厄年!本厄?!果たして効果あるのか厄払い

いつの間にか自分が今年厄年になっていることに気づいたりしていませんか?周りから「厄払いしなくて災難だった」とか「厄払いしたけど効果なしだった」と聞いて本当のところはどうなのか?効果あった人はいるのかまとめてみました。

目次

  1. 厄払いとは
  2. 厄年について知ろう
  3. 厄払いの期間は決まってる?
  4. 厄年に厄払いして効果あったの?
  5. 厄払いしないとどうなる?
  6. せっかくなら効果ある場所でお祓いを
  7. 自分でも厄払いはできる
  8. 最後に

厄払いとは

神社

厄払いとは男女とも三回やってくる厄年に「厄を祓う」ために神社や寺へ行き参拝します。
厄年は室町時代から続く風習で、長く受け継がれています。

厄年について知ろう

一般的には
男性の場合の本厄は25歳、42歳、61歳です。
女性の場合の本厄は19歳、33歳、37歳です。
そして男女とも本厄の前後一年を前厄・後厄といい、通年三年間厄年が続きます。

厄年の年齢は数え年で数えることが多いです。
数え年とは生まれたときを一歳と数えるので、自分の年齢+1歳の年齢で数えられています。
ということは、厄年の年に誕生日で以下の年齢になる方が該当するわけですね。
男性の場合は24歳、41歳、60歳。
女性の場合は18歳、32歳、36歳。

厄払いの期間は決まってる?

厄払いの祈祷はお正月から行われています。
初詣のついでに厄払いの祈祷を受ける人もたくさんいらっしゃいますね。
また鬼を払う(厄を払う)という意味をかけて節分に受ける人も。
しかし現在はどの神社や寺でも都合が合えばいつでも厄払いをしていただけます。
都合の良い日に出向いてお祓いをしてもらいましょう。
大きな神社や寺では「厄除け大祈願祭」などと称して厄払いのための祈祷を
している時期があります。

つまり時期は特に決まっていないんですね。
ただ厄払いをしてからでないと効果はないので、早いほうがいいですね。

厄年に厄払いして効果あったの?

はい!効果ありますよ!
と言いたいところですが・・、こればかりは人それぞれなんです。

効果があった人

効果あったというよりは、厄払いしたから「安心というお守り」を持っているということではないでしょうか。お守りがあると安心して過ごせますよね。
そして災難があっても「厄払いをしたからこのくらいで済んだ」と受け止められます。

効果なしの人

この場合は「厄払いしたのに災難があった」という考えではないでしょうか。
厄払いは【絶対に一年間は厄が降りかかりません】という保証ではないです。
そしてお祓いのご利益というものは目に見えて現れないですね。
だからこれといった実感がないのかもしれません。

効果あった人も効果なしの人も、目に見えないご利益はあるのかもしれません。
なので一番いいのは
「厄払いして、災難があっても【このぐらいで済んだ】と思う」ことなのではないでしょうか。

厄払いしないとどうなる?

困った人々

厄払いをしなかったから、交通事故にあったとか病気になったとか厄年の時は災難が続いたという声はよく聞きますね。
普段は気にしていないことも災難に感じてしまいがちです。

厄年は「災厄に遭いやすいといわれる年齢」のことです。
つまり毎年災厄は訪れる可能性はあるが、厄年は特に多いってことですね。
だからお祓いをしておこうと。
なので厄払いをして効果があった人、効果なしの人のように分かれて当たり前なんですね。
前年にも災厄が訪れていた人には、厄年の災厄は軽く感じるかもしれません。
災厄が訪れたことがない人は厄年のときにダメージが大きいのかもしれません。
人それぞれ効果の感じ方が違って当たり前なんですよね。感性は違うんですから。

せっかくなら効果ある場所でお祓いを

お祓いしてくれる神社や寺はたくさんあります。
その中でどこでお祓いをしてもらえば効果があるのか気になりますね。
有名なのは「明治神宮」や「川崎大師」ですね。
遠方から厄払いに訪れる方も多いですね。
地元で両親が利用している神社や寺でも、もちろん問題ないんですよ。
上記二箇所は実際にお祓いをしてもらった方々が「効果あった!」との声が多い場所です。
だから人気なんですね。

自分でも厄払いはできる

粗塩をふりかけるだけ

塩の中でも粗塩は特に、ネガティブなエネルギーを吸収すると言われています。
では厄払いの方法をお話しします。

以下のことをイメージしながら粗塩を肩に振りかけます。
○厄やマイナスなエネルギーが消えていくように
○黒い雲みたいな物が小さくなりながら消えていくように
厄やマイナスなエネルギーを黒い雲だとイメージしてください。
その雲が小さくなりながら消えていき澄んだ背景になるようにイメージしてください。

最後に

厄払い

「厄払い」は「気持ちのお守り」をもらうためのものじゃないかなと思います。
もちろん神社や寺で『災厄がこないように』お祓いはしてくれますが、
「お守り」をもらった気持ちで過ごしてみましょう。
男女ともに厄年一回+前後の年二回×三回=九回の厄年があります。
そのうち大厄は一回だけです。(男性は42歳、女性は33歳)
この大厄の災厄を出来れば避けたくて、皆さんはお祓いをします。
でも、九回全部の年にお祓いをしている方もいらっしゃると思います。

厄年の年齢を見ると人生の節目が多いように感じませんか。
男性の場合は、25歳(社会人生活が板についてきた頃)、
42歳(身体に衰えを感じる頃)、61歳(定年を迎え第二の人生と言われる頃)ですね。
女性の場合は19歳(身体が女性の体になる頃)、33歳(結婚・出産を意識する頃)、
37歳(ホルモンバランスが変わってくる頃)ですね。
【今までのようにはいかないこともあるよ】と教えてくれているのかもしれないですね。
効果があるかないかは関係なく、厄払いはしっかりして、
自分でも気を付けながら過ごしてみてはいかがでしょうか。

「厄払い・効果」に関連する記事

「厄払い・効果」についてさらに知りたい方へ

  • 厄払いの服装はジーパンでは無礼ですよね?のサムネイル画像

    厄払いの服装はジーパンでは無礼ですよね?

    人生の節目と言われる厄年とは?その時の厄払いはどのように行なわれるのか?いつ、どこで、服装は、お金は?服装だけでなく注意しなければならないマナーもいくつかあります。厄払いをするか、しないかは本人次第。厄払いの風習にかかわる事項をいくつかまとめてみました。

  • 40歳という転機から始める終活のメリットや内容とは?詳しく解説!のサムネイル画像

    40歳という転機から始める終活のメリットや内容とは?詳しく解説!

    人生80年時代といわれる現代、終活に取り組んでいる方も増えてきています。しかし、終活はなにも若い方が取り組んではいけないというわけではありません。むしろ40歳といった比較的若いうちから始めてもメリットがあります。今回は40歳からの終活について見ていきます。

  • 寒川神社で厄除けしたい人へ!流れがわかる簡単ガイドのサムネイル画像

    寒川神社で厄除けしたい人へ!流れがわかる簡単ガイド

    パワースポットとして全国的にも注目される神社の一つが寒川神社です。厄除けをしようとしても神奈川県民にはおなじみですが、他地域の皆さんにはわからないことも多いでしょう。大きいところで厄除けがしたい方におすすめしたい、相模国一之宮である寒川神社の流れを紹介します。

  • 60歳のお祝い、還暦のプレゼントは何が良い?のサムネイル画像

    60歳のお祝い、還暦のプレゼントは何が良い?

    60歳と言えば、「還暦祝い」です。還暦のプレゼントや、お祝いのやり方など、どうすれば喜んでもらえるのでしょうか?また60歳を迎えるとは、どんな意味があるのでしょうか?ご説明いたします。

  • 50歳独身女性はこれから!年金や貯金など生き方のアドバイスのサムネイル画像

    50歳独身女性はこれから!年金や貯金など生き方のアドバイス

    平成27年国税調査における抽出集計結果の年齢階層別、配偶関係別比率によると、50代女性で独身の割合は約23%となっています。つまり、4人に1人に近い割合で、50代女性は独身だということになります。50歳女性がこれからの生き方ついて考えたいと思います。

  • 55歳定年は自主退職扱い!?選択定年制度とは?のサムネイル画像

    55歳定年は自主退職扱い!?選択定年制度とは?

    法律では60歳未満の定年制度は禁止されているはずですが、55歳定年という言葉を良く耳にします。55歳定年とは、一体どんな制度なのでしょうか。各企業の取り組みを一緒に見ていきましょう!

  • 祝100歳の家族の祝い方とは?国からの長寿祝いの記念品とは?のサムネイル画像

    祝100歳の家族の祝い方とは?国からの長寿祝いの記念品とは?

    日本では60歳の「還暦」を境に、祝い歳がありますが、100歳は、ちょうど一世紀ですね。一世紀と聞くととても長く聞こえます。長寿日本の100歳のお祝いに関することについて調べてみました。

  • 敬老の日は何歳からお祝いするべき?プレゼントの選び方もご紹介のサムネイル画像

    敬老の日は何歳からお祝いするべき?プレゼントの選び方もご紹介

    敬老の日は9月の第3月曜日です。敬老の日が近づいてくると、何歳からお祝いしたらいいのか悩みますよね。一般的には何歳からお祝いされることが多いのか、敬老の日に何をプレゼントしたら喜ばれるのかなど詳しく解説してきます。ぜひ最後まで読んで参考にしてください!

  • お祓い料金の相場をご紹介!封筒や渡し方についても解説しますのサムネイル画像

    お祓い料金の相場をご紹介!封筒や渡し方についても解説します

    人生の節目や何かしらの厄災が起こった時、昔から多くの人が神仏のお祓いを受けて今後の安全や安心を願ってきました。その風習は現在でも続けられていますが、お祓いの料金についてはあまり知られていません。今回の記事では、お祓いの料金やマナーについて詳しく解説します。

  • 神社で厄払いをしてもらう際の流れとは?料金相場や服装を解説しますのサムネイル画像

    神社で厄払いをしてもらう際の流れとは?料金相場や服装を解説します

    ついていないと感じるときは厄払いしてもらいたい気分にもなりますよね。 でも厄年や神社の厄払いとはどいうことなのか、いつ、どのようにしたらよいのか、費用も気になりますね。 この記事では神社の厄払いについて、厄払いの流れ、料金相場や服装を含めて分かりやすく説明します。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

シェアする

関連する記事

「厄払い・効果」についてさらに知りたい方へ

厄払いの服装はジーパンでは無礼ですよね?のサムネイル画像

厄払いの服装はジーパンでは無礼ですよね?

40歳という転機から始める終活のメリットや内容とは?詳しく解説!のサムネイル画像

40歳という転機から始める終活のメリットや内容とは?詳しく解説!

寒川神社で厄除けしたい人へ!流れがわかる簡単ガイドのサムネイル画像

寒川神社で厄除けしたい人へ!流れがわかる簡単ガイド

60歳のお祝い、還暦のプレゼントは何が良い?のサムネイル画像

60歳のお祝い、還暦のプレゼントは何が良い?

50歳独身女性はこれから!年金や貯金など生き方のアドバイスのサムネイル画像

50歳独身女性はこれから!年金や貯金など生き方のアドバイス

55歳定年は自主退職扱い!?選択定年制度とは?のサムネイル画像

55歳定年は自主退職扱い!?選択定年制度とは?

祝100歳の家族の祝い方とは?国からの長寿祝いの記念品とは?のサムネイル画像

祝100歳の家族の祝い方とは?国からの長寿祝いの記念品とは?

敬老の日は何歳からお祝いするべき?プレゼントの選び方もご紹介のサムネイル画像

敬老の日は何歳からお祝いするべき?プレゼントの選び方もご紹介

お祓い料金の相場をご紹介!封筒や渡し方についても解説しますのサムネイル画像

お祓い料金の相場をご紹介!封筒や渡し方についても解説します

神社で厄払いをしてもらう際の流れとは?料金相場や服装を解説しますのサムネイル画像

神社で厄払いをしてもらう際の流れとは?料金相場や服装を解説します

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

盛り塩の「効果」とその「処分方法」は?「交換時期」も教えますのサムネイル画像

盛り塩の「効果」とその「処分方法」は?「交換時期」も教えます

1
水引アクセサリーの簡単な作り方!和服にも合う結び方を紹介!のサムネイル画像

水引アクセサリーの簡単な作り方!和服にも合う結び方を紹介!

2
礼服のポケットのふたとポケットチーフについて紹介します。のサムネイル画像

礼服のポケットのふたとポケットチーフについて紹介します。

3
お参りとお詣りの意味の違い~神社は?お寺は?のサムネイル画像

お参りとお詣りの意味の違い~神社は?お寺は?

4

関連する記事

「厄払い・効果」についてさらに知りたい方へ

厄払いの服装はジーパンでは無礼ですよね?のサムネイル画像

厄払いの服装はジーパンでは無礼ですよね?

40歳という転機から始める終活のメリットや内容とは?詳しく解説!のサムネイル画像

40歳という転機から始める終活のメリットや内容とは?詳しく解説!

寒川神社で厄除けしたい人へ!流れがわかる簡単ガイドのサムネイル画像

寒川神社で厄除けしたい人へ!流れがわかる簡単ガイド

60歳のお祝い、還暦のプレゼントは何が良い?のサムネイル画像

60歳のお祝い、還暦のプレゼントは何が良い?

50歳独身女性はこれから!年金や貯金など生き方のアドバイスのサムネイル画像

50歳独身女性はこれから!年金や貯金など生き方のアドバイス

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと