俳句作りの参考に!~【7月の季語】特集~

俳句作りを趣味にしている方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。俳句作りの基本となるのが季語ですが、今回は7月をテーマに【7月の季語】をご紹介したいと思います。

目次

  1. 7月の季語を使って俳句を作りたい!
  2. そもそも7月って?
  3. 7月の季語~生き物編~
  4. 7月の季語~自然編~
  5. 7月の季語まとめ

7月の季語を使って俳句を作りたい!

7月と言えば、初夏が終わっていよいよ夏本番といった時期ですよね。自然も豊かな季節ですので、俳句作りにもより力が入るのではないでしょうか。

俳句作りには季語が欠かせませんが、今回はそんな7月に焦点を当てた季語をご紹介しようと思います。ぜひ夏の俳句作りの参考になさってみてください。

そもそも7月って?

夏

そもそも7月とはどのような時期なのでしょうか。7月がどういったものなのかをしっかり押さえておくのとそうでないのとでは、俳句作りにおける背景やイメージの湧き方も変わってくるでしょう。まずは、7月の基本的なことを学んでいきましょう。

日本の7月にはどのような意味がある?

日本の7月にはどのような意味があるのでしょうか。7月の旧暦は文月(ふづき、ふみづき)と呼ばれています。現在でも新暦の7月の別名としても使われています。この文月はどこから由来しているのでしょうか。この由来の定説には7月7日の七夕が関係しているとされています。七夕の詩歌を献じることからきているようですね。夜風の中で書物を読む風習からもきているという説もあるようです。

しかし実はこの七夕は中国から外来したものであるとされています。日本に伝わったのは奈良時代であり元々日本には存在しなかった風習でありました。また、「含み月」「穂含み月」という意味であるという説もあるようです。これは稲の穂が含む月だということからきているとされています
他にも「七夜月(ななよづき)」「秋初月(あきはづき)」というような別名称もあります。

実はたくさんある7月の別称

実は7月には別の呼び方がたくさんあるのをご存知でしょうか?
とうげつ(桐月)、めであいづき(愛逢月)、けんしんげつ(建申月)、はつあき(初秋)、りょうげつ(涼月)、ふづき(七月・文月)、おみなえしづき・をみなえしづき(女郎花月)、しんげつ(親月)、たなばたづき(七夕月)、ななよづき(七夜月)、ふみひろげづき(文披月)、らんげつ(蘭月)など様々な呼び方が存在します。

また数字の「7」にも意味があります。「七」の基本的な読み方には「しち」の他に「なな」という読み方がありますよね。実は「しち」の方が歴史的に古いとされています。このことから伝統的に日本では「しちがつ」と呼ばれてきたものが、近年になって聴き間違えが「1月(いちがつ)」と起きるとされ、故意に「なながつ」と呼ぶ人たちが増えています。この「なながつ」という呼び方は公式の声明発表などでも用いられることもあるんですよ。

7月の季語~生き物編~

猫

それではここからは7月の季語を見ていきましょう。まずは生き物編です。

海月(くらげ)

夏の海によく現れるのが海月。海水浴の際には注意をしなければならない生き物ですが、実はこの海月は7月の季語に分類されます。その生態を知ることで、より夏らしい俳句作りの手助けになるかもしれませんよ。

 Jellyfish

海月とは、刺胞動物門という種類に分類される生き物です。浮遊生活を行う種類をまとめてこう呼びますが、生息するのは淡水もしくは海水中などです。海月はゼラチン質で形成された体を持ち、触手によって餌を捕まえながら生活をするのが普通です。

浮かんでいるだけと思われがちかもしれませんが、実は海月は多少の遊泳能力をもっています。クラゲには環状筋という筋肉を傘周囲に持っていて、この傘を開いたり閉じたりして進むことができるのです。とはいえ常に泳いでいるものは多くはなく時々泳いで水中をふわふわ漂うものが多いです。

飼育する際は、水槽の中に水流を作る櫃ようがあります。水流がなければ水底に沈んでしまうそうです。最初は浮き上がるために泳ぐことができますが、何度も繰り返してしまうと段々と衰弱してしまって死んでしまうとされています。
ふわふわと泳ぐ姿や、実は少しもろい生態をしているあたりが儚く感じられますね。
季語として用いれば儚さを表せるかもしれませんよ。

天道虫(てんとうむし)

小さくて鮮やかな色をした夏の昆虫である天道虫。この天道虫も立派な7月の季語であることをご存知でしょうか。

 Ladybug

天道虫は和名であります。この天道虫という名前の由来はどこからきているのでしょうか。これは太陽に向かって飛んで行く虫であるという点から太陽神の天道とされたことからきています。

色鮮やかな昆虫ですので、季語として用いればより夏らしいイメージが湧きやすい俳句が作れるかもしれませんね。

7月の季語~自然編~

お次は自然に関連した7月の季語をご紹介したいと思います。

トマト

夏になると美味しい野菜であるトマト。実はこのトマトも7月の季語なのをご存知でしょうか。

tomato

トマトは緑黄色野菜の一種であることはよく知られていますよね。実はこのトマトにはたくさんの別名称があるんですよ。日本語では唐柿(とうし)、珊瑚樹茄子(さんごじゅなす)、赤茄子(あかなす)、小金瓜(こがねうり)、蕃茄(ばんか)などと呼ばれることもあるようです。

綺麗な果実ですから、季語として用いれば俳句にアクセントをつけられそうですね。

7月の季語まとめ

null

今回は少し変わり種も含めた7月の季語をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。
是非夏の俳句づくりの参考にしてみてください。

「7月・季語」に関連する記事

「7月・季語」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

シェアする

関連する記事

「7月・季語」についてさらに知りたい方へ

俳句作りの参考に!~【11月の季語】特集~のサムネイル画像

俳句作りの参考に!~【11月の季語】特集~

俳句作りの参考に!~【3月の季語】特集~のサムネイル画像

俳句作りの参考に!~【3月の季語】特集~

俳句作りの参考に!~【8月の季語】特集~のサムネイル画像

俳句作りの参考に!~【8月の季語】特集~

俳句作りの参考に!~【5月の季語】特集~のサムネイル画像

俳句作りの参考に!~【5月の季語】特集~

俳句作りの参考に!~【4月の季語】特集~のサムネイル画像

俳句作りの参考に!~【4月の季語】特集~

俳句作りの参考に!~【6月の季語】特集~のサムネイル画像

俳句作りの参考に!~【6月の季語】特集~

夏の季語を使った俳句とその作り方を紹介しますのサムネイル画像

夏の季語を使った俳句とその作り方を紹介します

春の季語にはどんなものがある?少し変わった季語もご紹介!のサムネイル画像

春の季語にはどんなものがある?少し変わった季語もご紹介!

短歌の楽しみかた~季語の種類と歴史の歩みのサムネイル画像

短歌の楽しみかた~季語の種類と歴史の歩み

お盆は7月か8月どっち?なぜ違う?地域で違うお盆の時期を解説!のサムネイル画像

お盆は7月か8月どっち?なぜ違う?地域で違うお盆の時期を解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

老後に人気な趣味5選!楽しみながら健康を維持できる方法を紹介!のサムネイル画像

老後に人気な趣味5選!楽しみながら健康を維持できる方法を紹介!

1
40代で始めるオススメの趣味は?インドアとアウトドアの趣味!のサムネイル画像

40代で始めるオススメの趣味は?インドアとアウトドアの趣味!

2
老後の趣味に最適なアウトドアを厳選して3つ紹介します!のサムネイル画像

老後の趣味に最適なアウトドアを厳選して3つ紹介します!

3

関連する記事

「7月・季語」についてさらに知りたい方へ

俳句作りの参考に!~【11月の季語】特集~のサムネイル画像

俳句作りの参考に!~【11月の季語】特集~

俳句作りの参考に!~【3月の季語】特集~のサムネイル画像

俳句作りの参考に!~【3月の季語】特集~

俳句作りの参考に!~【8月の季語】特集~のサムネイル画像

俳句作りの参考に!~【8月の季語】特集~

俳句作りの参考に!~【5月の季語】特集~のサムネイル画像

俳句作りの参考に!~【5月の季語】特集~

俳句作りの参考に!~【4月の季語】特集~のサムネイル画像

俳句作りの参考に!~【4月の季語】特集~

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと