東北の世界遺産を紹介!東北には自然遺産と文化遺産が1つずつ!

日本の世界遺産の数は20です(2017年1月時点)。そのうち東北にあるのは2件です。ちょうど震災の年に東北の世界遺産が増えて話題になりましたね。この記事では、東北の世界遺産2件を紹介します。

目次

  1. 東北の世界遺産2つ
  2. 世界遺産 白神山地
  3. 世界遺産 平泉
  4. 東北にかかる世界遺産
  5. 東北の世界遺産のまとめ

東北の世界遺産2つ

世界遺産とは、ユネスコの世界遺産条約に基づき、世界遺産リストに登録された、文化の違いを超えて共有されるべき普遍的価値を持つものをいい、文化遺産と自然遺産、両方の価値を持つ複合遺産の3種類に分類されます。
日本には2017年1月の時点で、7か国にまたがる「ル・コルビュジエの建築作品」を含めて文化遺産16件、自然遺産4件、計20件の世界遺産を有しています。
そして、「宗像・沖ノ島と関連遺産群」と「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」なども登録に向けて準備中で、今後も日本の世界遺産は増えそうです。

白神山地

今回紹介する東北の世界遺産は2件あります。
まずは、自然遺産の「白神山地」。青森県と秋田県にまたがるブナの原生林が評価され、1993年に世界遺産に登録されました。
もう1つは、2011年に登録された文化遺産の「平泉‐仏国土を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群」です。東北に甚大な被害をもたらした東日本大震災があった年、東北や日本を明るくしてくれたのを覚えています。何故か中尊寺金色堂ばかりがピックアップされますが、5つの構成資産を持ち、さらに拡張登録も目指しています。

世界遺産 白神山地

白神山地

東北の世界遺産「白神山地」について紹介します。

日本初の世界遺産

実は、東北の白神山地は日本で最初に登録された世界遺産の1つです。日本が世界遺産条約を批准した翌年、「姫路城」と「法隆寺地域の仏教建造物」、「屋久島」と共に登録されました。

ブナの原生林

白神山地は約13万haの面積があり、世界遺産に登録されているのはその中心部の16,971haです。
ここには世界に類を見ない広大なブナの原生林が広がっていて、核心地域には人の手がほとんど加わっていません。約12千~8千年前に北日本を覆っていたブナ林が、そのまま残ったものと考えられています。
一度、白神山地を縦断する道路建設の話も持ち上がりましたが、自然保護団体の反対運動でなくなりました。今も核心地域には古い登山道以外の道はなく、人の立入も厳しく制限されて自然が守られています。

散策・登山

白神山地は自然に触れるエコツーリズムのモデル地域にもなっていて、周辺地域は誰もが気軽に散策できます。
その一方で、特に古い植生がそのまま残っている核心地域については、秋田県側は全面的に立ち入り禁止で、青森県側からは既存の歩道を使うか、事前に入山手続きをした上で指定ルートで登山することになります。なお、核心地域は難所も多いので注意してください。

上のリンクから、コースや詳しい入山手続きのしかたを確かめられます。許可なしで気軽に散策できるコースも載っていて参考になります。

世界遺産 平泉

平泉

東北の世界遺産「平泉‐仏国土を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群」を紹介します。近年登録されたこともあって、東北の世界遺産というと、白神山地よりこちらのイメージの方が強いかもしれません。

構成資産

世界遺産・平泉の構成資産は、中尊寺、毛越寺(もうつうじ)、観自在王院跡、無量光院跡、金鶏山(きんけいざん)の5つです。中尊寺だけじゃないんです。

平安時代の末期、武士が台頭し不安定な世の中になりました。そこで流行したのが末法思想と浄土教です。この世に救いはなく、死後の極楽浄土を夢見る宗教観でした。都では平等院鳳凰堂が造られ、それから少し遅れて、東北でも平泉に極楽浄土にいる阿弥陀如来に救いを求める思想が伝わったのです。

中尊寺

有名な金色堂は覆堂の中にあります。建設当初は屋外にありましたが、鎌倉時代に覆堂が建てられました。幾つか代替わりを経て、今は1965年に造られた鉄筋コンクリートの覆堂に守られています。
また、金色堂の須弥壇(しゅみだん)にはかつて東北に君臨した奥州藤原氏4代のミイラと首級が収められています。金色堂は阿弥陀如来を祀る阿弥陀堂であるとともに、墓でもあるのです。

毛越寺

毛越寺は往時は中尊寺を凌ぐ大寺院でしたが、残念なことに、1226年の火災と1573年の兵火で建築物は全て焼失してしまいました。平安時代のものは庭園を残すのみとなっています。
庭園は遣水によって人工的に造られた大泉が池を中心としています。この遣水は平安時代のものとして唯一現存しているものです。大泉が池のほとりは美しく変化に富み、ゆっくりと散策するのにぴったりです。

観自在王院跡・無量光院跡

観自在王院と無量光院も奥州藤原氏が造った寺院で、かつては大規模な寺院だったようですが、奥州藤原氏の滅亡とともに荒れ果てました。今は礎石などが残るのみです。
無量光院跡は復元作業が行われています。

金鶏山

金鶏山は平泉の浄土信仰の中心となった山で、寺院を建てるのにこの山の場所を基準にしたことが知られています。
東北地方を旅した松尾芭蕉は、「秀衡が跡は田野に成りて、金鶏山のみ形を残す」と奥の細道に記述しました。

東北にかかる世界遺産

純粋には東北の世界遺産とはいえないかもしれませんが、2015年に登録された「明治日本の産業革命遺産」のうちの1つが東北にあります。岩手県釜石市の「橋野鉄鉱山・高炉跡」です。
明治日本の産業革命遺産は山口県と九州を中心に点在する23件の構成資産からなり、東北にある橋野鉄鉱山・高炉跡は日本最古の洋式高炉跡としての価値を有しています。

東北の世界遺産のまとめ

いかがでしたか?
日本の世界遺産20件に対し、東北に2件、他の地方にまたがっているものを入れても3件は少ないような気もします。今、東北は北海道と共に「北海道・北東北縄文遺跡群」の世界遺産登録を目指しています。2回も推薦見送りになってしまっていますが、ぜひ諦めずに登録に向けて頑張ってほしいです。

「東北・世界遺産」に関連する記事

「東北・世界遺産」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

盛り塩の「効果」とその「処分方法」は?「交換時期」も教えますのサムネイル画像

盛り塩の「効果」とその「処分方法」は?「交換時期」も教えます

盛り塩の効果をご存知ですか?そして盛り塩の処分の仕方も気になりますよね。盛り塩には邪気を払い、人

水引アクセサリーの簡単な作り方!和服にも合う結び方を紹介!のサムネイル画像

水引アクセサリーの簡単な作り方!和服にも合う結び方を紹介!

お祝い袋の飾りとして有名な水引。伝統的で上品な光沢が魅力です。水引を使ったアクセサリーの作り方を

礼服のポケットのふたとポケットチーフについて紹介します。のサムネイル画像

礼服のポケットのふたとポケットチーフについて紹介します。

結婚式や葬式で礼服を着ることがあります。その際、礼服のジャケットのフラップをポケットにおり込んだ

お参りとお詣りの意味の違い~神社は?お寺は?のサムネイル画像

お参りとお詣りの意味の違い~神社は?お寺は?

日本語には同じ読み方をしても、違う意味を持っている言葉があります。お参りとお詣りの違いについてご

おしゃれな御朱印帳ならこれ!おすすめの御朱印帳をご紹介しますのサムネイル画像

おしゃれな御朱印帳ならこれ!おすすめの御朱印帳をご紹介します

神社やお寺にお参りする際、御朱印帳を持参するのが流行っていますね。巷では御朱印巡りをする女性に御

シェアする

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと