犬に限らずペットにも魂はありますお墓の事も考えてあげましょう

昔は、犬にお墓が必要と考える人はあまりいなっかったように思います。犬だけではなく、人に寄り添って一緒に生活しているのです。犬やペット達は、何時かは先に旅立っていきます。そんな、現代のペット達のお墓事情をまとめてみました。

目次

  1. 犬やペットのお墓事情
  2. ペット霊園のお墓
  3. 飼い主のお墓と一緒に
  4. 犬のお墓は庭に
  5. 犬のお墓のまとめ
  6. 終活の専門家に相談してみよう

犬やペットのお墓事情

番犬として飼っている人もいます、家族同様に犬を飼う人達もいます。
いい時も悪い時も寄り添っていてくれるのですが寿命は人よりも短くいずれ見送る時が来ます。
現代のペットのお墓事情は、どうなっているのでしょうか?

文鳥

身に付けると言う選択

犬を火葬にした後に、遺灰や骨の一部をペンダントに入れて身に付けたり身近に置いておく方も居るようです。どんな最後の別れ方でも後悔は残るもの、ペットロスになることがあります遺灰や遺骨を身に付けることで癒される効果もあるかもしれません。

姿を代える

最近では遺骨や遺灰そして毛を、ダイヤモンドに代えて大事な思い出と共に身に付けるということも出来るそうです。本物のダイヤモンドと、全てにおいて同じステータスと言われています。

ペット霊園のお墓

ペットを飼うご家庭も多く、ペットだけの霊園も多く存在しています。火葬の後お葬式やお通夜までも行ってくれ霊園も併設されているペット火葬社もあります。
ペット霊園やお寺では、ぺっト供養のために合同で年に一回の供養祭も行われます。

ペット

単独のお墓

個別にお墓を作って、個々にお祀りしてあげるまたは代々の犬達を一緒に入れる為に建てる人もいます。ただ、自分たちが元気な時はいいのですが、もしもの時その後に愛犬のお墓を守ってくれる人がいるのかよく考えた方がいいかもしれません。

合同葬

個別のお墓よりも、安い価格で他の犬達と一緒のお墓に入るのが合同葬です。金銭的な事もあるでしょうけれども、他の犬達と仲良くしてみんなと一緒なら寂しくないだろうと考えて決める人もいます。誰かが必ずお花を持って来てくれる、誰か必ずお参りに来てくれる自分がいけなくなってもお参りを誰かが一緒にしてくれると考える人もいます。
これも一つの考え方です、確かに愛犬家であれば自分の子だけではなくみんなで一緒にと考えるでしょうから。

飼い主のお墓と一緒に

自分のお墓に愛犬と一緒に、入りたいと思う飼い主の方もいらっしゃいます。今では、お寺のご住職でも一緒に入ることを認めるお寺も有ります。愛犬家のご住職もいます、時代と共にお墓の事情も変わってきたのです。

ペット

先祖のお墓の隣りに

同じお墓の敷地内に、犬のお墓を作る人が意外と多くいます。
隣にお墓が有れば、自分も犬も安心できる自分の後も誰かが犬のお墓を守ってくれる犬も先祖のお墓を守ってくれる。家を守るのだから、お墓も守ってくれるかもしれません。

樹木葬

愛犬と共に、樹木葬を選んでお墓とする人が増えています。愛犬と隣同士に権利を買って、死後も一緒に仲良くいられるように後の人に迷惑がかからないようにと考えて選ぶのでしょう。
後を守ってくれる人がいないから、自分達だけだから犬と一緒に樹木葬でいいと言う人もいます。

犬のお墓は庭に

〝犬は家を守るから、庭に埋めると良い〟昔から言い伝わっている有名な話です。今でも、農家の方は畑の端に埋めるとかお庭に埋める人はいます。都会でも近くに埋葬して何時も側で守ってもらいたいと思う方も居るのです。

庭にお墓を作る

庭に埋める事を、衛生上の問題から禁止している市町村も有るようです匂いとか虫が発生するとか理由はあります。かなり深く穴を掘る事が必要です、被せる土も30センチ以上は必要です。
最低数年は、掘り起こさなくてもいい場所があるのでしたら埋める事は大丈夫です出来ます。
墓石も作る人もいるようですが、代わりになる物であれば気持ちのこもったものであれば代用も可能だと思います。

プランター葬

都会では、庭に愛犬を埋める事も難しい住宅事情があります。プランター葬も小型犬までではないでしょうか。火葬にした後でしたら粉骨にして土と混ぜる方法もありですしそのまま埋めることも問題はありません。

プランター葬のやり方

陶器製のプランターで深い物、ペットの大きさにもよりますプランターは愛犬が入る大きさのものを用意します。プラスチック製のプランターでは、5年から10年掘り起こせないので2、3年で壊れてしまうから選ばないほうが良いです。
土を入れガーゼを敷いてください、何かで包むと腐敗を妨げるのでやめた方がよいでしょう。
ペットの上にも、ガーゼをかけてあげてくださいお庭に置くのでなければ受け皿が必要になります。
お水が溜まったら捨てるためです、匂いを伴うかもしれません。
上にかける土も、お山が出来るくらいかけてください。プランターには、一緒にお花を植える方もいるようです。

犬のお墓のまとめ

いかがでしょうか、犬のお墓は人によって千差万別いろいろあります。現代ではいろいろな選択肢もあり、個人の事情や考え方で決められます。亡くなってから火葬にする人も多く、そのまま埋葬してくれるお寺もあります。先の事を考えることも必要ですが、今を大切に一緒にいられる時間を楽しく過ごしてあげてください。

終活の専門家に相談してみよう

「身近な人が亡くなったらどうしたらいいの?」「終活とは具体的にどんなことをしたらいいの?」「誰か詳しい人に直接相談したい!」と思われる方もいらっしゃると思います。
終活ねっとを運営するにあたり、【お墓・葬儀・仏壇・介護・相続・保険・遺品整理】などなど様々な分野の専門家の方に協力していただいております。
また、それぞれの専門家の方が

  • どのような事をなさっているのか?
  • どんな想いでお仕事をなさっているのか?
  • どのような特徴があるのか?

などを、記事形式で紹介しております。

お墓の専門家はこちらから

シェアする

「犬・墓」に関連する記事

「犬・墓」についてさらに知りたい方へ

自宅に愛犬用の墓石で納得いく供養をしようのサムネイル画像

自宅に愛犬用の墓石で納得いく供養をしよう

愛犬をペット霊園で供養をする人が増えていますが、自宅の庭に墓石を置いて供養をしたいと考えている人

全身全霊で愛情を注いだ愛犬、お墓と供養方法のサムネイル画像

全身全霊で愛情を注いだ愛犬、お墓と供養方法

愛犬が亡くなった時、愛情を込めて育てたその子は、家族同然の存在。もしもの時にお墓をどうするか?供

犬も樹木葬できる?!犬の樹木葬について費用や注意点を解説します!のサムネイル画像

犬も樹木葬できる?!犬の樹木葬について費用や注意点を解説します!

自然と一体化できる樹木葬、新しいお墓として注目されていますよね。樹木葬は犬もできるのでしょうか?

動物のお墓とは?人間のお墓との違いや埋葬方法について解説します!のサムネイル画像

動物のお墓とは?人間のお墓との違いや埋葬方法について解説します!

飼っている動物が亡くなった時、お墓や供養はどうすればよいのでしょうか?人間のお墓との違いはどこに

大切な愛犬の供養。どのようにしたらいい? 決まりはあるの?のサムネイル画像

大切な愛犬の供養。どのようにしたらいい? 決まりはあるの?

愛犬の供養について、どのようにしたらよいか悩む人は多いでしょう。大切にしていたなら、なおさらです

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!のサムネイル画像

永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!

ご自身やご家族が亡くなった後の供養について考えたことはありますか? 先祖のお墓に納骨する方が大多

親のお墓にかかる費用について。費用は誰が負担するのか解説します!のサムネイル画像

親のお墓にかかる費用について。費用は誰が負担するのか解説します!

人が生涯の中で一緒に過ごす相手で最も大切な存在の1つが親です。しかし、親は亡くなった際にお墓がな

樹木葬にかかる費用を詳しく解説!樹木葬を選ぶために知るべきことのサムネイル画像

樹木葬にかかる費用を詳しく解説!樹木葬を選ぶために知るべきこと

自然回帰の高まりから、樹木葬を選ぶ人が増えてきています。樹木葬というと「費用を安くあげることがで

お寺の納骨堂にかかる費用について相場や内訳を詳しく解説!のサムネイル画像

お寺の納骨堂にかかる費用について相場や内訳を詳しく解説!

都市部を中心にお墓を建てずに、お寺などが運営する納骨堂を利用する人が増えているようです。屋内なの

樹木葬の選び方について注意点やメリットについて徹底解説!のサムネイル画像

樹木葬の選び方について注意点やメリットについて徹底解説!

樹木葬というと「新しいお墓の形」として注目されている埋葬方法ですが、墓地や霊園の選び方がよくわか

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと