老後に残しておきたい貯金。今どきの日本の平均額

日本は医学の進歩や食生活の向上で、平均寿命が伸び、高齢でも働く人が増えてきています。年金支給年齢がもっと引き上げられるという話も聞きます。では老後に残しておかなければいけない貯金は平均いくらあればいいのでしょうか?老後に必要な貯金の話をします。

目次

  1. 老後って何歳から?
  2. 貯金平均3000万というけれど本当?
  3. 平均貯金額にするには地道が大事
  4. 老後の貯金の使い道。
  5. 平均貯金額がなくてもなんとかなるさ
  6. 終活の専門家に相談してみよう

老後って何歳から?

人々

年金支給が始まる時が老後生活のはじまりでしょうか?
それとも退職したときでしょうか?年金プラス貯金で働かなくても十分暮らしていけるようになった時が始まりでしょうか?
60歳で定年をむかえると65歳までどうやって生活していけばいいのでしょうか?貯金はいくらあれば年金支給まで繋ぐことができるのか?年金支給のその後は?

貯金平均3000万というけれど本当?

保険・相続

TVなどの特集で「老後の生活にいくらお金がかかるのか?いくら貯金があればいいのか?」というのを見かけます。ごく一般的な夫婦の世帯を想定しているので、必ず自分が3000万必要というわけではありません。
平均3000万という数字は、一般的な夫婦の世帯の生活費や介護費用、葬式代など、想定するものすべてを含めた数字のようです。
自分が貰えるであろう年金額、家があるのか賃貸なのかなど、細かく生活スタイルを見直して、計算したほうがいいです。

退職したら年金はすぐもらえるの?

2013年度から年金支給開始年齢が65歳への段階的引き上げが始まりました。60歳から支給されるのは厚生年金の部分だけです。すべての部分が支給されるのは65歳からです。
60歳で退職したら65歳までどうしたらいいのでしょうか?

老後の始まり65歳までどうしたらいいのか

60歳で退職したら?平均貯金額に届くの?

男性は昭和36年4月1日以前に生まれた方は65歳になる前に厚生年金が受け取れます。女性は昭和41年4月1日以前に生まれた方です。
でも、金額はわずかです。とてもそれだけを頼って生活はできません。何らかの方法で収入を得ないといけません。
2013年4月2日以降に60歳を迎える人は厚生年金が段階的にはでません。65歳まで待つしかないのです。65歳まで生活費すべての収入を得なければいけません。

65歳まで延長したら?再就職したら?

60歳で退職しないで65歳まで延長しても以前の給料とおなじ金額はもらえません。減額されます。激減すると言われています。
又働いていた部署が第一線から外れることとなるでしょう。第一線から退いて退職までのんびり働こう、と思える人はいいですが、今までバリバリ働くのに生きがいを感じていた方は物足りなく感じそれによってストレスも生まれます。
会社がどう受け入れてくれるのかにもよります。

平均貯金額にするには地道が大事

人々

平均貯金額の厳しい現実

体は高齢になっていくのに、結局65歳まで何らかによって収入を得ないといけません。
定年を延長するか、再就職するか、どれも楽ではなく、簡単でもありません。

やはり65歳まで働いて、貯められるだけ貯金するのが一番いいと思います。
退職金や共済金など貰えるものもあり、それで幾分穴埋めできますが、リターンの多いものを求めて
株や投資信託で資産運用しようとしても、いままでやっていなかった人が、人に言われるまま投資を始めるのは危険です。始めるのであればじっくり勉強してからでも遅くないでしょう。時間はたっぷりあるのですから。
そう考えるとやはり地道にコツコツ貯めるしかないと思います。
リスクはないです。

老後の貯金の使い道。

人々

 一般的な生活をすれば基本の生活費は子供がいた頃よりはかからないと思います。

老後は食を極める

食べることが好きな食道楽の人は、食べることにお金を使いましょう。
美味しいものは人を幸せにしてくれます。健康を気遣いながら好きなものを食べたいですね。

老後は娯楽や趣味を極める

娯楽も大事です。ちょっとした小旅行や、話題の映画を映画館で見るのもいいです。
新しくできた観光施設に行ったり、お友達と趣味を楽しむのもいいです。

孫費

孫は可愛いと言います。小さくて愛くるしいので可愛くて仕方ないでしょう。
甘いおじいちゃん、おばあちゃんになるって孫がなついてくれれば、うれしいです。
ママに怒られないようにほどほどにね。

平均貯金額がなくてもなんとかなるさ

人々

貯金は計画的に 平均貯金額に届くよ

老後になってから一番心配なことは、病気になることです。
しかし、病気の時、介護の時は一割負担ですし、高額医療制度もあります。
医療ではなく、ほかの部分にお金がかかりますが、掛け捨てでもいいので何らかの保険に入っていればまかなえると思います。保険額は平均3,4000というところでしょうか。

衣食住も贅沢しなければ、平均的な生活に困るようなことはないと思います。
かといって、何とかなるなら考えなくてもいい、というのではありません。
真面目に自分の老後の生活に向き合って、計画的にすることは大事です。
無計画に行き当たりばったりはいけませんよ。

老後の平均貯金のまとめ

平均60歳で退職して、貯金がたくさんあって、美味しいものを食べて、趣味や娯楽に興じ
好きなものを買って、自分の好きなことをする、そういう生活が理想です。

しかし美味しいものを月に一回にして、趣味も月に1回、旅行は3か月に1回、そういう生活なら、手がとどきませんか?人それぞれの幸せの形があると思います。

身の丈にあった生活で楽しい老後にしましょう。

終活の専門家に相談してみよう

「身近な人が亡くなったらどうしたらいいの?」「終活とは具体的にどんなことをしたらいいの?」「誰か詳しい人に直接相談したい!」と思われる方もいらっしゃると思います。
終活ねっとを運営するにあたり、【お墓・葬儀・仏壇・介護・相続・保険・遺品整理】などなど様々な分野の専門家の方に協力していただいております。
また、それぞれの専門家の方が

  • どのような事をなさっているのか?
  • どんな想いでお仕事をなさっているのか?
  • どのような特徴があるのか?

などを、記事形式で紹介しております。

専門家のページはこちらから

シェアする

「老後・貯金・平均」に関連する記事

「老後・貯金・平均」についてさらに知りたい方へ

これから知っておきたい老後のための60歳の再就職とはのサムネイル画像

これから知っておきたい老後のための60歳の再就職とは

60歳で再就職と聞くだけで肉体的にも精神的にも疲れそうだなと感じる人も多いかと思いますが、60歳

60歳の定年後の充実した生活にむけて今のうちに準備しよう!のサムネイル画像

60歳の定年後の充実した生活にむけて今のうちに準備しよう!

60歳とは、仕事をしている人にとっては定年退職をする人生の大きな節目の時期になります。仕事で疲れ

みんなの【貯金の平均】知りたくありませんか?!年代別に紹介のサムネイル画像

みんなの【貯金の平均】知りたくありませんか?!年代別に紹介

年代別に平均貯金をを調べてみました!年代別の平均貯金と、そこから見えるライフスタイルを公開します

老後資金は1億円に設定する必要がある?最低限どれくらい必要なの?のサムネイル画像

老後資金は1億円に設定する必要がある?最低限どれくらい必要なの?

老後の生活のためにどれくらいの老後資金を残していけばいいのか、みなさん一度は考えたことありますよ

老後にゆとりある生活を送りたい!必要平均資金はいくら?のサムネイル画像

老後にゆとりある生活を送りたい!必要平均資金はいくら?

「老後にどれくらいの生活資金がいるのだろう...?」「ゆとりある暮らしを送るために平均的にどれく

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • 終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!

    終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!

    終活のことを調べた時にエンディングノートという言葉を目にする方も多いのではないでしょうか?エンディングノートとはいったい何のことでしょう。そこでこの記事では、終活に使うエンディングノートの意味と書き方などをご紹介します。

    1
  • 20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とは

    20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とは

    近年よく耳にするようになった「終活」という言葉。20代から終活を始めるという人もいるのです。20代から終活を始める意義とは何なのでしょうか?どのような内容にすればよいのでしょうか?20代からの終活について考えてみましょう。

    2
  • 終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!

    終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!

    今、終活で話題になっている墓友と言う言葉をご存知ですか。墓友とは、さまざまな事情から一人でお墓に入る予定の人が集まり、永代供養墓などに一緒に入る友達のことを言います。仲の良い友達とお墓に入ることは終活でお墓を考えるとき、新しい形態と言えるでしょう。

    3
  • 今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!

    今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!

    最近では終活準備を行う方が多くなってきています。自分も終活準備を行いたいと思っているけど何から始めたらよいかわからないという方もおられることでしょう。そこで終活で何を準備すればよいのかなどを詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

    4
  • 終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介します

    終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介します

    終活という言葉は定着したものの、ご自分の終活の取り組みは何から始めればよいのか?迷ってしまう方は多いかもしれません。そんな時におすすめなのが終活セミナーです。この記事では終活セミナーの内容や主な開催団体について詳しく紹介します。

    5

関連する記事

「老後・貯金・平均」についてさらに知りたい方へ

これから知っておきたい老後のための60歳の再就職とはのサムネイル画像

これから知っておきたい老後のための60歳の再就職とは

60歳の定年後の充実した生活にむけて今のうちに準備しよう!のサムネイル画像

60歳の定年後の充実した生活にむけて今のうちに準備しよう!

みんなの【貯金の平均】知りたくありませんか?!年代別に紹介のサムネイル画像

みんなの【貯金の平均】知りたくありませんか?!年代別に紹介

老後資金は1億円に設定する必要がある?最低限どれくらい必要なの?のサムネイル画像

老後資金は1億円に設定する必要がある?最低限どれくらい必要なの?

老後にゆとりある生活を送りたい!必要平均資金はいくら?のサムネイル画像

老後にゆとりある生活を送りたい!必要平均資金はいくら?

人気のタグの一覧

終活ねっとで人気のタグ

ランキング

よく読まれている記事です

終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!のサムネイル画像

終活で使うエンディングノートって一体何?書き方や入手方法を紹介!

1
20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とはのサムネイル画像

20代から始める終活?20代から行う終活の意義・内容とは

2
終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!のサムネイル画像

終活で今話題の墓友って一体何?墓友の探し方や注意点も紹介!

3
今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!のサムネイル画像

今のうちにやっておきたい終活準備について紹介します!

4
終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介しますのサムネイル画像

終活セミナーの内容、1日の流れや開催している団体を紹介します

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと