春の俳句を詠む人必見!中学生から大人まで必ず参考になります!

春の俳句を詠んでみたいあなたにへ。上手に春の俳句を詠む方法や、春の季語のついて紹介いたします。おすすめの春の俳句も紹介いたしますので是非参考にしてください。

春の俳句を詠んでみましょう。

桜

春の俳句を詠もうとしても、いい言葉が出てこなかったりして、なかなかいい案が思いつきませんよね?
がむしゃらに俳句を考えるのではなく、まずはこの記事を参考にしてみてください。
春の季語やおすすめの春の俳句を多数紹介いたします
この記事を一通り読み終わった後、必ずいい春の俳句が頭に浮かんでくるはずです。

俳句の基礎知識

俳句の歴史

「俳句」とは大正時代に正岡子規が初めて定義した言葉です。
江戸時代にも同様に詩を読む文化は存在していましたが、「発句(ホック)」や「俳諧(はいかい)」などと呼ばれていました

俳句のルール

俳句を詠むにあたり、決められているルールは2つだけです。

①五・七・五
俳句は5音、7音、5音の合計17音からなる言葉の定型詩です。このリズムに従い詩を詠みましょう。
基本的にはこの音数に従うのですが、音数が異なっていても違和感が強くなければ俳句として認められています。音が足りないものを「字足らず」、音が多いものを「字余り」と呼びます。

②季語
もう1つのルールは俳句の17音の中に必ず「季語」と呼ばれる、季節を表す言葉を入れなければなりません。
季語が入っていない俳句は川柳となります。
春夏秋冬どれかの季節の季語を俳句に必ず入れましょう。今回は春の俳句についてまとめていきます。

春の俳句の季語

春の俳句

俳句には季語を入れないといけないというルールがあるというのは先ほど申しました。
季語の数は時代と共に増加しており、すべての季語は「歳時記」という季語の辞典に掲載されています。
現在では5000以上の季語が存在するとされています。例えば「桜」は春の季語です。
ではよく使用される春の季語を紹介していきたいと思います。

鶯(ウグイス) - 雉(キジ) - 駒鳥(コマドリ) - 燕(ツバメ) - 引鴨 - 引鶴 - 雲雀(ヒバリ) - 烏の巣 - 雉の巣 - 雀の子 - 雀の巣 - 巣立 - 鷹の巣 - 千鳥の巣 - 燕の巣 - 鶴の巣 - 鳥の巣 - 鳩の巣 - 孕雀 - 雲雀の巣 - 古巣 - 松毟鳥(マツムシリ))- 麦鶉 - 百千鳥(モモチドリ)

魚類

公魚(ワカサギ) - 鰔(サヨリ) - 白魚(シラウオ) - 鱒(マス) - 玉筋魚(イカナゴ) - 鰆 - 鰊

その他動物

仔馬 - 子猫 - 蛙(カワズ) - 虻(アブ) - 蚕(カイコ) - 蝶(チョウ) - 蠅生る - 蜂(ハチ) - 蜂の巣 - 春の蚊 - 春の蠅 - 桜貝(サクラガイ) - 奇居虫(ヤドカリ)

花/植物

ネーブル - 梅 - 紅梅 - 椿 - 楓の芽 - 初花 - 彼岸桜 - 菫 - 枝垂桜 - 桜 - 花 - 林檎の花 - 八重桜 - 遅桜 - 落花 - 残花 - 牡丹の芽 - 薔薇の芽 - 山茱萸の花 - 黄梅 - 花蘇枋 - 辛夷 - 花水木 - ミモザ - 榠樝の花 - 三椏の花 - 沈丁花 - 連翹 - 土佐水木 - 海棠 - ライラック - 長春花 - 山桜桃の花 - 庭梅の花 - 桜桃の花 - 青木の花 - 馬酔木の花 - 伊予柑 - 満天星の花 - 躑躅 - 土筆 - 雪柳 - 木蓮 - 藤 - 山吹 - 桃の花 - 李の花 - 梨の花 - 杏の花 - 榲桲の花 - 八朔 - パンジー - 三宝柑 - 木の芽 - 春林 - 蘖 - 若緑 - 柳の芽 - 山椒の芽 - 楤の芽 - 枸杞 - 五加木 - 令法 - 桑 - 山桜 - 柳 - 蓬 - チューリップ - 蕗のとう - 若草 - 菜の花

行事

建国記念日 - 入学式 - 卒業式 - 入社式 - 春日祭 - 花祭 - 十三詣 - 水口祭 - 義士祭 - 祈年祭 - 巳日祓 - 春祭

時候

初春 - 立春 - 寒明 - 晩春 - 旧正月 - 早春 - 春浅し - 春めく - 春分 - 彼岸 - 晩春 - 花冷 - 春社 - 弥生 - 春の朝 - 春昼 - 春の暮 - 春の宵 - 春の夜 - 暖か - 麗か - 花時 - 余寒 - 春深し - 八十八夜 - 夏近し - 春惜しむ

天文

春嵐 - 春光る - 春一番 - 霞 - 陽炎 - 蜃気楼 - 春風 - 春の月 - 春の星 - 雪ねぶり - 東風

地理

春の海 - 春の川 - 山笑う - 雪崩 - 雪解け - 雪白 - 残雪 - 流氷 - 春田 - 潮干潟 - 焼け野 - 雪間 - 焼山 - 春潮

これらが代表的な季語です。「蛙」など春の季語であることが意外なものもあったかと思います(ちなみに「アマガエル」は夏の季語のようです)。是非これらの季語を使い春の俳句を詠んでください。

小学生や中学生向けの春の俳句

小学生や中学校の春休みに、「春の俳句を考えてきなさい」といった宿題が出たことはありませんか?
まずは小学生、中学生、高校生が考えた春の俳句の中で優秀作品として表彰された俳句を多数紹介します。

ほんのりと 香るいちごは 春の色
小学4年生

ふきのとう あたまを出したら 春でした
小学4年生

あいさつは 心がとっても ぽっかぽか
小学4年生

筍がぼくとっしょにのびていく
小学6年生

山田はね 二年一組 山田です
小学1年生
新学年を匂わせる面白い俳句ですね。

うろこ雲 ふわふわしてる 食べたいな
小学1年生

小春日は 人の心の 温度かな
小学3年生

咲くもよし 散るも美し 桜かな
中学生

貝寄風や 親に見せない その手紙
中学生

夜桜の 静まり返る 星の数
中学生

背のびする 私を包む 花吹雪
中学生

春は曙鍵付きの 日記帳
高校3年生

街灯が 夜桜照らす 塾帰り
高校生

いかがでしたか?
あどけないものから、大人びたものまで、様々な作品がありますね。
もし宿題に追われているなら参考にしてください。

松尾芭蕉の有名な春の俳句

続いて日本で1番有名な俳諧師である松尾芭蕉の春の俳句を訳と解説付きで紹介していきます。
松尾芭蕉は1644年生まれの江戸時代に活躍した俳諧師で、「奥の細道」という紀行文を著しました。

古池や 蛙飛こむ 水のおと

訳:古池を眺めていると、蛙が飛び込んだ。チャポンという音が静かな空気に溶け込み風情を感じるなあ。
解説:日本で一番有名と言っても過言ではない俳句です。

行く春や 鳥啼き魚の 目は泪

訳:もうすぐ春が過ぎ去ろうとしている。春がすぎるのを悲しんで鳥は鳴き、魚は目に涙をためているかのようだ。
解説:旅に出る自分を見送る人々も、別れを惜しんで涙していることを思い浮かべながら詠んだとされています。

夏近し その口たばへ 花の風

解説:「たばふ」は「束う」を意味します。ここでは風神が持っている空気袋の口を閉じておくこと。この口が開いていると春の終りの花がみんな吹き飛ばされてしまう。そこで口をしばっておいて貰いたいのである。

春風に 吹き出し笑う 花もがな

訳:春風が吹いている。こういう日には華やかに咲く花があったらいいのになぁ。
解説:「噴出し笑う」は春の花の開花を表す常套句です。

春の夜は 桜に明けて しまひけり

訳:夜桜を見ているうちに春の夜は早々に明けてしまった。
解説:時間を忘れるくらい夜桜が美しかったことが伝わります。

春雨や 二葉に萌ゆる 茄子種

訳:茄子の種が発芽してもう双葉になって芽吹いている。その小さな芽に春雨が降り注いで成長を促している。
解説:春が生命を育む様子が伝わりますね。

愚に暗く茨を掴む蛍かな

解説:「愚に暗く」とは己の愚かなことが分からないことをいいます。まして暗闇であってみれば盲目の身の辺りの様子がわかるわけがありません。蛍を捕るつもりが傍らにあったバラの木をつかんでしまったのです。人間の愚かさを寓意した句です。

猫の恋 やむとき閨の 朧月

訳:先ほどまで猫の恋する騒々しい声が聞こえていたが、いまは静寂が戻ってきた。みれば春の短夜の朧月が部屋に差し込んでいる。猫に刺激されたのでもあるまいが、何となく私も人恋しくなる春の夜だ。

松尾芭蕉の句はどれも名句です。是非参考にしてください。

桜に関わる春の俳句

春といえばやっぱり「桜」です。
桜を季語とした春の俳句を紹介します。

夢一つ 置き去る旅の 桜かな

作者:凡茶
訳:この詩は様々なことを連想させますね。旅に思い残すことがあったのでしょう。

さまざまの こと思ひ出す 桜かな

作者:松尾芭蕉
訳:この桜を眺めてると、ご奉公していた昔の思い出がさまざま止めどもなく蘇って来るなあ。

散る桜 残る桜も 散る桜

作者:良寛
訳:桜は自分の意思で散っているのだ。散るときは散り散らないときは散らない。

などです。他にも様々な桜の俳句はあるので調べてみてください。

その他有名な春の俳句

松尾芭蕉の句以外にも有名な春の俳句はたくさんありますので紹介していきます。

赤い椿 白い椿と 落ちにけり

作者:河東碧梧桐
訳:赤い椿の木の下には赤い椿が、白い椿の下には白い椿が落ちているよ。

春雨や 猫に踊りを 教える子

作者:小林一茶
訳:しとしとと春の雨が降っている。それなら出かけずに、猫と遊ぼうか

菜の花や 月は東に 日は西に

作者:与謝蕪村
訳:太陽や月が動く壮大な空間で、菜の花がたたずんでいる。

春雨や ものがたりゆく 蓑と傘

作者:与謝蕪村
訳:春の雨降る中、蓑をまとった人と、傘をさした人が語り合い並び歩いていくよ

春や昔 十五万石の 城下哉

作者:正岡子規
訳:江戸時代には江戸幕府の親藩であった松平家。その栄華を懐かしく思い起こさせる松山の城下よ

春雷や どこかの遠ちに 啼く雲雀

作者:原石鼎
訳:春の雷と共に、どこか遠くで雲雀もないているなあ。

春の俳句まとめ

いかがでした?
様々な春の俳句を紹介してきました。必ずあなたの心に響く俳句が見つかったはずです。
ご自身で春の俳句を詠まれる際には是非参考にしてみてください。

関連する記事

これらの記事も合わせて読んでください

ランキング

よく読まれている記事です

この記事の執筆者

終活ラボ|葬儀、墓、相続、介護など終活に関するポータルサイト