知っておけば慌てません。葬儀を行うまでの手順を紹介!

突然やってくる遺族との別れ。気が動転してしまうことでしょ。悲しみに暮れることでしょ。しかし亡くなったらすぐに葬儀をしなければなりません。葬儀が行われるまでの手順を知っていますか?今回は来た時に慌てなくてすむよう葬儀までの手順を紹介していきます。

目次

  1. 葬儀の手順①死亡の確認
  2. 葬儀の手順②葬式についての話し合い
  3. 葬儀の手順③遺体の搬送
  4. 葬儀の手順④枕経をあげてもらう
  5. 葬儀の手順⑤納棺
  6. 葬儀の手順⑤葬儀の準備
  7. まとめ
  8. 終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

葬儀の手順①死亡の確認

葬儀

人が亡くなった場合、それが病気でも事故でも医師による死亡診断書が必要となります。場合によっては解剖することもあるようです。まず手順としては最初に医師からの死亡診断書を受け取らなければいけません。そしてその間に身内や親しい人たちに亡くなったことを知らせておきます。他の人には葬儀の日程が決まってからで構いません。しかし身内にはいち早く報告しておきましょう。

死亡診断書とは

死亡診断書とは死亡したことを証明するためのものです。死亡診断書には故人の名前と生年月日、死亡時刻や死亡場所、死亡原因、死亡の種類(病死、自然死、外因死など)などが記入されます。

葬儀の手順②葬式についての話し合い

葬儀

ここが手順の中で大切なところになります。まず喪主を決めなければなりません。喪主は、一般的には配偶者、また長男が行うことが一般的です。長男がいない場合は長女でも構いません。

葬儀社を決める

手順としてまず葬儀社を決めなければなりません。葬祭場で行う場合は、斎条を保有している葬儀社にお願いする葬儀は葬祭場で行うことをおすすめします。

準備するもの

お葬式には遺影が必要となります。故人の人柄が分かるような写真があればベストです。一人で写っている、ピントの合ったものを選びましょう。もし集合写真や人が写っている写真は、葬儀社に依頼すれば画像処理を行ってくれるので安心して下さい。

予算の相談

葬儀場が決まったら次にするべきことは葬儀の金額を決めることです。香典収入を概算し、予算を立てる必要があります。そして葬儀場に見積もりを出してもらって金額を決めましょう。

葬儀の手順③遺体の搬送

葬儀

遺体の搬送を自宅にするか葬儀場にするかを決めなければなりません。自宅に置くと決めた場合は遺体を安置する場所を片づけ布団を用意しておきます。仏壇がある家は仏壇の前に安置するのが一般的です。遺体の向きは北枕、また西枕にします。

遺体の引き取り

準備が整ったら、病院に行き退院手続きや死亡診断書の受付などを行います。死亡診断書は市役所に提出しなければなりません。また生命保険などの手続きもしなければなりません。その時は届け主の印鑑が必要となります。

死亡届

市役所や役場に死亡診断書を持っていき役場で死亡届を受け取ります。役所で死亡届を書き提出すれば一度で済みますね。死亡届の受付は24時間年中無休です。また死亡届は死後7日以内に出さなければなりません。死亡届が受理されてから火葬許可書が発行されます。この火葬許可書がないと火葬することができません。そのため死亡診断書をもらったらすぐに市役所役場に行きましょう。

遺体の搬送

遺体を受け入れる手順が週料理たら、遺体を運びます。枕飾りなどは葬儀社がやってくれることが多いようです。遺体の搬送が終了したら僧侶を呼び、枕経を挙げてもらいます。お寺には早めに連絡をしておきましょう。どこのお寺を呼べばいいかなどは葬儀場の人に相談すれば教えてもらえ、また連絡してくれます。

葬儀の手順④枕経をあげてもらう

自宅に遺体を運んだ場合、自宅に僧侶を呼び枕経をあげてもらいます。枕経とは故人が安らかに眠ることができるよう、枕もとで読経を行うことです。宗派によっては枕経を行わない場合もあります。

戒名を決める

戒名を決めなければなりません。希望などがあれば伝えておきましょう。

法要の打ち合わせ

お通夜、葬儀、初七日など法要の打ち合わせをします。法要後の会食に出ていただけるかどうかの確認もしなければなりません。葬儀の日程は葬儀場の空き状況などもみなければならないので、葬儀場と僧侶で決めることが多いようです。また暦が友引の日は葬儀は行いません。

葬儀の手順⑤納棺

枕経が終わったら遺体に死装束をつけます。お棺に入れてほしいものがあれば一緒に入れてもらいます。

ここで連絡!

葬儀場の空き状況の確認ができ葬儀の日程が決まったら周りの人に亡くなったことと葬儀の日程を連絡します。正確に葬儀の日付が決まって連絡しないと二度手間になってしまいます。

葬儀の手順⑤葬儀の準備

葬儀の役割分担

葬儀を行うにあたって、いくつか役割があるので分担しなければなりません。受付係、接客係、駐車場係などです。また弔辞をお願いする方には早めに伝えておかなければなりません。

お花や宿泊先の確保

御供えするものと供花の手配をします。葬儀場に頼むのが一般的です。予算を伝えて故人の好きな花や色があれば伝えておきましょう。そして遠方から葬儀にくる親戚などがいた場合、宿泊先を確保しなければなりません。自宅でもいいのかホテルの方が良いかなど連絡した時に聞いておきましょう。

精進おとしの内容を決める

料理をふるまう人数が決まったら精進おとしの内容を決め料理を手配しましょう。

まとめ

いかがでしたか?今回は葬儀までの手順を紹介しました。亡くなった時に葬儀を行うことは知っていても、どのように葬儀の準備をするかなどの手順を知っている方は少ないのではないでしょうか?お別れはなんの前触れもなく突然やってくるものです。いざという時慌てないためにも手順をしっかり頭に入れておきましょう。

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

終活ねっとが運営する「親切なお葬式」

「親切なお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

火葬のみ

税込139,800円

告別式のみ

税込337,800円

お通夜と告別式

税込487,800円

一般的なお葬式

税込637,800円

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

「葬儀・手順」に関連する記事

「葬儀・手順」についてさらに知りたい方へ

  • 死亡診断書の発行に関する費用や手続きについて

    死亡診断書の発行に関する費用や手続きについて

    人が亡くなった時には、死亡診断書を発行してもらい、役所に提出する必要があります。死亡した理由や場所、時刻などが記入されている死亡診断書の内容や発行・提出について、詳しく説明をいたします。

  • 葬儀の日程を決めるために知っておきたいこと

    葬儀の日程を決めるために知っておきたいこと

    身近な人が亡くなった時、多くの日本人は仏教の作法に則って葬儀を執り行うことと思います。実際に葬儀を行うことになったとき、どう日程を決めればよいのでしょう。この記事では、葬儀日程を決めるうえで押さえておくべき項目を紹介しております。

  • 葬儀社の選び方について解説します!選ぶタイミングや費用もご紹介

    葬儀社の選び方について解説します!選ぶタイミングや費用もご紹介

    葬儀は誰にとっても慣れないものですが、納得のいく葬儀を行うためには、葬儀社をどう選ぶかが重要になります。今回の終活ねっとでは、葬儀社の選び方について詳しく説明します。選び方のポイントの他にも、葬儀社を選ぶタイミングや費用の項目もあわせて紹介していきます。

  • 葬儀はいつ行うの?お布施や香典返しのタイミングについてもご紹介!

    葬儀はいつ行うの?お布施や香典返しのタイミングについてもご紹介!

    誰にでも必ず最期の時は訪れます。その際に葬儀を行うわけですが、葬儀をいつやるべきなのかというのは事前に予定を組めないためわかりにくいものです。そこで、今回は葬儀をいつ行うのかについてご紹介するとともに、お布施の手渡しや香典返しのタイミングも見ていきます。

  • 無宗教の葬儀って?多様化する葬儀について調査しました!

    無宗教の葬儀って?多様化する葬儀について調査しました!

    最近よく聴く、無宗教の葬儀。 あまり馴染みがないかもしれませんが無宗教の葬儀はどういったものでしょうか。 「無宗教の葬儀をしたいけど、実際には何を決めれば良いの?」 「香典は?法要ってするの?納骨も必要だよね?どうすればいいの!?」 そんな疑問にお答えします! 

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

  • 葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

    葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

    終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくら必要なのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。逆に安いからと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまうこともあります。もちろん安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、その全てをご紹介しましょう。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

    葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5

シェアする

関連する記事

「葬儀・手順」についてさらに知りたい方へ

死亡診断書の発行に関する費用や手続きについてのサムネイル画像

死亡診断書の発行に関する費用や手続きについて

葬儀の日程を決めるために知っておきたいことのサムネイル画像

葬儀の日程を決めるために知っておきたいこと

葬儀社の選び方について解説します!選ぶタイミングや費用もご紹介のサムネイル画像

葬儀社の選び方について解説します!選ぶタイミングや費用もご紹介

葬儀はいつ行うの?お布施や香典返しのタイミングについてもご紹介!のサムネイル画像

葬儀はいつ行うの?お布施や香典返しのタイミングについてもご紹介!

無宗教の葬儀って?多様化する葬儀について調査しました!のサムネイル画像

無宗教の葬儀って?多様化する葬儀について調査しました!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!のサムネイル画像

葬儀の費用はいくら?費用の内訳や安くする方法も解説します!

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説のサムネイル画像

葬儀で渡す【お布施】って何?金額の相場やマナーを解説

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5

目次

目次です

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと