介護にもユーモアを!5・7・5の川柳に自分の思いを託してみよう。

介護をしながら川柳を詠んでみませんか。川柳は、季語を入れる俳句とは違い、基本的に5・7・5の17文字のリズムで自由に詠むことができます。難しいことは考えずに、気軽に作ってみましょう。介護をしていてふと感じたことを言葉に託して自分の気持ちを詠んでみましょう。

目次

  1. 介護の川柳を参考にしてみよう
  2. まずは、ペンとメモを準備してみよう
  3. キーワードから連想しながら、テーマ選び
  4. 実際に川柳を作ってみよう・その1
  5. 実際に川柳を作ってみよう・その2
  6. 介護の川柳を投稿してみよう
  7. 「介護」の「川柳」についてのまとめ

介護の川柳を参考にしてみよう

そうは言っても、何も思い浮かばない。
そんな時は、他の人がどんな川柳を作っているか、参考にしてみましょう。

人生の達人たちが自由に思いのままに川柳を詠んでいます。
具体的に見ていくと、容姿や肉体、知力の衰えなど、老化に関するものが詠まれています。
そして、介護、物忘れ、耳が遠いということすらも明るく笑い飛ばして、真摯に生きる気持ちが伝わってきます。
中には、不満や愚痴ばかりでなく、行間から深い愛情や感謝の気持ちがにじみ出ているものもありますね。

介護

まずは、ペンとメモを準備してみよう

川柳はいつでもどこでも楽しむことができます。
自分の頭の中で、自由に好きに楽しむのもいいかもしれません。
しかし、実際に書き出してみると、自分の中から次から次へとどんどん言葉がわき上がってくるので、メモをする習慣を身につけることをおすすめします。
用意するのは、鉛筆やボールペンと、チラシの裏などのいらないメモ用紙。
なるべく常に身近に置いておきましょう。
介護をしている時など、ふとした瞬間におもしろいアイデアが浮かぶかもしれません。

キーワードから連想しながら、テーマ選び

どんな川柳を作ろうか。
自分はどんなことに興味があるのだろう。
言葉を思いつくまま書き留めてみましょう。
ネタ探しですね。
芋づる式に、連想する言葉をどんどん書いていきます。
何気ない日常の中に、新聞やテレビ、会話の中にも、キーワードが隠れています。
そして、自分や身の回りで起こったことは社会ではどんなふうに捉えられていることなのかニュースを参考にしたりして、思い浮かべてみるのもいいでしょう。

実際に川柳を作ってみよう・その1

例えば、「電話」をキーワードに、挑戦してみます。
1分間で、できるだけ連想してみてください。
いくつ言葉が思い浮かびましたか。
はじめは慣れないですし、あまり思い浮かばなかったとしても落ち込まなくていいですよ。
リラックスして、ゆっくり考えてみてください。
何度も挑戦していくうちに、語彙が増え、頭の体操にもなるので、毎日の生活がいきいきしていきますよ。
それでは、具体的に見ていきましょう。
「電話」から連想されるのは、「携帯電話」「メール」「オレオレ詐欺(振り込め詐欺)」「最近見かけない公衆電話」「黒電話」「赤電話」「糸電話」「スマートフォン」「いたずら電話」「勧誘電話」「FAX」「電話帳」など。
新聞などで、「オレオレ詐欺」を防いだ記事がよく報道されていますね。
あるお年寄りが、携帯電話で会話をしながら、慣れないATMで振り込みをしようとしているシーンが思い浮かびます。
「オレオレ詐欺」の典型的な光景です。
もし、息子と名乗る人が電話をかけてきたら、自分なら騙されない自信があるだろうか。
電話がかかってきたら、警戒心を持たざるをえない世の中ですね。
いろいろなことを想像します。
そして、キーワードをつなげてみます。
「オレオレと息子だけれど電話切る」
どうでしょうか。
言葉遊びをするだけでなく、状況を想像しながら作ると、より楽しんで川柳やアイデアがわき上がってくるかもしれませんね。

オレオレ詐欺

実際に川柳を作ってみよう・その2

では、次に、「夫婦」をテーマにしてみます。
連想されるのは、「長い間連れ添う」「老夫婦」「誤解」「介護」「子ども」「いさかい」「孤独」「感謝」など。
長年連れ添った夫婦。
今は子どもは独立し、夫婦の二人暮らし。
いつも仲良く暮らしてきたわけではなく、夫に対して複雑な気持ちを持つ妻。
半身不随の夫を介護する妻。
雪が降る冬の寒い夜に、眠い目をこすりながら、夫のおむつを取り替える。
そんな時、無口な夫がさりげなく感謝の気持ちを妻に伝える。
はやく春が来ないかなぁ。
「春が来て誤解もとける夫婦かな」

桜

雪が溶けると誤解が解けるを掛けて、川柳を読んでみました。

介護の川柳を投稿してみよう

とりあえず1日1句を目標に作ってみましょう。
そして、張り合いを求めて、投稿してみましょう。
新聞やテレビ、ラジオ、雑誌、インターネットでも、川柳を募集している所がたくさんあります。

「介護」の「川柳」についてのまとめ

介護

歳を取ると、なにかを始めることに億劫になる方もいらっしゃるかもしれません。
家族の介護でそんな余裕はないと思われる方もいらっしゃるでしょう。
しかし、毎日の何気ない生活の中で、川柳、5・7・5のリズムを意識してみたらどうでしょう。
日常生活のひとつひとつから、自分の思いを言葉で紡ぎだしてみたら、どうなるでしょう。
いろいろな言葉が思い浮かんでくるでしょう。
介護のことを川柳にして詠むことにより、日頃のもやもやした気持ちを発散していきましょう。
次々とアイデアが湧き上がってきますよ。
何かを作り出す毎日が以前よりも、わくわくした、色彩豊かなものとなっていきます。
いつの間にか、川柳は一生楽しむことのできる素敵な趣味になっているかもしれませんね。

「介護・川柳」に関連する記事

「介護・川柳」についてさらに知りたい方へ

お題は健康。あなたも川柳詠んでみませんか。のサムネイル画像

お題は健康。あなたも川柳詠んでみませんか。

サラリーマン川柳やシルバー川柳が巷で読まれていますが、その中でも題材として多く取り上げられている

ぼやき川柳の魅力と面白ぼやき川柳8選紹介のサムネイル画像

ぼやき川柳の魅力と面白ぼやき川柳8選紹介

皆さんはぼやき川柳を知っていますか?川柳というと日本の伝統という少しイメージがあるかもしれません

シニアからの趣味!川柳初心者のための基礎情報のサムネイル画像

シニアからの趣味!川柳初心者のための基礎情報

シニアの人向けに川柳の概要を説明します。シニアにもわかりやすいように川柳の組み立て方を解説してい

老人川柳が面白い!じわじわ染みる達人たちの一句。のサムネイル画像

老人川柳が面白い!じわじわ染みる達人たちの一句。

老人川柳。読んで笑えるうちは元気な証拠!容姿・肉体・知力の衰えをネタにしてたくましく笑う老人川柳

終活として介護を考える?ご本人やご家族がすべきことをご紹介!のサムネイル画像

終活として介護を考える?ご本人やご家族がすべきことをご紹介!

最近では終活のことを真剣に考える方が増えてきています。終活として介護の問題は、ご本人はもとよりご

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

シェアする

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと