服や床についた墨汁の落とし方を解説。家にあるもの(のり)で落とせる?

子供の頃 手や服に墨汁をつけたり床にこぼしたりしたことはありませんか?墨汁は洗っても中々取れず落とし方もわからなくて諦めてしまうことも多いと思います。でもこのシミ、家庭にある身近なもので落とすことが出来ます。ここでは墨汁のシミの落とし方を紹介します。

目次

  1. 仏壇に花を供える意味は?
  2. 仏壇の花の生け方の決まりは?
  3. 仏壇に供えるのは絶対生花?造花はダメ?
  4. 仏壇に供える花の種類は?
  5. プリザーブドフラワーは最近のおすすめです
  6. バラの花が大好きだった故人には?
  7. 全ては供養の気持ちです
  8. まとめ

仏壇に花を供える意味は?

仏壇

仏壇があるご家庭ではお馴染みの仏壇に供えられている花。仏壇がないご家庭の方でも、お墓にお供えしてある花なら見たことがあるのではないでしょうか?

そもそも、仏壇やお墓に花を供えるのはなぜなのでしょう。それは、仏様にお供えすると良いと言われている5つのお供え物の中に、花が含まれているからです。

5つのお供え物を「五供」「ごく」と呼びます。宗派によっての違いは別として、基本的にはお香、花、灯明、水、飲食の5つが五供です。

仏壇の花の生け方の決まりは?

仏壇やお墓にお供えする花を「仏花」と呼びます。こちらは基本的に一対でお供えする事が正式です。

同じ花束を2束作って、仏壇の両端にお供えします。花の本数にも決まりがあって奇数が良いそうです。3本、5本、7本といった本数が一般的なようです。

フラワーショップやスパーなどでは、既に仏花が用意されていて選ぶだけになっていますが、もしご自分が育てたお花などを仏壇に供える場合は参考になさってください。

仏壇に供えるのは絶対生花?造花はダメ?

仏壇

仏壇に供える花を仏花と呼ぶ事は分かりました。では、仏花は必ず生の花でなければいけないのでしょうか?造化などではもってのほかなのでしょうか?

あくまでも基本的には生花が良いとされています。しかし、お寺や仏壇で使う仏具の中に、「常花」と呼ばれる金属や木製の造花があります。

また、生花が傷みやすい夏の時期には、供える花を造花に限定しているお寺や納骨堂もあるそうです。

そのあたりを考えますと、仏壇に供える花は生花でなければいけないわけではなさそうです。しかし、生花の持つ美しさや儚さは、なかなか造花では得ることは出来ませんね。

仏壇に供える花の種類は?

仏壇

仏壇に供える花にもマナーや決まりがあるのでしょうか?

仏壇に供える花にも決まりがあります。
一般的には散りやすい花や痛みやすい花はお供えしません。
また、トゲのある花や毒のある花、臭いのキツイ花も避けられる傾向にあります。

反対に仏壇にお供えするのにおすすめの花は、なんといっても菊ですね。菊は長持ちしますし、香りもきつくありません。また、比較的一年中入手がしやすい事も理由の一つです。

菊以外ではその季節に咲いている花がいいですね。仏壇の花を見ると仏様と一緒に季節の移り変わりを感じる事が出来るなんて、なんだか幸せな気持ちになりませんか?

プリザーブドフラワーは最近のおすすめです

最近仏壇のお花として注目されているのが、プリザーブドフラワーです。生花で作られた枯れないお花ですね!

プリザーブドフラワーでしたら管理も簡単なので、花の痛みが激しい夏の時期でも大丈夫です。また、生の花から作られているので、造花に比べると生の花のみずみずしさを感じる事も出来ます。

優花(ゆうか)仏花 プリザーブドフラワー
優花(ゆうか)仏花 プリザーブドフラワー

商品価格¥3,480

和風のような洋風のような、なんとも美しいモダンなデザインのプリザーブドフラワーです。

この商品を購入

バラの花が大好きだった故人には?

バラ

トゲのある花を仏壇に供えてはいけない事は分かっています。しかし、故人の好きだった花がバラの花だった場合は、いったいどうしたらいいのでしょうか?

仏壇の外に花を供える場所を作る

故人がバラの花が大好きだった場合は、やはりバラの花をお供えしてあげたいですよね!そのような時には、仏壇の外に花を供えられる場所を作る方法があります。

仏壇に供える花は、仏様にお供えしていると同時に、仏様から私たち生きている人間に対しての慈悲の心も表しているそうです。その為、仏壇の花は仏様の方ではなく私たちの方を向いているのだそうです。

そのことから考えると、仏壇の外に花をお供えする場所を作る事は、生前大好きだったバラの花を供えて供養にしたいと願う、私たちの気持ちを叶えてくれますね。

バラの花のとげを全て切る

バラの花を供えたい場合は、バラの花のとげを全て切ってしまうという考えもあるそうです。トゲのある花を、どうしても供えたい場合の正解の答えはないので、とげを全て切ってしまえばトゲのない花に変わるといった意味のようです。

しかし、あえてトゲのある花を供える場合の理由の多くは、故人が生前大好きだったという場合がほとんどでしょうから、それならば、トゲを切って供えるよりも、仏壇の外に供える場所を設ける方がいいかもしれません。

全ては供養の気持ちです

仏壇

仏壇に花を供える時の決まりやルールはいくつかありましたが、それらは全て亡くなった方を敬う気持ちの表れです。

決まりやルールを100%守って実行するよりも、毎日亡くなった方を思い出して手を合わせるだけでもいいのかもしれません。

亡くなった方との楽しかった日々を思い出しながら過ごしていく事が、本当の意味での供養なのかもしれませんね。

まとめ

仏壇

いかがでしたか?仏壇があるご家庭も仏壇とは縁のないご家庭も、皆さんに共通してご先祖様はいらっしゃいます。

時々は思い出して、生きている人たちの近況報告をしてあげると、亡くなった方はきっと喜んでくれますね!それが一番のご供養だと思います。

「墨汁・落とし方」に関連する記事

  • 大切な故人へ贈る、お供えの考え方とお花の進化のサムネイル画像

    大切な故人へ贈る、お供えの考え方とお花の進化

    お花をお供えすると一言でいいましても、葬儀にお供えするお花、御仏前にお供えするお花も種々様々です。特に仏様へお供えするお花は、価値観の多様性と変化に伴い、仏壇事情も目まぐるしく変わっている昨今、進化に進化を重ねています。お供えのお花についてお伝えします。

  • 墓花って造花でもいい?意外なマナーとおすすめ造花のサムネイル画像

    墓花って造花でもいい?意外なマナーとおすすめ造花

    お墓参りに欠かせないものは墓花ですよね。実は最近墓花として造花を持参する人が増えているってご存知でしたでしょうか?造花でもOKなら長い期間キレイなままでお供え出来て便利ですよね。仏花よりも自由性の高い墓花、知らないマナーや人気の増加をまとめてみました。

  • お供え花のマナーと供花の意味を解説。バラを備えてはいけない?のサムネイル画像

    お供え花のマナーと供花の意味を解説。バラを備えてはいけない?

    お盆のお墓参りや、知人の一周忌などにどんなお花を供えたら良いのだろう。お供えしてはいけない花はあるのだろうか。意外と知られていないお供え花の選び方やマナー。今回はお供え花のマナーやその意味についてご紹介していきます。

  • 決まりはあるの?仏壇に飾るお花にこだわりを見せようのサムネイル画像

    決まりはあるの?仏壇に飾るお花にこだわりを見せよう

    仏壇に飾るお花「仏花」には決まりがあるのでしょうか?最近の仏壇に飾るお花事情と、昔からある「しきたり」などまとめてみました。

  • 供養の気持ちをこめて、お墓参りにはお花を供えましょうのサムネイル画像

    供養の気持ちをこめて、お墓参りにはお花を供えましょう

    お彼岸やお盆など、私たちがお墓参りに行く機会は年に何度かあります。お墓が近くにある場合、季節の行事以外でもお墓参りをする事は意外と多いかもしれません。そしてお墓参りの時にはお花をお供えしますが、お供えするお花には何か決まりのようなものがあるのでしょうか?

  • お墓参りに行こう!お供えするお花はどうする?のサムネイル画像

    お墓参りに行こう!お供えするお花はどうする?

    お墓参りにはさまざまなマナーがあります。お供えするお花もその一つです。今回は恥をかかないためにお墓参りにお供えするお花について基本的なことを紹介していきます。

  • お墓にお供えするのに適した種類のお花は何?のサムネイル画像

    お墓にお供えするのに適した種類のお花は何?

    春と秋のお彼岸にお盆、月命日など、節目ごとにお墓参りをする人は多いと思います。お墓に行く時に欠かせないのは花。きれいな花をお供えして故人を弔いますが、この花には決まりがあるのでしょうか?お墓にお供えするのに適した花についてご紹介します。

  • 仏壇に飾る花は、造花でも良いの?仏花の種類を解説のサムネイル画像

    仏壇に飾る花は、造花でも良いの?仏花の種類を解説

    仏壇に飾る花は、生花でないといけないのでしょうか?最近は仏壇に造花を飾ることも増えてきています。造花を飾ることののメリット・宗派の見解などをご説明いたします。人気の造花、プリザーブドフラワーをご紹介します。

  • お墓参りの花の選び方とは?花選びのタブーについても紹介します!のサムネイル画像

    お墓参りの花の選び方とは?花選びのタブーについても紹介します!

    亡くなった方やご先祖様を供養するお墓参り。墓前には気持ちを込めて、一対のお花をお供えしましょう。とはいえ、お供え花にどのような花を選べば良いのか分からない方も多いと思います。そこで今回は、お墓参りの際のお花の選び方やタブーなお花について詳しく紹介していきます。

  • お墓に飾るお花はなんと呼ぶのが正しいの?献花?仏花?のサムネイル画像

    お墓に飾るお花はなんと呼ぶのが正しいの?献花?仏花?

    終活をしていると特にお墓のことについて考える必要が出てくると思います。 中でもわかりにくいのがお墓に供えるお花の呼び名です。 献花や供花、仏花などお花の呼び方は難しく知らない方もいるのでは? 今回、終活ねっとでは献花や仏花などのお花の呼び方について解説します。

ランキング

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「墨汁・落とし方」についてさらに知りたい方へ

大切な故人へ贈る、お供えの考え方とお花の進化のサムネイル画像

大切な故人へ贈る、お供えの考え方とお花の進化

墓花って造花でもいい?意外なマナーとおすすめ造花のサムネイル画像

墓花って造花でもいい?意外なマナーとおすすめ造花

お供え花のマナーと供花の意味を解説。バラを備えてはいけない?のサムネイル画像

お供え花のマナーと供花の意味を解説。バラを備えてはいけない?

決まりはあるの?仏壇に飾るお花にこだわりを見せようのサムネイル画像

決まりはあるの?仏壇に飾るお花にこだわりを見せよう

供養の気持ちをこめて、お墓参りにはお花を供えましょうのサムネイル画像

供養の気持ちをこめて、お墓参りにはお花を供えましょう

お墓参りに行こう!お供えするお花はどうする?のサムネイル画像

お墓参りに行こう!お供えするお花はどうする?

お墓にお供えするのに適した種類のお花は何?のサムネイル画像

お墓にお供えするのに適した種類のお花は何?

仏壇に飾る花は、造花でも良いの?仏花の種類を解説のサムネイル画像

仏壇に飾る花は、造花でも良いの?仏花の種類を解説

お墓参りの花の選び方とは?花選びのタブーについても紹介します!のサムネイル画像

お墓参りの花の選び方とは?花選びのタブーについても紹介します!

お墓に飾るお花はなんと呼ぶのが正しいの?献花?仏花?のサムネイル画像

お墓に飾るお花はなんと呼ぶのが正しいの?献花?仏花?

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

老後に人気な趣味5選!楽しみながら健康を維持できる方法を紹介!のサムネイル画像

老後に人気な趣味5選!楽しみながら健康を維持できる方法を紹介!

1
40代で始めるオススメの趣味は?インドアとアウトドアの趣味!のサムネイル画像

40代で始めるオススメの趣味は?インドアとアウトドアの趣味!

2

関連する記事

「墨汁・落とし方」についてさらに知りたい方へ

大切な故人へ贈る、お供えの考え方とお花の進化のサムネイル画像

大切な故人へ贈る、お供えの考え方とお花の進化

墓花って造花でもいい?意外なマナーとおすすめ造花のサムネイル画像

墓花って造花でもいい?意外なマナーとおすすめ造花

お供え花のマナーと供花の意味を解説。バラを備えてはいけない?のサムネイル画像

お供え花のマナーと供花の意味を解説。バラを備えてはいけない?

決まりはあるの?仏壇に飾るお花にこだわりを見せようのサムネイル画像

決まりはあるの?仏壇に飾るお花にこだわりを見せよう

供養の気持ちをこめて、お墓参りにはお花を供えましょうのサムネイル画像

供養の気持ちをこめて、お墓参りにはお花を供えましょう

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと