近所の川でも釣れる!多くの人が魅了される鯉釣り

小さな川で釣れる魚と言えばフナをイメージする人が多いです。しかし、この小さな川にも大物の鯉がいる可能性もあります。ここではこれから鯉釣りを考えている人に、鯉釣りについて紹介します。

目次

  1. 鯉釣りの魅力とは
  2. 日本記録
  3. 鯉は何を食べるの
  4. 冬も鯉釣りはできる?
  5. 禁止区域もある
  6. 鯉を釣りのコツ
  7. おすすめのブログ
  8. おわりに

鯉釣りの魅力とは

川や池などの釣りの定番と言えばフナ釣りで、好きな人は、天気が良ければ朝から晩まで釣りをするほどです。鯉には口にヒゲがあることは誰でも知っているのですが、見た目はフナによく似ています。

フナとは似ている外見なのですが、この鯉釣での魅力が、大きさです。フナでは通常は10~30センチ程度なのですが、鯉になると倍もある60センチ程度が通常の大きさとなります。そのため、フナとは違う釣りごたえのあるのが鯉です。中には1メートルを超えるような鯉が釣れることもあります。川や池での主とも言うべき鯉は多くの人を魅了している魚です。ここでは、鯉釣りをしてみたいと考えている人に向けて、鯉釣りについて紹介していきます。

日本記録

1メートルにもなる鯉は、日本記録はいったいどのくらいなのかと思った人もいるのではないでしょうか。しかし、公式的な記録が残されてはいないようで正確な情報は確認できませんでした。ネットでは、2015年10月1日に釣れた121センチ、29.5キロの鯉が日本記録と記されていたり、2008年7月9日に釣れた体長153センチ、45キロが日本最大といった情報もあります。また、富山県にある、鯉の里資料館では、全長131センチのはく製や魚拓が展示されているようです。

鯉は何を食べるの

今まで鯉釣りどころか、フナ釣りもしなことがないという人では、鯉はどんな餌を使って釣るのかと思う人も多いでしょう。鯉は雑食性で、基本的には口に入るものであれば何でも食べます。水草をはじめ、ミミズや昆虫、エビやカニなどの甲殻類から、貝でも食べてしまいます。口には歯がありませんが、喉部分にある咽頭歯によって、硬い貝も砕いて食べてしまいます。

鯉釣りで使うエサ

一般的なのが市販されているネリ餌です。吸い込み仕掛けを使い、針を包むようにネリ餌を付けます。針にはミミズなどを付けておき、周りのネリ餌がとけることで鯉を集め、針についたエサに食いつかせます。

鯉は食パンでも釣れる?

食パン

鯉を食パンを使って釣る人もいます。野生の鯉はパンを食べることはないのですが、もともと雑食性ということもあり、エサと認識すればパンでも食べるようになります。そのため、食パンで釣る場合には、鯉にパンで餌付けをしてからの釣りとなると考えておきましょう。

ルアーでも釣れるの?

ルアー

ブラックバスのようにルアーでも積極的に食いついてくる魚ではないため、ルアー釣りは難しい釣り方です。しかし、スプーンやスピナー、ワームといったルアーで釣果も確認されていることから、鯉がいることが確認できる場合には有効な釣り方です。

冬も鯉釣りはできる?

冬に鯉を川で見かけることがあっても、まず鯉を釣ることはできないと考えておきましょう。これは水温が関係していて、水温が低い時期では目の前に餌があったとしても鯉は食べてくれません。

鯉を釣る最適な時期

鯉を釣るためには水温が重要で、水温が上がる春から秋にかけてが鯉を釣るための時期です。積極的に餌を食べる水温が15~30℃と言われています。そして10℃前後になれば積極的な餌探しをやめてしまい、5℃以下になれば餌を食べることもないようです。

禁止区域もある

鯉釣りをする上での注意点があります。河川や湖、池によっては禁止区域や禁止期間があり、この区域や期間は釣りをしてはいけません。ただ、禁止区域であっても遊漁券を購入することで釣りをすることができます。鯉釣りをする場合には、釣りが可能なのが、遊漁券を購入する必要があるのかの確認をしてから行いましょう。

鯉を釣りのコツ

鯉は小魚なども食べますが、ブラックバスのような肉食の魚ではないため、積極的な捕食はしにくい魚です。そのため、大きな川や湖などでの釣りでは釣果が期待できないケースが多いです。1メートル程度の水深があり、川幅が狭いほうが釣果が期待できます。また、禁止区域や禁止期間があるような河川の多くが、一級河川や二級河川で、小さな川ではほとんど禁止されていません。そのため、高い釣果が期待できるうえに、釣りやすい場所となります。

おすすめのブログ

鯉釣りを始めたいと考えている人におすすめしたいのがブログです。

ブログの中には、日々の鯉釣りの釣果などを掲載したものもあります。

このようなブログでは、どこで、どのような仕掛けで釣りをしたのか、その時に釣れた鯉はどのくらいの大きさだったのなど、様々な情報を確認することができます。

また、その時に感じたこと、天候なども知ることができ、鯉釣りをしたいと考えている人には、読むだけでも楽しい時間を過ごすことができます。

東京の中川での鯉釣り

東京の中川で鯉やヘラブナ釣りを楽しんでいる人のブログです。釣った魚、仕掛けやエサなどの写真も掲載され、楽しく読むことができます。

江戸川鯉釣行

70センチ以上の釣果が多く掲載されているブログです。

関東中心で小物釣り

鯉釣り以外にも、ヘラブナなど、関東で小物釣りをしている人のブログです。

おわりに

鯉釣り

いかがでしたか?鯉釣りは身近にある、小さな川でも釣ることができ、しかも大物も狙えます。今まで鯉釣りをしたことがない人は、禁止区域科の確認をした上で大物を目指してみてはいかがでしょうか。

「鯉・釣り」に関連する記事

「鯉・釣り」についてさらに知りたい方へ

この記事に関するキーワード

ランキング

よく読まれている記事です

老後に人気な趣味5選!楽しみながら健康を維持できる方法を紹介!のサムネイル画像

老後に人気な趣味5選!楽しみながら健康を維持できる方法を紹介!

定年退職をし、ようやく始まりを迎えた第2の人生。しかし、定年退職するまで仕事を頑張ってきて趣味に

趣味を見つける方法にお困りの方必読!趣味で充実のシニアライフ!のサムネイル画像

趣味を見つける方法にお困りの方必読!趣味で充実のシニアライフ!

長く続けられる趣味があるかないかは、日々の充実度に大きな違いをもたらします。この記事では楽しく気

40代で始めるオススメの趣味!インドアとアウトドアの趣味!のサムネイル画像

40代で始めるオススメの趣味!インドアとアウトドアの趣味!

多少の体力の衰えはあるものの、まだまだアクティブに活動でき、時間に余裕を持つことのできる40代に

老後の趣味に最適なアウトドアを厳選して3つ紹介します!のサムネイル画像

老後の趣味に最適なアウトドアを厳選して3つ紹介します!

アウトドアといえば、外に出て体を動かすことをいいます。アウトドアの趣味を持つ人はたくさんいます。

シェアする

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと