簡単仕掛け!アナゴ釣りはとっても気軽に楽しめます

寿司や天ぷらのネタとして人気のアナゴ。実は、堤防からでも手軽に狙えるターゲットなんです。ここではアナゴ釣りにおすすめの仕掛けや、自宅での捌き方などを紹介していきます。こだわりの仕掛けでおいしいアナゴを釣り上げてみませんか?

目次

  1. 夜釣りをするならアナゴ釣り
  2. 夏?冬?アナゴのシーズンは?
  3. 堤防から投げ釣りでアナゴを狙おう
  4. 筒やカゴを使ったアナゴ仕掛け
  5. アナゴと言えば東京湾!おすすめスポット
  6. アナゴの捌き方
  7. 釣って良し、食べて良しのアナゴ

夜釣りをするならアナゴ釣り

釣り

アナゴ釣りと言えば、夜釣りで狙う釣り物の代名詞。堤防から一般的な投げ仕掛けで手軽に狙えるターゲットです。アナゴ釣りは、仕掛けを投げたらのんびり待つだけのテクニックいらずの釣りですので、初心者の方でも十分楽しめますよ。

夏?冬?アナゴのシーズンは?

夏のアナゴ

アナゴと言うと夏が旬というイメージがありますよね。鰻と違い、さっぱしりた味わいが良いとされるため、身に脂が少ない夏が旬と言われています。東京湾の風物詩と言われるアナゴ釣りも季節は初夏ですね。

冬のアナゴ

冬のアナゴはしっかりと脂が乗って濃厚な味わいで、こちらの方が美味しいと言う人も多いとか。釣る事を考えると冬の夜釣りは寒さが身に沁みますが、車を横付けできる釣り場であれば、仕掛けを投げたら車の中へ避難して差を先に動きが出るのを待つだけなのでチャレンジしやすいですね。

アナゴの旬は一年中!

一般的にはアナゴの旬は夏と言われていますが、一年中おいしく食べられる魚のようですね。味わいの違いを比べてみるのも楽しいかもしれません。

堤防から投げ釣りでアナゴを狙おう

アナゴ釣りの仕掛けは簡単!

仕掛けでアピール

アナゴは上の図のように、道糸とオモリ・市販の針を繋げるだけの手軽な仕掛けでも十分狙えますが、釣果を上げるためにもう一工夫してみましょう。
ケミホタルや水中ライトをプラスしたり、蛍光パーツを使ってアピールし、釣果アップを狙ってみませんか?

こだわりの仕掛けを自作

針のサイズやパーツにこだわった、自作の仕掛けもいいですよね。シンプルなタイプからキラキラと派手なものまで、その日の様子を見ながら試していくのも楽しみの一つです。

筒やカゴを使ったアナゴ仕掛け

釣りの仕掛けとは少し違いますが、アナゴを取るためにはこんな方法もあります。釣り場についたら仕掛けを沈めておき、さらに投げ仕掛けでアナゴを狙うもよし。他の釣りを楽しむのもいいですね。

筒でアナゴを取る

アナゴは「穴子」と書くだけあって、穴の中を好む習性があります。その習性を生かした仕掛けがこちらの筒型仕掛け。イソメなどの餌を入れて仕掛けましょう。

カゴでアナゴを取る

アナゴ以外の魚を狙うこともできるカゴタイプの仕掛け。こちらもえさを入れて沈めましょう。

アナゴと言えば東京湾!おすすめスポット

アナゴと言えば江戸前寿司のイメージが強いですよね。そこで、東京湾のアナゴ釣りのおすすめスポットを紹介します。

東京湾の堤防アナゴ釣りポイント

アナゴの主な生息地は砂地です。夜行性の為、夜はエサを求めて動き回りますが、日中は岩場の隙間などに潜んでいます。よって、アナゴ釣りのポイントは「砂地の中に岩場などの根が点在しているところ」がベストです。

東京湾のアナゴ釣り船

東京湾でのアナゴ釣りなら船釣りにもチャレンジしてみたいですよね。東京湾でのアナゴの船釣りは4月に始まり、7月いっぱいがシーズンになります。初心者歓迎の船宿や、竿のレンタルなどもありますのでチャレンジしてみてはいかがでしょうか?
船釣りでは、釣ったアナゴを捌いてもらえるのも嬉しいポイントですよね。

アナゴの捌き方

「アナゴ素人には捌けない」と思っていませんでしたか?手順を守れば自宅でもアナゴを捌くことが出来るんですよ!

アナゴの捌き方

準備

アナゴのヌルヌルを押さえるためにキッチンペーパーなどで軽く水気をぬぐっておきます。また、包丁は事前に研いでおく事。出来れば木のまな板に目打ちでしっかり止めておくのが良いですが、それらがない場合、厚手にキッチンペーパーや軍手などでしっかり押さえながら、ゆっくり包丁を入れれば大丈夫です。

背開き?腹開き?

アナゴを捌く際、背から開く「背開き」と、腹から開く「腹開き」があります。関東・関西の違いなどもある様ですが、自宅で捌く場合は「腹開き」の方が簡単な様です。

自分で捌いたアナゴの味は格別ですよ!色々な料理を楽しんでくださいね。身だけでなく、中骨は低温の油でじっくり上げれば珍味の骨せんべいを味わえます。

釣って良し、食べて良しのアナゴ

人々

仕掛けを中心にアナゴ釣りを紹介しました。一般的な投げ仕掛けで釣れるので、アナゴオンリーではなく、カレイやイシモチなどと一緒に狙うことも出来ますよ。
皆さんもアナゴ釣りに出かけてみてはいかが?

「アナゴ・仕掛け」に関連する記事

「アナゴ・仕掛け」についてさらに知りたい方へ

  • 憧れの高級魚!ヒラメを狙うおすすめ仕掛け

    憧れの高級魚!ヒラメを狙うおすすめ仕掛け

    ヒラメと言うと、釣るのが難しい高級魚と言ったイメージが強いですよね。しかし、ヒラメは様々な仕掛けで狙えるので、自分に合ったやり方が見つかるはず!いつかは釣ってみたい高級魚、ヒラメを釣るための仕掛けやポイントを紹介していきます。

  • カレイ釣り解説!ブラーを使った仕掛けを紹介します。

    カレイ釣り解説!ブラーを使った仕掛けを紹介します。

    カレイは代表的な食用魚です。釣りにおいても、防波堤や砂浜での投げ釣りで人気です。カレイ釣りの記事は既にいくつかありますので、今回はブラー釣りをご紹介します。ブラー釣りの仕掛けは簡単で、ルアーとほぼ同じ仕掛けで済んでしまいます。それでは紹介していきましょう。

  • 夜のほうがよく釣れる?!夜釣りの楽しみ方

    夜のほうがよく釣れる?!夜釣りの楽しみ方

    多くの人が明るい時に釣りを楽しんでいますが、魚種によっては夜のほうがよく釣れることもあります。今まで夜釣りをしたことがない人に向けて、夜釣りの楽しみ方、準備をするものなどを紹介します。

  • 手軽に楽しめる!川釣りの仕掛けや糸の結び方を紹介!

    手軽に楽しめる!川釣りの仕掛けや糸の結び方を紹介!

    川釣りは淡水で手軽に楽しめる釣りです。釣れる魚はヤマメや、ナマズ、アユなど海ほどではないとはいえ、様々な魚を釣ることができますし、仕掛けもいろんな種類のものがあります。ここでは、川釣りの仕掛けの種類や糸の結び方などをお伝えします。

  • 撒き餌をしながら釣りができる!カゴ釣り仕掛けについて紹介

    撒き餌をしながら釣りができる!カゴ釣り仕掛けについて紹介

    カゴ釣り仕掛けは、撒き餌をして魚を集めながら釣りをする方法です。そのため、1本のハリに餌を付けただけの仕掛けよりも高い釣果が期待できます。カゴ釣り仕掛けについて紹介します。

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

シェアする

関連する記事

「アナゴ・仕掛け」についてさらに知りたい方へ

憧れの高級魚!ヒラメを狙うおすすめ仕掛けのサムネイル画像

憧れの高級魚!ヒラメを狙うおすすめ仕掛け

カレイ釣り解説!ブラーを使った仕掛けを紹介します。のサムネイル画像

カレイ釣り解説!ブラーを使った仕掛けを紹介します。

夜のほうがよく釣れる?!夜釣りの楽しみ方のサムネイル画像

夜のほうがよく釣れる?!夜釣りの楽しみ方

手軽に楽しめる!川釣りの仕掛けや糸の結び方を紹介!のサムネイル画像

手軽に楽しめる!川釣りの仕掛けや糸の結び方を紹介!

撒き餌をしながら釣りができる!カゴ釣り仕掛けについて紹介のサムネイル画像

撒き餌をしながら釣りができる!カゴ釣り仕掛けについて紹介

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

老後に人気な趣味5選!楽しみながら健康を維持できる方法を紹介!のサムネイル画像

老後に人気な趣味5選!楽しみながら健康を維持できる方法を紹介!

1
趣味を見つける方法にお困りの方必読!趣味で充実のシニアライフ!のサムネイル画像

趣味を見つける方法にお困りの方必読!趣味で充実のシニアライフ!

2
40代で始めるオススメの趣味は?インドアとアウトドアの趣味!のサムネイル画像

40代で始めるオススメの趣味は?インドアとアウトドアの趣味!

3
老後の趣味に最適なアウトドアを厳選して3つ紹介します!のサムネイル画像

老後の趣味に最適なアウトドアを厳選して3つ紹介します!

4

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと