祝儀袋~知っておきたい お祝い用のし袋の選び方・書き方~

様々なお祝いのシーンで登場するのし袋。お祝い用ののし袋はデザインが豊富で金額もいろいろあり、どれにしようか悩むことはありませんか?そんなのし袋の種類や用途、書き方のマナーなどを解説いたします。

目次

  1. 祝儀袋(のし袋)の基礎知識
  2. お祝いのTPOにあわせて選ぶ
  3. 祝儀袋(のし袋)の書き方
  4. 知っておきたいマナー
  5. 祝儀袋(のし袋)のまとめ

祝儀袋(のし袋)の基礎知識

祝儀袋(のし袋)とは、お祝いごとのお金や心付けなどを包む袋のこと。

お祝い用のし袋の種類

大きく分けて、のし袋には種類が二つあります。
結び切りと呼ばれる水引の結び方。蝶結びと呼ばれる水引の結び方がありそれぞれ用途が違います。

結び切り

この水引の結び方は、一度結ぶと解けないことから結婚祝いなどの人生に一度きりにしておきたいお祝いごとに使います。

用途:結納・結婚祝い・結婚式の引き出物・結婚にまつわるお礼・快気祝い

蝶結び

蝶結びは、結び目を簡単に解き結びなおすことができるため、出産祝いなどの何度あっても嬉しいお祝いごとに使います。

用途:子供のお祝い・長寿のお祝い・一般的なお祝い

水引の選び方

水引はもともと神事にお供えする供物を束ねるための紐でした。それが包んだ和紙を結びとめるものとして使用されるようになったそうです。

神聖なものとして白一色だった水引が現在の様に色付けされたのは、古代中国の五行説の五原色“青・赤・黄(金)・白(銀)・黒”が起源になっていると言われています。

水引の組合せ

金×銀 主に結婚のお祝いに使用する組合せ。昔の金×銀の水引は本物の金箔銀箔が使われていたそうなのです。一生に一度の結婚のお祝いにぴったりですね。

赤×白 お祝いごと全般に使用。

水引の本数

結ぶ水引の本数は基本奇数とされています。5本束ねたものが基本結びですが、より丁寧な7本結びと10本結びがあります。9本は奇数ですが、苦しみに通じるとなり用いられません。10本結びは偶数なのではなく、5本の2倍であるとし、お祝いは重なると喜びも倍になるとのことから結婚のお祝いなどに使用されます。

お祝いのTPOにあわせて選ぶ

のし袋の基本を押さえておけば、色々なシーンに合わせたものを選ぶことが出来ます。
包む金額の1/100程度の予算がのし袋を選ぶ目安にもなります。

格式を重んじる場合には

お祝いは重なると喜びも倍になることから、のし袋も2枚以上の和紙を重ねてあるものを選ぶと良いでしょう。1枚ですと重なることを嫌う仏事に繋がるので、お祝いごとには失礼にあたります。
カラフルなものも多くありますが、正式なお祝いに使用するときはおもて紙にけがれがないという意味を持つ真っ白なものがお勧めです。

親しい間柄の場合には

親しい友人などで、カジュアルに使用したいときに今風のモダンな雰囲気のものやカラフルなものの中から贈る相手に喜ばれるものを選ぶのも楽しいですね。

鳳凰デザインの、のし袋です。ここまで凝った水引は、もはや芸術的ですね。

祝儀袋(のし袋)の書き方

まずは毛筆を用意しましょう。略式になりますが、筆ペンも使用できます。濃い色で太くはっきりと書くことは、幸せが太く長く続くという意味があるのです。

表書きの書き方

のし袋の上包みには水引をはさんで、上段に表書きと(寿や御祝・御結婚御祝など)下段に名前を書きます。のし袋によっては表書きと氏名を書くところが短冊になっています。短冊が2枚ついている場合は、無地のものをしたに重ねます。そうすることで、二重の喜びを表しているのです。

表書きの種類

例)
・結婚祝い     『御結婚御祝』・『寿』・『御祝』
・結婚祝いのお返し 『内祝』・『寿』
・出産祝い     『御祝』・『御出産御祝』
・誕生祝い     『御祝』・『御誕生御祝』
・長寿祝い     『御祝』

表書きの書き方

表書きは、水引の結び目の真上 上段に書きます。下段には送り主の名前をきちんとフルネームで書きましょう。人数によって書き方は変わってきます。

・個人 表書きの真下に『御祝』や『寿』の文字より少し小さめに氏名を書き入れます。
・連名 上包みに直接書く場合は3名、短冊の場合は2名が適当です。中央下段に代表者や年配者の 氏名を書き、順に左へ氏名を書いていきます。グループなどの人数が多い場合には、代表者の氏名を書き左側にやや小さめで“他一同”と書きます。

中包み(中袋)の書き方

お金を包む、中包み。表に金額を書き、裏には住所と氏名を書きます。

金額の書き方

漢数字で書きます。中包みの表側中央に金額を書きます。まずは“金”と書き、金額を漢数字で書いたあと“也”を付けます。入れるお金は新札を用意し、お札の表(肖像画があるほう)が中包みの表面にくるように入れます。お札の向きには気を付けましょう。

例)金 参萬圓 也  

漢数字の例)
壱、弐、参、伍、六、七、八、九、拾、百、千、萬、圓

知っておきたいマナー

お祝い用のふくさを使う

のし袋はそのまま渡すのではなく、ふくさに包んで渡します。直接手で持つことは失礼にあたるのです。結納などのより正式な場面ですと、切手盆にのし袋をのせた上にふくさをかけ風呂敷で包みますが、最近ではのし袋を挟み入れられる『金封ふくさ』や『台付ふくさ』が多く使われているようです。

お祝い用のふくさは暖色系のもの(赤・藤・金など)が使われていますが、紫色のものは慶事・弔事どちらにも使うことが出来ます。

祝儀袋(のし袋)のまとめ

いかがでしたか?何気なく手に取っていたのし袋には、色んな意味合いが込められているのですね。そういった知識を踏まえてのし袋を選ぶのも、また楽しいかもしれませんね。

「お祝い・のし袋」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

シェアする

関連する記事

「お祝い・のし袋」についてさらに知りたい方へ

のし袋(熨斗)の水引の種類はなに?色や結び方・包み方も解説しますのサムネイル画像

のし袋(熨斗)の水引の種類はなに?色や結び方・包み方も解説します

御礼をするときののし袋の書き方とは?袋を選ぶ際の注意点もご紹介のサムネイル画像

御礼をするときののし袋の書き方とは?袋を選ぶ際の注意点もご紹介

お布施とは違う?永代供養の御礼金・のし袋の書き方・渡し方のサムネイル画像

お布施とは違う?永代供養の御礼金・のし袋の書き方・渡し方

3回忌ののしの書き方はどうする?表書きや中袋の書き方も解説しますのサムネイル画像

3回忌ののしの書き方はどうする?表書きや中袋の書き方も解説します

3回忌法要で気をつけたいのし袋の選び方とは?相場金額も紹介しますのサムネイル画像

3回忌法要で気をつけたいのし袋の選び方とは?相場金額も紹介します

四十九日法要で渡すのし袋はどうやって書く?のし袋の選び方も解説!のサムネイル画像

四十九日法要で渡すのし袋はどうやって書く?のし袋の選び方も解説!

水引の結び方と種類ってどれが正しいの?基本の使い方のサムネイル画像

水引の結び方と種類ってどれが正しいの?基本の使い方

米寿のお祝い、御祝儀の作法と金額は?お金以外で祝う場合は?のサムネイル画像

米寿のお祝い、御祝儀の作法と金額は?お金以外で祝う場合は?

どんな時に玉串料を使う?のし袋の種類と書き方、初穂料との違いも解説のサムネイル画像

どんな時に玉串料を使う?のし袋の種類と書き方、初穂料との違いも解説

玉串料はいくら包めばいいの!?人に聞けない玉串料の相場!のサムネイル画像

玉串料はいくら包めばいいの!?人に聞けない玉串料の相場!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!のサムネイル画像

神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!

1
神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!のサムネイル画像

神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!

2
年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!のサムネイル画像

年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!

3
神社と寺の違いって?それぞれの定義や参拝方法・建物の違いを解説のサムネイル画像

神社と寺の違いって?それぞれの定義や参拝方法・建物の違いを解説

4
年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!のサムネイル画像

年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!

5

関連する記事

「お祝い・のし袋」についてさらに知りたい方へ

のし袋(熨斗)の水引の種類はなに?色や結び方・包み方も解説しますのサムネイル画像

のし袋(熨斗)の水引の種類はなに?色や結び方・包み方も解説します

御礼をするときののし袋の書き方とは?袋を選ぶ際の注意点もご紹介のサムネイル画像

御礼をするときののし袋の書き方とは?袋を選ぶ際の注意点もご紹介

お布施とは違う?永代供養の御礼金・のし袋の書き方・渡し方のサムネイル画像

お布施とは違う?永代供養の御礼金・のし袋の書き方・渡し方

3回忌ののしの書き方はどうする?表書きや中袋の書き方も解説しますのサムネイル画像

3回忌ののしの書き方はどうする?表書きや中袋の書き方も解説します

3回忌法要で気をつけたいのし袋の選び方とは?相場金額も紹介しますのサムネイル画像

3回忌法要で気をつけたいのし袋の選び方とは?相場金額も紹介します

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと