フカセ釣りってなに?フカセ釣りの基本的な知識

フカセ釣りってよく聞くけど、通常のウキ釣りと何が違うのかと思っている人もいるのではないでしょうか。ここでは、そんな釣り初心者向けにフカセ釣りの基本的な知識について紹介します。

目次

  1. フカセ釣りってなに?
  2. フカセ釣りにウキは必要?
  3. フカセ釣りで釣れる魚は?
  4. フカセ釣りの仕掛け
  5. フカセ釣りで必要なマキエ作り
  6. ブログや動画で学ぼう
  7. おわりに

フカセ釣りってなに?

困った人々

フカセ釣りとは、餌を自然な形で水中で漂わせて魚を釣る方法です。釣りでは様々な釣り方がありますが、魚の中には警戒心が強い魚も多く、少しでも餌に不自然な部分があれば釣れない魚もいます。そんな魚でも最適な釣り方がこのフカセ釣りです。

フカセ釣りでは、より餌を自然な形で漂って見せるためにマキエを使用します。この釣り方ではマキエとハリのついた餌を同調させることがポイントになります。釣り初心者にとっては少し難しい釣りとなりますが、この釣り方を身に付ければ、普段釣れないような魚も釣れるようになり、さらに釣りの楽しさも広がります。

フカセ釣りにウキは必要?

フカセ釣りではウキを使用するのが一般的となっていますが、完全フカセと言われるウキもオモリも使用しない釣り方もあります。ウキもオモリも使わないことで、魚にはより自然に餌が漂うっているように感じさせることができます。しかし、ウキを使うことで潮の流れで広範囲に仕掛けが移動することから、楽に釣りを楽しむことができます。

フカセ釣りで釣れる魚は?

フカセ釣りでは、チヌやグレなどの魚を釣るときによく使用されますが、その他にもイサキやアジ、サバ、マダイなども釣れることから、五目釣りを楽しみたい人にも最適な釣り方です。

フカセ釣りの仕掛け

釣り竿

フカセ釣りは、磯釣りでよく利用される釣り方でもあり、磯竿が使用されます。号数としては1~1.5号、長さは5~5.3メートル程度です。

リール

リールはスピニングリールが使用され、2000番程度のリールが使用されます。

道糸

道糸ではナイロンラインが最適です。peラインではラインが浮いてしまい自然に餌を沈めるのが難しいですし、フロロカーボンではライントラブルが起きやすいです。

ウキ

フカセ釣りでは、円錐ウキが良く使用されます。糸をウキの中に通す中通しタイプのウキです。号数によって浮力が違い、号数が「000」となるとほとんど浮力がないことを指し、自然に餌を漂わせることができます。

オモリ

フカセ釣りでは、仕掛けを漂わせることが大切なため、オモリはガン玉と呼ばれる、とても小さなオモリを使用します。

ハリ

ハリはチヌ針(1~3号)、グレ針(4~6号)を使用します。

ハリス

ハリスは1.5号程度を使用することが多いようですが、重要になるのが長さです。フカセ釣りではマキエを同調させる必要があるのですが、このハリスの長さによって、餌の沈むスピードも変わってきます。マキエの沈むスピードに合ったハリスの長さにすることが大切です。

フカセ釣りで必要なマキエ作り

フカセ釣りではマキエを使うことから、仕掛け作りと、このマキエも作ってからの釣りをすることになります。このマキエを作るための道具なども用意する必要があります。

バッカン

マキエを作るときに使用される入れ物。バケツなどでも代用はできますが、バッカンのほうが持ち運びにも便利です。

遠投ヒシャク

マキエを狙った場所に投げ込むために必要になる道具。マキエをするときには必ず用意しておきたい道具の一つです。

水汲みバケツ

堤防などで海水を汲むために最適なバケツ。水汲みバケツがあると、手を洗うのにも便利で、堤防釣りなどでは欠かせないアイテムとなっています。

オキアミとフカセ専用の餌を混ぜる

マキエでは、オキアミとフカセ専用の餌を混ぜて作ることになります。バッカンの中にオキアミを入れて適度にほぐしたらフカセ専用の餌を入れて混ぜ合わせます。その後、海水も適量入れてムラがなくなれば完成です。多くの人がしている釣りでは、餌をハリに付けてすぐに釣りを始められますが、フカセ釣りでは、このマキエ作りも必要になります。

ブログや動画で学ぼう

フカセ釣りでは、潮の流れなどの状況によって、仕掛けを変えたり、マキエを入れるポイントなども変わってきます。また、ハリに付ける餌も、食いの状況によってはこまめに変えてみることも必要になり、一定の経験が必要になる釣りです。自分で経験をして、いろいろ試してみるのもいいのですが、フカセ釣りの上手い人から学ぶことも大切です。ブログなどで、仕掛けを紹介している人もいますし、動画であればマキエを入れるポイントなども知ることができます。ブログや動画を活用して、フカセ釣りを学んでみてはいかがでしょうか。

おわりに

海

いかがでしたか?フカセ釣りで確実な釣果を得るにはベテランでも難しいとされています。しかし、その難しさから、釣れたとの喜びは他の釣りよりも大きいと言えるのではないでしょうか。手軽に楽しめる釣りだけでなく、フカセ釣りで魚との駆け引きを楽しんでみてはいかがでしょうか。

「フカセ・釣り」に関連する記事

「フカセ・釣り」についてさらに知りたい方へ

  • 磯でチヌを釣る!フカセ釣り仕掛けでのポイントとは

    磯でチヌを釣る!フカセ釣り仕掛けでのポイントとは

    磯でチヌを釣りたいとフカセ釣り仕掛けを使っても、上手くチヌが釣れないという人もいるのではないでしょうか。ここでは磯で、フカセ釣り仕掛けを使ったチヌ釣りのポイントを紹介します。

  • 大物は1メートル以上!シーバスの釣り方について

    大物は1メートル以上!シーバスの釣り方について

    岸からの釣りは手軽に楽しめるのですが、なかなか大物は釣れません。しかし、岸からでも釣り方によってシーバスが狙えます。ここではシーバスの釣り方について紹介します。

  • 手軽に楽しめる!川釣りの仕掛けや糸の結び方を紹介!

    手軽に楽しめる!川釣りの仕掛けや糸の結び方を紹介!

    川釣りは淡水で手軽に楽しめる釣りです。釣れる魚はヤマメや、ナマズ、アユなど海ほどではないとはいえ、様々な魚を釣ることができますし、仕掛けもいろんな種類のものがあります。ここでは、川釣りの仕掛けの種類や糸の結び方などをお伝えします。

  • ルアーで魚を釣る!初心者のための海でのルアー釣り

    ルアーで魚を釣る!初心者のための海でのルアー釣り

    海釣りでは餌釣りをする人は多いのですが、ルアー釣りも人気を集めています。今までルアーを使ったことがない人にとって、どうやって使ったらいいのかと不安を感じている人もいるのではないでしょうか。そこで、初心者でも楽しめる海でのルアー釣りを紹介します。

  • テナガエビの釣り方、仕掛け(カゴ・針・網)を紹介します。

    テナガエビの釣り方、仕掛け(カゴ・針・網)を紹介します。

    テナガエビは誰にでも釣れて仕掛けも簡単に作れます。また食べて美味しく釣り人には人気のターゲットです。ここではテナガエビ釣りの釣り方やその魅力、そして仕掛けの作り方についても詳しく紹介いたします。

ランキング

よく読まれている記事です

シェアする

関連する記事

「フカセ・釣り」についてさらに知りたい方へ

磯でチヌを釣る!フカセ釣り仕掛けでのポイントとはのサムネイル画像

磯でチヌを釣る!フカセ釣り仕掛けでのポイントとは

大物は1メートル以上!シーバスの釣り方についてのサムネイル画像

大物は1メートル以上!シーバスの釣り方について

手軽に楽しめる!川釣りの仕掛けや糸の結び方を紹介!のサムネイル画像

手軽に楽しめる!川釣りの仕掛けや糸の結び方を紹介!

ルアーで魚を釣る!初心者のための海でのルアー釣りのサムネイル画像

ルアーで魚を釣る!初心者のための海でのルアー釣り

テナガエビの釣り方、仕掛け(カゴ・針・網)を紹介します。のサムネイル画像

テナガエビの釣り方、仕掛け(カゴ・針・網)を紹介します。

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

老後に人気な趣味5選!楽しみながら健康を維持できる方法を紹介!のサムネイル画像

老後に人気な趣味5選!楽しみながら健康を維持できる方法を紹介!

1
趣味を見つける方法にお困りの方必読!趣味で充実のシニアライフ!のサムネイル画像

趣味を見つける方法にお困りの方必読!趣味で充実のシニアライフ!

2
40代で始めるオススメの趣味は?インドアとアウトドアの趣味!のサムネイル画像

40代で始めるオススメの趣味は?インドアとアウトドアの趣味!

3
老後の趣味に最適なアウトドアを厳選して3つ紹介します!のサムネイル画像

老後の趣味に最適なアウトドアを厳選して3つ紹介します!

4

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと