盛り塩セットは購入する必要がない?盛り塩の作り方とは?

厄払いと開運アイテムとして盛り塩を置くとよく聞きます。しかし詳しい盛り塩の作り方や捨て方、専用のセットが必要なのか…など詳しく知っている方は少ないですよね?今回は専用セットがなくても誰にでもできる盛り塩の扱い方をご紹介します!

目次

  1. 意外と知らない盛り塩の作り方と捨て方
  2. 盛り塩のスピリチュアルな関係性
  3. 盛り塩の由来 ~中国の皇帝と古代の日本
  4. 専用セットのメリットとデメリット
  5. セットがなくても自宅にある道具でできる
  6. 盛り塩の作り方
  7. 盛り塩の形にも意味がある? 
  8. 盛り塩の置き場所と置き方
  9. 盛り塩の置き場所の注意点
  10. 盛り塩セットのご紹介
  11. 正しい盛り塩の捨て方
  12. 盛り塩の作り方と捨て方のポイント

意外と知らない盛り塩の作り方と捨て方

あなたは玄関先に盛り塩が置かれている所を見たことがありませんか?
誰でもできる厄払いや開運アップの方法だと聞きますが、
作り方や盛り塩の処分の仕方をご存知の方はそんなに多くはありません。

専用のセットも販売していますが、どこで購入できるのかをご存知の方も少ないでしょう。
今回は専用の盛り塩セットがなくても自宅にあるもので簡単に盛り塩を作ることができる方法をご紹介します!
ぜひ試してみてください!

海

盛り塩のスピリチュアルな関係性

盛り塩の唯一の材料と言える塩は、
古来から塩には身体の穢れを清める清浄作用、
邪気を払う厄除け・魔除けなどスピリチュアルな意味で身を守るために塩を使っていました。

塩のスピリチュアルな効果をご紹介します。

海と生命の誕生

はるか太古に多くの動植物の源が生まれたのが海です。
その証拠に多くの動植物の体内には塩分が含まれ、塩分を食事と一緒に摂取しなければ
生きていけません。

古代ローマで兵士の給料を塩で支払われた時代があったほど塩は大切なものでした。
それだけ生きるためには塩は必要であり、神聖なものとされたのです。

神様と邪霊

日本には葬式の後に塩を撒く風習があります。
この時に撒く塩は「お清めの塩」です。
神道では人の死は穢れとされているので葬式後の玄関前で身体を清めて、邪気を家の中に入れないようにしています。

この「お清めの塩」で払うのは亡くなった方の御霊ではなく、故人の葬式に集まってきた邪気です。決して亡くなった方を払うのではありません。
「お清めの塩」は盛り塩に使う塩とはまた別の方法で作られます。

新道の神様は塩を好むとされ、神社や神棚に供えられました。
邪霊もまた塩に惹き寄せられるといわれ、盛り塩は邪霊の邪気を吸収して穢れを払うと考えられています。

生活空間を清め、厄を落とす

私たちは普段の生活の中で、少しずつ身体に穢れが溜まっていきます。
その穢れが厄となり運気を下げて、結果悪運を呼びやすくなります。

運気をアップさせるためには自分の生活空間である室内の掃除が欠かせません。

部屋の汚れやほこりにも邪気が溜まっているからです。

まずは掃除をしておおまかな邪気(汚れ)を払った後にさらなる浄化の補助として盛り塩を置きます。

盛り塩の由来 ~中国の皇帝と古代の日本

盛り塩は古代中国から古代日本に伝来しました。
中国ではチャンスをつかむラッキーアイテムとして、
日本ではラッキーアイテムの他に厄払いの道具として塩が使われるようになりました。


盛り塩の由来をご紹介します。

晋代の武帝

中国の晋の時代に、皇帝の武帝が後宮にいる女性を訪ねた時のことです。
自分で後宮の女性を選ぶことができないから、武帝が乗る羊車のひつじが止まった部屋の女性をその夜ともに過ごす女性と決めました。

その後宮に胡貴嬪という女性がいて、彼女はひつじの好きな竹の葉に塩水をかけて自室の前に置いて、武帝を招き寄せて寵愛を独り占めしたとされます。

秦の始皇帝

秦の始皇帝が、毎晩後宮にいる女性を自分で選ぶのは大変だから、牛車に乗り、
その牛車が止まった部屋の女性と一夜を共にしていました。

秦の始皇帝の後宮にはたくさんの女性が皇帝の寵愛を待っていました。
その内の一人にとても賢い女性がいて、彼女は部屋の前に牛の好きな塩を置き、部屋の前に牛が止まるようにした結果、皇帝からの寵愛を受けました。

この中国の2つの故事が盛り塩の由来といわれます。
どちらも玄関前に塩を置くことで、運気がアップしています。
古代中国の盛り塩は、チャンスを招くアイテムと考えられるようになったのです。

奈良時代の日本に伝来

日本に盛り塩が伝わってきたのは奈良時代からとされています。
神道では塩は邪気を払い穢れを清める力があると考え、神社での神事に用いられたり、
祭壇にお供えとして用いられました。


現在でも盛り塩は神社だけでなく一般的の家庭でも使われています。

専用セットのメリットとデメリット

盛り塩の作り方はいたって簡単です。
自宅にある材料と道具だけで作ることができます。
ただし塩と受け皿は作り方と材質を確認が必要があります。

盛り塩専用のセットは注意事項をすべてクリアしているので、
確認する手間は省けます。

セットをすぐに用意できなくても
注意事項をクリアしている材料と道具なら問題はありません。

セットがなくても自宅にある道具でできる

材料

スーパーに行くとうま味成分の入った塩から色がついた岩塩など様々な塩がありますが、
盛り塩に使う塩は、天然製法のものを選びます。

天然製法の塩とは、天日塩などの混じり気のない塩をいいます。
パッケージの裏面の原材料名に添加物が記入されているので確認してください。

天日塩や岩塩には自然の力を宿っているとされています。

スーパーで見つからないという方は、神棚・神具の専門店に行くと
盛り塩に使う塩を販売しています。

盛り塩の色は一般的には白色が多いですが、色のついた塩があります。
主に岩塩(ピンク色)は赤色の鉄分が含まれているために色がついたものです。
料理だけでなく、盛り塩に使っても問題はありません。

また、風水でピンク色は恋愛・結婚・子宝の意味を持つので、願掛けとしてピンク色の塩を選んでもいいでしょう。

専用セットの塩のほとんどは天日塩です。
各メーカーが原材料と製造法にこだわって作られた塩なので安心して盛り塩に使えます。

道具

受け皿(なければ敷紙)

受け皿は陶器でできた平皿を使います。
色は基本的には白色を使いますが、風水で使う皿の色を選んでも構いません。

文字や絵柄がある皿は、そこから良くないマイナスパワーが出ているといわれているので、無地の皿を用意してください。

セットの受け皿は風水の願掛けで受け皿の色を選べます。
例えば金運アップに金色の受け皿を選んで盛り塩を置いてみたりと
使う人のニーズに合わせることができるのが魅力です。
専用セットは受け皿の大きさと盛り塩の大きさが対になると美しく見えるように作られています。

また、プラスチック製などの皿は自然の力が宿っていないので避けましょう。

皿がない場合は、半紙などの白い紙を敷いて、その上に盛り塩を置いても問題ありません。

受け皿の大きさや形は決められていません。
ダイソーなどの100円ショップには陶器製の様々な形の平皿が売っています。
あなたの気に入った受け皿を見つけてみてください。

盛り塩の型(なければ半紙)

盛り塩セットには専用の型が付属しています。
円錐形から三角錐、八角錐など様々な形を簡単に作れる所が魅力的です。
セットの型のほとんどは陶器製です。
陶器で形成するときれいな盛り塩ができます。

盛り塩型の利点は一度にたくさんの盛り塩を作ることができる点です。
型だけでなく受け皿も複数枚セットで用意しておくと便利です。
盛り塩型だけを個別に買う場合は、神棚・神具の専門店で購入できます。

型がない場合は、半紙で円錐形の型を作る代用します。
半紙でも十分使えますが、盛り塩を作るたびに型紙を作らなければならないのが難点です。

ダイソーなどの100円ショップには盛り塩の型が売られています。
専用の盛り塩型が手に入りにくい場合はそちらもおすすめです。

また、円錐の形をしたリングホルダー(指輪スタンド)でも代用できます。
リングホルダーは洗面所グッズとして売られている場合がありますので、探してみてください。

霧吹き

塩は少し湿り気がある方がきれいに形成できるので、適度な水分を含ませるときに使います。
霧吹きがなくてもきれいな盛り塩を作ることができます。
霧吹きは盛り塩セットに含まれていないのでご自分でご用意してください。

スプーン(もしくはヘラ)

盛り塩の形成の時に使います。
盛り塩の型に塩を入れてスプーンで押し固めることで、崩れにくい盛り塩を作ります。
セットでは専用の木製のヘラが付属しています。

盛り塩の作り方

1 霧吹きで塩を軽く湿らせて、よく混ぜる

受け皿とは別の皿に塩を出して、霧吹きで水を少しかけます。
スプーンかもしくはヘラで塩をよく混ぜていくと、塩同士がくっつき合って塊になっていきます。
湿り気が弱いと後で盛り塩が崩れる場合があります。

2 盛り塩の型に塩を入れる

盛り塩の型に1の塩を入れます。
型がない場合は、半紙で円錐形の型紙を作ってその中に入れてください。
半紙の合わせ目から塩が漏れやすいので、ホチキスで留めると漏れにくくなります。

型に入れた塩はまだ柔らかい状態なので、スプーン(ヘラ)で上から押し固めるように力を入れます。
この時に押し固めが弱いと後で盛り塩が崩れる原因となるので、よく固めます。

3 受け皿に盛り塩をのせる

受け皿の上に3の型を逆さまに置いてください。
盛り塩が崩れないように静かに型を外します。


きれいに型から塩が外れたら、盛り塩の完成です。

盛り塩の形にも意味がある? 

盛り塩は円錐形が一般的な形とされています。
これは型がなくても誰にでもきれいな形に作ることができるためです。
例えるなら、富士山のような形だと言えばお分かりになられるかと思います。

その他にも、風水での運気アップの形に八角錐や三角錐があります。
八角錐は八方位のすべてから運気アップの気流が流れてくるといわれます。

三角錐の盛り塩を作る地域として有名なのが伊勢の御塩殿神社(みしおどのじんじゃ)です。
毎年10月に行われる神事・御塩殿祭には三角錐の盛り塩が奉納されます。
伊勢の御塩殿神社周辺では盛り塩は三角錐の形をしています。

盛り塩の形には決まりはありません。
自分の好みに合わせた形を作って運気を上げてください。

盛り塩の置き場所と置き方

盛り塩の置く場所は家の中ならどこでもいいという訳ではありません。
正しい置き場所と置き方を知っておきましょう。

玄関

玄関ドアの外側に一対になるように置きます。
外から持ち帰った厄を払い、家の中に厄が入らないようにします。

トイレ内の出窓に置きます。
トイレは陰の気が集まる体調を乱しやすい場所です。
窓がないトイレの場合は、物陰に隠れるような所には置かないようにしましょう。

水が跳ねる所は盛り塩を避けて置く

リビング

リビングは家族が集うくつろぎの空間です。
家族が目につきやすい場所に置くことで家族のきずなが深まります。
床の間の場合は掛け軸をかけた時に中心にあたる所に置きます。

キッチン

キッチンの出窓に置きましょう。
火(陽)と水(陰)の相反する気が混同しているキッチンの凶作用を和らげます。
出窓がない場合は、作業台の上などに置きます。

会社の玄関・デスク

会社の玄関に置くことで邪気が会社に流れ込むことを防ぎます。
デスクに置くことで仕事運アップがします。
自分のデスクの風通しの良い邪魔にならない所に置きましょう。

盛り塩の置き場所の注意点

困った人々

風水で重要な要素の一つに方角があります。
家の中の中心と東西南北の方角を知ることで邪気が家の中に入り込む対策を行います。
ただし、間違った盛り塩の置き方をすると運気が下がるため注意が必要です。

鬼門の方角を知っておこう

鬼門は、北と東の間つまり北東の方角を指します。
古来より北東の方角からは鬼や邪気などの災厄が来るとされていました。
そのため「鬼が出入りする入口」と言う意味で鬼門と呼びます。

盛り塩を鬼門の方角に置くことで鬼門から流れ込む邪気を防ぎます。
しかし、鬼門以外の方角からは良い気が流れ込んでくるので鬼門以外に盛り塩を置くと
良い気の流れが妨害されて家の中に邪気が澱んでしまうので注意が必要です。

日本の住宅事情で鬼門の方角には玄関、トイレ、キッチンがある家が多いです。
玄関が鬼門の方角に向いているとそこから邪気が流れ込んで来るので、
玄関に盛り塩を置くことで邪気の流入を防ぎます。

トイレ、キッチンは水の性質(陰)を司ります。
陰の気を司るトイレ、キッチンが鬼門の方角にあると、邪気を帯びて運気を下げる原因になります。

盛り塩セットのご紹介

今ではネットショップなどできれいな盛り塩を作るセットが売られています。
各メーカーの盛り塩セットは素材から製法まで宮師が心を込めて作る逸品ばかりです。

風水のラッキーカラーの受け皿やこだわりの盛り塩型など様々なセットがあります。
あなたのお好みに合わせて選んでください。

正しい盛り塩の捨て方

交換時期

盛り塩は邪気をどんどん吸収していきますが、時間が経つにつれて
運気が下がる原因の一つになってしまいます。

盛り塩は置いてから1週間に一度は新しく交換してください。
また、盛り塩の色が変色したり、溶けた場合は日にちに限らずにすぐに新しい盛り塩に交換してください。

捨て方

盛り塩を捨てるときは可燃ごみとして捨ててください。
台所シンクに水と一緒に流し洗いをすると吸収した邪気が水のように澱んで、家に留まります。

また、生ごみと一緒にすると生ごみから発する邪気と合わさり、さらなる邪気となります。
生ごみと一緒の袋に捨てない、ゴミ出し曜日に合わせてすぐに捨てるなどの対策が必要です。

再利用しない

盛り塩を料理に使ったり、バスソルトとしてお風呂に使うことも止めましょう。
せっかく吸収した邪気を再び身体の中に取り込むことになります。

バスソルトとしてお風呂に入れることも同じ理由でおすすめできません。
新しい塩か専用のバスソルトには浄化パワーを宿しているので、お風呂にはそれらを使ったほうが運気アップにつながります。

盛り塩の作り方と捨て方のポイント

いかがだったでしょうか。
簡単にできる開運アップのアイテムの中にも盛り塩にもルールがあり、
間違った使い方をすると運気が下がることに驚きました。

作り方のポイントは
➀塩は天然塩を使う。
②受け皿は無地のものを使う。

処分のポイントは
➀盛り塩はこまめに交換する。
②古い盛り塩はすぐに捨てる。
③古い盛り塩の再利用はしない。
これ以外は特に決められたルールはありません。

使い方を知っておくと誰でも手軽にできる開運と厄払いの方法なので
ぜひあなたも試してみてください。

「盛り塩・セット」に関連する記事

「盛り塩・セット」についてさらに知りたい方へ

  • 盛り塩を置く場所が正しければ運気がアップする?のサムネイル画像

    盛り塩を置く場所が正しければ運気がアップする?

    盛り塩とは、家庭の玄関やトイレなどの水回り付近に盛る塩のことをさします。この盛り塩には、厄除け・魔除け・邪気払い・招貴人(チャンスを与える人を招く)の意味を持つとされています。そこで、開運につながる正しい盛り塩のやり方をご紹介いたします。

  • 盛り塩の「効果」とその「処分方法」は?「交換時期」も教えますのサムネイル画像

    盛り塩の「効果」とその「処分方法」は?「交換時期」も教えます

    盛り塩の効果をご存知ですか?そして盛り塩の処分の仕方も気になりますよね。盛り塩には邪気を払い、人を呼び寄せる効果があります。そして盛り塩の処分の仕方についてはやってはいけない事もあるようですので、ぜひご注意ください。盛り塩の交換時期についてもお伝えいたします。

  • 逆効果にならないような、正しい盛り塩の扱い方のサムネイル画像

    逆効果にならないような、正しい盛り塩の扱い方

    盛り塩は玄関先や店舗の入り口などに置かれるもので、見かけたことがある方も多いはずです。厄除や魔除けの効果がある反面、その方法を間違えると逆効果にもなります。正しい盛り塩の置き方を理解して清く過ごす方法のご紹介です。

  • 盛り塩のやり方?意外と知らない盛り塩の基本のサムネイル画像

    盛り塩のやり方?意外と知らない盛り塩の基本

    家を清めるために盛り塩を置く方も増えてきているかと思います。盛り塩に使う塩について。盛り塩の置く場所、形、使うお皿など盛り塩のやり方について書いていきます。やり方

  • 盛り塩の作り方を紹介します。100均で簡単に作れる?のサムネイル画像

    盛り塩の作り方を紹介します。100均で簡単に作れる?

    お店に行ったときに、入口に小皿に乗ったピラミッド型の塩の山を見たことがありませんか?盛り塩と言われるものですが、いったい何のために置かれているのでしょうか?その意味や作り方を紹介します。作り方も簡単なので、自分で盛り塩を作ってみましょう。

  • 知っておくべき日本の文化!盛り塩の作り方とお皿についてのサムネイル画像

    知っておくべき日本の文化!盛り塩の作り方とお皿について

    盛り塩とは、邪気払いや運気を上げるものとして古くから伝わる日本の伝統です。飲食店や販売店、また個人宅の玄関先でお皿に盛られた塩をご覧になった方も多いのではないでしょうか?今回は、盛り塩を置く意味や作り方、またお塩の受け皿の色や形についてご紹介します。

  • お墓参りに清めの塩は必要なの?宗教ごとの塩に対する考え方も紹介のサムネイル画像

    お墓参りに清めの塩は必要なの?宗教ごとの塩に対する考え方も紹介

    お葬式やお通夜に参列した際に貰える「お清めの塩」ですが、お墓参りをする時にも塩は必要なのか疑問に思ったことはありませんか? また、宗教ごとにお清めの塩に対する考え方が異なります。 この記事では、お清めを目的とする塩とお墓参りについて詳しく解説していきます。

  • 葬式の後の清め塩と意味とマナーについて説明しますのサムネイル画像

    葬式の後の清め塩と意味とマナーについて説明します

    お葬式に会葬すると、お礼状といっしょに清め塩が配られます。清め塩は、死の穢れや邪気を祓うために、体に振りかけます。足下だけに振りかける人もいますが、葬式の清め塩には正式なマナーがあります。この記事を読んで、清め塩の正しいマナーを身につけましょう。

  • お葬式で渡される清めの塩 正しい使い方知ってる?のサムネイル画像

    お葬式で渡される清めの塩 正しい使い方知ってる?

    お葬式で会葬のお礼状と一緒に渡される塩。この塩の正しい使い方や、お葬式で渡される意味を知っていますか?今回は、この塩の事についてご紹介します。

  • 教えましょう!神棚の祀り作法と塩の使い方!のサムネイル画像

    教えましょう!神棚の祀り作法と塩の使い方!

    今回は、神棚をご家庭で祀ってみようと思っている方必読です。最近はホームサンタ―でも神棚のキットが結構置いてありますが、そこに『お塩』などをお供えするのを知っていますか?しかしお塩は、どのような種類を使えばよいのでしょうか。まずは作法から覚えて行きましょう。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

シェアする

関連する記事

「盛り塩・セット」についてさらに知りたい方へ

盛り塩を置く場所が正しければ運気がアップする?のサムネイル画像

盛り塩を置く場所が正しければ運気がアップする?

盛り塩の「効果」とその「処分方法」は?「交換時期」も教えますのサムネイル画像

盛り塩の「効果」とその「処分方法」は?「交換時期」も教えます

逆効果にならないような、正しい盛り塩の扱い方のサムネイル画像

逆効果にならないような、正しい盛り塩の扱い方

盛り塩のやり方?意外と知らない盛り塩の基本のサムネイル画像

盛り塩のやり方?意外と知らない盛り塩の基本

盛り塩の作り方を紹介します。100均で簡単に作れる?のサムネイル画像

盛り塩の作り方を紹介します。100均で簡単に作れる?

知っておくべき日本の文化!盛り塩の作り方とお皿についてのサムネイル画像

知っておくべき日本の文化!盛り塩の作り方とお皿について

お墓参りに清めの塩は必要なの?宗教ごとの塩に対する考え方も紹介のサムネイル画像

お墓参りに清めの塩は必要なの?宗教ごとの塩に対する考え方も紹介

葬式の後の清め塩と意味とマナーについて説明しますのサムネイル画像

葬式の後の清め塩と意味とマナーについて説明します

お葬式で渡される清めの塩 正しい使い方知ってる?のサムネイル画像

お葬式で渡される清めの塩 正しい使い方知ってる?

教えましょう!神棚の祀り作法と塩の使い方!のサムネイル画像

教えましょう!神棚の祀り作法と塩の使い方!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

盛り塩の「効果」とその「処分方法」は?「交換時期」も教えますのサムネイル画像

盛り塩の「効果」とその「処分方法」は?「交換時期」も教えます

1
水引アクセサリーの簡単な作り方!和服にも合う結び方を紹介!のサムネイル画像

水引アクセサリーの簡単な作り方!和服にも合う結び方を紹介!

2
礼服のポケットのふたとポケットチーフについて紹介します。のサムネイル画像

礼服のポケットのふたとポケットチーフについて紹介します。

3
お参りとお詣りの意味の違い~神社は?お寺は?のサムネイル画像

お参りとお詣りの意味の違い~神社は?お寺は?

4

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと