ヤマメ釣りの仕掛けを徹底分析!釣果アップを狙いましょう

ヤマメ釣りの仕掛けを、適当に用意していませんか?。以前の私も、子供の頃に教えてもらった通りに、竿、道糸、針等を用意していました。調べてみると、より良い仕掛けの工夫がいくつも見つかりました。そこで今一度、ヤマメ仕掛けについて詳しくご説明します。

目次

  1. ヤマメの仕掛け概要
  2. 餌釣り
  3. ルアー釣り
  4. テンカラ釣り
  5. フライフィッシング
  6. ヤマメ仕掛け総括

ヤマメの仕掛け概要

ヤマメを釣る方法は、餌釣り、ルアー釣り、テンカラ釣り、フライフィッシング等があり、それぞれが違った仕掛けになります。どれも有効な釣り方ですが、入門しやすさで、餌釣りとルアー釣りに重点を置いて説明していきます。今回は仕掛けを説明します。ヤマメ釣りについては、以下記事を参考にしてください。

それでは各仕掛けを説明していきましょう。

餌釣り

ヤマメの餌釣りの仕掛け全体図です。以下、詳しく説明します。

竿

ヤマメの生息する場所は、川の中流から上流の渓流です。しかし、川が本流であるか支流であるかや、大河であるか小河川であるか等、状況によって川幅が大きく異なります。
また、放流により川幅が広く、流れの緩やかなところにもヤマメがいるようになりました。より、川幅に合わせて竿も用意することになります。
川幅が広い場合は、本流竿を用います。長さは6.5~9.0mほどです。
川幅が狭い場合は、渓流竿を用います。長さは3.6~6.5mほどです。

道糸

ヤマメの大きさはせいぜい30cmどまりなので、1号もあれば十分です。値段により強度は結構変わりますから、安物は辞めた方が良いです。道糸は、針までの長さが竿より20~50cm短くなるように長さを調節してください。

竿と道糸の結び方

初心者が仕掛けを作る時、まず困るのが道糸を竿にどうやって結ぶかです。図の通りに結びますが、我流の人も多そうです。私も竿先にスナップをつけて、仕掛けを簡単に接続できるようにしていました。でも、せっかく仕掛けを学び直す意味からも、正規の結び方を覚えましょう。

目印

仕掛けを流した時、目印は水面に出る位の位置にします。目印は2~3箇所付けると良いでしょう。

ヤマメ用の針を使います。ハリス付きの針で良いと思います。7号前後の針を使います。

道糸とハリスの結び方

結び方の中では簡単な電車結びを図に用意しました。それでも少し複雑な結び方ですから、マスターしましょう。

ヤマメ仕掛けセット

仕掛けのセット商品もあります。道糸から針まで一式で揃っているものです。竿の長さに合ったものを選びましょう。最初の内はいいですけど、やはり自作した方が安いですし、現場の状況に対応できるように自作の練習をしましょう。

仕掛けの流し方

仕掛けをポイントの上流に落として自然に流します。魚のアタリは、魚信で感じるよりも目印の動きでチェックし、引き込まれたり、不自然な動きを見せた時はアワセましょう。

ルアー釣り

竿

ヤマメの魚体は小さいですから、リールを用いた釣りでは繊細な引きを楽しめないところがあります。竿はライトアクションやウルトラライトを選び、少しでも引きを味わえるものにしたいです。

リール

小型のスピニングリールが良く、1000番台のものを使います。

ライン

ヤマメのルアー用ラインは、3lbを中心に使います。

ルアー

スプーン

比較的流れが緩い場所で使います。深みにいる大物を狙うなら、川底に落として這うように進ませることができるスプーンは有効です。進むのが困難な函で釣る時は、遠くに飛ばせて底を狙えるスプーンが活躍します。また価格が比較的安いので、ロストの可能性が高い場所で使います。

スピナー

プレートの細長いものは、沈みやすく、流れが早くてもプレートが回るのでお勧めです。写真のルアーは、私には一番実績があります。

ミノー

小さな魚の形をしており、竿を動かして動きをいろいろ変化させて魚を誘います。テクニックが要求され、いろいろ想像しながら試行錯誤するところが楽しいです。ヤマメ釣り場は流れの早い渓流なので、その特徴を活かすのは難しいですが、管理釣り場のような作られた釣り場なら有効だと思います。

ラインとルアーの結び方

ラインとルアーの結び方です。図はサルカンですけど、サルカンをルアーに見立ててください。クリンチノットは基本の結び方ですので、覚えておきましょう。

サルカンやスイベルを使う?

サルカン(スイベル)を使うと、糸の寄りを解消できるメリットがあります。スナップを付けると、ルアーの交換は容易です。スナップスイベルとして売られていますね。サルカンとラインの結び方は、ラインとルアーを結ぶときと同じです。
ただし、これらを使うと重くなりますし、ルアーの本来の挙動にも影響するかもしれません。
個人的な経験では、あまり影響はないかなと思います。でも少しでも釣果アップを考えれば使わない方が良いでしょう。

テンカラ釣り

テンカラ釣りは私の主力の釣り方なのですが、上記の釣りで説明が長くなったので、要点のみに絞ります。テンカラ釣りの竿は3.3mが中心ですが、川幅のある川ではもう少し長い方が良いでしょう。毛鉤は自作が良いのですが、道具を揃える必要がありますので、市販のテンカラ毛鉤か、フライフィッシングの毛鉤を使うのでも良いでしょう。ラインについては、もう少し述べたいと思います。

テーパーライン

テーパーラインは、竿先が太く毛鉤へ徐々に細くなる糸で、テンカラの基本のラインです。自作する人もいますが、市販品を購入する方が良いでしょう。ただし若干高価です。

レベルライン

最近はレベルラインを使う人も多く、私もレベルラインを使います。太さが一定で、フロロカーボン製のレベルラインが良いです。テンカラ用もありますが、海用ならお得です。3号から5号までのラインを使います。

フライフィッシング

ヤマメを狙うフライフィッシングのタックルです。ロッドは#2、#3、ラインは#2、#3、リーダーやティペットは5~7X等、渓流用のライトなタックルになります。フライフィッシングのタックルは他の釣り方よりずっと複雑なので、今回は簡単な説明で終わります。

ヤマメ仕掛け総括

いかがだったでしょうか
ヤマメは警戒心の強い魚で、仕掛けにより釣果に差が出てきます。確かに適当でも釣れます。でも釣れる数や大きさは、仕掛けの良し悪しで最終的に変わってきます。
後はヤマメを釣るテクニックを磨きましょう。釣行を重ねる内に、自分なりの仕掛けが見出されてくると思います。
最後に、ヤマメ釣りを極めて、尺ヤマメをたくさん釣ってくださいね。

「ヤマメ・仕掛け」に関連する記事

「ヤマメ・仕掛け」についてさらに知りたい方へ

  • カレイ釣り解説!ブラーを使った仕掛けを紹介します。のサムネイル画像

    カレイ釣り解説!ブラーを使った仕掛けを紹介します。

    カレイは代表的な食用魚です。釣りにおいても、防波堤や砂浜での投げ釣りで人気です。カレイ釣りの記事は既にいくつかありますので、今回はブラー釣りをご紹介します。ブラー釣りの仕掛けは簡単で、ルアーとほぼ同じ仕掛けで済んでしまいます。それでは紹介していきましょう。

  • 手軽に楽しめる!川釣りの仕掛けや糸の結び方を紹介!のサムネイル画像

    手軽に楽しめる!川釣りの仕掛けや糸の結び方を紹介!

    川釣りは淡水で手軽に楽しめる釣りです。釣れる魚はヤマメや、ナマズ、アユなど海ほどではないとはいえ、様々な魚を釣ることができますし、仕掛けもいろんな種類のものがあります。ここでは、川釣りの仕掛けの種類や糸の結び方などをお伝えします。

  • テナガエビの釣り方、仕掛け(カゴ・針・網)を紹介します。のサムネイル画像

    テナガエビの釣り方、仕掛け(カゴ・針・網)を紹介します。

    テナガエビは誰にでも釣れて仕掛けも簡単に作れます。また食べて美味しく釣り人には人気のターゲットです。ここではテナガエビ釣りの釣り方やその魅力、そして仕掛けの作り方についても詳しく紹介いたします。

  • イカを釣りたい!初心者でも分かるエギングの仕掛けと作り方。のサムネイル画像

    イカを釣りたい!初心者でも分かるエギングの仕掛けと作り方。

    イカ釣りでメジャーな釣法と言えばエギングですが、釣りを始めたばかりの初心者には敷居が高いと思われがち。どんな仕掛けを使えばいいのかわからない。そんなエギング初心者の方にも、分かりやすく仕掛けの説明していきます。

  • 川で釣りを楽しみたい人必見!釣竿の種類と選び方のサムネイル画像

    川で釣りを楽しみたい人必見!釣竿の種類と選び方

    夏になると家族で川で水遊びを楽しまれる風景をよく見かけるようになりますね。子供と一緒に楽しむには最高の川釣りですが、今年はちょっと趣向を変えて釣竿を揃えて、川釣りを楽しんでみませんか?そこで今回は、川で釣りを楽しみたい人必見!釣竿の種類と使い方をご紹介します。

  • 憧れの高級魚!ヒラメを狙うおすすめ仕掛けのサムネイル画像

    憧れの高級魚!ヒラメを狙うおすすめ仕掛け

    ヒラメと言うと、釣るのが難しい高級魚と言ったイメージが強いですよね。しかし、ヒラメは様々な仕掛けで狙えるので、自分に合ったやり方が見つかるはず!いつかは釣ってみたい高級魚、ヒラメを釣るための仕掛けやポイントを紹介していきます。

  • 船釣りをするときにどのような竿を選んだらいいの?のサムネイル画像

    船釣りをするときにどのような竿を選んだらいいの?

    この記事では、船釣りを始めたいと思っている海釣り初心者の皆さんに向けて、釣り全般のこと、船釣りで乗る釣り船のこと、竿や竿に取り付けるリールなどの必要な道具、などなどについて、”わかりやすく”を心がけて紹介します。

  • 簡単仕掛け!アナゴ釣りはとっても気軽に楽しめますのサムネイル画像

    簡単仕掛け!アナゴ釣りはとっても気軽に楽しめます

    寿司や天ぷらのネタとして人気のアナゴ。実は、堤防からでも手軽に狙えるターゲットなんです。ここではアナゴ釣りにおすすめの仕掛けや、自宅での捌き方などを紹介していきます。こだわりの仕掛けでおいしいアナゴを釣り上げてみませんか?

  • 釣りの名脇役、用途に合わせた様々な天秤仕掛けを知ってますか?のサムネイル画像

    釣りの名脇役、用途に合わせた様々な天秤仕掛けを知ってますか?

    魚を釣る時に必要な道具は?と尋ねると、釣り竿、リール、釣り糸、針に餌との答えが多いと思います。そこに天秤仕掛けと答える人は、なかなかのものです。どういった天秤仕掛けがどのように釣りに使われているのか、主に投げ釣りをターゲットに調べてみました。

  • お祝いにはぴったりの鯛!真鯛釣りのポイントや仕掛けのサムネイル画像

    お祝いにはぴったりの鯛!真鯛釣りのポイントや仕掛け

    日本のお祝い事では欠かせない鯛。特別なお祝い事には、自分の仕掛けで釣り上げた真鯛をプレゼントしてみてはいかがでしょうか。真鯛釣りのポイントや仕掛けについて紹介します。

ランキング

よく読まれている記事です

シェアする

関連する記事

「ヤマメ・仕掛け」についてさらに知りたい方へ

カレイ釣り解説!ブラーを使った仕掛けを紹介します。のサムネイル画像

カレイ釣り解説!ブラーを使った仕掛けを紹介します。

手軽に楽しめる!川釣りの仕掛けや糸の結び方を紹介!のサムネイル画像

手軽に楽しめる!川釣りの仕掛けや糸の結び方を紹介!

テナガエビの釣り方、仕掛け(カゴ・針・網)を紹介します。のサムネイル画像

テナガエビの釣り方、仕掛け(カゴ・針・網)を紹介します。

イカを釣りたい!初心者でも分かるエギングの仕掛けと作り方。のサムネイル画像

イカを釣りたい!初心者でも分かるエギングの仕掛けと作り方。

川で釣りを楽しみたい人必見!釣竿の種類と選び方のサムネイル画像

川で釣りを楽しみたい人必見!釣竿の種類と選び方

憧れの高級魚!ヒラメを狙うおすすめ仕掛けのサムネイル画像

憧れの高級魚!ヒラメを狙うおすすめ仕掛け

船釣りをするときにどのような竿を選んだらいいの?のサムネイル画像

船釣りをするときにどのような竿を選んだらいいの?

鯉釣りを楽しもう!鯉は手軽な仕掛けでパンでも釣れるのサムネイル画像

鯉釣りを楽しもう!鯉は手軽な仕掛けでパンでも釣れる

キス釣りのおすすめの【仕掛け】を解説。針や重りなどのサムネイル画像

キス釣りのおすすめの【仕掛け】を解説。針や重りなど

釣りの名脇役、用途に合わせた様々な天秤仕掛けを知ってますか?のサムネイル画像

釣りの名脇役、用途に合わせた様々な天秤仕掛けを知ってますか?

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

老後に人気な趣味5選!楽しみながら健康を維持できる方法を紹介!のサムネイル画像

老後に人気な趣味5選!楽しみながら健康を維持できる方法を紹介!

1
40代で始めるオススメの趣味は?インドアとアウトドアの趣味!のサムネイル画像

40代で始めるオススメの趣味は?インドアとアウトドアの趣味!

2
老後の趣味に最適なアウトドアを厳選して3つ紹介します!のサムネイル画像

老後の趣味に最適なアウトドアを厳選して3つ紹介します!

3

関連する記事

「ヤマメ・仕掛け」についてさらに知りたい方へ

カレイ釣り解説!ブラーを使った仕掛けを紹介します。のサムネイル画像

カレイ釣り解説!ブラーを使った仕掛けを紹介します。

手軽に楽しめる!川釣りの仕掛けや糸の結び方を紹介!のサムネイル画像

手軽に楽しめる!川釣りの仕掛けや糸の結び方を紹介!

テナガエビの釣り方、仕掛け(カゴ・針・網)を紹介します。のサムネイル画像

テナガエビの釣り方、仕掛け(カゴ・針・網)を紹介します。

イカを釣りたい!初心者でも分かるエギングの仕掛けと作り方。のサムネイル画像

イカを釣りたい!初心者でも分かるエギングの仕掛けと作り方。

川で釣りを楽しみたい人必見!釣竿の種類と選び方のサムネイル画像

川で釣りを楽しみたい人必見!釣竿の種類と選び方

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと