風林火山で有名な武田信玄が使った兜はここに!

武田信玄公の兜として思い浮かぶのは、川中島の戦いで上杉謙信の刀を軍配で受け止めた際に身に着けていた、鬼の顔の飾りと白い毛がついた兜でしょう。実は長野県にその兜が実在しており、他にも幾つかあるそうです。そんな武田信玄公が使っていた兜についてまとめてみました。

目次

  1. 武田信玄の兜といえば
  2. 現存する信玄公の兜
  3. 諏訪湖博物館
  4. 寒川神社
  5. 恵林寺(信玄公宝物館)

武田信玄の兜といえば

武田信玄

川中島の戦い

武田信玄公の姿としてよく知られているのは、川中島の戦いのクライマックスシーンではないでしょうか。単身騎馬で本陣に乗り込んだ白い法体姿の上杉謙信公の刀を、対照的な赤い鎧を着て軍配で受け止める武田信玄公の姿は、ドラマや映画などでもみどころの1つとなっています。


この時身に着けていた兜は、兜の飾りに小さな角がある鬼の顔があり、兜全体を覆うような白い毛で覆われたものです。甲府駅の南口にも像がありますが、どっしりとした中に強さを感じさせる知将のイメージの強い武田信玄公らしい、畏怖をかんじさせる姿と言えます。

武田信玄公の兜

武田信玄公の兜として有名な、正面に鬼の顔が付いており、ふわふわの白い毛に覆われた兜は、諏訪法性兜と呼ばれています。この諏訪法性兜は、長野県の諏訪湖の近くにある諏訪大社に祀られた諏訪明神を表す兜だそうです。昔から諏訪明神は、軍神として多くの武将の信仰を集めており、今の長野県を支配した武田信玄公もその1人でした。

あの信玄公の姿は江戸時代から

諏訪法性兜を身に着けた武田信玄公の姿の姿が有名になったのは江戸時代で、信州川中島合戦という浄瑠璃が人気を集めたからでした。これは、多くの有名な演目を創作した近松門左衛門の作品で、人気の高さから歌舞伎でも演じられたそうです。あのふさふさの毛の兜は、歌舞伎の連獅子の姿を連想させます。

現存する信玄公の兜

武田信玄公の死後、跡を継いだ勝頼公は織田軍に攻められ、甲斐武田家は滅んでしまいます。そのため、信玄公の遺品の多くは失われてしまいました。しかし、信玄公が奉納した武具が各地の神社やお寺に残されています。それらは、信玄公のイメージとはかけ離れた質素な造りのものです。


諏訪法性兜を身に着けた武田信玄公の姿は、江戸時代に作られたイメージもので、実際にはもっと地味な姿だったのかもしれません。次から、信玄公の兜として伝わっている兜を紹介します。

諏訪湖博物館

諏訪大社とは

川中島の決戦シーンで武田信玄公が身に付けていた兜は諏訪法性兜の名称ですが、この兜が諏訪大社の神長官家に伝わっています。諏訪大社は、日本で最も古い神社の1つで、信濃國一之宮の格式があります。また、全国に一万はある言われる諏訪神社の本社として信仰を集めてきました。


諏訪大社と言えば、勇壮な御柱祭でも知られていますが、昔から軍神として武将の信仰を集めていました。武田信玄公も信仰した1人で、戦いの前には必ず祈祷を行ったそうです。諏訪大社下社の近くにある宝物殿には、武田信玄公が奉納した刀などが展示されています。

神功皇后の三韓出兵や坂上田村麿の東夷平定にも神助ありと伝えられ、東関第一の軍さ神、武家の守護神とも尊ばれて来ました。

諏訪法性兜のある場所

武田信玄公が使用したといわれる諏訪法性兜が保管されているのは諏訪大社の宝物館ではなく、諏訪湖畔にある諏訪湖博物館・赤彦記念館です。ここは、諏訪湖に関する紹介や郷土の歌人・島木赤彦氏の遺品を展示した博物館ですが、この地に伝わる諏訪法性兜も展示しています。

実際に信玄公が使った?

武田信玄公のイメージ通りの兜ですが、あくまで武田信玄公が使ったと言われる兜、という物だそうです。諏訪大社の上社神長官家に伝わるものだそうで、その兜を博物館が展示しています。また、信玄公がこの兜を使ったという証拠にあたる文献等は無いそうです。

諏訪湖博物館・赤彦記念館の基本情報

【住所】 〒393-0033 長野県諏訪郡下諏訪町10616-111
【電話番号】 0266-27-1627
【アクセス】 JR下諏訪駅から徒歩25分、長野自動車道岡谷ICから車で20分、中央自動車道諏訪ICから車で20分
【会館時間】 9:00~17:00
【休館日】 月曜日(祝日の場合は翌日)、祝日の翌日、年末年始(12月28日~1月4日)
【料金】 大人(高校生以上)350円
【駐車場】 普通25台、大型4台

寒川神社

神社

武田信玄公の小田原包囲

武田信玄公は、永禄12年(1569年)に大軍で北条領に進攻し、小田原城を包囲しました。この時に相模一ノ宮の寒川神社に戦勝を祈願して奉納した、とされる兜が伝えられています。川中島の戦いは永禄4年(1561年)と言われているので、ほぼ同じ時期に信玄公が使っていた兜の1つと思われます。

寒川神社の方徳資料館

寒川神社は、神奈川県のほぼ中央部にある千百年の歴史を有する神社で、相模一ノ宮とされています。源頼朝公をはじめ多くの戦国武将や徳川家代々の将軍なども参拝した神社でした。境内には神社に伝わる宝物を展示している方徳資料館があり、ここに武田信玄公の兜も展示されています。


方徳資料館には、他にも武将から奉納された刀や江戸時代のからくり時計など歴史的に貴重な品々も展示されています。歴史好きなら1度は訪れてみたい場所です。

寒川神社の基礎情報

【住所】 〒253-0106 神奈川県高座郡寒川町宮山3916
【電話番号】 0467-75-0004
【アクセス】 JR相模線の宮山駅から徒歩約5分
【開館時間】 9:00~16:00
【休館日】 月曜日
【料金】 無料(但し、ご祈祷申込の方のみ入館可)
【駐車場】 社殿の近くに合計で400台収容可能な無料駐車場あり

恵林寺(信玄公宝物館)

null

信玄公宝物館とは

遺言により武田信玄公が亡くなって3年後に、今の山梨県甲州市にある恵林寺で葬儀が行われました。この恵林寺は甲斐武田家の菩提寺としてであり、かつては寺の前に門前町ができるほど栄えたお寺でした。江戸時代になっても柳沢吉保公の庇護などもあり、今も当時の繁栄が見て取れます。そして、このお寺には信玄公の遺品とされるものが伝わっています。

信玄公宝物館は、この恵林寺に伝わる甲斐武田家や柳沢吉保公に関わる宝物を展示している博物館です。

信玄公宝物館の兜

信玄公宝物館に展示されている武田信玄公の兜とされるのは六十二間筋兜と呼ばれるもので、鉄地板62枚をつあぎ合わせた。一見とてもシンプルなものです。戦国武将の中には、戦に用いるものの他に、大名行列などで用いる派手なものを別に所有していた例もあります。このシンプルは兜は実際に戦に使用したものでしょう。質実剛健の気風を尊んだ戦国大名らしい兜と言えます。

信玄公宝物館の基礎情報

【住所】 〒404-0053 山梨県甲州市塩山小屋敷2280番地 臨済宗乾徳山恵林寺山内
【電話番号】 0553-33-4560
【アクセス】 JR相模線の宮山駅から徒歩約5分
【開館時間】 9:00~17:00
【休館日】 毎週木曜日
【料金】 一般500円
【駐車場】 社殿の近くに合計で400台収容可能な無料駐車場あり

まとめ

null

武田信玄公の兜のまとめでしたがいかがだったでしょうか。甲府駅南口にある武田信玄公の像は、諏訪法性兜の兜をかぶり、軍配を手に座った姿をしています。これぞ、信玄公という威厳にあふれる姿です。そんな武田信玄公が使ったという兜を求めて、歴史探索の旅に出かけてみてはいかがでしょうか。

「武田信玄・兜」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

シェアする

関連する記事

「武田信玄・兜」についてさらに知りたい方へ

武田信玄のお墓はどこにある?信玄を祀る武田神社についても紹介!のサムネイル画像

武田信玄のお墓はどこにある?信玄を祀る武田神社についても紹介!

軍神と言われた上杉謙信が使った兜のデザインの意味とは?のサムネイル画像

軍神と言われた上杉謙信が使った兜のデザインの意味とは?

武田の有名な武将たち二十四将どれだけ凄かったのかまとめましたのサムネイル画像

武田の有名な武将たち二十四将どれだけ凄かったのかまとめました

上杉謙信についてどのような逸話が残っているのか?のサムネイル画像

上杉謙信についてどのような逸話が残っているのか?

豊臣秀吉のど派手な兜はいったいどのような意味があるの?のサムネイル画像

豊臣秀吉のど派手な兜はいったいどのような意味があるの?

武田信玄家臣団「武田二十四将」の逸話を厳選してご紹介のサムネイル画像

武田信玄家臣団「武田二十四将」の逸話を厳選してご紹介

武田信玄の息子達。後継者は誰が相応しかったのか?のサムネイル画像

武田信玄の息子達。後継者は誰が相応しかったのか?

真田幸村と武田信玄の関係性について、真実を知ろう!のサムネイル画像

真田幸村と武田信玄の関係性について、真実を知ろう!

武田信玄の息子達。後継者は誰が相応しかったのか?のサムネイル画像

武田信玄の息子達。後継者は誰が相応しかったのか?

武田信玄のお墓はどこにある?信玄を祀る武田神社についても紹介!のサムネイル画像

武田信玄のお墓はどこにある?信玄を祀る武田神社についても紹介!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!のサムネイル画像

神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!

1
神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!のサムネイル画像

神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!

2
年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!のサムネイル画像

年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!

3
神社と寺の違いって?それぞれの定義や参拝方法・建物の違いを解説のサムネイル画像

神社と寺の違いって?それぞれの定義や参拝方法・建物の違いを解説

4
年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!のサムネイル画像

年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!

5

関連する記事

「武田信玄・兜」についてさらに知りたい方へ

武田信玄のお墓はどこにある?信玄を祀る武田神社についても紹介!のサムネイル画像

武田信玄のお墓はどこにある?信玄を祀る武田神社についても紹介!

軍神と言われた上杉謙信が使った兜のデザインの意味とは?のサムネイル画像

軍神と言われた上杉謙信が使った兜のデザインの意味とは?

武田の有名な武将たち二十四将どれだけ凄かったのかまとめましたのサムネイル画像

武田の有名な武将たち二十四将どれだけ凄かったのかまとめました

上杉謙信についてどのような逸話が残っているのか?のサムネイル画像

上杉謙信についてどのような逸話が残っているのか?

豊臣秀吉のど派手な兜はいったいどのような意味があるの?のサムネイル画像

豊臣秀吉のど派手な兜はいったいどのような意味があるの?

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと