葬儀にふさわしいバッグの選び方を解説!

葬儀に参列される際、髪型や服装、身に着けるアクセサリー、持っていくバックなども様々な決まり事があります。中でもバックは最も目立つアイテムの1つです。この記事では、葬儀にふさわしいバックの選び方のポイントを紹介します。

目次

  1. 葬儀用のバックは用意するべきか
  2. 葬儀用のバックとしてふさわしい
  3. 男性の葬儀でのバックについて
  4. 葬儀と法要
  5. まとめ

葬儀用のバックは用意するべきか

葬儀

喪服はいざという時にないと困るので購入してる方は多いと思います。
しかしバックは色も形も葬儀用以外として使えそうにないものが多いので
「年に数回あるかないかの葬儀のためにわざわざ購入するのは・・」というように購入しようか
迷われてる方は多いようです。

最近では20代・30代なら、結婚式・入園式等にも使用できる慶弔両用のフォーマルバックも販売されています。
40代以降ならば卒業式や結婚式、和装にも合うフォーマルバックがお勧めです。

葬儀というのはいつ何時どこであるかわかりません。
付き合いが広くなればなるほど出席する機会も多くなると思います。

そうそう買い替えるものではないので、1つ良いものを購入しておけば長く使うことができます。

突発的な事態にもきちんと対応できるようにしておくことも大人のマナーの1つですから
普段あまり使わないとしても1つ持っておく方が良いでしょう。

また、終活ねっとでは東京・千葉・埼玉・神奈川の方々を対象に、葬儀の値段見積りやいざという時の為に電話対応も無料で承っています。

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「親切なお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

火葬のみ

税込139,800円

告別式のみ

税込337,800円

お通夜と告別式

税込487,800円

一般的なお葬式

税込637,800円

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀用のバックとしてふさわしい

色と素材

やはり黒が無難だと思います。
黒は喪服の色と合わせることができるほか、バックの色としても最も標準的なので選ぶのに
苦労しないはずです。

素材は、布がベストとされています。

裏地は黒であることが無難ですが、茶色や紺色、紫色などでも問題ありません。

最近では柄の入ったバックも多く販売されています。
黒でも光沢があったりラメ調のものなどはふさわしくないので避けましょう。

金具や装飾について

金具や装飾は少ないに越したことはありません。
しかしバックにはどうしても金具や装飾がつきものですので全体が黒というものではないものも
多いです。
その場合は、バックの構造、機能上ついている金具や装飾かどうか考える必要があります。
例えば、フラップを留めるための金具、ファスナーなどは問題ありません。
見栄えを良くするためについてる装飾や大きなブランドマークやロゴがあしらわれてる金具はなどはふさわしくありません。

バックの形

最もふさわしいのは小さなハンドバックでしょう。
最近は、長財布やスマートフォンを持つ女性が増えてきてることもあり
葬儀用のバックもマチが広がっていたり開口部が大きくなっていたりと
昔よりも多少大きくなってきてます。

肩からかけるショルダーバックやトートバック、背中に背負うリュックサックのような
バックは黒で派手な装飾品が施されていなくても葬儀の場にはふさわしくありません。
仕事の帰りなどに参列される際は、受付に預けて会場には持ち込まないようにしましう。

革製のバック

革製のバックはNGと言われることがあります。
革は動物を殺生して作成されていて仏教思想上、葬儀にはふさわしくないと
言われるからです。
どうしても革のバックしかない場合は仕方ありませんが、できれば革製以外のものを
持っていくことをおすすめします。

サブバック

1つ持ってると、とても便利なサブバック。

フォーマルバック同様黒色が原則です。
サイズはB5・A4サイズが主流となっています。

持ち物が少ない方にお勧めなのがB5サイズです。
かさばらない大きさながら、サブバックとして活躍してくれるサイズになります。
持ち物が多い方にはA4サイズがお勧めです。
親族として参列される場合、エプロン等、かさばる荷物も増えると思います。

サブバックを選ぶ際、マチがあるか・ないかで選ぶと良いでしょ。
マチがあるタイプだと入る容量も格段に増えます。
ご自身が持ち歩く・持ち帰るものをイメージして選んでください。

マチがあるバックを選ぶ際には注意点があります。
バックと持ち手の裁縫部分です。容量が多い分負荷もかかりますので
縫製がしっかりしたものを選ぶと良いでしょう。

男性の葬儀でのバックについて

葬儀に行く際、女性は必ずバックを持つことが多いですが、男性はあまりバックを
持っていくことはありません。
男性のスーツには女性の喪服よりもポケットが多くついているため香典や数珠など全てポケットに
納めることができるからです。

もしも持つ場合は、クラッチバック(セカンドバック)が最もふさわしいでしょう。
クラッチバック(セカンドバック)であればお焼香時にも脇に挟んでおくことができるので
邪魔にならず便利です。できれな手首を通すことができる短めの持ち手がついてるものが
ベストでしょう。

葬儀と法要

上記のようにバックでも細かいルールや慣習があります。
上記のルールは葬儀当日だけのことではないようです。

●通夜
●法要

このような日も葬儀当日と同様にバックにも配慮したほうが良いと思います。

まとめ

葬儀

葬儀のバックに対する考え方も時代と共に変化してきているようです。
昔に比べると許容範囲が広くなってきてる感はありますが、
決して何でもありなわけではありません。
葬儀という場にふさわしいものを選ぶことが大切だと思います。
どうしてもバックを購入するときに迷った場合には、お店の店員さんに
遠慮なく聞いてみるのが確実です。

また重要な行事で使うものなので安物ではなく品質の良いものを選んだほうが
長持ちしますのでお勧めです。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

「葬儀・バック」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

    葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「葬儀・バック」についてさらに知りたい方へ

マナーの多い喪服、また喪服用バックなど、喪服のマナー教えますのサムネイル画像

マナーの多い喪服、また喪服用バックなど、喪服のマナー教えます

お葬式の持ち物リストを一挙紹介!バッグや数珠や服装などのサムネイル画像

お葬式の持ち物リストを一挙紹介!バッグや数珠や服装など

葬儀の服装マナーを男女別・会葬者別に解説!外国の服装や持ち物までのサムネイル画像

葬儀の服装マナーを男女別・会葬者別に解説!外国の服装や持ち物まで

葬儀での親族の範囲は?親族の香典や服装・挨拶など注意点も解説のサムネイル画像

葬儀での親族の範囲は?親族の香典や服装・挨拶など注意点も解説

葬儀に必要なものを立場別にご紹介!お手伝いの人や注意点も解説のサムネイル画像

葬儀に必要なものを立場別にご紹介!お手伝いの人や注意点も解説

葬儀にスーツは着て行けるの?正しい服装やマナーをご紹介します!のサムネイル画像

葬儀にスーツは着て行けるの?正しい服装やマナーをご紹介します!

葬儀用のバッグって?バッグの選び方や手入れの方法・オススメを紹介のサムネイル画像

葬儀用のバッグって?バッグの選び方や手入れの方法・オススメを紹介

葬儀に参列する際の流れや時間は?服装や持ち物・その他マナーも解説のサムネイル画像

葬儀に参列する際の流れや時間は?服装や持ち物・その他マナーも解説

通夜・葬儀での親族・参列者のマナーって?服装や挨拶のマナーを解説のサムネイル画像

通夜・葬儀での親族・参列者のマナーって?服装や挨拶のマナーを解説

葬儀用のネクタイピンはあるの?選び方や葬儀に適切なネクタイも解説のサムネイル画像

葬儀用のネクタイピンはあるの?選び方や葬儀に適切なネクタイも解説

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説のサムネイル画像

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

6

関連する記事

「葬儀・バック」についてさらに知りたい方へ

マナーの多い喪服、また喪服用バックなど、喪服のマナー教えますのサムネイル画像

マナーの多い喪服、また喪服用バックなど、喪服のマナー教えます

お葬式の持ち物リストを一挙紹介!バッグや数珠や服装などのサムネイル画像

お葬式の持ち物リストを一挙紹介!バッグや数珠や服装など

葬儀の服装マナーを男女別・会葬者別に解説!外国の服装や持ち物までのサムネイル画像

葬儀の服装マナーを男女別・会葬者別に解説!外国の服装や持ち物まで

葬儀での親族の範囲は?親族の香典や服装・挨拶など注意点も解説のサムネイル画像

葬儀での親族の範囲は?親族の香典や服装・挨拶など注意点も解説

葬儀に必要なものを立場別にご紹介!お手伝いの人や注意点も解説のサムネイル画像

葬儀に必要なものを立場別にご紹介!お手伝いの人や注意点も解説

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと