葬儀のマナー ネクタイの色や結び方の常識

この記事では、葬儀のマナーの中でも特にネクタイの色や結び方などの常識について書いていきたいと思います。また、例えば葬儀の際のネクタイの色や結び方など常識とされているものがなぜそうなのかという点にも注目していきたいと思います。

目次

  1. 葬儀の際のネクタイの色
  2. 葬儀の際のネクタイの色と柄
  3. 葬儀の際のネクタイの結び方
  4. ネクタイのディンプルについて
  5. 突然の葬儀の場合はどうすればよいか
  6. 葬儀の際のネクタイの色や結び方まとめ
  7. 終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

葬儀の際のネクタイの色

葬儀

葬儀の際、一般的に男性は「ブラックフォーマルに白のワイシャツ、黒の靴と靴下、そして黒のネクタイ」という服装が常識とされています。
ではなぜネクタイの色は黒なのかを調べてみました。

調べてみると、ネクタイの色は黒というのはあくまで風習であって、故人の霊を弔う場で、失礼なことがあってはならない気持ちからきていると考えられています。
そのため必ずしも黒い色のネクタイでなければならないというわけではなく、少数派ですが宗教によっては白のネクタイを着用することもあります。
しかし、黒のネクタイを着用する宗教がほとんどなので、やはりネクタイの色は黒にしておいたほうが無難だと思います。

葬儀の際のネクタイの色と柄

葬儀の際のネクタイの柄は、「光沢のない黒の無地」が良いとされています。
これもあくまで風習なのですが、ストライプや織り込まれたデザイン、刺繍が入っているものや、光沢のあるものはふさわしくないとされています。
そのためネクタイは、光沢のない黒の無地にしておいたほうが無難だと思います。

葬儀の際のネクタイの結び方

一般的にネクタイの結び方にはいくつかの種類があります。
①プレーンノット
最もベーシックな結び方で、結び目が小さく全体がスッキリとしたラインになります。
プレーンノットは若い人から年配の人までよく使われる結び方です。

②ウィンザーノット
最近の若い人に多く、プレーンノットより結び目の大きい結び方で、結び目が大きな逆三角形になります。

代表的なのは上記の2つですが、他にも、ウィンザーノットよりも結び目が小さくワイドカラーのシャツを着用する際によく使う「セミウィンザーノット」や、細みのネクタイ専用の「ダブルノット」などがあります。

葬儀の際のネクタイの結び方には特にルールや風習はありませんが、一番シンプルだという理由からプレーンノットが良いとされています。

ネクタイのディンプルについて

ディンプルとはネクタイを結ぶ時に作る「結び目の下のくぼみ」のことです。
これがあるとがキュっと引き締まってとてもカッコよく見えますが、葬儀で着用するネクタイではこのディンプルを作ってはいけないそうです。
理由は、そもそもディンプルはネクタイを「立体的に」「美しく」「華やかに」みせるためのもので、そのためこれらの要素は葬儀のファッションには必要ないからです。
ネクタイの結び目でプレーンノットが最もふさわしいとされるのも同じような理由からです。

突然の葬儀の場合はどうすればよいか

社会人の場合、葬儀の報せを昼間に聞いてその日の葬儀に駆けつけなくてはならない、というようなこともあると思います。
このような場合には会社や出先から直接駆けつけることになるので、ダーク系の色のスーツとネクタイであればブラックフォーマルでなくとも構わないという考え方もあります。

この考え方にも確かに一理ありますが、今の時代は駅の売店やコンビニ、100円ショップなどでも黒い色のネクタイ、黒い色の靴下、白い色のワイシャツはいつでも安価に購入できます。
最近では葬儀を行う斎場で売っていることすらあるそうです。
さすがにスーツとなるとそうそう急きょ買うわけにもいきませんが、よほど入手困難な状況でない限り、せめてネクタイ程度であれば黒の無地を買って結んだ方がよいかもしれません。

確かにダーク系のネクタイであれば一般的には許容範囲でしょうが、問題は上記のようにさまざまなものが簡単に入手できる状況にあるにも関わらず、そうしないで葬儀に出席することに対して遺族や親族がどう思うかです。
「黒のネクタイくらい隣のコンビニで買ってくればいいのに」と思われる可能性もあります。
また、まれに「お通夜に黒のネクタイをしていくと、いかにも死ぬのを待っていたかのように思われるから失礼だ」ということがいわれます。
しかしどちらかといえば黒のネクタイで行かない方が失礼だ、という方が一般常識的な感覚に近いような気がします。

また社会人経験が浅い若い人は、まだ高級なブラックフォーマルを持っていないこともあるので、そのときは黒のリクルートスーツに白のワイシャツ、黒い色のネクタイ、靴、でも大丈夫みたいです。

葬儀の際のネクタイの色や結び方まとめ

葬儀の際のネクタイの色や結び方などをまとめると、ネクタイの色は光沢のない黒の無地で結び方はプレーンノットが良いということがわかりました。
こうして調べてみると、自分自身ネクタイの結び方がウィンザーノットだったり、また、まだブラックフォーマルを持っていないなどもう少しマナーに気を使っていきたいと思いました。

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「親切なお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

火葬のみ

税込139,800円

告別式のみ

税込337,800円

お通夜と告別式

税込487,800円

一般的なお葬式

税込637,800円

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

シェアする

「葬儀・ネクタイ」に関連する記事

「葬儀・ネクタイ」についてさらに知りたい方へ

  • お通夜に出席する時の男性のネクタイの色は?

    お通夜に出席する時の男性のネクタイの色は?

    お通夜に出席する服装にはさまざまなマナーがあります。スーツ着用時の男性の必需品となるネクタイにもマナーがあります。今回はお通夜で付けるネクタイについて詳しく紹介していきます。

    1
  • 葬儀にはどんな服装でいけばいいの?葬儀の服装について調べました!

    葬儀にはどんな服装でいけばいいの?葬儀の服装について調べました!

    葬儀の際には、どんな服装でいくのが正式なのか、はっきりと答えられますか?そこで、いまさら聞けない葬儀に着ていく服装について調べてみました。親族や身内、知り合い、会社関係など立場によっても変わってくる服装のことをしっかりと確認しときましょう。

    2
  • 葬儀のスーツってどんなものにすればいいのか、まとめました!

    葬儀のスーツってどんなものにすればいいのか、まとめました!

    葬儀の際には、スーツを着ていくものですが、この場合には注意しなければならない事が多く、それらは、なかなかすぐに理解しきれるものではありません。そこで、本記事では、葬儀の際に着るスーツに関する注意点等についてまとめましたので、皆様の事前の勉強に役立てば幸いです。

    3
  • これってマナー違反?お通夜の基本的な服装について知っておこう

    これってマナー違反?お通夜の基本的な服装について知っておこう

    急な訃報でお通夜に参列することになった時、あれ?お通夜ってどんな服装で行けばいいの?と焦る方も多いと思います。告別式は喪服だけどお通夜は…?と不安な方に、お通夜の服装についてご紹介。マナーを知っておけば、もしもの時でも大丈夫!

    4
  • お葬式のとき、子供の服装はどうしたら…?

    お葬式のとき、子供の服装はどうしたら…?

    家族でお葬式に参列するとき、子供の服装に迷う方も多いと思います。子供用の喪服なんてあるの?急なお葬式で準備が間に合わない!手持ちの服装でなんとかしたい…何かと悩ましい「子供の喪服」。いったいどうすればいいのでしょうか?

    5

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀の費用はいくら?気になる葬儀の費用についてご紹介します!のサムネイル画像

葬儀の費用はいくら?気になる葬儀の費用についてご紹介します!

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気

家族葬の費用っていくらなの?家族葬にかかる費用の全てをご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?家族葬にかかる費用の全てをご紹介!

家族葬の費用はいくら必要なのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。逆に安いから

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?直葬の費用を徹底解説!のサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?直葬の費用を徹底解説!

一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や

葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説のサムネイル画像

葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いの

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと