各家庭で先祖をまつっている仏壇、その仏壇の向きに決まりがあるか

最近は仏壇の置いていない家庭が多いですが、いざ自分の家から亡くなった人が出たら仏壇が必要となりますが、さてこの仏壇の向きには決まりがあるのでしょうか?宗派別に仏壇の向きと仏壇のまつり方について調べて見ました。

目次

  1. 真言宗の仏壇と仏壇の向き
  2. 日蓮宗の仏壇と仏壇
  3. 臨済宗の仏壇の向き
  4. 浄土真宗の仏壇は
  5. 曹洞宗の仏壇の向きとまつり方
  6. 仏壇の向きのまとめ

真言宗の仏壇と仏壇の向き

真言宗の仏壇は下の写真のような配置になっています。上の壇の中央に大日如来を配置し、向かって左は不動明王、向かってみぎに弘法大師が来ます。その下の段には中央に亡くなった人を収。めた過去帳と左右に亡くなった方のお位牌が来ます。燭台や香炉は下の壇です。

真言宗の仏壇の向きについて

仏壇の向きについては、決めごとはありませんが、いくつかの説があり、南面北座説・本尊を南向きに安置、礼拝は北向きに行う、西方浄土説では、仏壇を東向きに置いて、西向きに合唱し、ご本尊と西方浄土の両方を礼拝、本山説では、本山に向かって礼拝するように向きを考慮します。

日蓮宗の仏壇と仏壇

日蓮宗での仏壇は主に唐木仏壇を用います。この唐木仏壇とは木材の材質をそのまま活かした仏壇で、磨きぬかれた木目の美しさが特徴で、落ち着きのある印象を与えます。材質は黒檀、紫檀、カリン、クルミ、桜、タガヤサンなどの唐木を使い、奥に少し金箔を施します。

日蓮宗の仏壇の配置

日蓮宗の仏壇の中の配置は、ご本尊を仏壇の大上位の真ん中におまつりするのが正しいやり方で、ご本尊としては曼荼羅か三宝尊と日蓮聖人の御尊像をおまつりします。ご本尊は最上段の中央にかけ、その前に日蓮聖人の帆尊像をおまつりするのが正しいやり方です。

仏壇の向きと配置

仏壇の向きについては、一般に北向きがよくないとか言われますが、仏教において特段仏壇の向きをどの方向が良いという教えはありません。どの方向を向いても良いのですが、仏壇も家具の一種で直射日光を嫌いますので、風通しがよくお参りしやすい場所が良いと思います。

臨済宗の仏壇の向き

臨済宗のお仏壇のまつり方は、上段の中央に釈迦牟尼仏を安置し、右側に達摩大師、左側に書く宗派の開祖をお祭りします。このおまつりかたは一仏両祖の三尊仏形式のおまつり方です。ご先祖のお位牌は次の段に配置し古い位牌は右に、新しいお位牌は向かって左に配置します。

臨済宗の仏壇の向きについて

臨済宗では仏壇の向きについては南向きにすることが多いです。この南向きの由来はお釈迦様が説法されるときには、南向きに座ってされていたというところから来ています。

浄土真宗の仏壇は

浄土真宗の仏壇は、極楽浄土の荘厳さを想起させる豪華な作りとなっています。木地に漆を塗り、その上から金箔を張り詰めた仏壇を「金仏壇」または「漆塗金仏壇」と言います。使われる木材は主に、檜・けやき・杉などが使われます。この仏壇は関西や東海、北陸地方に多いです。

浄土真宗の仏壇へのこだわり

浄土真宗では、仏壇は単に位牌を安置するためのものではなく、阿弥陀仏の極楽浄土の荘厳をそのまま表すという考え方が仏壇作りに反映され、特に内部には「荘厳作り」という見事な細工が施されており、安いもので数百万円、高いもので数千万円もの値段がします。

浄土真宗の仏壇の向きは

仏壇を安置する方向は、一般的に東とか南向きが良いとか、阿弥陀仏のおられる西向きが良いとか言われていますが、仏教においては特に仏壇の向きは、この方角が良いという事は言われておりません。家族の方が落ち着いてお参りできる場所と方角を選べば良いことです。

仏壇は位牌をまつるためのものでは無い

一般的に仏壇は先祖の位牌をおまつりするためのものと考えている人が多いですが、本来の仏壇はその名の示す通り「仏」をまつる壇で、元々は「厨子」から発展しました。従って仏壇の最上位の中央には、ご本尊とする仏像などをおまつりし、お位牌は本尊の両脇は下の壇になります。

曹洞宗の仏壇の向きとまつり方

曹洞宗での仏壇については、どの仏壇を使えという決まりはありませんが、浄土宗のような金ピカの仏壇はあまり使われません。唐木仏壇やモダン仏壇でもどちらを使っても良いとされています。ご本尊は釈迦如来が使われます。お位牌は本尊の両脇または下の壇になります。

曹洞宗の仏壇のまつりかた

曹洞宗では、ご本尊がこれと言って決めごとはありません、あくまでも仏心を持っておまつりしますので、各お寺さんに縁のある仏様をまつれば良いこととされています。従って観世音菩薩でも地蔵菩薩でも良いということです。一仏両祖の三尊仏をおまつりします。

曹洞宗の仏壇の向きと配置

一般に仏教では仏壇の向きがどの方角が良いとかいう教えはありませんが、各宗派によっては、この方角をおすすめするという方角があり、曹洞宗では実際に場所と方角が合えば、南向きに置くことを勧めています。

仏壇の向きのまとめ

仏壇

いかがでしたでしょうか、仏壇の向きとまつり方について、各宗派別に調べて見ました。仏壇の種類もいろいろあり、また宗派によって仏壇にかける金額の違いも浮き彫りにされました。ただ仏教の中では、仏壇の向きはこうでないと駄目だという教えは無いのですね。

「仏壇・向き」に関連する記事

「仏壇・向き」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

シェアする

関連する記事

「仏壇・向き」についてさらに知りたい方へ

正しい仏壇の配置、なぜこの配置なのか紹介しますのサムネイル画像

正しい仏壇の配置、なぜこの配置なのか紹介します

仏壇にもピンからキリまで種類や大きさがあり、値段も様々ですのサムネイル画像

仏壇にもピンからキリまで種類や大きさがあり、値段も様々です

仏壇も様々!伝統的な仏壇から現代の生活に合った家具調仏壇までのサムネイル画像

仏壇も様々!伝統的な仏壇から現代の生活に合った家具調仏壇まで

終活で仏壇を処理する方法と、仏壇を新しく用意する方法を解説!のサムネイル画像

終活で仏壇を処理する方法と、仏壇を新しく用意する方法を解説!

宗派で異なる?仏壇の置き方を解説します。のサムネイル画像

宗派で異なる?仏壇の置き方を解説します。

人気のキーワードの記事一覧

終活

ランキング

よく読まれている記事です

お香の人気ランキング10選を紹介します。人気ブランドも!のサムネイル画像

お香の人気ランキング10選を紹介します。人気ブランドも!

1
仏壇にお供えするお菓子。その置き方やおすすめの商品をご紹介のサムネイル画像

仏壇にお供えするお菓子。その置き方やおすすめの商品をご紹介

2
神棚を置くにはどんな場所に置くのがいいのかのサムネイル画像

神棚を置くにはどんな場所に置くのがいいのか

3
仏壇と位牌について、選び方や安置のマナーについて解説します。のサムネイル画像

仏壇と位牌について、選び方や安置のマナーについて解説します。

4
大人のマナー。命日の意味とお参り、お供え物のきまり。のサムネイル画像

大人のマナー。命日の意味とお参り、お供え物のきまり。

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと