今すぐ知っておきたい開眼供養とお布施の事情

開眼供養ってなに?お布施の相場はどれくらい?お墓の話はあまり人に尋ねにくいですよね。開眼供養の意味からお布施の相場までこちらで解説していきます。

目次

  1. 開眼供養の必要性
  2. 開眼供養の由来
  3. 開眼供養の流れ
  4. 気になるお布施の相場
  5. 開眼供養とお布施のまとめ
  6. 終活の専門家に相談してみよう

開眼供養の必要性

開眼供養(かいがんくよう、かいげんくよう)とは、開眼法要とも呼ばれ、

・新しくお墓を建てたとき
・お墓を改装したとき

に、僧侶を招いて読経してもらうことを言います。
お墓を建てただけでは、ただの石のままです。
ここで読経してもらうことによって、仏の魂を迎え入れる準備ができます。
このことにより、礼拝の対象となるのです。
呼び方も多々あり、入魂式、御魂入れ、御性根入れ、お墓開きなどがあり、宗教によって違います。
また、浄土真宗では開眼供養の概念はありませんので行いません。
代わりに御移徙という慶事の法要を行います。
ここで慶事、と表現しました。
実はお墓を建てることは慶事なのです。
私たちが新築の家を建てるとお祝いをするように、仏の家を建てたわけですから
慶事として法要を行います。

開眼供養の由来

何故墓石に読経を行うことが開眼なのでしょうか。
由来は昔仏像が造られていた頃にまで遡ります。
仏像の製作はまず体やお顔の部分を製作して、一番最後に眼を描き込みました。
こうすることで像に魂が入るとされてきました。
今回はお墓の開眼供養についてのお話ですが、開眼供養とはお墓だけでなく、
仏像、仏画、仏壇の新たな完成の際に行われます。
ここからお墓を新しく作った際にも、開眼供養が行われるようになりました。
墓石に仏の魂を入れることは、仏像製作でいうところの眼を描く作業と同じことのため、
開眼と呼ぶようになったのですね。

お墓

開眼供養の流れ

では開眼供養の流れを見ていきましょう。
いつどのように誰が行うのでしょうか。

お墓を建てよう

まずはお墓を建てる場所や墓石を選びましょう。
最近では生前からお墓を建てる方もいらっしゃいます。
自分たちがお参りしやすいことだけでなく、後々の子孫がお参りしやすいことを考えるのが良いでしょう。

日時を決めよう

仏の新しい家となるお墓の慶事ですから、なるべく家族、親族が集まってあげると良いでしょう。
その為に都合の良い日程を2,3日決めておきましょう。
埋葬する遺骨がある場合は、四十九日や百か日、一周忌などの法要のときに納骨式と合わせて行ってもよいでしょう。
どちらにしても僧侶の都合も関係してきますので、早めに、日にちの候補もいくつか決めておきましょう。

僧侶の手配

次に僧侶の手配をしましょう。
菩提寺がある場合は、そちらに法要を依頼します。
ない場合は、墓地の管理者や購入した墓石の石材店に相談するとよいでしょう。
その際は希望する宗派がある場合は必ず伝えましょう。
注意が必要なのは、お墓が寺院墓地の場合です。
その場合はお墓のある土地のお寺へ依頼しないといけない可能性が高いです。
菩提寺があって、菩提寺とは別のお寺の経営する寺院墓地にお墓を建てた場合は確認してみましょう。

お墓の掃除や会食の手配

日時が決まったら、それまでにお墓や周辺を掃除します。
お供え物やお花など、宗派によって変わりますので僧侶に確認を取って用意します。
また開眼供養後は集まった親族や僧侶を会食に招くのが一般的です。
そちらの参加有無や、会場の手配を行いましょう。

開眼供養

そして開眼供養の日を迎えます。
必要なものや、服装など分からないことは僧侶に確認して、万全な態勢で法要を行いましょう。

気になるお布施の相場

保険・相続

ここで気になるのが開眼法要の相場です。
葬儀や法要などもありますし、どれくらい用意しておいたほうがいいか心構えがあると安心です。

地域差が大きい

心構えがあると安心ですと記載しましたが、実は地域によりお布施の価格差が大きいものです。
また宗派によっても違いがでてきます。
大体3~10万円が相場とされていますが、決まった金額は存在しません。
恥ずかしい事ではありませんので僧侶に相談するか、もしくは同じ菩提寺やお寺を使用する
親族やご近所の方にきいてみるのも良いでしょう。

お布施だけじゃない!必要なもの

お布施だけしか受け取らないお寺もありますが、他に必要となってくるのが

御車代

です。
菩提寺の墓地以外で車で来てもらわないといけなかった場合に出すのが一般的です。
また会食に僧侶が参加されない場合、

御膳料

をお包みしましょう。
こちらはどちらも大体5千円~1万円ほどが相場です。
白封筒に入れて渡してもらって大丈夫です。
またお布施とまとめて入れても良いですが、その場合は一言伝えましょう。

お布施は何に入れればいいの?

最初に書きましたが、納骨を伴わない開眼供養の場合は慶事となります。
だとすればお布施は何に入れてお渡しすればよいのでしょうか。
意外と迷うお布施を入れる金封についてまとめました。

開眼のみ行う場合

慶事ですが、仏事ですので熨斗はつけません。
水引は紅白でかまいません。
表にはお布施ではなく開眼御礼と記載しましょう。
ただ、熨斗のついていない紅白の水引のついた金封はあまり売られていません。
熨斗のついてない金封と紅白の水引のついた金封を購入して組み合わせるのが一番ですが、
ない場合は白封筒でも良いようです。

開眼供養と納骨法要を行う場合

こちらは慶事と弔事になりますのでどうすればいいか迷うかと思います。
ただ開眼供養と納骨法要は別の法要となりますので、
分けて用意し、都度お渡ししてもいいでしょう。
一つにまとめる場合は、水引はなし、もしくは黄白にしましょう。
表には御布施(お布施)と記載すれば問題ありません。
ただまとめていることは僧侶やお寺に一言伝えたほうが良いでしょう。

開眼供養とお布施のまとめ

お墓

いかがでしたでしょうか。
身近な方が亡くなり、葬儀や法要などで頭がいっぱいになりがちですが、
忘れてはいけないお墓にまつわる開眼供養についてまとめてみました。
お墓は建てれば良いというものではなく、読経など魂を迎え入れるための準備が必要です。
またそれに伴いお布施も必要になってきます。
お布施の額なんてなかなか尋ねにくいことではありますが、重要なことです。
ただお寺や僧侶にとってはお布施は特別なことではありませんので問い合わせしてみましょう。
これを機に、お墓のことやお布施への心構えなど、今のうちから準備しておくと
いざというときに役立つかもしれません。

終活の専門家に相談してみよう

「身近な人が亡くなったらどうしたらいいの?」「終活とは具体的にどんなことをしたらいいの?」「誰か詳しい人に直接相談したい!」と思われる方もいらっしゃると思います。
終活ねっとを運営するにあたり、【お墓・葬儀・仏壇・介護・相続・保険・遺品整理】などなど様々な分野の専門家の方に協力していただいております。
また、それぞれの専門家の方が

  • どのような事をなさっているのか?
  • どんな想いでお仕事をなさっているのか?
  • どのような特徴があるのか?

などを、記事形式で紹介しております。

お墓の専門家はこちらから

シェアする

「開眼・供養・お布施」に関連する記事

「開眼・供養・お布施」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • 永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!

    永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!

    ご自身やご家族が亡くなった後の供養について考えたことはありますか? 先祖のお墓に納骨する方が大多数ですが、近年は「永代供養」という供養方法を選ぶ方が増えてきています。今回は永代供養の費用や相場などご紹介します。永代供養の料金を損しないように参考にして下さい。

    1
  • 親のお墓にかかる費用について。費用は誰が負担するのか解説します!

    親のお墓にかかる費用について。費用は誰が負担するのか解説します!

    人が生涯の中で一緒に過ごす相手で最も大切な存在の1つが親です。しかし、親は亡くなった際にお墓がなければ、そのための費用を主に子が負担しなければいけません。しかし、お墓を建てるには多額の費用を要します。今回は、親のお墓を建てる際の費用について見ていきましょう。

    2
  • 樹木葬にかかる費用を詳しく解説!樹木葬を選ぶために知るべきこと

    樹木葬にかかる費用を詳しく解説!樹木葬を選ぶために知るべきこと

    自然回帰の高まりから、樹木葬を選ぶ人が増えてきています。樹木葬というと「費用を安くあげることができ、大地に帰れる埋葬方法である」という程度の認識しかない人がほとんどであると思います。今回は樹木葬の費用や埋葬方法・注意点などについて解説いたします。

    3
  • お寺の納骨堂にかかる費用について相場や内訳を詳しく解説!

    お寺の納骨堂にかかる費用について相場や内訳を詳しく解説!

    都市部を中心にお墓を建てずに、お寺などが運営する納骨堂を利用する人が増えているようです。屋内なので管理がしやすく墓石がない分費用が安いと思われますが、実際の費用や相場がどうなのでしょうか?お寺などが運営する納骨堂にかかる費用などを詳しく学んでいきましょう。

    4
  • 樹木葬の選び方について注意点やメリットについて徹底解説!

    樹木葬の選び方について注意点やメリットについて徹底解説!

    樹木葬というと「新しいお墓の形」として注目されている埋葬方法ですが、墓地や霊園の選び方がよくわからないという人もいるでしょう。そこで樹木葬を希望する人に、樹木葬ができる墓地や霊園の選び方のポイントを説明していきますね。

    5

関連する記事

「開眼・供養・お布施」についてさらに知りたい方へ

お墓の開眼供養って何?開眼供養のすべてを解説しますのサムネイル画像

お墓の開眼供養って何?開眼供養のすべてを解説します

閉眼供養ってなに?お布施が必要?全部教えます!のサムネイル画像

閉眼供養ってなに?お布施が必要?全部教えます!

開眼法要って何?お墓は設置するだけじゃダメなんです。のサムネイル画像

開眼法要って何?お墓は設置するだけじゃダメなんです。

仏壇を購入したら最初にすること!開眼供養について解説します。のサムネイル画像

仏壇を購入したら最初にすること!開眼供養について解説します。

開眼供養って何?一連の流れやお供え物、のしの表書き等についてのサムネイル画像

開眼供養って何?一連の流れやお供え物、のしの表書き等について

人気のタグの一覧

終活ねっとで人気のタグ

ランキング

よく読まれている記事です

永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!のサムネイル画像

永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!

1
親のお墓にかかる費用について。費用は誰が負担するのか解説します!のサムネイル画像

親のお墓にかかる費用について。費用は誰が負担するのか解説します!

2
樹木葬にかかる費用を詳しく解説!樹木葬を選ぶために知るべきことのサムネイル画像

樹木葬にかかる費用を詳しく解説!樹木葬を選ぶために知るべきこと

3
お寺の納骨堂にかかる費用について相場や内訳を詳しく解説!のサムネイル画像

お寺の納骨堂にかかる費用について相場や内訳を詳しく解説!

4
樹木葬の選び方について注意点やメリットについて徹底解説!のサムネイル画像

樹木葬の選び方について注意点やメリットについて徹底解説!

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと