ご葬儀の時に慌てないアクセサリーのマナー

故人とのお別れの時間を過ごすご葬儀の場で、故人を偲び、ご遺族と悲しみを分かち合う時。その場に合う装いはとても大切です。しかし、大切だからとアクセサリーで身を飾るのは相応しくない場です。今回は、ご葬儀の場で失礼にならないアクセサリーの身に着け方をご紹介します。

目次

  1. 葬儀の服装によってアクセサリーは違います
  2. 洋装時のアクセサリーマナー
  3. 和装時のアクセサリーマナー
  4. 葬儀でアクセサリーを着ける様になったのは
  5. アクセサリー以外の葬儀マナー
  6. 葬儀のアクセサリーは、故人を偲ぶ想い

葬儀の服装によってアクセサリーは違います

葬儀

葬儀の際、基本的な装いは黒です。
そして、華美なアクセサリーを避けるのが一般的なマナーと言われています。
また、服装によって葬儀の時のアクセサリーのマナーに違いがあるのをご存知しょうか?

洋装時のアクセサリーマナー

仏式、キリスト教式、神式。
どのご葬儀の形であっても、洋装で参列する方が一番多いと思います。
その時、アクセサリーはどんなものをつけたらよいか、失礼にならないのはどんなアクセサリーなのか、迷う時はありませんか?
では、洋装で葬儀に参列する時のアクセサリーのマナーは、どんな事に注意が必要かをご紹介致します。

葬儀のアクセサリーは真珠

葬儀の時に身に着けるアクセサリーといえば、唯一許されているのが真珠です。
では、何故真珠だげが着用を許されているのでしょうか?
それは、真珠が別名「月の涙」と呼ばれる事に所以があるようです。
現在のイギリス女王が、チャーチルの葬儀に参列した際に、真珠のアクセサリーを身に着けた事が始まりという説もあります。

真珠のネックレスは一連のものを身に着ける

葬儀の場で、二連のネックレスを身に着けるのは、「不幸が重なる」事を連想させるので、必ず避けましょう。
長さにも心配りが重要です。
葬儀に参列するときに身に着けるのは、鎖骨あたりにネックレスがくる40cm前後のものを選びしょう。
長すぎるアクセサリーは華やかさが強調されるので、お悔やみの席には相応しくないとみなされます。
華美にならないのであれば、一粒タイプのネックレスでも良いように思われるかもしれませんが、使用するチェーンのシルバーやゴールドがマナー違反と思われてしまう事がありますので、そのようなデザインのアクセサリー着用は避けた方がよいでしょう。

真珠の形と色にもマナー

真珠は、色や大きさや形も様々で、そこが魅力でもある宝石です。
しかし、葬儀の際に身に着ける真珠のアクセサリーは、華美になるのを避けたいものです。
欠けのない丸いもので、色は白・黒・グレーを選びましょう。
バロック型真珠のアクセサリーは遊びの要素が感じられるため、厳粛な葬儀の場では控えるようにします。

大きさにも心配りをもつ事が大切

また、葬儀の時に身に着ける真珠の大きさは7~8mmが理想的です。
それ以上大きいアクセサリーは華美になりやすく、反対に小さくなるとカジュアルな印象になってしまいます。
葬儀は自分を引き立てる必要はありませんので、アクセサリーも控えめにします。

葬儀のアクセサリーでのイヤリングやピアス

お店などでは、ネックレスとイヤリングをセットにして真珠のアクセサリーを販売しているところも多いので、葬儀の場でもつい両方とも着用しなくてはいけないのかと思いがちです。
しかし、実は耳への宝飾品は身につけなくても全く問題はありません。
もしも身に着ける場合には、アクセサリーの金具部分が正面から見えないデザインを選びます。
また、金具の色がシルバーを選びましょう。
できれば、イヤリングが良いとするところもあるようですが、どうしてもピアスを着用したい場合には、同じくアクセサリーの金具部分が正面から見えない、金属の色がシルバーカラーのものを選ぶようにしましょう。
耳から垂れ下がるタイプは、金具部分がキラキラとしたり真珠の揺れる様子が遊びを感じさせますので、イヤリングでもピアスでも葬儀の場では着用を避けます。

和装時のアクセサリーマナー

和装は近親者が着用することが多い

もう一つの服装として、和装があります。
和装で葬儀に参列するのは、主に喪主・親族などの故人との関係が近い人になります。
目安は、故人と故人の配偶者の父母、祖父母、子、孫、曾孫とその配偶者、兄弟姉妹、甥姪、故人の兄弟姉妹の配偶者、故人のおじ、おばとその配偶者までの三親等の親族です。
もともと、和装のアクセサリーは、帯留めやかんざしでしょう。
しかし、葬儀の場で目立つものは、もちろん見当たりません。
では、和服で葬儀へ参列する時、アクセサリーのマナーはどうなっているのでしょうか?

和装では、アクセサリーはつけない

葬儀に参列する際、和装の場合はアクセサリーを身に着けないというマナーをご存知でしたか?
身に着けても良いとされているアクセサリーは、結婚指輪と婚約指輪のみと言われています。
また髪型についても、ロングヘアーの方の場合はまとめ髪にするのが一般的と言われています。
その時は低い位置で、なるべく小さく髪をまとめてから、目立たないピンなどで留めるようにします。
ここでも、葬儀の場であることを意識して、華やかさが出ないよう心配りが大切になります。

葬儀でアクセサリーを着ける様になったのは

このように、洋装と和装ではアクセサリーについて違いがあります。
もともと、葬儀の席で身を飾る必要はないという考えが主だったようです。
では、何故葬儀の服装で洋装を着る時は、アクセサリーを着けるようになったのでしょうか?

洋装とアクセサリー

欧米のマナーでは、洋装の正装はアクセサリーを着けて完成するという考え方があります。
葬儀の時にも、アクセサリーを着けないで参列するのは好ましくないようです。
日本では、洋装の文化が入ってから葬儀にも洋装を身に着けるようになりました。
ただ、元々の文化である和装ではアクセサリーを着けない習慣でしたので、その名残から真珠の一連ネックレスをつけるという、華美を避ける習慣が生まれたようです。

アクセサリー以外の葬儀マナー

このように、キラキラと輝くようなアクセサリーは、葬儀の場には相応しくないとされています。
ダイヤモンドやカラーストーンのジュエリーは身に着けないようにしましょう。
金属が見えてしまうデザインも、マナー違反になります。
さらにアクセサリー以外で、葬儀の際にはどんな事に気をつけたらよいのでしょうか?

葬儀の時に持つ小物選びにもマナー

葬儀の時には、アクセサリー以外にバックや靴などにも心配りが必要です。
バックであれば、金具などが、アクセサリーのように華やかではない、布・革製とも光沢のない黒いものを選ぶようにします。
特に革製のバックはエナメルやクロコのような、華やかな素材は葬儀の場では避けましょう。

葬儀の時の髪型のマナー

ショートヘアーの方は、そのままでも良いと思います。
ロングヘアーやセミロングヘアーの方は、耳が見えるようにまとめておくのが良いでしょう。
葬儀で、お辞儀をする時に髪の毛が顔に掛らない為やご焼香の時に髪がお香に掛らないようにする為です。
葬儀の場なので、髪に飾るアクセサリーも華美なものは避けます。
金属製のアクセサリーはもちろんですが、リボンも大きすぎるものは着けないようにします。

葬儀のアクセサリーは、故人を偲ぶ想い

葬儀

葬儀に参列するときに大切なのは、故人を偲ぶ想いでしょう。
葬儀でのアクセサリーは、自分を引き立てる為ではなく、故人とのお別れを想う気持ちを表す一つの表現方法でしょう。
手向けの想いを真珠のアクセサリーに込めて参列されるのは、故人への何よりのご供養になるかもしれませんね。

「葬儀・アクセサリー」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

    葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくら必要なのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。逆に安いからと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまうこともあります。もちろん安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、その全てをご紹介しましょう。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説のサムネイル画像

    葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5

シェアする

関連する記事

「葬儀・アクセサリー」についてさらに知りたい方へ

葬儀でイヤリングはつける?アクセサリーのマナーについて解説!のサムネイル画像

葬儀でイヤリングはつける?アクセサリーのマナーについて解説!

どんなものを付ければ良い?喪服に相応しいアクセサリーとはのサムネイル画像

どんなものを付ければ良い?喪服に相応しいアクセサリーとは

葬儀に参列するとき、ふさわしいネックレスはどんなもの?のサムネイル画像

葬儀に参列するとき、ふさわしいネックレスはどんなもの?

葬儀用のネックレスの選び方とは?選ぶ時の注意点も解説します!のサムネイル画像

葬儀用のネックレスの選び方とは?選ぶ時の注意点も解説します!

遺骨アクセサリーについてその実態や注意点などを解説!のサムネイル画像

遺骨アクセサリーについてその実態や注意点などを解説!

葬儀の場で親族が知っておくべきことを全て解説します。のサムネイル画像

葬儀の場で親族が知っておくべきことを全て解説します。

アクセサリーにほんの少し遺骨を入れて得られる心の安らぎのサムネイル画像

アクセサリーにほんの少し遺骨を入れて得られる心の安らぎ

四十九日法要にネックレスはつけてもいい?選び方の注意点も解説!のサムネイル画像

四十九日法要にネックレスはつけてもいい?選び方の注意点も解説!

法事にピアスは付けてもいい?イヤリングやネックレスについても解説のサムネイル画像

法事にピアスは付けてもいい?イヤリングやネックレスについても解説

法事にパールのイヤリングは着ける?指輪やネックレスについても解説のサムネイル画像

法事にパールのイヤリングは着ける?指輪やネックレスについても解説

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説のサムネイル画像

葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5

関連する記事

「葬儀・アクセサリー」についてさらに知りたい方へ

葬儀でイヤリングはつける?アクセサリーのマナーについて解説!のサムネイル画像

葬儀でイヤリングはつける?アクセサリーのマナーについて解説!

どんなものを付ければ良い?喪服に相応しいアクセサリーとはのサムネイル画像

どんなものを付ければ良い?喪服に相応しいアクセサリーとは

葬儀に参列するとき、ふさわしいネックレスはどんなもの?のサムネイル画像

葬儀に参列するとき、ふさわしいネックレスはどんなもの?

葬儀用のネックレスの選び方とは?選ぶ時の注意点も解説します!のサムネイル画像

葬儀用のネックレスの選び方とは?選ぶ時の注意点も解説します!

遺骨アクセサリーについてその実態や注意点などを解説!のサムネイル画像

遺骨アクセサリーについてその実態や注意点などを解説!

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと