飼っていた犬が亡くなったときに飼い主がやるべき埋葬

家族同然の犬が亡くなってしまうと寂しくて悲しい気持ちになりますよね・・。そんな大切な犬が亡くなったらどのような方法で埋葬するか知っておくことはとても大切です。今回は埋葬方法の種類などをご紹介します。

目次

  1. 最愛の犬をしっかり送る
  2. 犬が亡くなったら・・
  3. 埋葬方法①自治体による火葬
  4. 埋葬方法②ペット葬儀業者による火葬
  5. 埋葬方法③自宅の庭などに土葬
  6. 犬の埋葬以外にしないといけないこと
  7. 飼い主がやるべき犬の埋葬 まとめ
  8. 終活の専門家に相談してみよう

最愛の犬をしっかり送る

犬

愛する犬とのお別れは、誰しもが寂しく悲しいものです。

飼い主のみなさんは、亡くなった犬を目の前にショックと悲しみで
いっぱいだと思います。しかし、愛する犬の為にも、
飼い主さん自身も後悔しないようにきちんと見送ってあげることが大切です。
「その時に何をすべきか」をお伝えしていきたいと思います。

犬が亡くなったら・・

ペット

犬が亡くなってから最初に行うことは、

遺体を清めること

※準備するもの:タオルやガーゼ

人間と同じく、犬にも死後硬直が起こります。
死後硬直は当日の気温にもよりますが、人間よりも小さな犬ですと
硬直は早くおおよそ2時間ほどで始まります。
悲しみにくれているうちに、犬が硬直してしまい、
棺に収まらなくなってしまうことがありますし、
何よりも自然な犬の姿での供養が難しくなってしまいます。

硬直が始まる前に、まぶたを閉じてあげたり手足の関節を曲げてあげたりするなど
できるかぎり犬がリラックスしていた状態にしてあげましょう。
そして、お湯を絞った温かいタオルで体を拭いてあげたり、毛並みを整えてあげましょう。

安置すること

※準備するもの:毛布・段ボール(箱)・新聞紙・タオル・保冷剤

犬の大きさにちょうど良い段ボール(箱)などを用意し、
タオルや毛布などを敷いた上にそっと犬を寝かせてあげましょう。

※箱底から体液が染みでないように、ペットシーツやビニールや新聞紙を敷くのがおすすめです。


時間が経つと、口や肛門から体液や汚物が出てくることがあります。
これは自然現象なので心配はいりません。ガーゼやタオルなどで拭き取ってあげたり
脱脂綿を詰めてあげましょう。

安置場所は腐敗を防ぐために、直射日光があたらない涼しく風通しの良い場所を選んで下さい。
保冷剤などでお腹や頭部を冷やしてあげてください。

※遺体をタオルでくるむと保冷効果も持続しやくなります。

安置後は、お線香を焚いたり、お気に入りのおもちゃやおやつをお供えしてあげると良いでしょう。

気持ちが落ち着いたら

安置が終わり気持ちが落ち着いたら、遺体の葬儀・埋葬・火葬方法を考えましょう。

犬が亡くなったら、その後家族と一緒にいれるのは概ね1日が限界だと思います。
慌ただしくも感じますが、きちんと見送るためにもしっかり手続きすることが大切です。

埋葬方法①自治体による火葬

たき火

自治体がペット用の火葬場を維持している場合は、火葬という形で埋葬できます。
費用は犬の大きさによって異なります。

また、火葬方法も自治体によって異なります。
費用と合わせて各自治体へ問い合わせしてみて下さい。

最悪なのが、自治体によって「有料ゴミ」という分類で扱われる場合があります。
ほかの家庭ゴミと一緒に焼却処分されてしまうようです。
これはとっても悲しい・・。

どんな風に火葬されるかも事前に聞いておいた方がいいかもしれません。

犬の埋葬の費用

自治体を利用する場合、地域によって犬の埋葬の費用は大きく異なりますが、
おおよそ3千円~1万円以下でできそうです。

埋葬方法②ペット葬儀業者による火葬

葬儀

公共機関またはペット葬儀業者を利用して火葬する場合、何種類かの火葬方法があります。

♦合同葬

他のペットと一緒に独協などの合同葬儀をし、
その後一緒に火葬するものです。
遺骨はそのまま共同墓地や共同供養塔に納骨されます。

♦一任個別葬

葬儀後、個別に火葬してもらいますが葬儀社に一任する火葬なので
家族が立ち合いすることはできません。

♦立ち合い個別葬

個別火葬を行います。
また葬儀社に一任の形を取らないので、家族が火葬に立ち会うことができます。

♦自宅葬

葬儀業者が自宅まで出向いすべての葬儀を執り行ってくれます。

しかし、残念ながら最近は悪徳のペット葬儀会社も残念ながら増えています。
家族の悲しみにつけこみ、火葬最中に追加料金を請求してきたり、
犬の遺骨を不法投棄するなど悪質なものまで増えています。

是非、利用する前に何社か見積を出してもらい口コミなども確認しつつ
法外な料金をとっていないかなど比較することをおすすめします。
また、事前に追加料金がないかなどもしっかり確認しておいた方が良いでしょう。

犬の埋葬の費用

民間での相場は犬の大きさによって異なりますが、
1万5千円~10万円くらいのようです。
あくまでも目安になりますので民間の葬儀業者さんへ問い合わせてみてください。

大きい犬の費用が高い

10キロを超える犬は、埋葬料金が高くなってしまいます。
これは埋葬にかかるコストが高くなるからなんです。火葬にかかる燃料や、大きなお骨壺、お骨袋など目に見えるものもですが火葬する時間が長くなるとより高温になるため火葬炉が冷めるのに時間がかかります。冷める間で次の葬儀にも入れないのでその期間の占有料が必要となります。
その他にスタッフを増やさないと運べないほど大きい犬だとまた人件費がかかります。

大きい犬が亡くなり、費用を抑えたいとなれば
民間の葬儀社よりも自治体の火葬場の方がいいかもしれませんね。

葬儀・火葬以外の料金

ほとんどの場合、火葬料と書かれた料金以外はかかりませんが、
まれにお骨壺やお骨袋の料金がかかる場合があります。
これらがないとお骨を収める場所がないので必ず必要となります。

埋葬方法③自宅の庭などに土葬

家

どうしても火葬に抵抗がある人もいます。
そんな方は、土葬をおすすめします。

自宅の庭などの私有地内に埋葬します。
土葬する際は必ず1メートル以上の深い穴を掘って下さい。
浅い穴だとカラスなどにイタズラされたり、
悪臭がでてご近所トラブルになるケースもあるからです。

公園や私有地以外のところに埋葬すると犯罪になり罰せられますので
ご注意下さい。

犬の埋葬以外にしないといけないこと

動物病院

犬をペットとして飼ってると必ず畜犬登録をしていると思います。
この登録をしていると毎年「狂犬病予防注射のご案内」や「注射の督促状」が
毎年届きます。

なので、犬が亡くなってから30日以内に保健所に廃犬届を提出しないといけません。

これを提出しないとずっと「狂犬病予防注射のご案内」や「注射の督促状」が届いてしまったり
保健所の職員が自宅に聞き込みに来たりしてしまいめんどうなことになります。

また届け出と一緒に鑑札と狂犬病予防注射済証の返却も必要です。
最近ではインターネットから申請もできるようになった自治体も増えているので
自治体のHPなどで確認してみて下さい。

また飼っていた犬が血統書登録をしている場合は、
犬種団へも死亡連絡が必要となります。

飼い主がやるべき犬の埋葬 まとめ

犬

いかがでしょうか?大切な家族だった犬が亡くなるのは
とても辛いことですが、大切な家族だからこそきちんと埋葬してあげなくてはいけない
と思います。亡くなった時に慌てることなく埋葬してあげれるように埋葬のことを頭に
入れておくのも大切なことかもしれません。

終活の専門家に相談してみよう

「身近な人が亡くなったらどうしたらいいの?」「終活とは具体的にどんなことをしたらいいの?」「誰か詳しい人に直接相談したい!」と思われる方もいらっしゃると思います。
終活ねっとを運営するにあたり、【お墓・葬儀・仏壇・介護・相続・保険・遺品整理】などなど様々な分野の専門家の方に協力していただいております。
また、それぞれの専門家の方が

  • どのような事をなさっているのか?
  • どんな想いでお仕事をなさっているのか?
  • どのような特徴があるのか?

などを、記事形式で紹介しております。

お墓の専門家はこちらから

シェアする

「犬・埋葬」に関連する記事

「犬・埋葬」についてさらに知りたい方へ

大切な愛犬の供養。どのようにしたらいい? 決まりはあるの?のサムネイル画像

大切な愛犬の供養。どのようにしたらいい? 決まりはあるの?

愛犬の供養について、どのようにしたらよいか悩む人は多いでしょう。大切にしていたなら、なおさらです

ペットに最期にできることをしてあげたい。動物の埋葬方法とはのサムネイル画像

ペットに最期にできることをしてあげたい。動物の埋葬方法とは

ペットが亡くなってしまった時には埋葬してあげる必要があります。しかし、動物の埋葬の方法を知らない

犬も樹木葬できる?!犬の樹木葬について費用や注意点を解説します!のサムネイル画像

犬も樹木葬できる?!犬の樹木葬について費用や注意点を解説します!

自然と一体化できる樹木葬、新しいお墓として注目されていますよね。樹木葬は犬もできるのでしょうか?

ペットも大切な家族!もしペットが亡くなったら火葬費用はいくら?のサムネイル画像

ペットも大切な家族!もしペットが亡くなったら火葬費用はいくら?

あなたの家族の一員でもある最愛のペットがもし亡くなってしまったら、どうしたらいいのでしょう?ペッ

ペットの供養方法と種類について解説のサムネイル画像

ペットの供養方法と種類について解説

今は、ペットと家の中で家族同然に、生活を共にしている方が多いのではないでしょうか。だから一緒に生

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!のサムネイル画像

永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!

ご自身やご家族が亡くなった後の供養について考えたことはありますか? 先祖のお墓に納骨する方が大多

親のお墓にかかる費用について。費用は誰が負担するのか解説します!のサムネイル画像

親のお墓にかかる費用について。費用は誰が負担するのか解説します!

人が生涯の中で一緒に過ごす相手で最も大切な存在の1つが親です。しかし、親は亡くなった際にお墓がな

樹木葬にかかる費用を詳しく解説!樹木葬を選ぶために知るべきことのサムネイル画像

樹木葬にかかる費用を詳しく解説!樹木葬を選ぶために知るべきこと

自然回帰の高まりから、樹木葬を選ぶ人が増えてきています。樹木葬というと「費用を安くあげることがで

お寺の納骨堂にかかる費用について相場や内訳を詳しく解説!のサムネイル画像

お寺の納骨堂にかかる費用について相場や内訳を詳しく解説!

都市部を中心にお墓を建てずに、お寺などが運営する納骨堂を利用する人が増えているようです。屋内なの

樹木葬の選び方について注意点やメリットについて徹底解説!のサムネイル画像

樹木葬の選び方について注意点やメリットについて徹底解説!

樹木葬というと「新しいお墓の形」として注目されている埋葬方法ですが、墓地や霊園の選び方がよくわか

関連する記事

「犬・埋葬」についてさらに知りたい方へ

大切な愛犬の供養。どのようにしたらいい? 決まりはあるの?のサムネイル画像

大切な愛犬の供養。どのようにしたらいい? 決まりはあるの?

ペットに最期にできることをしてあげたい。動物の埋葬方法とはのサムネイル画像

ペットに最期にできることをしてあげたい。動物の埋葬方法とは

犬も樹木葬できる?!犬の樹木葬について費用や注意点を解説します!のサムネイル画像

犬も樹木葬できる?!犬の樹木葬について費用や注意点を解説します!

ペットも大切な家族!もしペットが亡くなったら火葬費用はいくら?のサムネイル画像

ペットも大切な家族!もしペットが亡くなったら火葬費用はいくら?

ペットの供養方法と種類について解説のサムネイル画像

ペットの供養方法と種類について解説

人気のタグの一覧

終活ねっとで人気のタグ

ランキング

よく読まれている記事です

永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!のサムネイル画像

永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!

1
親のお墓にかかる費用について。費用は誰が負担するのか解説します!のサムネイル画像

親のお墓にかかる費用について。費用は誰が負担するのか解説します!

2
樹木葬にかかる費用を詳しく解説!樹木葬を選ぶために知るべきことのサムネイル画像

樹木葬にかかる費用を詳しく解説!樹木葬を選ぶために知るべきこと

3
お寺の納骨堂にかかる費用について相場や内訳を詳しく解説!のサムネイル画像

お寺の納骨堂にかかる費用について相場や内訳を詳しく解説!

4
樹木葬の選び方について注意点やメリットについて徹底解説!のサムネイル画像

樹木葬の選び方について注意点やメリットについて徹底解説!

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと