老人扶養控除について【わかりやすく】解説!知らないと損する?

扶養控除をすると得することがたくさんあるのをご存知ですか?特に、70歳以上のご両親や親族がいるご家庭のみなさん!老人扶養控除の申告をしていますか?老人扶養控除を知って今年は得をしちゃいましょう。

目次

  1. 確定申告とは?
  2. 確定申告を行う人
  3. 確定申告の時期と場所は?
  4. 老人扶養控除とは?
  5. 老人扶養控除を受けるための条件とは?
  6. では、このようなケースの場合は?
  7. 老人扶養控除を賢く行い節税を。

確定申告とは?

困った人々

老人の扶養控除の説明をする前に、扶養控除等と密接な関係にある税務署が行う「確定申告」についてお話します。確定申告とは、日本国憲法で決められている三大義務の1つ「第30条納税の義務」により、毎年1月1日から12月31日までの全ての収入を申告・納税しなくてはならず、この手続きのことをいいます。

確定申告を行う人

確定申告を行う人は、個人事業主や年金受給者、2か所以上の事業所で収入を得ている人などで、一般的に会社勤務の給与所得者は、会社が税務署に申告し年末調整を行っているので、自分では行いません。しかし、給与所得者の中でも、年間の医療費が10万円を超えたり、住宅ローン控除を初めて受けたりする場合などには、確定申告を行います。

確定申告の時期と場所は?

毎年2月16日~3月15日までで、確定申告をする場所は各住居地を管轄す税務署です。各自治体毎に相談窓口を設けたり、国税庁ホームページで作成して郵送出来たり、今は大変便利になっているので、確定申告がしやすくなっていますね。

老人扶養控除とは?

人々

一定の条件基準を満たした70歳以上の老人を扶養している納税者が老人扶養控除を受けることができる制度で、一般的な扶養控除額より厚遇された控除額となっています。同居している場合や同居していないが毎月仕送りをしている場合、入居している施設などに費用の支払いをしている場合には、控除が受けられます。

老人扶養控除を受けるための条件とは?

老人扶養控除を受けるには、以下項目を全て満たすことが条件となります。

1. 70歳以上の老人扶養親族であること

老人扶養親族とは、配偶者以外の6親等以内の血族、および3親等以内の姻族(婚姻によって親族となった人)で、確定申告の対象となる年の12月31日現在、年齢が70歳以上の老人であることが必要です。

2. 年間の所得が38万円以下であること

老人扶養親族の年間の合計所得が38万円以下の場合に適用されます。

3. 納税者と生計を一にしていること

同居や別居に関わらず納税者が生活費を負担している場合には、老人扶養控除が適用されます。特に別居している場合は、常に生活費や療養費等の送金が行われており、それにより老人扶養親族の生計が維持されていることが必要です。但し、法令上は証明書など提出する必要はありませんが、銀行振込や現金書留などで送金している時は事実関係を確認する意味でも振込票や書留の写しなどの提出をすることをお勧めします。

4. 事業専従者でないこと

ちょつと難しい言葉ですが、事業専従者とは個人事業主のことをいい、青色申告や白色申告で確定申告を行う方は、老人扶養控除の対象にはなりませんので、注意しましょう。

では、このようなケースの場合は?

人間が生活していく上では、色々な出来事がでてきますね。では、次のようなケースの場合はどうすればよいのでしょうか?

母親の生活費を兄弟で負担している場合

兄弟で折半など負担している場合は、重複控除はできませんので、兄か弟のどちらか一方が扶養控除の申告をすることなります。老人扶養控除を受ける場合は、兄弟間でよく話し合い、後々、金銭問題にならない様にご注意ください。

老人扶養親族が年金受給者の場合

年金は給与所得ではなく、雑所得になりますので、公的年金控除が適用されます。例えば、年金額が158万円の場合。公的年金控除額が最高120万円なので、158万円-120万円=38万円となり、年金額が158万円以下の場合には、老人扶養控除が受けられます。また、旦那さんを亡くした母親が遺族年金を受けている場合にも取扱いは同じになります。

年の途中で、老人扶養親族になった場合

夫と妻と夫婦二人で住んでいたが、年の途中で夫が亡くなり子供世帯と同居をし、老人扶養親族になった場合は、夫が死亡した時点では「配偶者控除」の対象で、年末調整時には子供さんの「老人扶養控除」の対象となります。

同居しているが長期入院している場合

では、同居はしているものの療養により1年以上長期入院している場合は、どうでしょうか?老人ホーム等に入所している場合を除き、同居に該当します。国税庁ホームページには次のようになっています。

※5 「同居」については、病気の治療のため入院していることにより納税者等と別居している場合は、その期間が結果として1年以上といった長期にわたるような場合であっても、同居に該当するものとして取り扱って差し支えありません。ただし、老人ホーム等へ入所している場合には、その老人ホームが居所となり、同居しているとはいえません。

入院費もかなりの出費があるので、老人扶養控除を賢く使いましょう!

70歳以上の夫婦世帯では?

老人扶養控除の年齢が70歳以上と決まっていますが、妻はあくまで配偶者なので、夫婦二人の場合妻が70歳を過ぎていても「配偶者控除」扱いになります。

老人扶養控除を賢く行い節税を。

人々

老人扶養控除についての紹介をしましたが、いかがでしたか。老人扶養控除を行うには、色々な条件がありますが、該当すれば控除額が増え、税金が安くなったり、還付金が戻ってきたりと良いこと尽くめ。面倒がらずに会社に申告書を提出し年末調整したり、自分で確定申告をしたりしてみましょう。年明けのお小遣い稼ぎになりますよ。

「老人・扶養・控除」に関連する記事

  • 老人扶養親族の所得控除とは?親族との同居の有無のサムネイル画像

    老人扶養親族の所得控除とは?親族との同居の有無

    「老人扶養」とは、自立して生活できない者の為に親族などが面倒を見る事ですが、皆さんのご両親が年老いたらどうしますか?元気なうちに子供たち親族で扶養するにはどうすればいいのでしょうか。今回は他人事じゃない「老人扶養」について詳しく見て行きたいと思います。

  • 遺族年金の確定申告は必要なの?年金にかかる税金について一挙紹介のサムネイル画像

    遺族年金の確定申告は必要なの?年金にかかる税金について一挙紹介

    大事な方が残した遺族年金や自分がもらう年金には税金はかかるのでしょうか? 今回は遺族年金を始めとした年金にかかる税金とその手続きである確定申告を解説します。 また、遺族年金の受給者を扶養にした時の注意点や確定申告が不要となる条件についてもお話ししていきます。

  • 葬儀代は確定申告できる?相続税の控除対象や準確定申告の方法も解説のサムネイル画像

    葬儀代は確定申告できる?相続税の控除対象や準確定申告の方法も解説

    身内の方が亡くなったとき、葬儀費用や相続にまつわる問題は非常に重くのしかかってきます。しかし、実は相続税の確定申告の際に葬儀代を申告できるというのはご存知でしょうか?今回は葬儀代の確定申告の方法を、相続税の控除や所得税の準確定申告とともに見ていきます。

  • 葬儀代は確定申告できない?相続税控除の対象項目についても解説!のサムネイル画像

    葬儀代は確定申告できない?相続税控除の対象項目についても解説!

    莫大な費用となることが一般的な葬儀代ですが、葬儀関係のお金となると相続税の確定申告をどのようにすればいいのかが気になる方も多いでしょう。実は葬儀代は確定申告ができないという話がよく聞かれます。葬儀代と相続税の確定申告の関係を控除対象とともに見ていきましょう。

  • 相続税控除の対象の葬儀代とは?対象にならない項目や確定申告までのサムネイル画像

    相続税控除の対象の葬儀代とは?対象にならない項目や確定申告まで

    故人のために葬儀を行う際に大きな問題となりがちなのが葬儀代です。しかし、この葬儀代、実は税金で控除の対象となるということをご存知でしょうか?このことを知っているだけでも大きな違いがあるといって良いでしょう。今回は葬儀代で控除となる項目についてご紹介します。

  • 墓石に雑損控除を利用することは可能?災害減免法との違いも紹介!のサムネイル画像

    墓石に雑損控除を利用することは可能?災害減免法との違いも紹介!

    雑損控除とは地震や災害が起きたときに所得税の負担を軽減する制度です。今回は地震で墓石が破損したときの雑損控除について解説します。そもそも墓石に雑損控除を利用できるのかだけでなく、雑損控除と災害減免法による所得税の軽減との違いまでわかりやすくご説明します。

  • 介護保険料の控除について解説!初心者にもわかりやすい!のサムネイル画像

    介護保険料の控除について解説!初心者にもわかりやすい!

    所得を得ると税金を支払わなければなりませんが、余分な税金は納めたくありませんよね。介護保険料は、生命保険や個人年金保険料と同様に税金から控除を受けられます。しかし介護保険料や控除について、あまり詳しくない方も多いと思いますので、今回はその解説をいたします。

  • 納骨代は相続税で差し引きされる?相続税の考え方を解説します!のサムネイル画像

    納骨代は相続税で差し引きされる?相続税の考え方を解説します!

    平成27年相続税法が改正され、基礎控除額が大きく減額されたことによって、相続税の申告が必要となる人が増えました。 相続税を正しく申告するためにも控除について知りたい方必見です。 葬式費用は控除されると聞いたけど納骨代は? 納骨代も葬式費用に含まれるのでしょうか?

  • 税金で控除される葬儀費用の項目とは?対象にならない項目も解説!のサムネイル画像

    税金で控除される葬儀費用の項目とは?対象にならない項目も解説!

    葬儀費用と税金の関係について詳しくご存知ない方もいらっしゃるでしょう。 今回、終活ねっとでは、税金で控除される葬儀費用の項目について解説していきます。 税金の控除対象にならない項目もありますので、葬儀費用と税金の関係について確認してみてください。

  • 老人ホームでも家族葬は可能?葬儀の流れやかかる費用、注意点を解説のサムネイル画像

    老人ホームでも家族葬は可能?葬儀の流れやかかる費用、注意点を解説

    近年家族葬を選択する人が増えています。ところで、老人ホームでの家族葬は可能なのでしょうか?葬儀はどのように行うのでしょうか?老人ホームでの家族葬について、詳しくご紹介していきます。費用についても見ていきますので、ぜひ参考にしてください。

ランキング

  • 終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!のサムネイル画像

    終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!

    終活のことを調べた時にエンディングノートという言葉を目にする方も多いのではないでしょうか?エンディングノートとはいったい何のことでしょう。そこでこの記事では、終活に使うエンディングノートの意味と書き方などをご紹介します。

    1
  • 20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とはのサムネイル画像

    20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とは

    近年よく耳にするようになった「終活」という言葉。20代から終活を始めるという人もいるのです。20代から終活を始める意義とは何なのでしょうか?どのような内容にすればよいのでしょうか?20代からの終活について考えてみましょう。

    2
  • 終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!のサムネイル画像

    終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!

    今、終活で話題になっている墓友と言う言葉をご存知ですか。墓友とは、さまざまな事情から一人でお墓に入る予定の人が集まり、永代供養墓などに一緒に入る友達のことを言います。仲の良い友達とお墓に入ることは終活でお墓を考えるとき、新しい形態と言えるでしょう。

    3
  • 今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!のサムネイル画像

    今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!

    最近では終活準備を行う方が多くなってきています。自分も終活準備を行いたいと思っているけど何から始めたらよいかわからないという方もおられることでしょう。そこで終活で何を準備すればよいのかなどを詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

    4
  • 終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介しますのサムネイル画像

    終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介します

    終活という言葉は定着したものの、ご自分の終活の取り組みは何から始めればよいのか?迷ってしまう方は多いかもしれません。そんな時におすすめなのが終活セミナーです。この記事では終活セミナーの内容や主な開催団体について詳しく紹介します。

    5

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「老人・扶養・控除」についてさらに知りたい方へ

老人扶養親族の所得控除とは?親族との同居の有無のサムネイル画像

老人扶養親族の所得控除とは?親族との同居の有無

遺族年金の確定申告は必要なの?年金にかかる税金について一挙紹介のサムネイル画像

遺族年金の確定申告は必要なの?年金にかかる税金について一挙紹介

葬儀代は確定申告できる?相続税の控除対象や準確定申告の方法も解説のサムネイル画像

葬儀代は確定申告できる?相続税の控除対象や準確定申告の方法も解説

葬儀代は確定申告できない?相続税控除の対象項目についても解説!のサムネイル画像

葬儀代は確定申告できない?相続税控除の対象項目についても解説!

相続税控除の対象の葬儀代とは?対象にならない項目や確定申告までのサムネイル画像

相続税控除の対象の葬儀代とは?対象にならない項目や確定申告まで

墓石に雑損控除を利用することは可能?災害減免法との違いも紹介!のサムネイル画像

墓石に雑損控除を利用することは可能?災害減免法との違いも紹介!

介護保険料の控除について解説!初心者にもわかりやすい!のサムネイル画像

介護保険料の控除について解説!初心者にもわかりやすい!

納骨代は相続税で差し引きされる?相続税の考え方を解説します!のサムネイル画像

納骨代は相続税で差し引きされる?相続税の考え方を解説します!

税金で控除される葬儀費用の項目とは?対象にならない項目も解説!のサムネイル画像

税金で控除される葬儀費用の項目とは?対象にならない項目も解説!

老人ホームでも家族葬は可能?葬儀の流れやかかる費用、注意点を解説のサムネイル画像

老人ホームでも家族葬は可能?葬儀の流れやかかる費用、注意点を解説

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!のサムネイル画像

終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!

1
20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とはのサムネイル画像

20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とは

2
終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!のサムネイル画像

終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!

3
今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!のサムネイル画像

今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!

4
終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介しますのサムネイル画像

終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介します

5

関連する記事

「老人・扶養・控除」についてさらに知りたい方へ

老人扶養親族の所得控除とは?親族との同居の有無のサムネイル画像

老人扶養親族の所得控除とは?親族との同居の有無

遺族年金の確定申告は必要なの?年金にかかる税金について一挙紹介のサムネイル画像

遺族年金の確定申告は必要なの?年金にかかる税金について一挙紹介

葬儀代は確定申告できる?相続税の控除対象や準確定申告の方法も解説のサムネイル画像

葬儀代は確定申告できる?相続税の控除対象や準確定申告の方法も解説

葬儀代は確定申告できない?相続税控除の対象項目についても解説!のサムネイル画像

葬儀代は確定申告できない?相続税控除の対象項目についても解説!

相続税控除の対象の葬儀代とは?対象にならない項目や確定申告までのサムネイル画像

相続税控除の対象の葬儀代とは?対象にならない項目や確定申告まで

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと