維新三傑の一人、西郷隆盛の子孫はどんな人物がいるのか?

大久保利通、木戸孝允と並んで維新の三傑と並び称される西郷隆盛。上野に大きな像があり、三人の中でもその存在感は群を抜いていると言えます。その割には、西郷隆盛の子孫についてはあまり知られていません。西郷隆盛の子供や子孫にはどのような人物がいるのでしょうか?

目次

  1. 西郷隆盛について
  2. 西郷隆盛の肖像
  3. 西郷隆盛の評価
  4. 西郷隆盛の墓
  5. 西郷隆盛の子孫
  6. まとめ

西郷隆盛について

幕末・明治維新に活躍した人物の中で知名度の高い西郷隆盛。西郷隆盛はどのような一生を送ったのでしょうか?

生い立ち

西郷隆盛は文政10(1828)年12月7日、薩摩国鹿児島城に御勘定方小頭の西郷九郎隆盛(のち吉兵衛隆盛に改名)の第一子として生まれました。西郷家の家格は御小姓与という下級藩士であり、生活はあまり豊かではありませんでした。11歳の時、郷中仲間の喧嘩を仲裁した際、右腕内側の神経を切ってしまい、刀を握れなくなってしまったため武術を諦め、学問で身を立てることを決意します。16歳の時、西郷は藩の郡方書役助として郡奉行迫田太次右衛門利済のもとで働きます。
西郷隆盛は吉井仁左衛門(のちの幸輔、友実)や伊地知龍右衛門(のちの正治)、有村俊斎(のちの海江田信義)、そして、後年、西郷の無二の盟友となる大久保利通らと共に、朱子学の『近思録』を研究するグループを作っていました。この集団は、後に「誠忠組」と呼ばれるようになり、西郷隆盛はその「誠忠組」のリーダー的存在に成長していきます。

大久保利通

西郷隆盛の盟友・大久保利通

西郷隆盛の人生を変えた島津斉彬との出会い

西郷隆盛の運命を変えたのは名君島津斉彬との出会いです。薩摩藩を揺るがせたいわゆる「お由良騒動」の後、薩摩藩主に就任した島津斉彬は、様々な藩政改革を実施していきました。島津斉彬は藩士たちに意見書を募りますが、西郷隆盛はせっせと意見書を書きます。優れた見識が斉彬の目にとまり、西郷隆盛は郡方書役助から中御小姓、定御供、江戸詰を命ぜられ、斉彬に付き従って、江戸に行くことになりました。さらに庭方役に抜擢されると、斉彬のもとで多くのことを学び、水戸藩の藤田東湖や越前福井藩の橋本佐内といった優れた人物たちと交流を持つことになり、西郷の名は諸藩士の間で知られるようになっていきました。また、斉彬の使者として、将軍継嗣問題などで諸大名や朝廷方面に対し、働きかけを行っていきました。そんな矢先に、斉彬が安政5(1858)年7月16日、突然急逝したのです。

島津斉彬

斉彬の死と安政の大獄

斉彬の死により生きる意味をなくした西郷隆盛は、さらに安政の大獄により友人月照が薩摩藩から追放されることを悔いて月照と身投げをします。しかし、奇跡的に一命をとりとめました。
その後、斉彬の後を継いだ弟久光とウマが合わず、奄美大島、沖永良部島に遠島になってしまいます。しかし、生麦事件、薩英戦争、八月十八日の政変などにより行き詰っていた薩摩藩は、西郷隆盛の手腕を必要とし、西郷隆盛を沖永良部島から呼び戻すことになります。いよいよ幕末の表舞台の中心に立った西郷隆盛は親友の大久保利通、小松帯刀らとともに討幕を目指し、維新回天の大立役者になるのです。

維新後、征韓論による下野と西南戦争

明治維新後、大久保利通らとともに新政府の参議に就任しますが、征韓論により親友大久保利通らと対立し、政府を去り、故郷鹿児島へと下野しました。鹿児島に下野した西郷隆盛は、私学校を開いていましたが、私学校の若者たちや、政府の政策に不満を抱く不平士族たちに担ぎ上げられ、新政府に対して反乱を起こすことになります。これが西南戦争です。西南戦争に敗れた西郷隆盛は鹿児島の城山で自刃します。享年51歳でした。

西郷隆盛の死後

西南戦争により逆賊として官位を剥奪された西郷隆盛でしたが、その後、明治天皇の意向や黒田清隆らの努力により、明治22(1889)年、大日本帝国憲法発布に伴う大赦で赦され、正三位を追贈され、その名誉が回復されました。そのため、子孫の中には爵位を与えられた人もいます。

西郷隆盛の肖像

西郷隆盛の写真はない?

明治維新に活躍した人物の写真は多く残されており、例えば大久保利通や坂本龍馬の写真は有名です。しかし、西郷隆盛の写真は一枚も残っていません。肖像画はありますが、これは西郷隆盛の死後も活躍した弟の西郷従道と従兄の大山巌をモデルにしたものであるともいわれています。また、上野にある高村光雲の作による銅像も、当時の親戚の話や同じく大山巌などをモデルにして作成されたそうです。

西郷隆盛の評価

勝海舟は「俺は天下で恐ろしい人物を二人見た。それは横井小楠と西郷南洲だ」と述べています。そのほかにも同時代を生きた人々は、西郷隆盛の人格、高潔さを褒めたたえています。同じく竹馬の友として活躍した大久保利通には陰のイメージが強いですが、西郷隆盛には人格者、高潔、温厚といったイメージが強いようです。

西郷隆盛の墓

西郷隆盛の墓は鹿児島市内の南洲墓地にあります。南洲墓地では、西郷隆盛とともに、西南戦争で亡くなった方々も一緒に眠っています。竹馬の友であった大久保利通の墓に比べると小さい印象を受けますが、それは華美を好まなかった西郷隆盛の気質を表しているともいえます。

西郷隆盛の子孫

テレビ番組などを観ているとタレントさんが、実は歴史上のこの人の子孫だなどと紹介されることがよくあります。それだけ、歴史上の偉人の子孫には関心が高いことの証拠だと思われます。しかし、西郷隆盛の子孫についてはあまり、聞いたことがないのではないでしょうか?西郷隆盛の子孫にはどのような人物がいるのでしょうか?

西郷隆盛の弟や従兄

直接の子孫とはいえませんが、西郷隆盛の弟や従兄は西郷隆盛の死後も活躍しました。「小西郷」とも言われた弟の西郷従道(つぐみち)は、軍人として活躍した後、文部卿、農商務卿、海軍大臣、内務大臣、元老を歴任しました。従兄の大山巌も、軍人として活躍し、日清、日露戦争の日本の勝利に大いに寄与しました。最終的には、陸軍元帥、内大臣、元老に就任しています。

西郷隆盛の子供たち

子孫といえばまず子供たち。西南戦争によって逆賊とされた西郷隆盛の子供たちの運命はどうなったのでしょう。西郷隆盛は生涯に3回結婚していますが、2番目の妻との間に2人、3番目の妻との間に3人の子供を授かっています。その中で活躍した人物は、2番目の妻との子である菊次郎と3番目の妻との子である寅太郎です。菊次郎は外務省や台湾総督府などに勤めたあと、京都市長、貴族院議員を歴任しました。また、寅太郎は西南戦争後ひっそりと暮らしていましたが、明治天皇のご配慮によりプロイセンに留学します。軍人として活躍したあと、叙勲され貴族院議員になっています。特赦によりその名誉が回復され、その子孫たちは歴史の表舞台で活躍することができるようになったのです。

西郷吉之助

子孫として最も活躍したのが寅太郎の3男、西郷吉之助かもしれません。戦前は貴族院議員として活躍したあと、戦後は参議院議員を4期務め、法務大臣にもなりました。

その他の子孫は?

その他の子孫はどうでしょう?活躍した、もしくは現在も活躍している子孫の方はたくさんいらっしゃいます。現在陶芸家として活躍されている西郷隆文氏、拓殖大学理事長を務められた西郷隆秀氏、スターライト工業会長の西郷隆明氏などです。

子孫には意外な人物も?

直系の子孫とはいえませんが、ジョッキーとして有名な武豊・武幸四郎氏も西郷隆盛の遠縁の子孫だそうです。

まとめ

西郷隆盛

いかがでしたでしょうか?
さすが、維新の立役者西郷隆盛の子孫たち。素晴らしい活躍をみせています。

「西郷隆盛・子孫」に関連する記事

「西郷隆盛・子孫」についてさらに知りたい方へ

西郷隆盛の名言、エピソードの中にある名言のサムネイル画像

西郷隆盛の名言、エピソードの中にある名言

幕末、明治維新への大きな原動力になった西郷隆盛は、その人徳からおおくの人に慕われ、西郷のためなら

鹿児島の偉人西郷隆盛が愛した犬のことを知っていますか?のサムネイル画像

鹿児島の偉人西郷隆盛が愛した犬のことを知っていますか?

日本の歴史を語るには、重要な鹿児島の偉人は西郷隆盛です。都立上野恩賜公園の銅像にお供している犬だ

維新三傑のひとり大久保利通の子孫の評価がすごい!のサムネイル画像

維新三傑のひとり大久保利通の子孫の評価がすごい!

明治維新の立役者として評価される大久保利通。維新後も1878年の紀尾井坂の変で暗殺されるまで、明

大久保利通のお墓はどこにある?大久保利通の死因についてもご紹介!のサムネイル画像

大久保利通のお墓はどこにある?大久保利通の死因についてもご紹介!

大久保利通は幕末から明治にかけて活躍し明治政府を率いた元勲です。そんな、激動の時代を生き抜いた偉

天下人・徳川家康を陰ながらに支えた側室たちについてのサムネイル画像

天下人・徳川家康を陰ながらに支えた側室たちについて

天下人・徳川家康の側室は、記録にあるだけで約20名ほどいるそうです。徳川家康に愛され、徳川家康を

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

シェアする

関連する記事

「西郷隆盛・子孫」についてさらに知りたい方へ

西郷隆盛の名言、エピソードの中にある名言のサムネイル画像

西郷隆盛の名言、エピソードの中にある名言

鹿児島の偉人西郷隆盛が愛した犬のことを知っていますか?のサムネイル画像

鹿児島の偉人西郷隆盛が愛した犬のことを知っていますか?

維新三傑のひとり大久保利通の子孫の評価がすごい!のサムネイル画像

維新三傑のひとり大久保利通の子孫の評価がすごい!

大久保利通のお墓はどこにある?大久保利通の死因についてもご紹介!のサムネイル画像

大久保利通のお墓はどこにある?大久保利通の死因についてもご紹介!

天下人・徳川家康を陰ながらに支えた側室たちについてのサムネイル画像

天下人・徳川家康を陰ながらに支えた側室たちについて

人気のキーワードの記事一覧

終活

ランキング

よく読まれている記事です

盛り塩の「効果」とその「処分方法」は?「交換時期」も教えますのサムネイル画像

盛り塩の「効果」とその「処分方法」は?「交換時期」も教えます

1
水引アクセサリーの簡単な作り方!和服にも合う結び方を紹介!のサムネイル画像

水引アクセサリーの簡単な作り方!和服にも合う結び方を紹介!

2
礼服のポケットのふたとポケットチーフについて紹介します。のサムネイル画像

礼服のポケットのふたとポケットチーフについて紹介します。

3
お参りとお詣りの意味の違い~神社は?お寺は?のサムネイル画像

お参りとお詣りの意味の違い~神社は?お寺は?

4
おしゃれな御朱印帳ならこれ!おすすめの御朱印帳をご紹介しますのサムネイル画像

おしゃれな御朱印帳ならこれ!おすすめの御朱印帳をご紹介します

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと