永代供養を選ぶメリット・デメリットを徹底解説!

永代供養墓を知っていますか?お寺や霊園が遺族に代わって供養・管理してくれるお墓のことで、お墓の後を継ぐ人がいない方やお墓のことで子供に迷惑をかけたくないという方に選ばれています。この記事では先祖代々のお墓に対する永代供養墓のメリットとデメリットをまとめました。

目次

  1. 永代供養とは何か
  2. 永代供養墓にするメリット
  3. 永代供養のお墓にするデメリット
  4. 永代供養のお墓の種類と金額・相場
  5. 永代供養墓のメリット・デメリットまとめ

永代供養とは何か

お墓

近年話題になった永代供養
その詳細について皆様は本当に正しく理解していますか?

永代供養(えいたいくよう)とは、お骨をお寺や霊園などに預けて供養と管理を任せる供養形態のことです。
生前に本人がお墓を申し込めることが特徴です。

「お墓を継ぐ人がいない、、」
「家族と宗教や宗旨が違うため家族と同じ墓に入れない、、」
「お墓のことで子供に迷惑をかけたくない、、」
「伝統的なお墓の制度に興味がない、、」
「お墓を無縁仏にしたくない、、」

などの理由で自分から永代供養を選ばれる方が多いようです。

お墓に入る際は代々受け継いできた先祖の墓へ、というのが日本本来の考え方です。
若い方や都会にお住いの方などは宗教や家に拘らない傾向が強いため、永代供養を肯定的に考える場合が比較的多い印象ですが、一方で高齢者や過疎地にお住まいの方は永代供養墓に入ることを否定的に捉えがちです。

この記事では一般的な先祖代々のお墓と比べ、永代供養墓にどのようなメリット・デメリットがあるかをお伝えいたします。
また、その他永代供養について最低限知っていただきたい情報も掲載しております。
是非最後までお読みください。

永代供養墓にするメリット

お墓

まずは、永代供養を選択するメリットについて解説して参ります。

お墓の後継者がいなくても申し込み可能

お寺が責任を持って供養をしてくれるので、その後ご遺族がお参りに来ることができなかったとしても無縁仏になってしまうことがありません。
自分や親しい人が粗末に扱われる心配がないというのは有難いことですね。
お寺や霊園が定期的に供養や管理を行ってくださるので安心ですね。

宗旨や宗派を問われない

納骨の際に宗派を問わないところが多いです。
無宗教の方や在来仏教の方なら気兼ねなく申し込むことができます。

場所によってはキリスト教や神道を信仰している方でも受け入れてくださります。
永代供養をしてくれるお寺の宗教・宗派に帰依することや檀家になることを条件として受け入れてくれる場合もあります。

生前に申し込み可能

生前から自分の入るお墓を自分で整えられること、契約時に支払いを済ませるので死後遺族に迷惑をかける心配がないことなどが魅力的です。
生前に申し込んだ場合、年会費や管理費の支払いを求める寺院もありますのでご確認の上お申し込みください。

従来のお墓と比べて費用が安価

後述の個人墓でない限り、基本的に墓石代がかかりません。
また一式料金を支払えば、その後の管理費やお布施は払う必要がありません。
一式料金とは永代供養を申し込む際に支払うお金のことで、一般的に次のものをまとめて指します。

  • 永代供養料
  • 場所使用料
  • 納骨料
  • お布施
  • 入会費(生前申し込みの場合)
  • 刻字料、墓石料(個人墓の場合)

永代供養の費用は安いと10万を下回ることもあります。
永代供養の費用の相場については以下の記事も参考にしてください。

こちらも読まれています

永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!

ご自身やご家族が亡くなった後の供養について考えたことはありますか? 先祖のお墓に納骨する方が大多数ですが、近年は「永代供養」という供養方法を選ぶ方が増えてきています。今回は永代供養の費用や相場などご紹介します。永代供養の料金を損しないように参考にして下さい。

永代供養のメリットまとめ

  • 後継者が不要
  • 宗派が問われない
  • 生前に申し込み可能
  • 安価

などは永代供養供養のメリットです。
やはり手軽なことが永代供養のメリットですね。

永代供養のお墓にするデメリット

お墓

続いて永代供養を選択するデメリットを確認しましょう。

親族の理解を得にくい

永代供養は近年話題にはなってきておりますが、まだ世間に浸透しているとは言い難い供養の方法です。
先祖代々のお墓を守ってきた方、信心深い方や檀家の方などは、宗教不問かつ誰でも入れるお墓というものに対して否定的な考えをお持ちであっても無理はありません。
価値観の違いから生じる問題ですから、押し切らずに互いの意思や意見を伝えた上で慎重に話を進めたいですね。

遺骨を取り出すことができなくなる

永代供養墓に納骨した場合、最初からまたは納骨後一定の期間が経つと他の遺骨と一緒に納骨されます(合祀)
合祀されてしまうと、二度と遺骨を取り出すことはできません。
たとえば、一度は遺骨を永代供養墓に入れたが、新しく家族の墓を建てたのでそちらに移したいと思っても、合祀されてしまった場合は遺骨の移動は叶いません。
他の遺骨と一緒にされてしまうことが気になる方は、納骨後どのくらいで合祀されるのかを寺院に尋ねるのがよいと思います。
永代供養の期間については以下の記事を参考にしてください。

こちらも読まれています

永代供養の期間を解説?実は「永遠」じゃない?!

実は知らないお墓の話として、永代供養があります。 永代という言葉が使われていますが、実は、期間が定められていることが多いのです。 永代供養の期間についてまとめました。

永代供養のデメリットまとめ

  • 親族の了解を得難い
  • 遺骨を取り出せない

などが永代供養のデメリットでした。

永代供養のお墓の種類と金額・相場

永代供養のお墓には大まかに分けて「個人墓」「集合墓」「合祀墓」の三つの種類があります。
注意しなくてはならないのは、どの種類を選んでも一定の期間が経つと(三十三回忌後など)最終的には合祀墓に入れられてしまう可能性があるということです。

個人墓 (高価、刻字可能)

個人墓の特徴は個々人にそれぞれ墓石が建てることができる点です。
従来のお墓のように刻字も可能ですし、上図のように卒塔婆がお供えできることもあります。
敷地は他の人のお墓と共有にはなりますが、最も従来式の墓参りがしやすい形であると言えるでしょう。
形も五輪塔型だけではなく、塔婆型や洋型など寺院によってバリエーションがあります。

一方で、墓石を建てるため下記の集合墓や合祀型に比べるとお値段はずっと高くなります。
費用は50万円〜300万円のところが多いです。
規格があるわけではないので寺院によってまちまちです。

個人墓の永代供養については以下の記事でも詳細に解説してあります。

こちらも読まれています

永代供養墓で個別墓を選ぶ理由は?供養形式ごとの相場をまとめました

永代供養墓は、大きく分けて個別墓と合祀墓のいずれかを選ぶ事が出来ます。今回は、永代供養墓とは何か、個別墓・合祀墓のメリット等についてまとめました。

集合墓 (個別納骨が可能)

納骨は別々の納骨室(カロート)にするタイプです。
大きなモニュメントが備え付けてあるのが特徴で、その周辺を区画分けして個別に石碑を置いたりすることもあります。
この場合、墓石代はかかりますがどちらかというと名札の様相が強く、個別墓よりも安いものが多いです。
料金の相場は20~150万円です。

合祀墓 (安価・送骨納骨サービス)

預かった遺骨を他の人と同じカロートに納めるタイプです。
始めから合祀したり、遺骨を預かってしばらくはカロート内の個別の棚にしまっておき後から合祀するなど寺院によって合祀の時期は異なるようです。

上記二つよりも無宗教的な外見のものが多いです。
また墓石を新たに建設しないため安価です。

費用の相場は2万~100万円です。

送骨納骨サービスとは?

また、一部の合祀墓を取り扱う寺院では「送骨納骨」を受け付けてくれるところがあります。
「送骨納骨」とは読んで字のごとく、骨壺を寺院に郵送して合祀墓に納骨してもらうサービスの事です。
2013年頃に生まれた新しい概念で、2〜5万円という低予算で永代供養墓を利用できます。
生前予約をすることもでき、事前に契約を交わしておくことで死亡後に関係者の連絡一つで納骨の手続きを進める仕組みも構築されつつあります。

いくら安いからと言って納骨を郵送で済ますなど不謹慎だ、とお考えになられるかもしれません。
しかし、足腰や体調が悪く自分では遺骨を届けられない方や、身寄りがなく死後の納骨を任せられる相手がいない方などにとっては有難いサービスであることにも違いはありません。
「安いから」「面倒だから」という理由でこの手法をとることは言語道断ではありますが、いざというときの選択肢の一つとして数えることはよいと思います。

永代供養墓のメリット・デメリットまとめ

お墓

以上が永代供養のメリット・デメリット、そして永代供養の基礎知識のまとめになります。

従来のお墓を選択されることを何一つ否定しているわけではありません。
永代供養を供養の形態の一つの選択肢として考えてくださるだけで結構です。

この記事を読み、正しい供養を選択し、その結果幸福になられる方が増えたら幸いです。

その他、永代供養の知識については以下の記事も参考にしてください。

こちらも読まれています

永代供養墓へのお墓参りの仕方やマナーをお教えします

永代供養墓へのお墓参りをした事はありますか?今回は、永代供養墓へのお墓参りをする際のマナー等について、解説していきます。

永代供養をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは永代供養を値段(見積り)やアクセス・特徴などで比較して納得のいくお墓を建てられるよう、情報をまとめています。いざという時の為に資料請求や電話対応も無料で承っていますので、是非ご利用ください。

「永代供養・メリット・デメリット」に関連する記事

「永代供養・メリット・デメリット」についてさらに知りたい方へ

  • 永代供養のデメリットとは?詳しく解説していきます!

    永代供養のデメリットとは?詳しく解説していきます!

    子世代が遠方に住んでいる人は、お墓の管理についてどのようにお考えですか?永代供養は親子双方にメリットがありますが、一方で思わぬデメリットもあります。永代供養のお墓にした後で困らないよう、デメリットとメリットについてまとめましたのでぜひ参考になさって下さい。

  • 永代供養の料金相場ってどのくらい?宗派の違いを紹介します!

    永代供養の料金相場ってどのくらい?宗派の違いを紹介します!

    最近、永代供養を申し込まれる方が増えています。興味はあっても「永代供養の相場がどの程度なのか?」「一般的なお墓と何が違うのか?」と、疑問をお持ちの方も多いことでしょう。そこで今回は、話題の永代供養の相場について解説したいと思います。

  • お寺での永代供養にかかる永代供養料ってどれくらい?相場をご紹介

    お寺での永代供養にかかる永代供養料ってどれくらい?相場をご紹介

    近年永代供養を選択される方が増えてきています。では、お寺での永代供養とはそもそもどんなものなのでしょうか。またお寺での永代供養料の相場はどれくらいなのでしょうか。お寺の永代供養料について注意点を含めてご説明いたします。

  • 永代供養をお願いする時期っていつ?終活に役立つ情報を解説!

    永代供養をお願いする時期っていつ?終活に役立つ情報を解説!

    終活の項目のなかで永代供養が注目を集めています。永代供養はお墓の継承者がいらない新しい供養方法です。ご希望の寺院・霊園に永代供養を申し込む場合、どのような時期が最適でしょうか?永代供養をお願いする時期について詳しく解説いたします。

  • 永代供養の種類ってどんな種類があるの?普通のお墓と何が違う?

    永代供養の種類ってどんな種類があるの?普通のお墓と何が違う?

    少子高齢化や核家族化が進み、お墓の管理や、お墓参りが困難になる場合が増えてきました。 それにより「永代供養」の種類のお墓を選び、故人の供養を任せてもらう人が増えてきています。その「永代供養」とはどんなものでしょうか。種類も合わせて詳しく説明します。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • 樹木葬の費用ってどれくらい?料金相場や人気の墓地・霊園を紹介!

    樹木葬の費用ってどれくらい?料金相場や人気の墓地・霊園を紹介!

    近年樹木葬を選ぶ人が増えてきています。自然葬の一種である樹木葬はその名の通り自然に還ることのできる埋葬方法ですが、費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用がどれくらいなのか、おすすめの樹木葬ができる墓地・霊園とともに解説していきます。

    1
  • 納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

    お盆やお彼岸にお墓ではなく、納骨堂へお参りに行く人が増えています。 納骨堂はお墓と違って、お参りに行きやすく管理も楽です。 お墓を建てるよりも安い料金と聞いたけど、実際料金はどれくらいかかるのか。 また、管理費などはどうなっているのでしょうか。

    2
  • お墓の費用に関する全てを解説!費用の相場・内訳や購入のコツも紹介

    お墓の費用に関する全てを解説!費用の相場・内訳や購入のコツも紹介

    お墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか。今回終活ねっとでは、お墓の値段について費用の内訳から購入のコツまでお墓の費用に関する全てを解説します。ぜひ最後までご覧になってください。

    3
  • お墓の購入時の注意点は?購入前に気を付けるべきポイントとは

    お墓の購入時の注意点は?購入前に気を付けるべきポイントとは

    終活がブームになっていて早めにお墓を購入するという方も増えてきています。しかし、お墓を購入する際に気を付けるべき注意点というのはあるのでしょうか?もし、あるとすればどのような点に気を配ればよいのでしょうか?今回は、お墓を購入する際の注意点について見ていきます。

    4
  • 永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!

    永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!

    ご自身やご家族が亡くなった後の供養について考えたことはありますか? 先祖のお墓に納骨する方が大多数ですが、近年は「永代供養」という供養方法を選ぶ方が増えてきています。今回は永代供養の費用や相場などご紹介します。永代供養の料金を損しないように参考にして下さい。

    5

シェアする

関連する記事

「永代供養・メリット・デメリット」についてさらに知りたい方へ

永代供養のデメリットとは?詳しく解説していきます!のサムネイル画像

永代供養のデメリットとは?詳しく解説していきます!

永代供養の料金相場ってどのくらい?宗派の違いを紹介します!のサムネイル画像

永代供養の料金相場ってどのくらい?宗派の違いを紹介します!

お寺での永代供養にかかる永代供養料ってどれくらい?相場をご紹介のサムネイル画像

お寺での永代供養にかかる永代供養料ってどれくらい?相場をご紹介

永代供養をお願いする時期っていつ?終活に役立つ情報を解説!のサムネイル画像

永代供養をお願いする時期っていつ?終活に役立つ情報を解説!

永代供養の種類ってどんな種類があるの?普通のお墓と何が違う?のサムネイル画像

永代供養の種類ってどんな種類があるの?普通のお墓と何が違う?

人気のキーワードの記事一覧

終活

ランキング

よく読まれている記事です

樹木葬の費用ってどれくらい?料金相場や人気の墓地・霊園を紹介!のサムネイル画像

樹木葬の費用ってどれくらい?料金相場や人気の墓地・霊園を紹介!

1
納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金の相場はいくら?

2
お墓の費用に関する全てを解説!費用の相場・内訳や購入のコツも紹介のサムネイル画像

お墓の費用に関する全てを解説!費用の相場・内訳や購入のコツも紹介

3
お墓の購入時の注意点は?購入前に気を付けるべきポイントとはのサムネイル画像

お墓の購入時の注意点は?購入前に気を付けるべきポイントとは

4
永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!のサムネイル画像

永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと