ウクレレ上達のために効果的な練習方法とは

趣味で始めたウクレレ。ちょっと練習方法を工夫すると上達のスピードが格段に上がります。ウクレレの効果的な練習方法を紹介します。

目次

  1. 練習の一環。チューニング
  2. ウクレレ練習用の教則本
  3. ウクレレのコードについて
  4. 最も上達する練習方法は?
  5. ウクレレ練習方まとめ

練習の一環。チューニング

このページをご覧になっている方は、もうウクレレを購入済みの方がほとんどだと思います。
ウクレレ購入の際にチューナーは一緒に購入されましたか?
楽器を楽しむ際、チューニングを正しく行うのは演奏する側にとっても聴く側にとっても非常に重要です。
音のズレた楽器ほど聞き苦しいものはありませんから、恥ずかしい思いをしないためにも練習の段階からチューニングには慣れておくようにしましょう。

さて、現在最もよく使用されているウクレレ用チューナーのタイプはこちらのクリップ式チューナーです。
おそらく楽器屋でウクレレを購入される際にこちらをオススメされたのではないでしょうか?
使い方がよく分からない、という方のためにまずはチューニングから練習を始めていきましょう。

ウクレレのチューニング方法

ウクレレは各弦に定められた音程があります。
もちろんチューニングの種類には様々なものがありますので変則チューニングの場合はこの限りではありませんが、最も一般的なチューニングについてお話しします。
ウクレレは1弦から順にラ(A)、ミ(E)、ド(C)、ソ(G)の音程が割り振られています。
ペグをだんだんと締めていき、ウクレレの各弦が正しい音程になるとチューナーが反応します。
これを全ての弦で行なってください。

慣れないうちはチューニングにも時間がかかってしまうかと思いますが、これも練習の一環ですので練習を行う際、本番前にも必ず毎回行うようにしましょう。
複数曲を演奏するようであれば何曲か行うごとに音程がずれていないか確認し、その都度チューニングを行なってください。

ウクレレ練習用の教則本

チューニングが済んだら練習に入りましょう。
とその前に、ウクレレの練習に使用する教則本は購入済みですか?
自分の弾きたい曲の楽譜を用意するのはもちろんのこと、どのように練習するのか示した教則本も必要です。

ウクレレの楽譜にはピアノなどに使用する五線譜とは違い、TAB譜と呼ばれる楽譜を使用することがほとんどです。
教則本にはTAB譜の読み方やコードについて、ウクレレ各部の名称などこれからウクレレを始めようという方には必要な内容が詰まっています。
たいていの本には練習に最適な、レベル別の練習曲も用意されていますので通常の楽譜と合わせて持っておくと良いでしょう。

ウクレレのコードについて

楽器において、コードというのは避けては通れない重要なポイントです。
コードの練習で行き詰まってしまう方も多いので苦手意識を持ってしまいがちですが、しっかりと練習していけばすぐに慣れますのでがんばりましょう。

そもそもコードとは

コードとは、日本語で言うところの和音を表しています。
音には音程というものがありますね。ド、レ、ミ、というあれです。
音程にはどの音とどの音が組み合わさると気持ちよく調和して聞こえる、というものが存在し、その音の組み合わせそれぞれに名前をつけたものがコードです。

音の組み合わせによってコードの名前が変わりますのでその数は星の数ほどあります。
その全てを覚えるのは無理というものですので、プロのミュージシャンでもよく使うコードだけを覚えその順番を色々と工夫し曲を作っています。
ご自分の弾きたい曲を練習しているうちに自然とよく使うコードがわかってくるはずですのでそのコードを覚えて効率よくウクレレの上達に繋げましょう。

最も上達する練習方法は?

困った人々

さて、この記事をお読みの方皆さん気になっていることでしょう。
最も上達する練習方法は?という疑問についてお答えします。
それは「毎日継続して練習を行うこと」です。
何も特殊な練習をする必要などないのです。
一週間のうち一日だけ7時間練習するよりも、毎日1時間ウクレレを弾いた方が上達する速度は段違いに早いです。

楽譜を進めていくうちに、音が鳴りにくいコードや苦手なフレーズなどが出てくると思います。
そういった壁にぶつかった時こそもう一段階進化できるチャンスなのです。
何度やっても上手くいかない、きっとこのまま続けてもできるようにはならない。
そこでやめてしまうのが「挫折」です。
しかし安心してください。楽器というのは練習すれば誰でもかなりのレベルまで到達できるものなのです。
諦めずに練習を続けていけばきっと弾けるようになりますから、根気強く踏ん張りましょう。

ウクレレ練習方まとめ

「ステージに上がったら自分が1番上手いと思え。そしてステージを降りたら自分が1番下手だと思え。」というエリック・クラプトンの名言があるように、練習とは非常に重要なものです。

人々

どんなに優れたトッププレイヤーも練習は欠かさず行っていることでしょう。
いえ、というよりも練習を欠かさず行うものこそ上達への道が開けるのです。
せっかく始めたウクレレですから、周りのみんなが目を丸くしてしまう程上達してあっと驚かせてあげましょう。

「ウクレレ・練習」に関連する記事

「ウクレレ・練習」についてさらに知りたい方へ

  • ウクレレのコードは意外と簡単?ウクレレの練習法を解説

    ウクレレのコードは意外と簡単?ウクレレの練習法を解説

    ギターのコードは複雑で覚えるのも押さえるのも大変。ウクレレはちょっと違います。簡単で押さえやすいコードは指や手首に負担がかからないので初心者からプロまで子供からお年寄りまで幅広く愛され弾かれ続けている楽器です。そんなウクレレの魅力的な部分を紹介します。

  • ウクレレの独学情報(入門初心者から上達方法まで)

    ウクレレの独学情報(入門初心者から上達方法まで)

    ウクレレというと、小さいサイズのギターやハワイアン音楽で奏でられているといったイメージが一般的だと思います。これからウクレレを始めようとする入門初心者への独学情報やさらに上達したいと思っている方などへの独学情報をご紹介します。

  • ウクレレの初心者必見!オススメの曲はあるのか?

    ウクレレの初心者必見!オススメの曲はあるのか?

    ウクレレ初心者に向けて、準備しておくことや良い練習方法や曲を紹介していきます。あくまで初心者に向けての記事なので、基礎的な内容になります。曲や練習方法も具体的に載せているわけではありませんが、ウクレレをこれから始める初心者にとってためになる記事だとおもいます。

  • あこがれのウクレレソロデビューがしたい!おすすめの曲はこちら

    あこがれのウクレレソロデビューがしたい!おすすめの曲はこちら

    ウクレレってソロで弾いたことありますか?そもそも見たことありますか?南国風の明るい独特な音色を聴くと自分も引いてみたいって思ってしまいますよね。今回はソロで弾けるウクレレのおすすめ曲などをご紹介したいと思います。

  • 老後の趣味におすすめのウクレレ、演奏に重要な弦について紹介します

    老後の趣味におすすめのウクレレ、演奏に重要な弦について紹介します

    ウクレレは小型のギターのような弦楽器で、老後の趣味にもってこいの楽器です。ウクレレは弦によって奏でる音色が変わります。今回はウクレレについて、特に弦についてを中心に紹介していきます。

ランキング

よく読まれている記事です

シェアする

関連する記事

「ウクレレ・練習」についてさらに知りたい方へ

ウクレレのコードは意外と簡単?ウクレレの練習法を解説のサムネイル画像

ウクレレのコードは意外と簡単?ウクレレの練習法を解説

ウクレレの独学情報(入門初心者から上達方法まで)のサムネイル画像

ウクレレの独学情報(入門初心者から上達方法まで)

ウクレレの初心者必見!オススメの曲はあるのか?のサムネイル画像

ウクレレの初心者必見!オススメの曲はあるのか?

あこがれのウクレレソロデビューがしたい!おすすめの曲はこちらのサムネイル画像

あこがれのウクレレソロデビューがしたい!おすすめの曲はこちら

老後の趣味におすすめのウクレレ、演奏に重要な弦について紹介しますのサムネイル画像

老後の趣味におすすめのウクレレ、演奏に重要な弦について紹介します

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

老後に人気な趣味5選!楽しみながら健康を維持できる方法を紹介!のサムネイル画像

老後に人気な趣味5選!楽しみながら健康を維持できる方法を紹介!

1
趣味を見つける方法にお困りの方必読!趣味で充実のシニアライフ!のサムネイル画像

趣味を見つける方法にお困りの方必読!趣味で充実のシニアライフ!

2
40代で始めるオススメの趣味は?インドアとアウトドアの趣味!のサムネイル画像

40代で始めるオススメの趣味は?インドアとアウトドアの趣味!

3
老後の趣味に最適なアウトドアを厳選して3つ紹介します!のサムネイル画像

老後の趣味に最適なアウトドアを厳選して3つ紹介します!

4

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと