日光の五重塔があるのはなんと神社?日本一豪華絢爛な塔を紹介!

五重塔とは、舎利つまり釈迦の遺骨を安置するストゥーパを模した仏教建築です。でも、日光の五重塔はなんと神社にあり、仏教建築としての五重塔とは違った煌びやかさが特徴なのです。そして、近年耐震構造でも注目を浴びているのだとか。そんな日光の五重塔を紹介します!

目次

  1. 日光の五重塔がある施設は?
  2. 日光の五重塔が神社にある理由
  3. 日光の五重塔の歴史と気になる高さ
  4. 日光の五重塔の十二支
  5. 日光の五重塔は耐震構造になっている?
  6. 日光の五重塔のまとめ

日光の五重塔がある施設は?

日光の五重塔は東照宮にあります。東照宮は徳川家康公を祭神とする神社で、奥には家康の墓所もあることが有名ですね。東照宮は隣接する二荒山(ふたらさん)神社と輪王(りんのう)寺とともに、「日光の社寺」として世界遺産にも登録されています。

建物

ところで、一般に五重塔は寺にある物ですが、なぜ日光の五重塔は東照宮という神社の境内にあるのでしょうか?そして、豪華絢爛な日光の五重塔は、見た目も他の寺の五重塔とはだいぶ違いますし、内部構造にも大きな違いがあります。
この記事では、日光の五重塔の歴史や見所を紹介したいと思います。

日光の五重塔が神社にある理由

東照宮以外の神社に五重塔が全くないわけではありません。他に五重塔を持つ神社には厳島神社があります。なぜ、神社に五重塔があるのでしょうか?日本の宗教と日光の歴史を紐解いてみましょう。

神仏習合と廃仏毀釈

明治以前の日本は仏教と神道、寺と神社の境界が曖昧で、仏教の教義にあてはめて神道の神様を解釈し、神様は仏様の仮の姿だ考える信仰が続けられてきました。
それが、明治になって開国して「天皇主権の国家をつくろう」となったとき、皇祖神信仰であるはずの神道が仏教の下に置かれた現状がまずいというので、神道と仏教を明確に区切る神仏分離令が出されました。それだけにはとどまらず、寺から土地を取り上げ、建物や仏像を破壊するという過激な運動もおこります。
こうした歴史を経て寺と神社の境界が一応はっきりしたのですが、神仏習合時代の名残は全国各地で見つけることができます。

日光の歴史

日光は古来、日光山を信仰する修験道の道場でした。山岳信仰や修験道の場では、独特の神仏習合の信仰が形成されるといいます。日光も例外ではなく、奈良時代から平安時代にかけて勝道上人が開いたと伝わる輪王寺と二荒山神社を中心とした信仰が形成されます。
その後、江戸時代には徳川家康を祀る東照宮ができ、2社1寺を一体とした信仰が根付き、どこが、どの建物を所有しているということは明確ではありませんでした。

明治になって、それを無理やり分離した結果、東照宮の境内に五重塔が残ることになったというわけです。廃仏毀釈の流れからは神社に残った五重塔は壊されるはずだったのですが、なんとかその時代をくぐり抜け、現代に伝わっています。

日光の五重塔の歴史と気になる高さ

日光の五重塔の歴史や高さなど基本的な情報を紹介します。

東照宮の歴史

東照宮

徳川家康は祭祀について遺言を残していました。その1つが死後は久能山に埋葬し、1年経ったら日光に改葬するようにというものでした。それに従って霊を1617年に日光に移します。
現在のように豪華な社殿を整えたのは徳川家光で、1636年のことでした。

五重塔の歴史

初めの五重塔は1650年に若狭小浜藩主・酒井忠勝が寄進したものですが、1815年の火災で全焼してしまいます。現在の五重塔は1818年に酒井忠勝から数えて10代目の藩主・酒井忠進が再建しました。

五重塔の高さ

五重塔の高さは36mです。目立って大きいわけでも小さいわけでもありませんが、ある理由で近年この高さが注目されています。
そのある理由とは、東京スカイツリー。東京スカイツリーは東武鉄道が関わっていますが、東武鉄道には日光線もあります。標高を加味した五重塔の高さとスカイツリーの高さ・634mがほぼ同じくらいだということが、観光のアピールになっています。

日光の五重塔の十二支

日光東照宮の建築物には三猿や眠り猫をはじめとする様々な動物が彫られていることが知られています。五重塔にも十二支が彫られていることを御存知でしたか。

日光東照宮

昔は方角を12に分けて、真北から東回りに子・丑・寅…と十二支で表しました。それにならって、五重塔の一層目には、東に真東を表す卯を中心に寅・卯・辰、西に申・酉・戌、南に巳・午・未、北に亥・子・丑と、3つずつの干支の彫刻が彫られています。
このうち、東の3つが徳川家の最初の3人の将軍の干支と一致しているという話が有名です。偶然といえば偶然ですが、寅年の家康、卯年の秀忠、辰年の家光と、順番もばっちりです。

日光の五重塔は耐震構造になっている?

再びスカイツリーと関連するお話です。
五重塔は耐震性に優れ、これが東京スカイツリーの耐震構造の参考になったという話をよく耳にしますが、本当なのでしょうか。

五重塔は耐震設計?

困った人々

火災や兵火で焼失した五重塔は多いのですが、記録上は地震で倒壊した五重塔はありません。
ただ、昔の人が耐震を意識して五重塔を建築したというわけではなく、木材の縮みを考慮した構造がたまたま地震にも効果があった結果だと考えられています。

スカイツリーの参考に?

日光の五重塔は古代に造られた五重塔とは少し違った構造をしています。心柱が宙に浮き、塔身と分離しており、これが免震構造のように働いていると考えられています。
高さや材質の違いもありますから、日光の五重塔の構造をそのままスカイツリーに取り入れたわけではありません。しかし、スカイツリーには最新技術と伝統工法を組み合わせた制震構造が使われています。

日光の五重塔のまとめ

日光

いかがでしたか?
日光の五重塔を紹介しました。東照宮は江戸初期らしい極彩色の建築や美術が特徴です。五重塔もそれは一緒で、他の寺にある五重塔とはだいぶ趣が異なります。違いを確かめに、ぜひ出かけてみましょう。

終活ねっとでは、神社に関する記事を多数記載しています。
以下の記事では、神社と寺の違いについて詳しく紹介しています。
こちらもあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!

初詣や合格祈願、七五三など私たちは人生の中で神社に参拝しに行く機会を多く持ちます。このため、幼いころから何とはなしに神社に参拝する際の作法は知ることになりますが、作法の中には誤解されているものも多いです。今回は神社参拝の正しい作法について徹底解説していきます。

「日光・五重塔」に関連する記事

  • 奈良の五重塔は興福寺だけじゃない!高さや歴史を比較して紹介のサムネイル画像

    奈良の五重塔は興福寺だけじゃない!高さや歴史を比較して紹介

    奈良のイメージとしてよく描かれる五重塔は、奈良公園にある興福寺のものです。しかし、五重塔がある奈良の寺は実は他にもあります。奈良県内にある国宝指定の五重塔は個性豊かです。大きさや歴史を比較して紹介します!

  • 京都の五重塔は4つあります!場所を把握して上手に観光しよう!のサムネイル画像

    京都の五重塔は4つあります!場所を把握して上手に観光しよう!

    京都の五重塔と言えば東寺を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。京都には合わせて4つの五重塔があり、どの寺院も観光しやすい場所にあるんですよ。この記事では、4つの五重塔の特徴と場所をご紹介します。

  • 法隆寺五重塔のすべてのすべてについて探ってみましょう!のサムネイル画像

    法隆寺五重塔のすべてのすべてについて探ってみましょう!

    法隆寺は、日本で初めて、「世界遺産(文化遺産)]に登録されました。五重塔をはじめとした建造物は、世界最古の木造建築物として、その設計と装飾美において人類の創造的才能を表す傑作であると評価されています。法隆寺五重塔のすべてについて探ってみましょう!

  • 日光東照宮の歴史遺産は、私たちに何を語りかけているのか?のサムネイル画像

    日光東照宮の歴史遺産は、私たちに何を語りかけているのか?

    日光東照宮は家康を祀ったところ。歴史的に、その前はどうだったのだろうか。日光東照宮の歴史遺産が教えてくれるものは何なのか?陰陽道にもとづく東照宮の位置や建物の配置など、不思議な物語をひも解きます。

  • 必見!世界遺産・日光東照宮の見どころをご紹介のサムネイル画像

    必見!世界遺産・日光東照宮の見どころをご紹介

    栃木県日光市にあり、国宝・そして世界遺産に指定されている日光東照宮は、見どころが満載です。日光東照宮の新しい見どころ、平成の大修理もご紹介いたします!

  • 世界遺産・日光東照宮を訪れたら買いたいお土産のサムネイル画像

    世界遺産・日光東照宮を訪れたら買いたいお土産

    栃木県日光市にある世界遺産、日光東照宮は人気の観光名所です。今日はそんな日光東照宮を訪れたら買いたいお土産をご紹介したいと思います。家族や友達、そして自分用のお土産にどうぞ。

  • 徳川家康のお墓はどこ?意外と知らない謎多き東照宮のサムネイル画像

    徳川家康のお墓はどこ?意外と知らない謎多き東照宮

    「東照大権現(とうしょうだいごんげん)」と死後に神として信仰崇拝されるようになった徳川家康の墓は、日光東照宮とされているのは皆さんご存知かと思います。しかし徳川家康の亡骸は、果たして本当にそこにあるのでしょうか。それでは徳川家康の墓について見て行きましょう。

  • 日光東照宮の三猿には実はもう一匹猿がいた?!のサムネイル画像

    日光東照宮の三猿には実はもう一匹猿がいた?!

    日光東照宮には、江戸幕府初代将軍・徳川家康を祀っています。その日光東照宮の三彫刻《創造の象》《三猿》《眠り猫》の一つで、世界的にも有名な《三猿》に、実は四匹目の猿がいたと言われています。なぜ!?それを簡単に説明します。

  • 法隆寺の建立にまつわるお話~世界最古の木造建築~のサムネイル画像

    法隆寺の建立にまつわるお話~世界最古の木造建築~

    法隆寺は聖徳太子ゆかりのお寺です。よく知られたお寺ですが、一体誰がどんな理由で建立したのでしょうか。1300年も倒壊することなく今にある、世界最古の木造建築とはどのようなものでしょうか。法隆寺建立の歴史と建物をご紹介します。

  • 徳川家康のお墓はどこに?家康のお墓に纏わる由縁のサムネイル画像

    徳川家康のお墓はどこに?家康のお墓に纏わる由縁

    徳川家康といえば戦国時代に天下統一を果し、その後300年続く江戸幕府を築いた戦国武将です。そんな徳川家康の最期には様々な説があります。徳川家康の晩年を振り返りながら、各所にある徳川家康のお墓とお墓の由来について紹介します。

この記事に関するキーワード

ランキング

シェアする

関連する記事

「日光・五重塔」についてさらに知りたい方へ

奈良の五重塔は興福寺だけじゃない!高さや歴史を比較して紹介のサムネイル画像

奈良の五重塔は興福寺だけじゃない!高さや歴史を比較して紹介

京都の五重塔は4つあります!場所を把握して上手に観光しよう!のサムネイル画像

京都の五重塔は4つあります!場所を把握して上手に観光しよう!

法隆寺五重塔のすべてのすべてについて探ってみましょう!のサムネイル画像

法隆寺五重塔のすべてのすべてについて探ってみましょう!

日光東照宮の歴史遺産は、私たちに何を語りかけているのか?のサムネイル画像

日光東照宮の歴史遺産は、私たちに何を語りかけているのか?

必見!世界遺産・日光東照宮の見どころをご紹介のサムネイル画像

必見!世界遺産・日光東照宮の見どころをご紹介

世界遺産・日光東照宮を訪れたら買いたいお土産のサムネイル画像

世界遺産・日光東照宮を訪れたら買いたいお土産

徳川家康のお墓はどこ?意外と知らない謎多き東照宮のサムネイル画像

徳川家康のお墓はどこ?意外と知らない謎多き東照宮

日光東照宮の三猿には実はもう一匹猿がいた?!のサムネイル画像

日光東照宮の三猿には実はもう一匹猿がいた?!

法隆寺の建立にまつわるお話~世界最古の木造建築~のサムネイル画像

法隆寺の建立にまつわるお話~世界最古の木造建築~

徳川家康のお墓はどこに?家康のお墓に纏わる由縁のサムネイル画像

徳川家康のお墓はどこに?家康のお墓に纏わる由縁

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!のサムネイル画像

神社参拝の正しい作法・仕方とは?参拝に適した時間や服装も紹介!

1
神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!のサムネイル画像

神社のお賽銭はいくらがいいの?起源や相場・正しい作法まで解説!

2
年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!のサムネイル画像

年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?販売期間や投函期間も解説!

3
神社と寺の違いって?それぞれの定義や参拝方法・建物の違いを解説のサムネイル画像

神社と寺の違いって?それぞれの定義や参拝方法・建物の違いを解説

4
年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!のサムネイル画像

年賀状の正しい書き方を知っていますか?立場別に文例をご紹介!

5

関連する記事

「日光・五重塔」についてさらに知りたい方へ

奈良の五重塔は興福寺だけじゃない!高さや歴史を比較して紹介のサムネイル画像

奈良の五重塔は興福寺だけじゃない!高さや歴史を比較して紹介

京都の五重塔は4つあります!場所を把握して上手に観光しよう!のサムネイル画像

京都の五重塔は4つあります!場所を把握して上手に観光しよう!

法隆寺五重塔のすべてのすべてについて探ってみましょう!のサムネイル画像

法隆寺五重塔のすべてのすべてについて探ってみましょう!

日光東照宮の歴史遺産は、私たちに何を語りかけているのか?のサムネイル画像

日光東照宮の歴史遺産は、私たちに何を語りかけているのか?

必見!世界遺産・日光東照宮の見どころをご紹介のサムネイル画像

必見!世界遺産・日光東照宮の見どころをご紹介

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと