日本各地に伝わる「かぐや姫(竹取物語)」の伝説

「かぐや姫(竹取物語)」は、日本最古の物語と言われており、日本各地に「かぐや姫」の伝説があります。「かぐや姫」ゆかりの地と伝説をご紹介します。

目次

  1. 日本最古の物語「かぐや姫」
  2. 静岡県富士市のかぐや姫伝説
  3. 奈良県北葛城郡広陵町のかぐや姫伝説

日本最古の物語「かぐや姫」

かぐや姫

「かぐや姫」として親しまれている「竹取物語」(「竹取の翁」「かぐや姫の物語」「たけとり」とも)は、作者、成立年とも不詳ですが、遅くても10世紀半ば(平安時代)までには出来上がっていたと考えられ、日本最古の物語と言われています。

古くから伝わる物語のため、日本の各地に「かぐや姫」の伝説、言い伝えがあります。
そんな「かぐや姫」ゆかりの地をご紹介します。

静岡県富士市のかぐや姫伝説

竹取物語

富士山のふもと、静岡県富士市にはこの地ならではの「かぐや姫」の伝説があるそうです。

かぐや姫は月に帰っていない?

一般に知られている「かぐや姫」の話では、かぐや姫は「月に帰ってしまった」とされていますが、富士市の伝説では、「富士山へ登っていって消えてしまった」そうです。それは、かぐや姫は「富士山そのものの祭神」とされているからだそうです。

また、かぐや姫を拾い、育てた竹取の翁とその妻も、「愛鷹(あしたか)」と「犬飼」という祭神になったとされているそうです。富士山の南麓には愛鷹山という山があることも興味深いですね。

富士山とかぐや姫のつながり

「かぐや姫」の話では、かぐや姫は月に帰る際、ときの帝に「不老不死の薬」を渡したとされています。しかし帝は、かぐや姫のいない世界で悲しみにくれ、その不老不死の薬を、日本で一番高い山である現在の富士山で燃やさせたそうです。

そのことから、不死の薬を燃やした山・不死山から転じて「富士山」と呼ばれるようになったという説があるそうです。

富士市のかぐや姫伝説ゆかりの名所

竹採公園

ここは、かぐや姫が育った場所と言われているそうです。
公園内には、竹採塚、神来の庭、神授の竹があります。竹採塚は、誰がいつ立てたものか分かっていませんが「竹採姫」と刻まれています。

瀧川神社

かぐや姫を育てた養父(竹取の翁)を祀っていたそうです。
そのことから、江戸時代以前には「父宮」とも呼ばれていたそうです。

今宮浅間神社

かぐや姫を育てた養母を祀っていたそうです。
そのことから、江戸時代以前には「母宮」とも呼ばれていたそうです。

富士山かぐや姫ミュージアム

この地域に伝わる「かぐや姫」の物語をたどる展示室があります。

奈良県北葛城郡広陵町のかぐや姫伝説

竹取物語

奈良県北葛城郡広陵町は、物語小説「竹取物語」(口頭伝承ではない)の考証から、「かぐや姫」の伝説発祥の地の有力な候補地として知られているそうです。

物語小説「竹取物語」からの考証

かぐや姫

かぐや姫のモデルは、「古事記」より「迦具夜比売命」(かぐやひめのみこと)が挙げられているそうです。迦具夜比売命は、大筒木垂根王(おおつつきたりねのみこ)の娘であり、大筒木垂根王の弟には「讃岐垂根王」(さぬきたりねのみこ)がいるそうです。

竹取の翁・讃岐造(さぬきのみやつこ)

かぐや姫の養父である竹取の翁は、原文では「さかきのみやつこ」「さるきのみやつこ」と記載されていますが、かぐや姫のモデルである迦具夜比売命の系譜から、「讃岐造」であるという見方があるそうです。広陵町にある「讃岐神社」との関係も指摘されているそうです。

求婚者1・阿倍御主人(あべのみうし)

かぐや姫へ求婚する公達の1人「右大臣あべのみうし」は、飛鳥時代に実在した阿倍御主人がモデルと言われています。

求婚者2・大伴御行(おおとものみゆき)

かぐや姫へ求婚する公達の1人「大納言大伴のみゆき」も、飛鳥時代に実在した大伴御行がモデルと言われています。

求婚者3・石上麻呂(いそのかみのまろ)

かぐや姫へ求婚する公達の1人「石上まろたり」も、飛鳥時代に実在した石上麻呂がモデルと言われています。

求婚者4・庫持皇子(くらもちのみこ)

庫持皇子は、飛鳥時代の貴族で母の姓が庫持である藤原不比等(ふじわらのふひと)がモデルと言われているそうです。

求婚者5・石作皇子(いしづくりのみこ)

「石作皇子」は、飛鳥時代の貴族で石作氏と同族である多治比嶋(たじひのしま)がモデルと言われているそうです。

かぐや姫に求婚した人物たちのモデルから、「竹取物語」は奈良時代初期を舞台にした物語と考えられているそうです。

この求婚者たちは壬申の乱(じんしんのらん・672年)に関係している人物であることから、やはり当時の都である飛鳥京(現在の奈良県高市郡明日香村)か藤原京(現在の奈良県橿原市(かしはらし)~高市郡明日香村)のあたりに住んでいたと考えられることができるようです。

「かぐや姫・伝説」に関連する記事

「かぐや姫・伝説」についてさらに知りたい方へ

  • 竹取物語のかぐや姫、こどもの頃は解らなかったこんな意味も

    竹取物語のかぐや姫、こどもの頃は解らなかったこんな意味も

    かぐや姫の話は竹取物語からのもの。なぜかぐや姫は月に帰らなければならなかったのか、こどもの頃は気にもしていませんでしたが、調べてみるとそれ以外にも意外な物語があることが解りました。かぐや姫のイメージが変わるかもしれませんよ。

  • 竹取物語(かぐや姫)のあらすじをできるだけ原文に添って

    竹取物語(かぐや姫)のあらすじをできるだけ原文に添って

    「竹取物語」のあらすじです。作られたのはおおよそ9世紀末から10世紀初頭にかけてとされ、作者不明、現存する最古の物語とされています。書籍や映像などで何度も取り上げられてきたこの「竹取物語」を今回はできるだけ原文に添った形でそのあらすじをご紹介したいと思います。

  • 男たちの野望渦巻く【戦国時代】を強く生き抜いた姫たちがいた!!

    男たちの野望渦巻く【戦国時代】を強く生き抜いた姫たちがいた!!

    『喰うか喰われるか』少しでも油断しようものなら、あっという間に攻めつぶされていた戦国時代。そんな男たちの野望渦巻く戦国時代ですが、その背景には多くの姫たちの活躍があったとされています。姫たちはどのようにしてこの戦国時代を生き抜いたのでしょうか。

  • 心もほっこり。幻想的な光を放つ、竹灯籠!

    心もほっこり。幻想的な光を放つ、竹灯籠!

    竹の内側からもれる淡い光。幻想的で、何だか心が洗われるような気がします。石や金属を使った灯籠より光がやわらかく、あたたかくて優しい気持ちになりますよね。そんな魅力的な竹灯籠についてご紹介します!

  • 絶世の美女と言われた戦国時代の姫ランキング10選

    絶世の美女と言われた戦国時代の姫ランキング10選

    戦国時代の美女と言われた姫たちをご紹介いたします。戦国時代とは、1450年頃の室町幕府が弱体し始めた頃から、徳川家康が亡くなるまでを表しています。その間、人質、政略結婚等の憂き目にも合う人生を余儀なくされた姫たちに、絶世の美女がいると語り継がれてきました。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

シェアする

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと