳川慶喜は、江戸を無血開城した幕府最後の将軍として有名ですね。その徳川慶喜の墓は、寛永寺でも増上寺でもなく、どうして谷中霊園にあるのでしょうか。お墓から見て取れる徳川慶喜という人物とは。

目次

  1. 江戸幕府最後の将軍徳川慶喜の墓
  2. 第15代将軍徳川慶喜
  3. 徳川慶喜の墓は寛永寺でも増上寺でもない
  4. 谷中霊園にある徳川慶喜の墓
  5. 墓から見える徳川慶喜の素顔
  6. 江戸最後の征夷大将軍徳川慶喜

江戸幕府最後の将軍徳川慶喜の墓

江戸幕府最後の征夷大将軍として知られる徳川慶喜は、今は谷中霊園に眠っています。
そこで「あれ?」と思う人は思うのでしょうか。
どうしてお墓が菩提寺である寛永寺や増上寺に置かれてはいないのだろうかと。
理由を調べてみると、徳川慶喜の日本人らしい人物像が見えてくる気がします。
お墓から、徳川慶喜という人物の素顔を探ってみます。

第15代将軍徳川慶喜

徳川慶喜と言えば、徳川将軍の中でもかなり名の知られた人物です。

御三卿一橋家の世嗣で、後に江戸幕府最後の征夷大将軍となりました。
フランスの援助を受けて幕府の強化を図っていましたが、最後は薩長連合に屈し、身を引くことになります。
大政奉還、そして江戸の無血開城と、日本人同士の争いを最小限に抑え、日本が外国勢力に好き勝手されるのから救った人物ですね。
ただ、本人がどういう意図を持って大政奉還したり無血開城をしたのかは、もう本人でしかわかりません。
情報を集めてみると、本当に日本人同士の争いを避ける為にやったのかは疑問です。
それでも、徳川慶喜が優秀だったからこそ、日本人の美徳が前面に出た行動をしたのだと感じます。

徳川慶喜の墓は寛永寺でも増上寺でもない

徳川慶喜の墓は、何故か寛永寺でも増上寺でもなく、谷中霊園にあります。
寛永寺は菩提寺であり、後に増上寺と交替で造営することが慣例でした。

しかし徳川慶喜は、どちらでもない谷中霊園にお墓があります。
そうなったのにはきっと理由があるのでしょう。

谷中霊園にある徳川慶喜の墓

どうして谷中霊園に徳川慶喜の墓があるのでしょうか。
調べるとやはり理由はあったようです。

谷中霊園

徳川慶喜は明治天皇に感謝の意を示す為に、葬儀を仏式ではなく神式で行なうように遺言したようです。
そして皇族とおなじように円墳が建てられたらしいですね。
ただし一般的には、「大政奉還で将軍を辞めた為に歴代将軍の入っている墓所に墓を建てられなかった」との資料があるようです。

尊王という意味では、徳川慶喜は素晴らしい大将軍だったといえるでしょう。
朝敵、「足利尊氏にはなりたくない」と言っていました。

墓から見える徳川慶喜の素顔

徳川慶喜の評価は色々とあります。
才覚に優れ、身を引くことで日本を救った英雄という人もいれば、ただの自己中だとけなす人もいます。
とても賢くて将軍として優れた人物であったことは間違いないでしょう。
幕府は幕府なりに富国強兵をしっかりと進めていましたからね。
ただ、この徳川慶喜の墓を見ると、少し人間くささと日本人らしさが見えてきます。

徳川慶喜

明治維新が成功し、結果的に徳川慶喜は明治新政府側から見れば最大の敵ということになりました。
しかし日本人としての道は外れておらず、徳川慶喜も日本の為に頑張っていたのです。
天皇陛下を想い、天皇陛下と共にある日本国民の為に、自分がトップで有り続けようとしていたのです。
ただ、それでも大政奉還の鮮やかさや、江戸の無血開城を見ていると、単に逃げたと見える所も大いにあります。
自分が可愛くて、死なない範囲で最高に自分を良く見せたようにも思えます。
でもそれが結果的に良い方向に出たわけで、徳川慶喜がそういう人物だったからこそ明治維新はできたのでしょう。
馬鹿な将軍だったり、最後までプライドを持って信念を貫く人だったらどうなっていたでしょうか。
日本は日本人同士が殺し合う戦場となり、外国の介入も防げず、亡国の危機にさらされていたかもしれません。

江戸最後の征夷大将軍徳川慶喜

徳川慶喜は、一つは尊王であったことが、お墓の場所や形「足利尊氏にはなりたくない」と言った所から見てとれるでしょう。
そしてちゃっかりと幕末を生き残り、最後は谷中霊園に円墳を建てた辺り、自分を最大限大切にしていた人物であることが分かります。
尊王ではあるけれど、ただの自己中ナルシストだという評価をする人もいます。
確かにその通りではありますが、私はそれプラス才能と強運を持った愛すべき将軍だったのではないかと感じます。
本当はどんな人だったのかは、会ったことがないので断言はできません。
でも、意外と愛されるキャラだったのではないでしょうか。
一度谷中霊園を訪れたい気分です。

「徳川慶喜・墓」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

シェアする

関連する記事

「徳川慶喜・墓」についてさらに知りたい方へ

徳川家康の子孫は存在するのか?今でも健在?のサムネイル画像

徳川家康の子孫は存在するのか?今でも健在?

系図から見える!?徳川将軍家が長く続いた理由!!のサムネイル画像

系図から見える!?徳川将軍家が長く続いた理由!!

現在の徳川家はどうなっている?知られざる徳川家の実態のサムネイル画像

現在の徳川家はどうなっている?知られざる徳川家の実態

天下をとった徳川家康とその子孫と現在についてのサムネイル画像

天下をとった徳川家康とその子孫と現在について

徳川家康のお墓はどこ?意外と知らない謎多き東照宮のサムネイル画像

徳川家康のお墓はどこ?意外と知らない謎多き東照宮

東京の霊園に眠る有名人まとめ!霊園への行き方もご紹介します!のサムネイル画像

東京の霊園に眠る有名人まとめ!霊園への行き方もご紹介します!

谷中霊園の区画や供養形態は?アクセスや周辺施設もご紹介します!のサムネイル画像

谷中霊園の区画や供養形態は?アクセスや周辺施設もご紹介します!

徳川家康の妻(正妻・側室)はどんな人?築山殿や西郷局を紹介のサムネイル画像

徳川家康の妻(正妻・側室)はどんな人?築山殿や西郷局を紹介

卑弥呼の墓の有力候補地は奈良と福岡の2か所のサムネイル画像

卑弥呼の墓の有力候補地は奈良と福岡の2か所

お墓にお供えするのに適した種類のお花は何?のサムネイル画像

お墓にお供えするのに適した種類のお花は何?

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!のサムネイル画像

神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!

1
神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!のサムネイル画像

神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!

2
年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!のサムネイル画像

年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!

3
神社と寺の違いって?それぞれの定義や参拝方法・建物の違いを解説のサムネイル画像

神社と寺の違いって?それぞれの定義や参拝方法・建物の違いを解説

4
年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!のサムネイル画像

年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!

5

関連する記事

「徳川慶喜・墓」についてさらに知りたい方へ

徳川家康の子孫は存在するのか?今でも健在?のサムネイル画像

徳川家康の子孫は存在するのか?今でも健在?

系図から見える!?徳川将軍家が長く続いた理由!!のサムネイル画像

系図から見える!?徳川将軍家が長く続いた理由!!

現在の徳川家はどうなっている?知られざる徳川家の実態のサムネイル画像

現在の徳川家はどうなっている?知られざる徳川家の実態

天下をとった徳川家康とその子孫と現在についてのサムネイル画像

天下をとった徳川家康とその子孫と現在について

徳川家康のお墓はどこ?意外と知らない謎多き東照宮のサムネイル画像

徳川家康のお墓はどこ?意外と知らない謎多き東照宮

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと