あなたは知ってる?龍安寺石庭に隠された4つの謎!

「龍安寺の石庭」と言われれば、「あのことか!」と思い浮かぶ人は多いはず。実はこの龍安寺の石庭にはある4つの謎が隠されているのです。あなたはいくつ知っていますか?

目次

  1. 龍安寺ってどんなお寺?
  2. ①刻印の謎
  3. ②作庭の謎
  4. ③遠近の謎
  5. ④土塀の謎
  6. 龍安寺石庭の楽しみ方

龍安寺ってどんなお寺?

龍安寺の歴史

龍安寺は世界遺産にも登録されている臨済宗妙心寺派の寺院です。室町幕府の官僚であった細川勝元が1450年に創建しました。当時は今よりもずっと小さい規模の寺院だったそうですが、豊臣秀吉と江戸幕府が寄付をしたため、面積が広がりました。明治時代の廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)によって一度は衰退しますが、1975年にイギリスのエリザベス2世が龍安寺を訪問し、石庭を称賛したことで世界的に有名となりました。今では修学旅行生や外国人観光客も必ず立ち寄る人気スポットとなっています。

境内について

寺

本尊は釈迦如来であり、仏殿は1981年に再建されたものです。石庭は本堂の南側に位置します。寺院の南側には鏡容池(回遊式庭園)があり、龍安寺の面積の約3分の1を占めています。平安時代に貴族が船を浮かべて楽しむことができたほどの広さがあります。創建当時はオシドリの名所として知られ、石庭よりも有名であったと言われています。

石庭について

方丈庭園とよばれるこの石庭は、幅25メートル、奥行き10メートルほどの枯山水です。枯山水とは、水のない庭のことです。砂や小石を敷いて水に見立て、石の表面に模様を作り、水の流れを表現します。この枯山水に東側から5つ、2つ、3つ、2つ、3つ合わせて15の石を配置してあります。ところで、この石庭には4つの謎があるのをご存知ですか?次項からその謎について詳しく解説していきます。

①刻印の謎

庭

石庭の作者は誰か?

この石庭、作られたのは室町時代であるとされています。しかし誰がどのような意図で作ったのかは未だに分かっていません。室町時代の禅僧であった相阿弥が作者であるという説が有力なようですが、確証はありません。塀の近くにある細い庭石の裏を見ると、「小太郎、⬜︎二郎」の刻印が読み取れますが、これもまた作者であると判定するには不十分な情報なのです。

②作庭の謎

石庭の石の配置

前述した通り、龍安寺の石庭には15の石が配置されています。この配置から「虎の子渡しの庭」「七五三の庭」などと呼ばれていますが、作者は何を意図してこの配置にしたのかは謎のままです。しかもこの15の庭石はどこから見ても14しか見ることができず、必ず1つ隠れてしまうとのことです。あえて不完全にすることで、人間は完全ではなく足りないものが必ずある、ということを表したかったようですね。1ヶ所だけ全ての庭石を見ることができる場所があるという話もありますが、本当でしょうか?

虎の子渡しの庭

虎は3匹の子供を産むと、必ず1匹が凶暴である。母親がいないと残りの2匹を食べてしまう。そこで川を渡る時はまず凶暴な子を先に渡しておいて、母親が対岸に戻り、他の1匹を渡す。そして凶暴な子を連れて最後の1匹を迎えに行く。凶暴な子をその場に残し、最後の1匹を渡す。凶暴でない二匹が向こう岸に揃ったところで、凶暴な子を迎えに行く。想像できましたか?これが「虎の子渡し」です。元々は中国の説話なのだそうですが、龍安寺石庭の15の石はこの虎の子渡しの様子を表しているという説があります。

七五三の庭

龍安寺石庭の15の庭石の配置が5つ、2つ、3つ、2つ、3つであることから5と2を足して7、3と2を足して5、のこりの3を合わせて7、5、3となるので七五三の庭とも呼ばれています。昔から奇数はおめでたい数であるとされており、作庭の際は飛び石を7、5、3に振り分けることも多いようです。

③遠近の謎

龍安寺

見た目では水平のように見える石庭ですが、東南方向に向かって低く作られています。これは排水を考慮してのことだそうです。また、塀にも工夫がされており、西側の塀は奥に向かってだんだんと低くなるように作られています。こうすることで鑑賞する人に奥行きを感じさせ、空間を広く見せるという錯覚効果があるのです。

④土塀の謎

石庭を囲んでいる土塀

土塀にも様々な工夫がある

龍安寺石庭の土塀は高さが180センチメートルあります。この塀は「油土塀」と言い、菜種油と土を混ぜたもので作られています。油を使うことで白い砂からの照り返しを防止したり、風雪や環境の変化に強い作りになっているのです。さらに、石庭面の土塀は外側の地面から80センチメートルほど高い場所にあります。これもまた、土塀を強固に保つための工夫なのだそうです。

龍安寺石庭の楽しみ方

いかがでしたか?龍安寺石庭の歴史、そして4つの謎を解説してきました。何も知らずに行くと「美しい」だけで終わってしまう石庭です。しかし、少し詳しく知ってから行くだけでも随分と見方が変わってきますよね。まだまだ他にも龍安寺には魅力がたくさんあります。これから初めて龍安寺に行く方も、行ったことがあるけど見逃していた!という方も、ぜひ一味違った楽しみ方をしてみてくださいね!

「龍安寺・石庭」に関連する記事

「龍安寺・石庭」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

シェアする

関連する記事

「龍安寺・石庭」についてさらに知りたい方へ

竜安寺の石庭の配置に意味はあるの?謎だらけの石庭の魅力のサムネイル画像

竜安寺の石庭の配置に意味はあるの?謎だらけの石庭の魅力

戦国時代の謎、現代でも解き明かすことができていない何かがある?のサムネイル画像

戦国時代の謎、現代でも解き明かすことができていない何かがある?

京都にある応仁の乱にゆかりの場所はこちらのサムネイル画像

京都にある応仁の乱にゆかりの場所はこちら

手作りガーデニングの庭作り、簡単なポイントのまとめのサムネイル画像

手作りガーデニングの庭作り、簡単なポイントのまとめ

金閣寺と銀閣寺の歴史・場所・違い・建てた人などをを紹介。のサムネイル画像

金閣寺と銀閣寺の歴史・場所・違い・建てた人などをを紹介。

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

盛り塩の「効果」とその「処分方法」は?「交換時期」も教えますのサムネイル画像

盛り塩の「効果」とその「処分方法」は?「交換時期」も教えます

1
水引アクセサリーの簡単な作り方!和服にも合う結び方を紹介!のサムネイル画像

水引アクセサリーの簡単な作り方!和服にも合う結び方を紹介!

2
礼服のポケットのふたとポケットチーフについて紹介します。のサムネイル画像

礼服のポケットのふたとポケットチーフについて紹介します。

3
お参りとお詣りの意味の違い~神社は?お寺は?のサムネイル画像

お参りとお詣りの意味の違い~神社は?お寺は?

4
おしゃれな御朱印帳ならこれ!おすすめの御朱印帳をご紹介しますのサムネイル画像

おしゃれな御朱印帳ならこれ!おすすめの御朱印帳をご紹介します

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと