大人の常識!お墓参りの基本的なマナーを紹介します。

お墓参りにはさまざまなマナーがあります。知っていないと恥ずかしい大人としての常識です。今回はお墓参りの基本中の基本のマナーを紹介しています。しっかり頭に入れておきましょう。

目次

  1. お墓参りのマナー
  2. お墓参りのマナー 持ち物編
  3. お墓参りのマナー 服装編
  4. お墓参りのマナー 御供え物編
  5. お墓参りに行こう
  6. 終活の専門家に相談してみよう

お墓参りのマナー

お墓

お墓参りの時期

春秋のお彼岸、お盆やお正月にお墓参りに行くことが多いようです。それに加え命日や法要などでもお墓参りに来る方が多いです。またこれ以外でお墓参りをして問題はありません。

お墓参りの時間

お墓参りのマナーとして、日中の明るい時間帯に行くのが良いでしょう。午前中に行く方が多いようです。

霊園管理者に挨拶

霊園など管理されている墓地の場合は、管理者の方に挨拶をしに行きましょう。手土産を持っていくのがマナーです。寺院の場合は住職に挨拶をしに行きましょう。

お参りの前に掃除!

お参りの前にまず掃除をしてお墓をきれいにしましょう。霊園によっては掃除道具を借りることができるところもあるかもしれませんが、基本は持参するようにしましょう。

掃除が終わればお参り

線香を供える

まずろうそくに火を灯し線香に火をつけます。お参りは故人と縁の深い人から順にしていくのがマナーです。線香は火をつけてから人数分にわけ、お供えしていきます。一人ずつ火をつけるわけではありません。また線香の日を消す時は手で扇いで消します。間違っても口で拭かないように。

合唱の仕方

線香を供えたらお墓に手を合わせお参りします。お参りの方法は、手を胸の前で左右の手のひらをぴったりと合わせます。軽く目を閉じ頭を下げます。

お墓参りのマナー 持ち物編

ほうき

掃除道具

お墓参りにはお参りの前にお墓の掃除をします。そのため掃除道具は必需品です。水を入れる為のバケツ、墓石に水をかける時に使用する柄杓、墓石を掃除するスポンジ、歯ブラシなど。ほうきやちりとり、ゴミ袋も必需品となっています。墓場に水道がない場合はペットボトルに水を入れてもっていくのがおすすめです。

線香・ろうそく・マッチ

線香やろうそくははお墓参りに欠かせないものです。線香は束単位で持っていくことをおすすめします。また、せっかくろうそくや線香を持って行っても火をつける道具がなければ意味がありません。マッチやライターを忘れないようにしましょう。

お花

お墓参りにお花は必需品です。御供えの花は香りの強いものは避けるのがマナーです。

御供え物

食べ物などのお供え物も必需品です。御供えしたら持って帰るようにしましょう。

お墓参りのマナー 服装編

普段のお墓参りの場合

普段のお墓参りはカジュアルな服装で問題ありません。そうじをすることを考えるとカジュアルな服装の方が良いでしょう。しかし露出が激しい、また派手なものはNGです。

お彼岸や法要の場合

お彼岸や法要などで親戚みんなでお墓参りに行く時などはきちんとした服装が良いでしょう。黒やグレーなどのシンプルな服装がベストです。お墓の掃除をすることを考えると、女性はスカートよりはパンツスタイルの方が良いでしょう。男性はスーツ(夏場はシャツ)がマナーです。

お墓参りのマナー 御供え物編

お花のマナー

どんな花がいいの?

御供え物といえばお花が定番ですよね。御供えするお花はトゲのある花、毒のある花、香りが強い花、つる性の花などはNGとなっています。これらにあてはまらなければどんなお花でも構いません。リンドウ、カーネーション、輪菊、小菊などがおすすめです。

御供えの仕方

花はお墓の両脇に対になるようにお供えするのがマナーです。宗教によっては左側だけというところもあります。飾った花は帰る時には持って帰るようにしましょう。お花を飾ったままだと虫が湧いてしまったり、お墓が傷む原因になるそうです。しかしお墓を管理してくれるところがあり、お花の手入れや片づけを行ってくれる霊園などでは飾ったままでも良いでしょう。そしてお供えしたお花は持ち帰り自宅で処分しましょう。一度お供えしたものをまた家の仏壇等にあげるのは失礼なので、もったいないですが、そのまま処分するようにしましょう。

御供え物(食べ物)のマナー

おすすめは?

御供えものの定番は果物やお菓子です。故人が好きだったものや季節の旬のものが良いでしょう。寺院の境内墓地の場合は僧侶への挨拶も必要となるので、箱入りのお菓子などがおすすめです。

御供えの仕方

食べ物などはお供えした後は持って帰るようにしましょう。お供えしたまま帰ってしまうと、カラスなどに食い散らかされてしまいます。いくら管理してくれるところであっても、掃除などで迷惑をかけてしまうので、食べ物は持って帰るようにしましょう。持って帰ったお供え物はみんなで食べて構いません。また、お花と違って食べ物は一度お供えしたものでも仏壇にお供えして構いません。

お墓参りに行こう

お墓

いかがでしたか?今回はお墓参りについてのマナーを紹介しました。お墓参りの参り方のマナーはもちろんのこと、服装やお供え物のマナーも紹介しています。大人としてのマナーですので、しっかり頭に入れておきましょう。そしてマナーも大切ですが、故人を思う気持ちを忘れないように、しっかりとお参りしましょう。

終活の専門家に相談してみよう

「身近な人が亡くなったらどうしたらいいの?」「終活とは具体的にどんなことをしたらいいの?」「誰か詳しい人に直接相談したい!」と思われる方もいらっしゃると思います。
終活ねっとを運営するにあたり、【お墓・葬儀・仏壇・介護・相続・保険・遺品整理】などなど様々な分野の専門家の方に協力していただいております。
また、それぞれの専門家の方が

  • どのような事をなさっているのか?
  • どんな想いでお仕事をなさっているのか?
  • どのような特徴があるのか?

などを、記事形式で紹介しております。

お墓の専門家はこちらから

シェアする

「墓参り・マナー」に関連する記事

「墓参り・マナー」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!のサムネイル画像

永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!

ご自身やご家族が亡くなった後の供養について考えたことはありますか? 先祖のお墓に納骨する方が大多

樹木葬にかかる費用を詳しく解説!樹木葬を選ぶために知るべきことのサムネイル画像

樹木葬にかかる費用を詳しく解説!樹木葬を選ぶために知るべきこと

自然回帰の高まりから、樹木葬を選ぶ人が増えてきています。樹木葬というと「費用を安くあげることがで

お寺の納骨堂にかかる費用について相場や内訳を詳しく解説!のサムネイル画像

お寺の納骨堂にかかる費用について相場や内訳を詳しく解説!

都市部を中心にお墓を建てずに、お寺などが運営する納骨堂を利用する人が増えているようです。屋内なの

お墓の費用は誰が負担すべきなの?負担者の決め方についても触れますのサムネイル画像

お墓の費用は誰が負担すべきなの?負担者の決め方についても触れます

お墓そのものがマイカーやマイホームと並ぶほどの一生の買い物といわれている以上、その費用の負担とい

霊園や墓地の種類はどれだけあるの?お墓の違いについて解説します!のサムネイル画像

霊園や墓地の種類はどれだけあるの?お墓の違いについて解説します!

終活するとき、お墓について考えることは欠かせません。霊園や墓地を選ぶにあたって、種類や場所や設備

関連する記事

「墓参り・マナー」についてさらに知りたい方へ

お盆になぜお墓参りに行くの?お墓参りのマナーとは。のサムネイル画像

お盆になぜお墓参りに行くの?お墓参りのマナーとは。

正しいお墓参りの方法とは?時期・服装・マナーのすべてを教えます。のサムネイル画像

正しいお墓参りの方法とは?時期・服装・マナーのすべてを教えます。

お墓参りの持ち物って何を持っていけばいい?お彼岸・命日はどうするのサムネイル画像

お墓参りの持ち物って何を持っていけばいい?お彼岸・命日はどうする

お墓参りに欠かせない用品って?この記事さえ読めば完璧!のサムネイル画像

お墓参りに欠かせない用品って?この記事さえ読めば完璧!

お墓参りのマナーを知っておこう!持ち物や作法についても詳しく解説のサムネイル画像

お墓参りのマナーを知っておこう!持ち物や作法についても詳しく解説

人気のタグの一覧

終活ねっとで人気のタグ

ランキング

よく読まれている記事です

永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!のサムネイル画像

永代供養の料金の相場を解説!知らないと損する?!

1
樹木葬にかかる費用を詳しく解説!樹木葬を選ぶために知るべきことのサムネイル画像

樹木葬にかかる費用を詳しく解説!樹木葬を選ぶために知るべきこと

2
お寺の納骨堂にかかる費用について相場や内訳を詳しく解説!のサムネイル画像

お寺の納骨堂にかかる費用について相場や内訳を詳しく解説!

3
お墓の費用は誰が負担すべきなの?負担者の決め方についても触れますのサムネイル画像

お墓の費用は誰が負担すべきなの?負担者の決め方についても触れます

4
霊園や墓地の種類はどれだけあるの?お墓の違いについて解説します!のサムネイル画像

霊園や墓地の種類はどれだけあるの?お墓の違いについて解説します!

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと