意外と知らない?浄土宗での数珠の使い方とは

念仏を唱えて罪を拭い極楽浄土へ旅だつことができる、とする教えの浄土宗。現在では600万人を超える方の心の支えとなっています。大きな宗派ですが、そのメインアイテムである数珠の使い方については意外と知られていないことも。浄土宗における数珠について解説していきます。

目次

  1. そもそも浄土宗とは?
  2. 数珠についての基礎知識
  3. 浄土宗で使う数珠
  4. 浄土宗では数珠をこう使う
  5. 百万遍数珠
  6. 数珠を身近なものに
  7. 終活の専門家に相談してみよう

そもそも浄土宗とは?

葬儀

数珠は浄土宗に限らず、仏教にかかわる人にとってマストアイテムといえるものです。特に念仏を重視する浄土宗では、数珠は他宗とは異なる独特の存在となっています。

今から2500年以上前に印度の地に誕生した仏教は、6世紀ごろに大陸から日本に伝わり、以後今日までいろいろな宗派に分かれながらもその教えを受け継いできました。
その間仏教に関してはさまざまなことがありましたが、平安時代の終わりより広まった「末法思想」という考え方が、日本仏教界に大きな影響を与えることになります。
そんななか人々から大きな期待を持って迎えられたのが、法然上人が開いた「浄土宗」でした。

現代においても様々な「予言」が語られ、その多くは人々にとって大きな試練や不幸がこれから起きるかもしれない、ということが示されています。20世紀の終わり1999年に人類が滅亡するかもしれない、といったフランスの予言者ノストラダムスの「諸世紀」は比較的記憶に新しいことかと思います。
仏教伝来から約500年たった平安時代にも同じような「予言」がなされており、それが「末法思想」というものでした。
具体的にいうと、仏教の始祖であるお釈迦様が亡くなって一千年間は正しく伝えられ実践される仏教の教えが廃れ、悟りを開くこともできなくなり、世界は天変地異や戦争など悪夢のような状態に陥りそれが一万年以上も続く「末法」がやってくる、というものです。
その「末法」に入るのが1052年頃、平安時代末あたりにあたるわけですが、貴族政治の衰退が顕著となっていた当時の情勢も相まって、人々は大きく不安にかられていました。
そんななか、法然上人(1133~1212)は、阿弥陀仏を信じ念仏を唱えることで、誰もが極楽浄土に行くことができる、と説き人々を導いていきました。これが浄土宗のはじまりです。

浄土宗の教え

「阿弥陀如来」をご本尊とし、それらの誓いを信じひたすら「南無阿弥陀仏」の念仏を唱えることで、極楽浄土へ誘われるとする教えです。
これまでの宗派が自力本願、いわゆる厳しい修行により悟りを開き救いの道に誘われるとしているのに対して、浄土宗では阿弥陀仏のどんな人も等しく救おうとする慈悲にすがり念仏を唱えることを主としており(他力本願)、「他力門」とも呼ばれています。

数珠についての基礎知識

「念珠」「寿珠」ともいわれ、仏事における必需品となっています。
木の実や天然石、香木など、あらゆる素材でつくられたものがあり、またその珠の大きさで男性用、女性用とわかれています。
数珠の由来は諸説ありますが、お経を唱えるときに何回読んだかを数えるために玉を使ったことが始まりとも、煩悩を消すため108個の玉をこすり合わせたのが始まりとも、言われています。

仏教では人には108の煩悩があるといわれていますが、それにかけて数珠の玉の数も108個と決まっています。これは浄土宗のみならず他の宗派でも同じで、形状こそ多少違いはありますが統一基準となっています。ただし、略式のもので54とか27とか数の少ない数珠もあります。
合掌時の持ち方については、各宗派により違いがありますが、普段持っているときは必ず左手で数珠を持つようにします。

数珠は葬儀以外にも用いられる

葬儀の際のアイテムとして認識されている感のある数珠ですが、実は葬儀以外でも用いられています。今では宗教に関係なく教会式の結婚式をなさる方も多くその際に指輪の交換を行いますが、仏式の結婚式では、住職から数珠の授与を行ったりします。
そもそも数珠自体にお守り的な位置づけもあるので、理にかなっているともいえます。また、就職や進学をはじめ、人生の節目における贈り物としても最近では注目されています。

人生最後の携行品としての数珠

仏教の主な宗派ではお亡くなりになった方について、死装束といわれる着物に着替えてもらい葬儀を行います。その際に手に数珠を握らせることになっています。

浄土宗で使う数珠

浄土宗で通常使う数珠は、上記の写真のように、二つの輪が重なった形をしています。これは「日課数珠」と呼ばれていて、浄土宗ならではの独特のものです。一般の信者の方が日々のお勤めをしたり葬儀の際に使用するものですが、珠の数は108個でない場合が多いようです。
ちなみに、僧侶が葬儀の際に使用する数珠は、「荘厳数珠」と呼ばれ日課数珠と区別されています。

浄土宗では数珠をこう使う

持ち方・指へのかけ方などはこうして!

合掌して念仏を唱えるときに数珠を使用します。親指と人差し指の間に数珠をかけ、親指の後ろにたらします。位置的には体と手の間にたれるようにします。指先をだいたい45度に傾け、仏様のほうに向けます。
合掌しないときには、他の宗派と同様に左手で持ちます。

浄土宗ではこれはNG!

よく数珠をこすり合わせている人がいますが、これは浄土宗ではNGです。合掌の際には気を付けましょう。

百万遍数珠

浄土宗の大本山の一つ京都の知恩寺をはじめ、「百万遍数珠(念珠)」といわれる独特の大きな数珠を使って念仏を唱えるお寺が全国に存在しています。

その由来とは

そもそもの始まりは、1331年8月、京都を襲った大地震とその後の疫病の流行により多くの死者が出たことをお嘆きになった後醍醐天皇が、善阿空円上人に念仏を唱えて社会の安寧を図るよう命じたことだといわれています。上人は七日間念仏を唱え続け、その数は百万遍にもおよび結果、疫病は収束に向かい社会が安定。それをお喜びになった後醍醐天皇は「百万遍」の勅号と大きな数珠を上人にお与えになり、それ以来ことあるごとにこの数珠を用いて僧侶を中心に輪になって念仏を唱える習慣が全国に波及していった、ということです。

京都・知恩寺の百萬遍大念珠繰り

京都の大本山知恩寺では毎月15日百万遍数珠を用いた法要が行われており、多くの人が訪れています。

数珠を身近なものに

いかがでしたでしょうか。
浄土宗に限らず、仏教では数珠は特別なアイテムとなっています。ただ、特別だからといってありがたがるだけでなく、それ自体にいろいろな意味が含まれていることが垣間見られたことと思います。
これを機会に、数珠を少しでも身近に感じられれば幸いです。

終活の専門家に相談してみよう

「身近な人が亡くなったらどうしたらいいの?」「終活とは具体的にどんなことをしたらいいの?」「誰か詳しい人に直接相談したい!」と思われる方もいらっしゃると思います。
終活ねっとを運営するにあたり、【お墓・葬儀・仏壇・介護・相続・保険・遺品整理】などなど様々な分野の専門家の方に協力していただいております。
また、それぞれの専門家の方が

  • どのような事をなさっているのか?
  • どんな想いでお仕事をなさっているのか?
  • どのような特徴があるのか?

などを、記事形式で紹介しております。

専門家のページはこちらから

シェアする

「浄土宗・数珠」に関連する記事

「浄土宗・数珠」についてさらに知りたい方へ

仏事のマナーをスマートに!宗派別の数珠の持ち方。のサムネイル画像

仏事のマナーをスマートに!宗派別の数珠の持ち方。

みなさんは、お通夜や告別式に出席した時に、数珠の持ち方で悩んだことはありませんか?列席者が見てい

葬儀の時に持っていく数珠の知識とマナーのサムネイル画像

葬儀の時に持っていく数珠の知識とマナー

葬儀の時に持っていく数珠。珠はどうやって持つの?そもそも数珠っていろんな種類があるけどどれを選べ

お葬式にかかせない数珠の使い方のすべてを教えます。のサムネイル画像

お葬式にかかせない数珠の使い方のすべてを教えます。

数珠はお葬式や法事にはかかせないものです。日頃、よく考えずに使っている数珠ですが、数珠とは何のた

お葬式に持って行く数珠についてわかりやすく解説します。のサムネイル画像

お葬式に持って行く数珠についてわかりやすく解説します。

お葬式に持って行く数珠ですが、どんな種類の数珠があるのか。どの数珠を持って行けば良いのか。宗派に

法事のときに使う数珠の色や種類、選び方など知っていますか?のサムネイル画像

法事のときに使う数珠の色や種類、選び方など知っていますか?

法事の時に数珠を持っている人は多いですよね。子どものころには必要なかった数珠も歳を重ねるごとに法

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

関連する記事

「浄土宗・数珠」についてさらに知りたい方へ

仏事のマナーをスマートに!宗派別の数珠の持ち方。のサムネイル画像

仏事のマナーをスマートに!宗派別の数珠の持ち方。

葬儀の時に持っていく数珠の知識とマナーのサムネイル画像

葬儀の時に持っていく数珠の知識とマナー

お葬式にかかせない数珠の使い方のすべてを教えます。のサムネイル画像

お葬式にかかせない数珠の使い方のすべてを教えます。

お葬式に持って行く数珠についてわかりやすく解説します。のサムネイル画像

お葬式に持って行く数珠についてわかりやすく解説します。

法事のときに使う数珠の色や種類、選び方など知っていますか?のサムネイル画像

法事のときに使う数珠の色や種類、選び方など知っていますか?

人気のタグの一覧

終活ねっとで人気のタグ

ランキング

よく読まれている記事です

お香の人気ランキング10選を紹介します。人気ブランドも!のサムネイル画像

お香の人気ランキング10選を紹介します。人気ブランドも!

1
仏壇にお供えするお菓子。その置き方やおすすめの商品をご紹介のサムネイル画像

仏壇にお供えするお菓子。その置き方やおすすめの商品をご紹介

2
神棚を置くにはどんな場所に置くのがいいのかのサムネイル画像

神棚を置くにはどんな場所に置くのがいいのか

3
仏壇と位牌について、選び方や安置のマナーについて解説します。のサムネイル画像

仏壇と位牌について、選び方や安置のマナーについて解説します。

4
大人のマナー。命日の意味とお参り、お供え物のきまり。のサムネイル画像

大人のマナー。命日の意味とお参り、お供え物のきまり。

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと